ディープスカイ産駒データまとめ!血統や得意な馬場状態は?

ディープスカイはNHKマイルCと日本ダービーを制し、変則二冠を達成しました。アグネスタキオンの後継種牡馬として、引退してからも活躍しています。ここでは、ディープスカイ産駒のデータをまとめました。血統や得意な馬場状態についても解説しますので、参考にしてください。

ディープスカイ産駒データまとめ!血統や得意な馬場状態は?

目次

  1. 変則二冠馬ディープスカイ
  2. ディープスカイの血統
  3. ディープスカイと戦ったライバル馬たち
  4. ディープスカイの代表産駒
  5. ディープスカイ産駒の特徴とデータまとめ
  6. ディープスカイ産駒の得意な馬場状態
  7. ディープスカイ産駒の頭数が少ない理由
  8. ディープスカイに相性の良い血統
  9. 非社台系の種牡馬として期待されるディープスカイ
  10. 今が正念場のディープスカイ

変則二冠馬ディープスカイ

ディープスカイは、NHKマイルCと日本ダービーを制し変則二冠を達成した名馬です。幻の三冠馬と呼ばれたアグネスタキオンの後継種牡馬と期待され、種牡馬入りしました。ここでは、変則二冠馬であるディープスカイの産駒の特徴やデータを紹介します。血統や得意な馬場状態についても解説しますので、参考にしてください。

ディープスカイは出生直後は注目されていませんでしたが、成長とともに少しずつ期待されるようになっていきました。育成段階では良い動きを見せるようになり、将来が期待されえてデビューすることになります。デビュー後は、初勝利まで6戦を要してしまい、勝ち上がりは非常に遅い馬でした。

ディープスカイが初めて重賞を勝ったのはG3の毎日杯で、そこから日本ダービーまで連勝してしまいます。あっという間にスターホースとなったディープスカイは、その後もジャパンCや安田記念といったG1レースで2着になるなど、競馬界の主役として活躍をしました。堅実な走りで、ファンの多い馬だったと言えます。

ディープスカイの血統

ディープスカイが人気だった理由の一つはその血統にあります。父が皐月賞を無敗で制したアグネスタキオンです。アグネスタキオンは三冠確実と言われていた競走馬でした。しかし、故障により皐月賞が最後のレースとなってしまいましたが、その夢は産駒へと託されました。

ディープスカイは、ファンが待ち望んでいたアグネスタキオン産駒の大物だったので人気を博しました。母はイギリス産馬であることから、サンデーサイレンスとイギリス血統を掛け合わせた理想的な配合です。良血馬であるため、産駒へその特徴が受け継がれることが期待されています。

ディープスカイの血統と通算成績
父:アグネスタキオン
母:アビ
母父:Chief's Crown
通算成績:17戦5勝
主な勝ち鞍:日本ダービー、NHKマイルC
獲得賞金:6億4213万9000円

ディープスカイと戦ったライバル馬たち

ディープスカイは競馬界の中心として、様々なライバル馬たちと戦ってきました。名勝負や名レースが多いことから、ディープスカイは今でも人気の高い馬です。ディープスカイと戦った有名なライバル馬を紹介します。

ウオッカ

ディープスカイと壮絶な叩き合いを繰り広げたのが、先輩ダービー馬のウオッカです。ウオッカは、牝馬として64年ぶりに日本ダービーを制しました。数々のビッグレースを勝った競走馬で、歴代最強牝馬として挙げる競馬ファンも多いほどです。ディープスカイはウオッカに敗れてしまいましたが、名勝負は脳裏に焼き付いて離れません。

父:タニノギムレット
母:タニノシスター
母父:ルション
通算成績:26戦10勝
主な勝ち鞍:日本ダービー、ジャパンC、天皇賞(秋)、安田記念
獲得賞金:13億3356万5800円

ダイワスカーレット

ウオッカとダイワスカーレット、ディープスカイの三頭が戦った第138回天皇賞(秋)は、今でも語られる有名なレースです。最後の直線で見せた三頭の激しい叩き合いは、競馬ファンを虜にしました。ディープスカイはこのレースでウオッカやダイワスカーレットに勝つことができませんでしたが、確かな実力を示しました。

父:アグネスタキオン
母:スカーレットブーケ
母父:ノーザンテースト
通算成績:12戦8勝
主な勝ち鞍:有馬記念、エリザベス女王杯、桜花賞、秋華賞
獲得賞金:7億8668万5000円

スクリーンヒーロー

スクリーンヒーローはジャパンCを制し、今では種牡馬として活躍しています。ディープスカイは、ジャパンCでスクリーンヒーローの2着に敗れてしまいました。しかし、このレースでは先輩ダービー馬であるウオッカに先着しています。ディープスカイとウオッカという名馬を抑えて優勝したスクリーンヒーローには、これからも注目です。

父:グラスワンダー
母:ランニングヒロイン
母父:サンデーサイレンス
通算成績:23戦5勝
主な勝ち鞍:ジャパンC
獲得賞金:5億340万3000円

ディープインパクト産駒データまとめ!代表産駒や血統・成績は? | MensModern[メンズモダン]

ディープスカイの代表産駒

ディープスカイは2010年に種牡馬入りし、初年度産駒が2013年にデビューしました。ディープスカイ産駒の中でも特に活躍した代表産駒を紹介します。

キョウエイギア

ディープスカイ産駒で有名なのはキョウエイギアです。キョウエイギアは大井競馬場で開催されたジャパンダートダービーを制しました。中央のオープンレースも勝っているので、ちゃんとした実力を持った競走馬でした。後にUAEダービーを勝ったラニに圧勝するなど、注目を浴びていたディープスカイ産駒です。

父:ディープスカイ
母:ローレルアンジュ
母父:パラダイスクリーク
通算成績:13戦4勝
主な勝ち鞍:ジャパンダートダービー
獲得賞金:9407万0000円

ディープスカイ産駒の特徴とデータまとめ

ディープスカイ産駒は芝レースよりもダートレースでの成績が良くなっています。2014年~2016年までの集計では、芝レースでの連対率が5.9%なのに対して、ダートレースは12.7%となっています。

最も得意な競馬場は函館競馬という結果が出ています。函館競馬場のダート戦では、勝率が25.0%と好成績を残しています。産駒の平均勝ち距離は芝が1840mでダートが1697mなので、比較的長距離が得意というデータになっています。

ディープスカイ産駒はローカルのダート戦が狙い目です。完成は比較的遅めで、特に2歳戦の成績が悪くなっています。古馬になってから本格化する馬が多くなっているのが特徴でしょう。

ディープスカイ産駒の得意な馬場状態

ディープスカイ産駒は、重馬場が得意な傾向があります。良馬場よりも不良馬場の方が成績が良く、荒れた馬場が得意な点が特徴的です。

特にダート戦の不良馬場が得意で、水が浮いたような荒れた馬場で活躍しています。スタミナが要求されるタフな馬場が得意なので、スタミナが豊富な産駒が多いということでしょう。

ルーラーシップ産駒の特徴と傾向まとめ!得意なのは重馬場? | MensModern[メンズモダン]

ディープスカイ産駒の頭数が少ない理由

ディープスカイは2010年に種牡馬入りし、当初はかなり人気のある種牡馬でした。アグネスタキオンの後継種牡馬であったことから期待され、種付け数も多く注目されていました。2010年には100頭を超えていた種付け頭数ですが、2017年には36頭と激減しています。なぜ、これだけ少なくなったのかは気になるところでしょう。

ディープスカイの種付け頭数が減っているのは、産駒が思ったより走らなかったからです。自身が日本ダービー馬であることからかなり期待されていましたが、クラシックで活躍するような競走馬は今のところ出ていません。今後はどうなるかわかりませんが、生産者側からは期待していたよりも走らなかったと評価されています。

それでも2015年には種付け頭数が8頭まで減ってしまったことを考えると、現在は少し盛り返しています。生産者側もディープスカイ産駒の特徴や傾向が掴めてきたことも原因の一つでしょう。2012年には種付け頭数が188頭だったことから、そのポテンシャルに期待している方も多いです。

ディープスカイに相性の良い血統

ディープスカイは、母父にスタミナが豊富なダンチヒ系から連なる血統なのが特徴です。そのため、産駒もスタミナが豊富な特徴を受け継いでいます。

ディープスカイ産駒の弱点はスピート面にあると言えるでしょう。相性が良い系統は、キングカメハメハのようなミスタープロスペクター系です。ミスタープロスペクター系はスピードに優れた血統なので、ディープスカイ産駒の白点を補ってくれるでしょう。

非社台系の種牡馬として期待されるディープスカイ

現在の日本競馬において、社台グループの勢力は留まることを知りません。G1の一線級で活躍する競走馬は、ほとんどが社台関係の馬です。

そのような中でも、ディープスカイは非社台系の馬として一線級で活躍しました。ディープスカイは非社台系の星とも言える存在なので、社台グループの勢いを止めることが期待されています。

ゼンノロブロイ産駒のデータまとめ!血統や種牡馬としての評価は? | MensModern[メンズモダン]

今が正念場のディープスカイ

ディープスカイ産駒は中央のビッグレースを勝つような馬が出ていません。今後は、ビッグレースを勝つことができる大物を輩出できるかがカギになりそうです。種付け頭数を2017年には少し盛り返していることから、ここがディープスカイの種牡馬としての正念場となります。

芝やダートに限らず、活躍馬を輩出することができれば種付け頭数も増えてくるでしょう。自身のように日本ダービーを勝つ産駒が現れれば、一気に注目されること間違いなしです。

三冠確実と言われていた父のアグネスタキオンの血を反映させるためにも、ディープスカイにかけられる期待は大木です。サンデーサイレンスの血は飽和状態にありますが、ディープスカイも今後の活躍次第で環境もガラッと変わるでしょう。ディープスカイ産駒がクラシック路線で活躍し、日本競馬を盛り上げてくれることを期待しています。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ