ラブライブのSSの中で面白い作品を紹介します。感動・ホラー・ギャグ・日常ほのぼの・鬱展開・シリアス等様々なSSがあります。
どのSSも心に残るものばかりで、ラブライブの世界で心を埋めてくれることでしょう。このまとめでラブライブの名作SSをチェックしましょう!

「ラブライブ」の名作SSまとめ!おすすめホラーものから感動ものまで

目次

  1. ラブライブの名作SSをチェックしよう!
  2. ラブライブSS ことり「…」シャンシャン 海未「…」シャンシャン
  3. ラブライブSS 穂乃果「穂むらでおはぎはじめたんだ!」
  4. ラブライブSS 海未「犯人は・・・あなたですね?」
  5. ラブライブSS 海未「惨劇の館」
  6. ラブライブ×魔女の家クロスSS 穂乃果「あなたは…誰なの?」ヴィオラ「……」(前編)
  7. ラブライブSS 絵里「私がギャンブル依存症?」
  8. ラブライブSS 幼女海未(楽しそうに遊んでる……)
  9. ラブライブSS 海未「ずっと穂乃果の隣に」
  10. ラブライブSS にこ「お祈りメール?」
  11. ラブライブSS 絵里「3月9日」
  12. ラブライブSS 花陽「優しいみんな」
  13. ラブライブSS 凛「かよちん、誕生日おめでとう!」
  14. ラブライブSS 凛ちゃん(18)「浪人が決まったにゃあ……」
  15. ラブライブSS にこ「に、にこの2000円がない!?」
  16. ラブライブSS 海未「リリホワでコンビニバイト」
  17. ラブライブSS 穂乃果「野球で廃校を救うよ!」
  18. ラブライブSSを時間いっぱい楽しもう!

ラブライブの名作SSをチェックしよう!

この記事では、数あるラブライブSSの中から厳選して、特におすすめのものをまとめました。どのようなSSを読もうか迷っている人や、ちょうどいい暇つぶしを探したい人から、ラブライブSSをたくさん読んだのだけど、まだまだ読み足りない。まだ自分の知らないSSを読みたい。といった人も楽しめるでしょう。

早速、おすすめのラブライブSSを紹介していきます。ラブライブのかわいいキャラクターたちがどのSSでも輝きながら、大活躍します!

ラブライブSS ことり「…」シャンシャン 海未「…」シャンシャン

いわゆる「ほのキチ」SSです。ラブライブでも屈指のほのキチとして描かれることりと海未が、「ラブライブスクールアイドルフェスティバル」で穂乃果のイベントをこなしながら、自分のスコアや所持している穂乃果を自慢したり、穂乃果への情熱を語りあうおもしろおかしいSSとなっています。

ユニットを全員穂乃果にしたり、穂乃果のイベントで時間を惜しまず全力でライブをする2人の姿に、穂乃果推しの人ならば、このSSを見てことりと海未に対して感動するのではないでしょうか。スクールアイドルフェスティバルは現実にもあるアプリなので、なじみやすい内容でおすすめです。

ラブライブSS 穂乃果「穂むらでおはぎはじめたんだ!」

タイトルはほのぼのした日常モノのSSですが、このSSでは著しく穂乃果がやらかします。メンバー分用意した父親特製のおはぎを、つい出来心で穂乃果が登校中に2つ食べてしまいます。9つから7つに減ってしまったおはぎをみて、穂乃果は8つにおはぎを増やせないか試行錯誤するのですが、穂乃果はあるものを見つけてしまいます。

一番のおすすめは、題名に反して色々とぶっ飛びすぎていることでしょうか。穂乃果がやらかしたおかげで、とんでもない展開になってしまい、穂乃果の様子がおかしいことに気づいた海未やことりの行動にも期待しながら読んでいくと、さらに楽しくSSを読むことができるでしょう。ラブライブにもはっちゃけたSSが存在するのです。

ラブライブSS 海未「犯人は・・・あなたですね?」

とある理由で、μ'sは解散してしまうことになります。そこで、それぞれの想いを秘めたまま、解散前に2泊3日で合宿を行うことにします。しかし、最後に楽しく笑って過ごすはずの合宿で、ひとり、またひとりとメンバーが殺害されてしまいます。果たして、犯人の目的は、そして、誰が犯人なのでしょうか。

ホラーとはまた違った、サスペンス寄りのSSです。あるメンバーの解散に対する思いが強すぎたために起きた悲しい事件ですが、読めば読むたび、あらためて彼女たちの絆は確かに存在するんだと思うことができます。ラブライブのサスペンスSSのなかでは間違いなく名作で、おすすめできるSSです。

ラブライブSS 海未「惨劇の館」

ラブライブに向けて練習をしているメンバー達に突如訪れる、恐怖、ホラーを描いたSSとなっています。冒頭では、学院で飼っているアルパカが首を斬られて惨殺され、花陽の元に奇妙なメールが届きます。それから、合宿へ向かったメンバーを襲う何者かがメンバー達を殺害していくグロ描写ありの殺戮ホラーをお楽しみできると思います。

死に行くメンバーよりも、「生きるメンバー」の狂う姿の描写が鮮明です。死への恐怖だったり、一緒にラブライブを志していた仲間への恐怖だったり。様々な感情が入り混じり、より鮮明に、ホラーを奏でるSSとなっています。犯人はいったい誰なのでしょうか。誰が、最後まで生き残るのでしょうか。本当におすすめできる名作ホラーです。

ラブライブ×魔女の家クロスSS 穂乃果「あなたは…誰なの?」ヴィオラ「……」(前編)

前後編の大長編ホラーが、ラブライブの世界で楽しむことができます。パロディSSで、フリーゲーム「魔女の家」という作品とのパロディです。夜、眠りにつくと、μ'sのメンバーは決まって謎の空間に集められてしまいます。その空間で、グロ有、死亡描写有のとんでもない恐怖の「物語」に巻き込まれてしまいます。

特筆すべき点は、μ'sのメンバーたちの心理描写です。死にゆくメンバーの叫びや描写や、死んだはずの仲間たちを見る生存者の心理は、自分自身もホラーを体験している気分になります。ラブライブホラーといえばこのSS、というくらいおすすめの名作です。推しがグチャグチャにされてしまうかもしれませんが……

ラブライブSS 絵里「私がギャンブル依存症?」

題材がギャンブルなので非常に珍しいです。大学生となった絵里がギャンブル依存症になる話で、絵里はパチスロを打っています。たまたまにこに見つかってしまったことがきっかけで、ギャンブル依存症が徐々にばれていきます。亜里沙はそのことを知らず、ラブライブの舞台に絵里が来てくれると信じていますが……。

ギャンブルを止めさせるため、μ'sのメンバーはあの手この手で絵里を止めようとしますが、肝心の絵里はすでにギャンブルに心を犯されてしまっています。絵里を改心させ、亜里沙の待つラブライブ会場へと足を運ばせることはできるのか。やはりμ’sは絆があるんだなと、感動できるおすすめの名作です。

ラブライブSS 幼女海未(楽しそうに遊んでる……)

ラブライブのしたらばに埋もれていたものをたまたま発見しました。アニメで幼少期、海未が穂乃果とことりとの鬼ごっこに混ざる場面で物語が始まり、そこで海未は穂乃果たちから受け入れてもらえず、酷いいじめに合ってしまいます。序盤のいじめ描写と、海未のその後が特徴的なSSとなっています。

海未のその後まで描かれたSSですので、それなりの長編で、終始胸糞悪い展開と、人によってはすっきりする展開が交互に起こります。果たして、いじめで心が歪んでしまった海未に救いはあるのか、涙なしでは語れない涙の感動物語となるのか、ストーリーの中に入ったような感覚で、読み続けることができるおすすめの名作です。

ラブライブSS 海未「ずっと穂乃果の隣に」

海未と穂乃果しか出てきません。いわゆる「ほのうみ」のカプで展開されるSSです。ラブライブでは様々なカップリングがありますが、「ほのうみ」はある程度認知度があります。冒頭は、一緒に暮らしている2人、という印象ですが、話が進むにつれ、ラブライブの話が終わったその後の話ということがわかります。

新婚のころは穂乃毎日が新鮮だったのですが、やはり年が経つにつれ、枯れてしまう。そんな状態を描いた前半と、親から勘当されてまで一緒になった穂乃果を、ずっと抱きしめていこうという海未の決意を描いた後半で分かれています。決意の中に静かな感動があり、「末永くお幸せに」と思うようなSSです。ほのうみ好きにはおすすめです。

ラブライブSS にこ「お祈りメール?」

ラブライブの後のお話しです。ラブライブで結果を残したにこは、大学を卒業してからも夢であるアイドルを目指すも、芽が出ずに就職活動を始めますが、12回、13回と、何度も面接で落ちてしまいます。その中で、同じくアイドルを目指し、それなりの地位を持っていることりと再会し、にこの意識も次第に変わってきます。

まるで就職活動のようなタイトルですが、中身はμ'sのメンバーたちの絆の物語です。ラブライブのために青春を賭けた大切な仲間だからこそ、辛いときはそばにいて助ける、という彼女たちの絆が上手に表現されています。それは、卒業して何年経っても変わらないことです。感動SSの中でも間違いなくおすすめできる屈指の名作です。

ラブライブSS 絵里「3月9日」

高校卒業を絵里視点で描いた、3月9日のお話しです。卒業を控えた3年生たちの思い出を振り返りながら、在校生である穂乃果たちは何を思ったのか。話しのはじまりがすでに卒業式なので、絵里たち3年生以外は全員泣いています。ラブライブを全部見ている人なら、彼女たちの軌跡をわかっているから、より、感動できるはずです。

「私たちができることをすべて残していこう」と、最後のライブが開催されます。これは別れではなく、新たなはじまりだということをを胸に秘め、全員、涙の跡を残しながら笑顔で歌い、3年生たちを送りだすのです。卒業式だけに焦点を絞った話になりますが、ラブライブのラストらしい感動の名作です。

ラブライブSS 花陽「優しいみんな」

練習の一コマや日常を、花陽視点で描かれているSSです。ラブライブのアニメやスクールアイドルフェスティバルでは描写はなくても、きっと花陽はこんな感じで、毎日楽しく過ごしているんだなという内容が詰まったSSとなっています。花陽の健気さがまず一番目立つので、花陽推しにはもってこいです。メンバー全員分の絡みがあります。

感動やホラーといったような、心の中に残るようなSSではないですが、ファンタジー要素なく、ありのままの日常を描くSSもたまには読みたくなります。心が晴れやかになるからです。特に花陽が好きな人には間違いなくおすすめできる名作で、作者様は、花陽SSの少なさを嘆いてこのSSを描いたとのことです。

ラブライブSS 凛「かよちん、誕生日おめでとう!」

次ははっちゃけた花陽を紹介します。2018年の最新の花陽誕生日SSのひとつです。誕生日SSと言っても、ラブライブSSで多い「おめでとう」といったような内容ではなく、誕生日パーティーの最中におにぎりを投げつけられて花陽がキレます。そのキレ方はどんな名作SSでも描かれていないようなあらたな花陽を楽しむことができます。

最初だけは「おめでとう」ムードだったのに、一転二転する状況についていけない人も多いのではないかとおもうのですが、このような読者の期待を裏切る作品は新鮮で、いい意味で癖のあるSSです。ラブライブSSの新たなジャンルの発掘という意味でも、こういったSSは先駆けとなる名作と言っても過言ではないでしょう。

ラブライブSS 凛ちゃん(18)「浪人が決まったにゃあ……」

受験に失敗してしまった凛が、予備校で同じく受験に失敗した絵里と海未とともに、大学合格に向けて死ぬ気で努力する感動の物語です。あの凛ちゃんが勉強しているのも新鮮ですし、留年した仲間が海未と絵里というのも笑いのポイントで、ところどころ笑いながら読めるSSです。ラブライブ後のお話しで、メンバーの確かな絆もわかります。

人生、まっすぐ進むとは限らない、凛たちのように、立ち止まってしまう人もいるのです。「立ち止まったとしても、回り道をすれば追いつくことができるんだ」という前向きな気分になることができるSSでした。ラストは感動できますし、文句なしでおすすめできる名作です。ラブライブで受験や勉強をテーマにしたSSも珍しいです。

ラブライブSS にこ「に、にこの2000円がない!?」

にこの財布に入っていた2000円が突如消えてしまいます。サスペンス等ではなく、どちらかというと日常の一コマを描いたよくある「にこまき」です。その後すぐ真姫とひょんなことで喧嘩をしてしまうにこでしたが、海未のサポート真姫と一旦は仲直りすることができる、といったいかにもラブライブSSのにこまきらしいSSとなっています。

にこまきSSですが、海未もいい味出していました。にこまきは割と王道のカップリングで、ラブライブSSもの中でも数が多いですが。このSSは特に、仲良しだけど喧嘩ばっかりしているにこと真姫をうまく描かれている名作にこまきSSだと感じました。にこまき好き以外にも強くおすすめできる名作です。

ラブライブSS 海未「リリホワでコンビニバイト」

リリーホワイトでコンビニバイトをするSSなのですが、希と凛は働かずトラブルばかり。不真面目な態度に海未はイライラしています。そこで、怒ることはやめて、キスをして黙らせることにしてから2人とも働くようになってしまいます。リリホワらしい展開と、海未の、とんでもない行動が成功する、ほほえましい内容となっていました。

リリホワは非常にバランスの取れたユニットで、希、凛、海未の掛け合いを想像するだけで「楽しそうだな」と毎回思います。このSSも同じで、コンビニバイトという身近なテーマからリリホワの良さをしっかりと引きだせているSSなので、おすすめできる内容となっています。

ラブライブSS 穂乃果「野球で廃校を救うよ!」

ラブライブのアニメ冒頭で、スクールアイドルではなく野球で廃校を救うことを選択したSSです。高校女子の野球で有名になり廃校を救うため、メンバーたちが集まって野球の練習をします。ラブライブのストーリーで仲間になることを渋っていた絵里もすんなり協力し、早い段階から野球の話を楽しむことができます。

とにかく野球に対しての描写が非常に詳しいです。なおかつ、わかりやすい解説もSSの中でされているので、野球を知らない人にもわかりやすいSSとなっています。ラブライブSSを全く知らない人で、野球には興味があるという人にもおすすめできる名作です。ラストは野球を通じて大切なことに気づかされるという感動も待っています。

ラブライブSSを時間いっぱい楽しもう!

感動やホラーサスペンスまで、ラブライブSSは面白いSSがたくさん存在します。最近は勢いが沈み気味ですが、今回紹介した『穂乃果「穂むらでおはぎはじめたんだ!」』『凛「かよちん、誕生日おめでとう!」』は今年のSSですので、まだまだ面白いSSは発掘されることが予想され、目が離せません。

SSを読むことはいい暇つぶしになります。その中で、少しでも面白いSSにたどり着くことはとても大切なのです。今回紹介したラブライブSSに限らず、様々なジャンルのSSを読んでみてください。自分の好きなジャンルの話だと、読むだけで面白いはずです。


評価 3.6/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ