ビールのカロリー比較!痩せたい人はカロリーだけでなく糖質もチェック!

暑い季節がやってくると、ビールが美味しいですよね。けれど、ビールって太るイメージありませんか?実は、カロリーだけが太る原因ではないんです。ビールの種類を知って楽しく飲めれば良いですね。ビールのカロリーをメーカー別に比較したのをご紹介します。

目次

  1. ビールは酒税法により3タイプある
  2. ビールは盛り上げに欠かせない存在
  3. 発泡酒はダイエットの強い味方
  4. 第3のビールは、家計のお助けマン
  5. メーカーごとにカロリーと糖質は違うの?
  6. アサヒビールは辛口が人気(カロリーと糖質を比較)
  7. サントリーはなめらかな飲みごたえ(カロリーと糖質を比較)
  8. キリンビールはキレに自信あり(カロリーと糖質を比較)
  9. サッポロビールは王道の味(カロリーと糖質を比較)
  10. カロリー糖質気にせずビールを飲んで楽しく

ビールは酒税法により3タイプある

「ビールが高くて買えないからもっぱら発泡酒です。」っていう方がいたり「発泡酒なんか飲めたもんじゃない!ビールが1番!」という方もいたり「経済面考えたら第三のビールですね。」という方もいますよね。けれど、3種類の違いってそもそもなにが違うのでしょうか。ビール、発泡酒、第三のビールが大きく分けて3タイプに分かれます。ご飯と一緒においしく飲めるのは3タイプのうちどれなんでしょうか。ビールと発泡酒、第3のビールを徹底解剖します。

ビール検定や資格があるって知ってる?合格するコツを徹底調査! | MensModern[メンズモダン]

ビールは盛り上げに欠かせない存在

ビールというのは、原料の3分の2以上麦芽を使用しているものを指します。ビールの原料は、麦芽、ホップ、水、でんぷん、米などです。これは、法律で定められているのです。原料の範囲内で度数20%未満のものをビールといいます。また、麦芽の使用比率の違いだけで税金の金額は違うので値段も変わるのです。中でも1番安いのは第3のビールです。ビールはダイエットの敵と言われますが、1番ビールらしさを感じられるのはやっぱりビールに限ります。

発泡酒はダイエットの強い味方

発泡酒は、ビールに対して原料の3分の2未満の麦芽使用したものや、麦芽以外のものを使用したものを指します。外国でビールとされているものが日本の法律でビールの原料として認められていないものを使用していた場合、日本では発泡酒の扱いになるんです。例えば、麦やコリアンダー、オレンジピールなどです。麦芽が少ない分、ビールと比べてカロリーも大幅に違います。ご飯のお供はビールでなく発泡酒が良いですね。

第3のビールは、家計のお助けマン

第3のビールとは、麦芽を一切使用せず、穀類や糖類などを原料に作られたものを指します。酒税法上の表記は、その他醸造酒(発泡酒)①となっています。また、メインは穀類や糖類を使用し麦芽を少し使用したのもあるものは第4のビールとも言われ表記はリキュール(発泡酒)①とされているのもあります。穀類もカロリーが増える原因なのでビール同じぐらいのカロリーになります。ビールと同じくダイエットには、不向きと言えます。

メーカーごとにカロリーと糖質は違うの?

各社から、ビール、発泡酒、第3のビールに分けて販売されていますが、3種類のカロリーも気になりますよね。実は、カロリーだけでなく糖質も太る原因の1つなのです。それは、3種類ともに含まれているのでしょうか。おいしく、楽しく飲むためにカロリーや糖質を気にせず飲みたいですよね。一部メーカーごとに商品に含まれる成分を比較していきます。自分に合うビールを探してください。

アサヒビールは辛口が人気(カロリーと糖質を比較)

アサヒスーパードライ(ビール)の総カロリー

アサヒのスーパードライはビールの中でも辛口でキリッとした飲み心地のビールです。そんなアサヒスーパードライには、350mlに対して、アルコール度数5%、カロリー147kcal、糖質10.5gです。糖質は1gあたりおよそ4kcalになります。その分カロリーにプラスされるので、総カロリー350mlで189kcal摂取することになります。カロリーも糖質もダイエットの天敵です。ビールは太る原因も考えられるので飲みすぎは注意です。

スタイルフリー(発泡酒)の総カロリー

アサヒビールのスタイルフリーは麦芽の風味を残しつつアロマホップの安らぐ香りと後味さっぱりとした発泡酒です。そんなスタイルフリーには、350mlに対して、アルコール度数4%、カロリー84kcal、糖質は0gです。なんと、糖質0gなんです。驚きですよね。発泡酒にするだけでこんなにも変わるんだということが分かりますね。ダイエット向きだとわかりますね。太りたくない方におすすめのご飯のお供です。

クリアアサヒ(第3のビール)の総カロリー

アサヒビールのクリアアサヒはキレ味のある飲みごたえです。そんなクリアアサヒは、アルコール度数5%、カロリー157.5kcal、糖質11.2g、総カロリー202.3kcalです。カロリーは高めのビールなのでご飯食べるなら第3のビールより発泡酒の方がダイエット向きです。価格は、ビールと比較して第3のビールの方が安いです。ビールに近い味でクリアアサヒは人気がありますよ。飲みやすいなら第3のビールでもよいですね。

ビールに合うおつまみランキング!おすすめの簡単人気レシピも | MensModern[メンズモダン]

サントリーはなめらかな飲みごたえ(カロリーと糖質を比較)

プレミアムモルツ(ビール)の総カロリー

サントリーのプレミアムモルツはクリーミーな泡とのどごしのなめらかなビールです。そんな、プレミアムモルツは、350mlに対して、アルコール度数5.5%、カロリー164.5kcal、糖質13.3gです。総カロリー217.7kcalになります。飲みやすい分、カロリーも高めなので飲みすぎは注意ですね。ビールの中でも高めのカロリーと糖質なのでダイエットには不向きです。ご飯は一緒に食べない方が良いですね。

おいしいZERO(発泡酒)の総カロリー

サントリーのおいしいZEROは後味が良くキレのある味わいの発泡酒です。そんなおいしいZEROはアルコール度数5%、カロリー98kcal、糖質0gです。ビールとして飲むと物足りなさがある飲み物ですが、糖質が0ということで好んで飲まれる方が多いようです。発泡酒なら白ご飯食べれますね。ビールより発泡酒に慣れて、太ることないよう気を付けたいですね。プリン体も0なので痛風の方安心して飲めます。

金麦(第3のビール)の総カロリー

サントリーの金麦の糖質75%カットで比較します。金麦は、後味がよく糖質75%カットなのに気にならないほどの味わいがある第3のビールです。そんな金麦は、アルコール度数4%、カロリー115.5kcal、糖質約2.6g、総カロリーおよそ125.9kcalです。第3のビールは発泡酒と比較するとカロリーも糖質も高くなります。ビールと比較したときに、カロリーも糖質も抑えられ金額も安いので選ばれるのでしょう。

キリンビールはキレに自信あり(カロリーと糖質を比較)

一番搾り生ビール(ビール)の総カロリー

キリンビールの一番搾りは、コクとキレが絶妙ですっきりとした飲みごたえのあるビールです。そんな一番搾りは、350mlに対して、アルコール度数5%、カロリー144kcal、糖質9.5g、総カロリー182kcalです。飲みごたえがあるビールの中では比較的糖質が低いですが、総カロリーは高いので飲みすぎると太る原因になります。ビールとご飯を一緒にするのは控えたいですね。ただ、キリンビールのキレは最高です。

キリンゼロ(発泡酒)の総カロリー

キリンビールのキリンゼロは、発泡酒なのに泡立ちがよく飲みやすいビールです。そんなキリンゼロは、アルコール度数3%、カロリー67kcal、糖質0gです。カロリーが他社と比較しても低くダイエット中には最適のビールです。アルコール度数が低いので、物足りないと思う方もいるようです。飲めない人にはおすすめの発泡酒です。ビールとは、少し味が違うので、ビール以外はダメという方もキリンビールなら挑戦しやすいかもしれません。

淡麗プラチナダブル(第3のビール)の総カロリー

キリンビールの淡麗プラチナダブルは後味さっぱり、飲み心地も良く、あっさりした第3のビールです。そんな淡麗プラチナダブルは、アルコール度数5.5%、カロリー108.5kcal、糖質0gです。糖質0はやはりうれしいですよね。太るのが嫌なら断然糖質0を選びましょう。ダイエット中の方は、あっさり味の淡麗プラチナダブルはおすすめです。ビール離れするなら第3のビールから始めてみるのが良いですね。

ビールの糖質オフは本当に太らないの?糖質の少ない人気ビールも | MensModern[メンズモダン]

サッポロビールは王道の味(カロリーと糖質を比較)

黒ラベル(ビール)の総カロリー

サッポロビールの黒ラベルは、キレとコクと香り、のどごし、味わい、すべてにおいてバランスのとれたビールです。そんな黒ラベルは350mlに対して、アルコール度数5%、カロリー140kcal、糖質10.2g、総カロリー180.8kcalです。黒ラベルは飲みやすさから若い層にも愛されています。ビールの中で最もバランスの良いビールなので王道の味といえます。サッポロビールは非常に飲みやすいので、飲みすぎに注意です。

極ZERO(発泡酒)の総カロリー

サッポロビールの極ZEROは発泡酒の中でも飲みごたえのある発泡酒です。そんな極ZEROは、アルコール度数4%、カロリー91kcal、糖質0gです。糖質を気にして飲む方におすすめで、ビールと発泡酒を比較したときに味わいが少なくことが多いようですが、極ZEROは味わいもあるので人気があるようです。プリン体も0なのでビール飲むなら発泡酒が良いです。ご飯も一緒に食べても良いのでダイエットには良いですね。

麦とホップthegold(第3のビール)の総カロリー

サッポロビールの麦とホップはのどごしが良く、後味もすっきりしていてビールに近い味がする第3のビールです。そんな、麦とホップは、アルコール度数5%、カロリー154kcal、糖質11.6g、総カロリー200.4kcalです。ビールにほぼ近い味を再現しただけあってカロリーも高めです。サッポロビールなら、第3のビールの方が安いしカロリーも低いので麦とホップが良いですね。ビール離れは大事ですよ。

カロリー糖質気にせずビールを飲んで楽しく

ビールの3タイプのカロリーと糖質をメーカーごとに一部ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。ビールがすべてダメということではないですが、トータルカロリーや健康のことを考えると、発泡酒が一番良いです。でも、楽しくたくさん飲みたいなら第3のビールでも良いですね。ビールだけで必ず太るわけではないので、健康に気を付けてビールを楽しく飲んでくださいね。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ