パスタに合う付け合わせは?超簡単!サラダ・スープ・おかずの作り方

パスタを食べる時、付け合わせを何にしたらいいか迷うことはありませんか。パスタソースによって付け合わせも変えるとバランスよく食べることが出来ます。今回は超簡単に出来るサラダやスープ、定番のおかずの作り方をご紹介します。パスタの献立に困った時に役立てて下さい。

パスタに合う付け合わせは?超簡単!サラダ・スープ・おかずの作り方

目次

  1. パスタの献立、副菜は何にしよう?
  2. パスタの定番付け合わせは?
  3. パスタの付け合わせレシピ~サラダ編~
  4. どのパスタにも合う!超簡単グリーンサラダ
  5. トマト系パスタにはシーザーサラダ
  6. クリーム系パスタはマリネでさっぱりと
  7. オイル系パスタはごぼうサラダ
  8. パスタの付け合わせレシピ~スープ編~
  9. 迷ったらコンソメスープ
  10. 魚介系パスタならチキンのスープ
  11. 肉系パスタなら野菜たっぷりミネストローネ
  12. パスタの付け合わせレシピ~おかず編~
  13. お肉のソテーでタンパク質を
  14. 魚介類を食べるならカルパッチョ
  15. ハムやソーセージで大満足
  16. お酒と一緒ならカプレーゼがおすすめ
  17. 【番外編】レトルトのパスタソースが美味しい!
  18. パスタの献立はバランス良く!

パスタの献立、副菜は何にしよう?

パスタだけじゃ物足りない!

昼食や夕ご飯にパスタを作ろうと思っても、パスタだけでは物足りないですし栄養のバランスも悪くなってしまいます。バランスと腹持ちを考えると副菜が必要になってきます。イタリアンレストランではサラダとスープがついてきますので、この2つは必須ですね。

今回は、パスタに合う付け合わせをテーマにお伝えしていこうと思います。超簡単に作れる定番のサラダやスープ、おかずをご紹介します。おかずを追加してボリュームアップさせると腹持ちが良くなるので、パスタにするとすぐお腹がすいちゃうという方は是非付け合わせを増やしてみて下さい。

パスタのカロリーはどのくらい?高い&低いパスタをそれぞれ紹介! | MensModern[メンズモダン]

パスタの定番付け合わせは?

パスタソースに合わせておかずを考えよう

パスタの付け合わせは何でもいいというわけではありません。見た目も重要ですが、トマト系やクリーム系などパスタソースの種類に合わせて組み合わせる必要があります。例えば、トマト系パスタソースにトマトのスープやトマトサラダだとトマトばかりで飽きてしまいますし、クリーム系パスタソースにポタージュスープなどのとろみのあるスープではしつこくなってしまいます。

パスタソースがあっさりしているのならサラダやスープ、おかずは少しボリュームがあって食べ応えがあるものにし、クリームを使ったこってり系パスタの場合にはシンプルなサラダやスープを付け合わせにすると全体的にバランスが良くなりますよ。

パスタの付け合わせレシピ~サラダ編~

まず最初のパスタの付け合わせは、サラダです。サラダと一言でいっても沢山の種類があります。レタスがメインのサラダや鶏肉や海鮮が入ったサラダ、ゆで卵やアボカドが入ったデパ地下風のサラダなど様々です。今回は、どんなパスタでも合う定番のグリーンサラダやシーザーサラダ、マリネ、ごぼうサラダの4つのレシピをご紹介します。

おしゃれなサラダの簡単レシピ!見た目が華やかな盛り付けのコツは? | MensModern[メンズモダン]

どのパスタにも合う!超簡単グリーンサラダ

葉物野菜のみのグリーンサラダは、トマト系やクリーム系、オイル系でも何にでも合う付け合わせです。何のサラダにしたらいいか迷ったときは超簡単に作れるグリーンサラダはいかがですか。市販のドレッシングでも手作りドレッシングでもどちらでも美味しい付け合わせになりますよ。レタスで食物繊維をたっぷり摂りましょう。

付け合わせのサラダレシピ①

定番の超簡単グリーンサラダの材料は、葉物野菜(レタスやベビーリーフ、水菜など何でも)をボウル1杯程度を用意します。ドレッシングの材料は、エクストラバージンオリーブ大さじ1~2、白ワインビネガー小さじ1~2、クレイジーソルト小さじ1/3~1/2です。

野菜は洗って水気を切っておきます。冷水につけるとパリッとします。その間にドレッシングを作ります。ドレッシングの材料をボウルに入れて良く混ぜ合わせます。とろみがついてきたらドレッシングの完成です。野菜とドレッシングを軽くかき混ぜれば定番のグリーンサラダの出来上がり。ホールコーンやゆで卵、生ハムをトッピングしてアレンジも出来ます。

トマト系パスタにはシーザーサラダ

シーザーサラダとは、レタスの上にパンをこんがり焼いたクルトンやパルメザンチーズを乗せたところににんにくやオリーブオイルなどで作られたドレッシングをかけたものを言います。温泉卵を追加するとトロっとした卵が美味しいサラダになります。パンチ力が少ないトマト系パスタならコクがあるシーザーサラダがおすすめです。

付け合わせのサラダレシピ②

シーザーサラダの定番レシピは、トッピングが少ないシンプルなものです。何となく作るのが面倒な感じがしてしまいますが、市販のものを使えば超簡単に作れるので、クルトンやシーザーサラダドレッシングは買ってきたものを使ってもOKです。

材料は、レタスやグリーンリーフなど3~4枚、温泉卵1個、粉チーズ大さじ1、あらびきブラックペッパー少々、食パン半分~1枚程度、オリーブオイル適量、ドレッシングの材料は、マヨネーズ・粉チーズ各大さじ2、レモン汁・牛乳各大さじ1、塩・ブラックペッパー少々です。

野菜は洗って水気を切っておきます。次に食パンを細かく角切りにして、アルミホイルの上に広げます。オリーブオイルをかけてカリッとするまでトースターで焼いておきます。その間にドレッシングの材料を全て混ぜておきます。レタスをちぎって皿に盛り、中心に温泉卵を乗せてクルトンを散らし、ドレッシングをかけてブラックペッパーと粉チーズを振りかければ完成です。

ちなみに、温泉卵も超簡単に作れます。鍋に1Lのお湯を沸かし、沸騰したら火を止めて水400㏄を入れて少し温度を下げます。そこにお玉に乗せた卵をそっと鍋の底に置き、蓋をして20分程度放置しておきます。時間が来たら水につけて冷ましたら完成です。卵2~4個分作れますので、お好きなものに温泉卵をトッピングしてみて下さい。

クリーム系パスタはマリネでさっぱりと

お酢を使ったマリネサラダはさっぱりと食べられるのでクリーム系のパスタにぴったりです。マリネは漬け込んで冷蔵庫で寝かせておくので、前日の夜に仕込みをしておけばすぐに食卓に出せるので超簡単!パスタ以外の付け合わせの定番にしても美味しいサラダです。

付け合わせのサラダレシピ③

定番のマリネの材料は、玉ねぎ1個、トマト半分、キュウリ半分、レタス3枚、マリネ液の材料は酢又は白ワインビネガー60㏄、レモン汁大さじ1、塩・砂糖小さじ1/2、ブラックペッパー少々、オリーブオイル100㏄です。玉ねぎはあらかじめ冷やしておくと目にしみにくいですよ。

玉ねぎはスライスしてお皿などに広げて15~30分ほど放置します。これで辛みを抜くことが出来ます。キュウリはスライスしてトマトは2cmくらいの角切りに、レタスは食べやすい大きさにちぎります。オリーブオイル以外のマリネ液の材料をしっかりと混ぜ合わせ、最後にオリーブオイルを入れて混ぜ合わせます。

密封出来る容器に野菜とマリネ液を入れて冷蔵庫で30分~半日くらい漬け込みます。トマトから水分が出るので、長めにつけておくとより美味しいです。ここにパプリカや生ハムなどを追加すると色どり豊かでおしゃれな付け合わせになりますよ。

オイル系パスタはごぼうサラダ

オイル系パスタとは、ペペロンチーノやジェノベーゼ、アンチョビのパスタなどのパスタのことを言います。油を多く使っているので付け合わせはさっぱりとしたものの方が合います。ごぼうサラダ以外にも海藻サラダなども合いますよ。

付け合わせのサラダレシピ④

ごぼうサラダは茹でて和えるだけの超簡単なサラダです。食物繊維も取れてヘルシーな一品です。材料は、ごぼう1本、人参半分、ゴマダレの材料は、マヨネーズ・すりごま各大さじ3、酢・砂糖各大さじ1、醤油小さじ1/2です。ごぼうと人参は細切りにしてさっと茹でます。ゴマダレの材料を合わせて茹でたごぼうと人参をよく和えれば完成です。

このゴマダレはどんな野菜にも合うので、このタレを活用した付け合わせを作ってみるのも良いでしょう。例えば、キャベツと人参でも、ハムとゆで卵でも、ツナを追加してみても美味しい付け合わせになりますよ。

パスタの付け合わせレシピ~スープ編~

次の付け合わせはスープです。スープがあるのとないのでは腹持ちも変わってきます。簡単に作れるスープをご紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

迷ったらコンソメスープ

スープには色々な味のものや具材が入っていますが、迷ったらコンソメスープやオニオンスープがおすすめです。付け合わせの定番はコンソメを使ったスープなので、具材はお好みのものを入れればOKです。コンソメスープは簡単ですがシンプルで美味しいので付け合わせにいかがですか。

付け合わせのスープレシピ①

コンソメスープの材料は、パスタソースの種類に合わせて選びましょう。お肉系のパスタなら野菜がメインのスープに、野菜が多く使われているパスタならウインナーなどを追加してみると、色々食べられてバランスが良くなります。材料は、お好みの野菜やキノコなど適量、バター小さじ1、コンソメ1個、水350㏄、醤油小さじ1/2、塩・ブラックペッパー少々です。

野菜やキノコは一口大に切っておきます。鍋にバターを入れて熱し、野菜などを炒めます。そこに水とコンソメを入れて煮立たせます。アクが出てきたら取り除き、蓋をして弱火で材料が柔らかくなるまで煮ます。材料が柔らかくなったら、塩、ブラックペッパー、醤油を入れて味を調えたら完成です。醤油を入れるとコクが出ます。

魚介系パスタならチキンのスープ

魚介系パスタでお肉も食べたいと思ったらチキンが入ったスープがおすすめです。簡単に作れるので、食べるスープを作りたい時に付け合わせとして作ると良いでしょう。根菜類を入れて食べ応え十分にすると満足できると思いますよ。

付け合わせのスープレシピ②

材料は、鶏もも肉1枚、玉ねぎ大半分、人参半分、じゃがいも1個、にんにくチューブ3cm、酒50cc、水450㏄、鶏がらスープの素大さじ1/2、塩少々です。お好みでブラックペッパーやパセリを振りかけても。作り方は、人参とじゃがいもは一口大に切って600Wのレンジで3分加熱します。鶏肉も一口大に、玉ねぎは薄切りにして、にんにくとオリーブオイルで炒めます。

油が絡んで少し火が通ったら人参とじゃがいもを入れて炒め、酒と水を入れて沸騰させます。沸騰したら中火で5分ほど煮て、鶏がらスープの素、塩を入れて3分加熱して完成です。キノコを入れても美味しくなりますよ。

肉系パスタなら野菜たっぷりミネストローネ

ミネストローネは野菜をトマトで煮込んだスープです。野菜をたっぷり摂れるので、野菜が不足しがちなお肉系のパスタの付け合わせにはぴったりです。トマト缶を使うので簡単に作ることが出来ますよ。

付け合わせのスープレシピ③

材料は、じゃがいも小3こ、人参1/2本、玉ねぎ1/2個、豆などお好みのものを追加、カットトマト缶1缶、コンソメ1個、水500㏄mオリーブオイル大さじ1、にんにくチューブ3cm、塩小さじ1程度、コショウ少々です。作り方は、野菜等は1cmの角切りにし、鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて香りを出し、弱火で炒めていきます。

そこに水、トマト缶、コンソメを入れて中火で煮ていき、アクが出たら取り除きます。全ての材料が柔らかくなるまで煮て、塩コショウで味を調えれば完成です。スープを煮ている間にパスタを作れば時短にもなりますよ。

パスタの付け合わせレシピ~おかず編~

最後のパスタの付け合わせは、ボリュームを増せるおかずです。このおかずがあることで食べる量の多い男性は満足できると思います。パスタとサラダ、スープだけでは足りない栄養も一緒に補給しましょう。

お肉のソテーでタンパク質を

付け合わせのおかずレシピ①

たんぱく質が少なくなってしまうパスタには、ソテーしたお肉を付け合わせにするとバランスよく食べられます。また、お肉をよく噛むことで満腹感を得ることも出来るので、パスタだとどうしてもお腹がすいてしまう方におすすめです。ただ、あまり高カロリーにならないように鶏むねやラム肉のソテーにしましょう。

鶏むね肉はパサつきがちですが、肉の繊維を断ち切るように削ぎ切りにし、酒とみりん(各大さじ1)、塩(小さじ1)を揉み込んで片栗粉をまぶして焼くことで、むね肉の中に水分を閉じ込められるので柔らかいむね肉になります。焼き過ぎると固くなってしまうので、薄切りにして火が通りやすいようにしましょう。

ラム肉の人気レシピ集!薄切り肉やステーキ・煮込みまで絶品料理をご紹介 | MensModern[メンズモダン]

魚介類を食べるならカルパッチョ

カルパッチョとは、元々生肉にソースをかけていたものですが、日本では魚のカルパッチョが定番です。お刺身を使うことで簡単に本格カルパッチョを作れます。マグロやサーモン、帆立などでも美味しい付け合わせのカルパッチョが出来ます。

付け合わせのおかずレシピ②

材料は、お好みの刺身適量、醤油大さじ1、エクストラバージンオリーブ・酢・みりん各小さじ2、塩コショウ・ブラックペッパー少々、レモン、玉ねぎ、トマト、ベビーリーフなどの野菜適量です。玉ねぎは薄くスライス、トマトは小さくカットし、ベビーリーフは軽く洗って水気を切っておきます。

醤油、オリーブオイル、酢、みりん、塩コショウ、ブラックペッパーでソースを作り、お皿にお好みの刺身を並べた上に野菜を乗せてソースをかければ完成です。お好みでレモンを絞ると爽やかな味になります。

ハムやソーセージで大満足

付け合わせのおかずレシピ③

パスタとサラダ、スープだけではまだまだ物足りないという方は、ハムやソーセージを付け合わせにしてみるのはいかがでしょうか。サラダやサンドイッチに使うタイプのハムではなく、お中元やお歳暮で頂くような厚切りに出来るタイプのハムならおかずになります。厚く切って軽くあぶるとステーキのようになって美味しく頂けます。

ソーセージも大ぶりなものを焼くと旨味が増して美味しくなります。ちょっと贅沢なおかずになってしまいますが、パスタとの相性がいい付け合わせです。たまにのご褒美にいかがでしょうか。

お酒と一緒ならカプレーゼがおすすめ

付け合わせのおかずレシピ④

晩御飯にパスタを食べるのなら、カプレーゼと共にお酒があるとおしゃれですね。トマトとモッツアレラのカプレーゼなら切って手作りドレッシングをかけるだけで超簡単な副菜の出来上がりです。材料は、トマト1個、モッツアレラチーズ1個、オリーブオイル大さじ2、レモン汁小さじ1、塩コショウ・あらびきブラックペッパー・乾燥バジル適量です。

作り方は、トマトは5~6等分で厚めに切り、モッツアレラチーズはトマトの枚数に合わせて切ります。お互いを交互に並べて、オリーブオイル以降の材料をすべて合わせて作ったドレッシングをかければ完成です。超簡単なので、パスタの時以外にもお酒のおつまみとしておすすめです。

【番外編】レトルトのパスタソースが美味しい!

レトルトのパスタソースというと手抜きなイメージがありますが、最近のレトルトはとても美味しく立派な料理になります。そんなパスタソースの定番であるミートソースと記念日などに食べたい高級パスタソースをご紹介します。

パスタソースの定番ミートソースも絶品

パスタソースでおすすめなのが、青の洞窟シリーズです。特に青の洞窟PREMIUMの「牛肉のボロネーゼ」がレトルトとは思えないほど美味しいそうです。ポルチーニソースもついているので、2種類の味を楽しむことが出来ます。1箱135g入っていて350円前後とパスタソースとしては高級ですが、本格濃厚なイタリアンが味わえます。

銀座に構えるイタリアンのお店のシェフ・落合シェフが監修した「予約でいっぱいの店のボロネーゼ」も味わい深いパスタソースです。ボロネーゼのパスタソースは色々ありますが、このパスタソースも1つの料理のように旨味がたっぷりと凝縮されています。パルメザンチーズ付きです。145.5g入って270円前後と手を出しやすい価格となっています。

高級パスタソースは特別な日に

青の洞窟PREMIUMシリーズも高級ですが、「予約でいっぱいの店の極上」シリーズも高級なパスタソースがあります。極上シリーズは濃厚なソースが特徴で、どれも贅沢な味わいです。極上紅ずわい蟹と帆立のクリームソース、極上ずわい蟹のトマトソース、極上ほたてのオマール海老ソース、極上ボロネーゼトリュフ仕立てはそれぞれ税込で410円です。

ドレッシングで有名な「ピエトロ」にも高級なパスタソースがあります。ピエトロファーマーズシリーズは1つ486円とかなり高価ですが、このパスタソースを使うだけで高級レストランのようなパスタが自宅で食べられます。ネットショップでの購入が可能です。ナポリタンやトマトソースなど美味しそうなラインナップです。

パスタの献立はバランス良く!

パスタの付け合わせについてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。パスタだと付け合わせが難しいイメージがありましたが、サラダやスープ、ちょっとしたおかずをプラスするだけで立派な献立になります。パスタを食べる際には付け合わせも一緒に作っておしゃれなご飯を楽しみましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ