軽自動車を多く開発、販売しているダイハツ、今回はそのダイハツの人気軽自動車の燃費、価格をランキングにしてまとめました。また軽自動車のメリット、デメリットもまとめています。軽自動車を購入しようかと迷っている人は参考するといいかもしれません。

ダイハツの軽自動車一覧!燃費や価格と人気ランキングまとめ!

目次

  1. ダイハツの軽自動車
  2. 軽自動車を多く開発、販売ダイハツ
  3. 軽自動車が人気の理由
  4. ダイハツ軽自動車の販売数ランキング
  5. ダイハツ軽自動車の燃費ランキング
  6. 軽自動車はパワーが足りない
  7. 大きさが決まっている軽自動車
  8. 以外に脆い
  9. 地域よってターボ付き軽自動車を選ぶ
  10. 走行道路によってターボ付き軽自動車を選ぶ
  11. 軽自動車の販売数、燃費ランキングのまとめ

ダイハツの軽自動車

自動車メーカーのダイハツは多くの軽自動車の開発、販売を行っています。軽自動車は燃費もよく、車税も安いため幅広い層に人気の車です。今回はダイハツの軽自動車の価格と燃費ランキング、人気ランキングを調べました。

軽自動車を多く開発、販売ダイハツ

ダイハツは多くの軽自動車を開発、販売しています。ダイハツの正式名はダイハツ工業株式会社といいます。ダイハツは日本で最も古い歴史を持つ自動車メーカーで大阪高等工業学校の研究者が集まり、1907年に発動機製造株式会社として創立されたのが始まりになります。

現在はトヨタグループに所属し、OEM供受給やトヨタからの受託生産などを行なっています。トヨタからの受託により小型車や商用車に搭載されるエンジンの開発もダイハツが多く担当しています。

軽自動車が人気の理由

軽自動車が人気の理由はガソリン価格の高騰により燃費がいい車を求める人が多くなったという現状と、車税の重量税が安いので他の乗用車と比べて車の維持費が安く済みます。また車庫証明がいらないのでわざわざ駐車場を用意する必要性がないなどのメリットがあることから現在人気が高い車種になっています。

ダイハツ軽自動車の販売数ランキング

1位【タント】…ダイハツ人気の軽自動車ランキング

ダイハツの販売数で人気の軽自動車がダイハツ・タントになります。この軽自動車のタントは室内が広く作られておりファミリー向けの軽自動車として人気の高い軽自動車となっています。車名のタントの名前の由来はイタリア語でとても広い、たくさんのという意味で付けられました。タントの価格は新車で税込み1,473,610円~になります。中古価格は平均で700,000円~800,000円になります。

2位【ミライース】…ダイハツ人気の軽自動車ランキング

ダイハツの軽自動車であるミライースは、第3のエコカーをコンセプトに軽自動車のミラを基本に車両構造の見直し、車両の軽量化、トランスミッションの改良、エンジンの改良などを行い従来比で40%燃費性能を改善した軽自動車になります。新車の価格は1,245,210円~になります。中古価格の平均は600,000円~800,000円になります。

3位【ムーヴキャンバス】…ダイハツ人気の軽自動車ランキング

軽自動車のムーヴキャンバスは近年の女性の行動特性を着眼点に自身のライフスタイルを楽しむ若年の女性ユーザーを対象に開発されたダイハツの軽自動車になります。女性ユーザーだけではなく、幅広い世代で使いやすいようにデザイン性と機能性を両立した軽自動車として開発された経緯があります。新車の価格は税込み1,414,800~になります。中古価格の平均は1,200,000円~1,400,000円になります。

4位【ウェイク】…ダイハツ人気の軽自動車ランキング

ダイハツが開発、販売しているタントをベースに日常からレジャーまで幅広く対応することができる新ジャンルの軽自動車を目指して開発されたのがウェイクになります。ウェイクの特徴として室内高を軽自動車で最も高い1,455mmになっています。車名の由来は軽自動車のタントの上を行くといった思いで開発された事からウェイクと名づけられました。新車の価格は税込み1,350,000円~になっています。中古車の平均価格は1,400,000円~1,500,000円になっています。

5位【キャスト】…ダイハツ人気の軽自動車ランキング

ダイハツが開発したキャストはSUV軽自動車になります。軽自動車でありながらSUVの要素を持っています。キャストの名前の由来は、毎日の生活はまさにドラマ。そのドラマのキャストになる車になって欲しいという思いからキャストという名前が付けられました。新車価格は税込み1,220,400円~になっています。中古車の平均価格は1,100,000円~1,200,000円になっています。

ダイハツ軽自動車の燃費ランキング

1位【ミライース】…ダイハツの燃費がいい軽自動車ランキング

ダイハツの軽自動車の中で一番燃費のいい軽自動車がミライースになります。ミライースにはダイハツが開発したe:Sテクノロジーが採用されています。これは車両の軽量化、トランスミッションの改良、エンジンの改良などを行い従来比で40%燃費性能を改善させた技術です。これにより燃費はJC08モードの計測では2WDで30km/L、4WDで28km/Lを出しており、低燃費性能を実現しています。

2位【ムーヴ】…ダイハツの燃費がいい軽自動車ランキング

ダイハツの軽自動車の代表と言えばムーヴです。ムーヴは多くの改善を行い当初発売したものより軽量化、エンジンの改善もあり燃費性能が上がりました。最新のムーヴの燃費はJC08モードで2WDは29.0km/L、ターボ2WD車は27.4km/Lになり、4WDは27.6km/L、ターボ・4WDで25.6km/Lになっています。

3位【ムーヴキャンバス】…ダイハツの燃費がいい軽自動車ランキング

ムーヴキャンバスはダイハツのムーヴを改良して作られた軽自動車です。燃費もいままだのムーヴよりも車体を大きくなりましたがエンジンが改善され燃費が向上しています。JC08モードで2WDは28.6km/L、4WDでは27.4km/Lになっています。

4位【キャスト】…ダイハツの燃費がいい軽自動車ランキング

ダイハツのキャストは上記でも紹介したのですが軽自動車のSUVになります。SUVと聞くと燃費が悪いように思われるかもしれませんが、ダイハツ・キャストは燃費がいいです。JC08モードでも2WDターボで27.0km/L、4WDターボで24.6km/Lになっています。SUVにも乗りたいし、軽自動車のメリットも欲しい欲張りな人にはおすすめの軽自動車です。

5位【ミラ】…ダイハツの燃費がいい軽自動車ランキング

ダイハツのミラはミライースのベースになった軽自動車です。もともと燃費がいい車なので今回の燃費ランキングでも3位になりました。ダイハツのミラの歴史は古く1980年に登場しました。そして1991年には軽自動車としては日本国内の通年最多販売台数、286,975台を記録するなど日本国内で多く出回っている軽自動車になります。最新のミラの燃費はJC08モードで2WDは26.0km/L、4WDは23.0km/Lになっています。

軽自動車はパワーが足りない

軽自動車は普通車と違いパワーが小さいです。普通小型車の場合エンジンの排気量は1500CCですが軽自動車は660CCになります。排気量と車体の加速するパワーは比例します。なので軽自動車は坂道などではエンジンペダルをベタ踏みしてもパワーが足りずスピードがでません。最悪の場合は急な坂を上れないなんてこともありえます。

大きさが決まっている軽自動車

軽自動車の長さ、幅は法律により決まっています。しかし高さの制限は決まっていないので車高を大きくして車の室内を広くすることしができません。なので横幅、長さの大きい軽自動車が欲しいと思ってもそれは存在しません。このことを理解して軽自動車を選びましょう。

以外に脆い

軽自動車は軽量化を行っているので車体自体が軽くできています。なので他の車に事故などでぶつかるとすぐ潰れてしまいます。最近は安全性能が高い軽自動車が出てきていますが、それでも普通車と比べると脆さが出ます。

またメンテンナンスをしっかりとしないと軽自動車は普通自動車よりも早く壊れてしまいます。軽自動車は軽量化をしている分、内部の設計もかなりシビアになっているので少しでもメンテナンスをサボると壊れやすくなってしまいます。

地域よってターボ付き軽自動車を選ぶ

ターボとは別名で過給機といい、エンジンが吸い込む空気の圧力を高くすることで酸素を多く取り込みことにより高い燃焼エネルギーを得るための補助装置のことです。このターボが軽自動車に付いてると普通車と同等のスピードとパワー得ることができます。しかしその分燃費が悪くなります。

ターボ付きの軽自動車を買う必要性がある地域は坂道が多い地域、雪が降る寒い地域になります。坂道が多いと普通の軽自動車ではパワー不足で坂道を登るのが遅くなってしまいます。雪が降る寒い地域では雪で前に進めなくなってしまいます。

走行道路によってターボ付き軽自動車を選ぶ

高速道路や峠などを頻繁に運転する人もターボ付きの軽自動車を購入するのをおすすめします。高速道路では加速が重要になります。ターボが付いていれば加速もスムーズなので高速道路で気持ちよく走行ができます。峠は坂が多いのでターボが付いていないと峠を越えるのに苦労します。

軽自動車の販売数、燃費ランキングのまとめ

ダイハツを多くの軽自動車を開発しており、最近の軽自動車はとても燃費がよく、色々な安全機能がついた軽自動車も多くなりました。しかし軽自動車のパワー不足はターボを付けなれば解決できず、その分燃費が悪くなるという面も持ち合わせています。軽自動車か普通車かの購入を迷っているのであればまず自分の地域性、利用道路の状況を考えて購入するのもいいかもしれません。


評価 4.7/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ