スーツ(グレー)の着こなし伝授!ビジネスに合うネクタイ&靴は?

着ているだけで落ち着いておしゃれなイメージな、グレースーツ。ビジネスに着るにはカジュアルすぎるかな、と思うこともありますよね。グレースーツに合わせるネクタイや靴に少し気を付ければおしゃれ上級者なビジネスマンになれちゃいます!

スーツ(グレー)の着こなし伝授!ビジネスに合うネクタイ&靴は?

目次

  1. グレースーツはどんな印象?
  2. ビジネスシーン別に考えるグレースーツの着こなし!
  3. グレースーツの着こなしポイント!
  4. 間違えられない!?ネクタイのマナー!
  5. ネクタイの柄の種類
  6. グレースーツ×ネクタイの着こなし
  7. ストライプグレースーツ×ネクタイの着こなし
  8. チェックグレースーツ×ネクタイの着こなし
  9. スーツのときの足元のマナー!
  10. スーツ着用時に履く靴の種類はコレ!
  11. グレースーツに合う靴の定番は黒?茶色?
  12. グレースーツ×靴の着こなし
  13. チャコールグレースーツ×靴の着こなし
  14. ライトグレースーツ×靴の着こなし
  15. グレースーツのネクタイと靴の着こなしのまとめ

グレースーツはどんな印象?

おしゃれなイメージのグレースーツ。グレーの色味や小物の使い方で印象が大きく変わってきます。そんなグレースーツの印象をどんな良いイメージを与えるのか、どんな悪いイメージを与えるのかと、両方の面から見ていきましょう!

一般的にチャコールグレーなどの濃いグレーは、落ち着いた印象が強く、日本人の肌にも合わせやすくビジネス向きです。ライトグレーなど淡くなるほど、カジュアルな印象になります。単色だけでは落ち着いた雰囲気の強いグレーですが、シャツやネクタイ、靴など合わせる小物によって大きく印象が変わります。

良いイメージ

グレースーツは着ると落ち着いた雰囲気になります。また、柔軟や都会的、知的、謙虚、誠実、考え方において偏りがないなどのイメージを与えることが出来ます。目上のお客様に合うときに、グレースーツを着ているのは信頼感を与えることに繋がります。また、謝罪をしに行くときなどに濃いグレースーツを着ていくと謙虚な印象を発揮します。

悪いイメージ

基本は濃いグレーのスーツがオススメですが、明るいグレーのスーツは慎重に選ぶことをオススメします。お客様に謝罪に向かうときなどに明るいグレーのスーツでは相手に悪印象を与えてしまうこともあります。また、営業職の方などは怪しい営業マンになってしまうなどの声もあるので、ネクタイと靴などで色を調節して着こなすことをオススメします。

【元外資系営業マンが選ぶ】デキる男を印象付けるNo. 1香水が決定! | MensModern[メンズモダン]

ビジネスシーン別に考えるグレースーツの着こなし!

上記で述べたようにグレースーツと一言で言っても、色合いや柄、ネクタイ、靴などでグッと印象が変わるもの。その場その場に合った着こなしをしていきたいものです。そんなグレースーツの着こなしをビジネスジーン別に見ていきましょう!

商談や接待、打ち合わせの日の着こなし

大事な商談や接待、打ち合わせの日には、信頼されるような、また失礼のないようなダークの色合いのグレースーツが良いです。明るい色のスーツは避けるようにして、濃いグレーや無難なネイビー、黒などの色合いから選ぶと良いです。

オフィスでデスクワークの日の着こなし

デスクワーク中心の日は社内の規則が厳しくなければ、グレーのスーツで明るい印象にするもの良いです。明るいグレーのスーツやチェック、ストライプの柄で少しくだけた印象にしておしゃれを楽しんでみてはどうでしょうか?

社員総会などの日の着こなし

社員総会や社内外から人が集まって開かれるパーティなどでは、”浮かない”服装をしたい方が多いと思います。そんな時は、濃いグレーのスーツをオススメします。華やかさなどはシャツやネクタイ、靴などの組み合わせで出すことが出来ます。濃いグレーのスーツは大事な商談や接待、打ち合わせなどのシーンにも合っていて、華やかな場でも浮かないので、一着持っていると便利です。

グレースーツの着こなしポイント!

グレースーツの着こなしは色合いや柄によって変わると言いましたが、ここで少し着こなしのポイントを3点ほど紹介します。紹介するポイントは、基本的なことなのでこれを押さえておけば、グレースーツの着こなしはばっちりです!

印象はグレーのトーンで変える!

グレーは明るい色合いのライトグレーから黒に近い色合いのグレーまで幅広い色合いがあります。そのため、グレースーツを着ていても色合いによって印象はだいぶ変わります。明るい色合いのグレースーツは爽やかで若々しい印象に、濃い色合いのグレースーツは落ち着いた、信頼できるといった印象を与えます。

ストライプスーツは印象を考える

ビジネスの場でストライプのスーツを着るときは、ストライプの「シャドーストライプ」「ピンストライプ」「ペンシルストライプ」「チョークストライプ」などの種類の他にも、ストライプの幅も注目しましょう。

一見無地に見えますが、光の当たり方などで浮き上がって見えるシャドーストライプで控えめだけど理解している、という印象を与えることも出来ます。逆に、間隔の広くストライプの強い印象のピンストライプで迫力や自分を主張、頼りがいのあるパートナーという印象を与えることが出来ます。

色使いが大事なチェック柄スーツ

チェック柄のスーツを着るときのポイントは色の関連性です。こちらの画像ですと、グレースーツに青いチェックの模様が入っています。チェックの色に合わせてネクタイも青いものを使っています。この色の関連性でスーツスタイル全体が統一され、上手く決まります。チェックの色に合わせてネクタイや靴の色を調整してみてください。

間違えられない!?ネクタイのマナー!

まず、ネクタイの長さはベルトにかかる長さです。ネクタイの太さはラペルと呼ばれる下襟に合わせます。また、ネクタイの結び目の下部分にはディンプルというくぼみが必要です。このディンプルがないと平べったく物足りない印象になります。そのため、ディンプルをしっかり作り、全体的にふんわりと立体的に仕上げるとメリハリが出て決まります。

ネクタイの柄の種類

ネクタイの柄や色はたくさんあって、どれをスーツに合わせるかで相手に与える印象や雰囲気も変わっていきます。また、TPOに合ったネクタイを選ばなくてはいけません。ここでは、主要な5種類のネクタイの柄について紹介していきます。

ソリッド(無地)

ソリッド(無地)はどんな柄のスーツやシャツにも合うので、基本の柄となります。どの柄のネクタイよりも使いやすく、コーディネートしやすいです。中でも、ネイビー・ワインレッドは使いやすい色なので、一本ずつ持っていると便利です。逆に、黒やグレーは使い方によってはカタいイメージになります。

レジメンタル(ストライプ)

レジメンタル(ストライプ)はソリッドと同じくらい一般的な柄と言われています。知的で基本に忠実な印象を相手に与えます。ストライプの幅が細い×太いの組み合わせの方がビジネスでは向いていています。目上の人と合うときや商談など、王道を外したくない日に着用するのをオススメします。また、使われている色が少ないと失敗しにくいので、3色以内におさえると良いです。

ドット

ドットは、水玉の小さいものを「ピンドット」、中くらいのものを「ポルカドット」、大きいものを「コインドット」と分けられます。柄が小さいものは品が良く、大きいものはポップな印象を相手に与えます。色が少ないものは落ち着いた印象でコーディネートしやすいです。ビジネスシーンで使う場合は、ドットが小さいものを選ぶとクラッシックな印象になるのでオススメです。

小紋(こもん)

小紋とは小さな柄のことで上品で誰からも好印象なイメージを与えます。柄が大きいとカジュアルになってしまうのでビジネスシーンで使う場合は、コーディネートしやすく、クラシックな印象になる、柄が小さいものを選びましょう。小紋柄は基本はおさえたいけど、レジメンタルほど目立つ柄ではないな、という日にオススメです。

チェック

チェックはギンガムチェックやグレンチェック、千鳥格子など様々な種類があります。また、着用することで、相手にカジュアルで親しみやすいという印象を相手に与えます。おしゃれを楽しみたい日などにオススメです。合わせるのが意外と難しい為、スーツと同系色でまとめるか、使用されている色が少なく、メインの一色の面積がどの色よりも大きいものを選ぶと良いです。

スーツとネクタイの組み合わせ方|長さ・色の選び方や結び方のコツ | MensModern[メンズモダン]

グレースーツ×ネクタイの着こなし

落ち着いていて都会的でおしゃれな雰囲気を醸し出すグレースーツ。おしゃれに着こなしてビジネスでの相手に誠実で信頼できる人という印象を与えたいものです。そんなグレースーツに合わせるネクタイを画像と共に紹介します!

1.ソリッドタイ

同系色のネクタイを持っていき、スーツの色よりトーンを暗めにすることで洗練され、シャープな印象になります。また、最近ではグレースーツにグレー系のソリッドタイや織り柄タイを合わせる着こなしがトレンドとなっています。靴と鞄を黒にするなどネクタイに合わせてトーンを落として、全体のバランスを取ったコーディネートもアリです。

2.小紋タイ

シックで落ち着いた印象な反面、表情に乏しい無地のグレースーツは知性を感じるネイビー、大人の上品さを与える小紋柄のタイで精悍な印象に仕上げましょう。ネイビーの小紋柄タイは非常に使いやすいものなので、一本は持っておきたいアイテムです。小紋柄のタイも様々な種類があるので個性を出しておしゃれを楽しむのもオススメです。

3.レジメンタルタイ

青のレジメンタルタイを選ぶと爽やかな印象になります。また暗めなトーンのレジメンタルタイを持ってくると、スーツのグレーの色合いがグッと引き立つのでオススメです。赤などの少し明るめの色のタイを持ってくると、ギラギラとした印象になります。

ストライプグレースーツ×ネクタイの着こなし

ビジネスシーンでのスーツの柄の代表と言っても過言ではないストライプスーツ。ストライプの太さと間隔で印象が変わります。細いストライプや狭い間隔のものはドレッシーで繊細な印象に、太いストライプや広い間隔のものは華やかで力強い印象になります。その日のその場にあったストライプのスーツを選ぶことが大事です。

1.ブラウンタイ

シックでシャープ、落ち着いた印象の印象を持つグレースーツに、力強い印象のストライプ柄。あえてブラウンのタイを持ってくることで”温かさ”を出すことが出来ます。落ち着いた印象も、より強く演出してくれます。秋冬は肉厚なブラウンタイを持ってくることでさらに季節感も出て、表情豊かなディンプルもより楽しめます。

2.織り柄ソリッドタイ

爽やかで若々しい印象のライトグレースーツに、繊細な印象を与える細く狭い間隔のストライプのスーツ。ビジネスシーンからプライベートまで使える、織り柄ソリッドタイを持ってくることで、さり気ないセンスが光り、おしゃれな印象に。スーツやシャツをメインにしたい日にオススメです。

チェックグレースーツ×ネクタイの着こなし

やわらかい雰囲気になるチェック柄のスーツ。ビジネスシーンでは、商談などのない日に着ることをオススメします。チェック柄の代表格の種類として、若々しくカジュアルな印象の格子柄、クラッシックで大人の印象のグレンチェックなどがあります。

1.小紋タイ

やわらかい雰囲気でフレンドリーな印象なチェックのグレースーツは、無地・ストライプに次いで手に入れたいところです。派手なチェックではなく、落ち着いた感じのチェックのスーツを選び、小紋柄のタイを持ってくることでアクセントに。ライトグレーのチェックスーツに青いシャツ、小紋柄のタイで爽やかにするものアリです。

2.ネイビータイ

爽やかなライトグレーのスーツに知的な印象を与えるネイビーのタイを合わせたスタイルです。職場の規則が厳しくなければ、画像のようにシャツで遊んでみるのもおしゃれです。シャツとネクタイをシンプルなものにし、色を統一するとまとまりやすいので、チェックのスーツの着こなしも難しく感じることはありません。

3.ドットタイ

チェックにドットと柄が主張し合っているように感じますが、ドットの小さいネクタイを選ぶことで柄同士でケンカせず、上手くまとまります。また、シャツをストライプにしても遊び心が出ておしゃれです。その場合は、シャツはストライプの薄いもの、ネクタイは濃い色を持ってきて引き締めましょう。

スーツのときの足元のマナー!

スーツのときは革の紐靴を履きます。色は黒と茶色が基本ですが、茶色はグレーやネイビーのスーツとも合い便利です。靴の色をスーツの色と合わせることは大事ですが、鞄やベルトの色とも合わせて統一感を出すことでおしゃれにきまります。また、靴下も同じように同系色のもので揃えてください。靴下を同系色で揃えることでスーツと靴が繋がって見えるため脚長効果もあります。

ビジネスシューズの紐靴には内羽根式と外羽根式の2つの種類に分けられます。紐を通す穴のある革が内側にあるか、外側に付いているかの違いです。内羽根式は紐を解いても羽根が開かないタイプで、履くと見た目がすっきりとし上品な印象です。外羽根式は紐を解くと羽根が全開するタイプで履くと、疲れにくく活動的なシーンに適しています。

スーツ着用時に履く靴の種類はコレ!

スーツ着用時に履くのに向いている革靴の種類は、5種類ほどあります。ストレートチップ、プレーントゥ、ホールカット、ウィングチップ、モンクストラップと呼ばれる5つの革靴です。この5つのうち、モンクストラップは唯一革靴ではありません。モンクストラップはベルトがついたタイプの革靴です。この5つの革靴を簡単に紹介していきます!

1.ストレートチップ

革靴の王道と言ったらストレートチップです。特徴としては、横一文字の切り替えがつま先に入っていることで皺がつきにくく美観を保ちやすいことです。ビジネスはもちろん冠婚葬祭、普段のカジュアルスタイルにもマッチするオールラウンドに使えるところが魅力です。初めて革靴を買う人にはオススメの一足です。

2.プレーントゥ

甲やつま先に装飾やステッチが施されていないシンプルなプレーントゥ。ビジネスにおいては文句なしのスタンダードな革靴です。また、カジュアルからある程度のフォーマルなシーンまで使える優秀なものです。シンプルが故に、靴自体のクオリティが鍵となり、ブランドや職人の技術の良し悪しが浮き彫りになる靴でもあります。

3.ホールカット

一枚の革だけで作られるホールカット。エレガントで上品な印象を与えてくれます。職場の規則が厳しいところでのスーツスタイルには向いていないかもしれませんが、規則などに問題がなければ大丈夫です。パーティはもちろんビジネススタイルにもマッチします。ビジネススーツに合わせるときに、バランスがとりづらいこともありますが、履きこなせればおしゃれ上級者です。

4.ウィングチップ

つま先部分のW字のステッチが翼のように見えるのでウィングチップと呼ばれています。堅苦しくない雰囲気が特徴でカジュアルの定番靴ですが、スーツに合わせると外交的な雰囲気を醸し出しつつアクティブでフットワークの軽いビジネスマンの印象を与えてくれます。しかし、派手なものやソールが厚すぎるものはビジネスシーンには合わないので注意しましょう。

5.モンクストラップ

唯一紐ではなくストラップとバックルで甲を締めるモンクストラップ。一本のストラップで固定する「シングルモンク」と二本のストラップで固定する「ダブルモンク」に分けられます。紐靴よりカジュアルな雰囲気で、遊び心のある印象を与えます。修道士が履いていた事からモンクと名前が付き、そのためビジネスシーンはもちろん、弔い事などの落ち着いたシーンでも使用できます。

スーツに合う靴はやっぱり革靴?おすすめメンズブランド&選び方 | MensModern[メンズモダン]

グレースーツに合う靴の定番は黒?茶色?

チャコールグレーのスーツに合わせるなら、黒の靴を持ってくるのが良いです。ですが、ライトグレーなどの明るいグレースーツには茶色の靴の方が違和感なくまとまります。またグレースーツはブラウン系の色と相性が良いので、ネイビースーツとは違い、明るめのベージュの靴でも上手くまとまります。この組み合わせは「仕事のできるおしゃれなビジネスマン」という印象を与えます。

どちらの色も、スーツと靴の色の組み合わせを考えたらグレースーツに合います。スーツのトーンに合わせて、靴の色を変えることが着こなしのポイントになってきます。例えば、全体的に暗めなトーンなのに靴だけ明るい色だと、違和感を感じます。また逆もそうです。ちぐはぐなコーディネートにならないためにも全体の色の統一感を出しましょう。

グレースーツ×靴の着こなし

「おしゃれは足元から」なんて言葉もあるくらいコーディネートで大切な靴。グレースーツと靴の着こなしを少し紹介します。仕事が出来て、おしゃれにも気を使えるビジネスマンになりましょう!

ダークブラウンのストレートチップ

ミディアムグレーのスーツにダークブラウンのストレートチップのスタイル。ミディアムグレーとダークブラウンの相性は非常に良いです。また、色、靴ともにベーシックな組み合わせなのでビジネスシーンで活躍すること間違いなしです。

チャコールグレースーツ×靴の着こなし

落ち着いている、信頼できる、信頼できる、大人などの印象をより与え、着ると顔立ちがはっっきりとするチャコールグレーのスーツ。そんなチャコールグレーと靴の着こなしを見ていきましょう!

1.ダークブラウンのウィングチップ

チャコールグレーとダークブラウンの組み合わせは定番中の定番です。全体のトーンを暗くしたことでより落ち着いた印象を与えます。ネクタイをブラウンにするとさらにまとまったスタイルになります。ネイビーのネクタイにするとスッキリとした印象になります。

2.ブラックのモンクストラップ

チャコールグレーにブラックのダブルモンクのおしゃれな組み合わせなスタイル。ネクタイなど全体のトーンを暗くし、上手くまとまっています。スタイリッシュでどこかクラシカルな雰囲気が好印象です。

ライトグレースーツ×靴の着こなし

エレガントで都会的、繊細で優しい面もありながら、カジュアルな印象も与えるライトグレーのスーツ。着ると爽やかで若々しく、肌をきれいに見せてくれます。そんなライトグレーのスーツと靴の着こなしを見ていきましょう!

1.ライトブラウン

ライトグレーにはライトブラウンの靴が相性抜群で定番です。エレガントで知的な印象を演出してくれます。ネクタイはライトグレーと相性の良いスカイブルーにすると爽やかな好印象になります。

2.ダークブラウンのストレートチップ

ライトグレーにダークブラウンの靴とネイビーのネクタイがクールな印象。全体をグレーで統一することで、ライトグレーのスーツにもダークブラウンが違和感なく馴染み、また、靴の色味が映えて良いです。ネクタイをダークグレーにトーンダウンさせることでシャープな印象を与えます。

3.ブラックのストレートチップ

ライトグレーのスーツは基本的に、ブラウンが明るい方が相性が良いですが、着方によってはブラックでも上手くまとまります。ネクタイやベルトを黒で統一するなどトーンダウンすることでスタイリッシュに決まり、合わせやすいコーディネートになります。また、ブラウンの鞄をアクセントにするのもおしゃれです。

グレースーツのネクタイと靴の着こなしのまとめ

落ち着いていて、都会的でおしゃれな雰囲気のグレースーツ。グレーの色合いや合わせるネクタイの色や柄、靴の種類などで印象がガラリと変わることが分かりました。そんなグレースーツを着こなして、おしゃれなビジネスマンライフを楽しんでみてください!

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ