ワインの種類は、白ワインと赤ワインだけではなく、細かく分けると種類も豊富で特徴もそれぞれあります。ワインの種類の知識を学ぶことで、選ぶのが楽しくなり味も一層美味しくなります。初心者からワイン通の男性のために、種類や特徴、選ぶコツなどミニ知識をまとめてみました。

ワインの種類と違い・特徴まとめ!選ぶのが楽しくなるミニ知識まとめ

目次

  1. 美味しいワインの種類や特徴!選ぶコツや開拓
  2. スティルワインは昔から馴染みのある種類・特徴まとめ
  3. シャンパンでお馴染みスパークリングワインの種類まとめ
  4. 酒精強化で知られるフォーティファイドワインの種類まとめ
  5. 食前酒におすすめフレーバードワインの種類まとめ
  6. 白・赤・ロゼワインの違いは?
  7. 白ワインのブドウの種類はシャルドネとソーヴィニヨン ブラン
  8. 赤ワインのブドウの種類はボルドーとブルゴーニュ
  9. 昔と現代のワイン事情!原産国の違いなどミニ知識まとめ
  10. ワインの種類や特徴の知識を学びリッチな大人タイム

美味しいワインの種類や特徴!選ぶコツや開拓

美味しいワインの種類や特徴など知識を得ることで、ワイン通の方も初心者の方も楽しくワインを味わえるといいます。ワインの種類は、大まかに分けると4種類と言われています。ワインの種類の分け方は、製造工程や原材料などによって仕分けされるようです。

また、ワインの種類には、味も関係してきます。甘口から辛口まで、それぞれ好みによってワインを選ぶコツも知っておきたいものです。自分好みのワインと出会うためにも、ワインの種類を始め、特徴や選ぶコツなど知識を得ていくためにも、ワインを深く理解していきましょう。

スティルワインは昔から馴染みのある種類・特徴まとめ

スティルワインは、昔から馴染のある種類であり、世界中の人達からご愛飲されている代表的なワインの種類と言えるでしょう。

スティルワインには、白ワイン、赤ワイン、ロゼ、アイスワインの4種類に分かれています。スティルワインの製造工程は、基本ブドウが原料で、ブドウの果汁を発酵させて、炭酸ガスを省いた発泡性のないワインのことを指します。

魚料理にマッチする種類「白ワイン」

白ワインは、魚料理に使用されたり、魚料理を食べる時に一緒に飲んだりしても楽しめるワインの種類になります。白ブドウを原料に使用し、ブドウの皮や種を除いて、ブドウの果汁のみでジュースの状態にして発酵する製造工程になります。

白ワインは、比較的甘口なものが多いようですが、辛口も勿論あります。アルコール度数も赤ワインに比べて低めのため、ワインが初心者というかたは、白ワインから入る方も少なくないようです。

肉料理にマッチする種類「赤ワイン」

白ワインとは逆に、赤ワインは肉料理に使用されたり、肉料理と一緒に飲むと美味しいワインの種類になります。赤ブドウや黒ブドウを使用していて、ブドウそのものをアルコール発酵するという製造工程なのが特徴です。赤ワインの色でもあるボルドー色やワインレッドは、ブドウの皮の色が作り出していると言われています。

そして、赤ワインの特徴ある渋さは、赤ブドウや黒ブドウを発酵させていく際に溶けだしていくタンニンが影響しているようです。赤ワインは、辛口がメインなのが特徴です。

ワイン初心者・気分転換にロゼ

ワインは、初心者という方や普段飲んでいるワインに飽きてしまったという方におすすめなのがロゼです。ロゼは、比較的女性に人気で透明なピンク色が特徴です。

ロゼは、白ワインと赤ワインの中間くらいに位置する種類でもあります。製造工程は、赤ワインと基本同じと言われていますが、途中でピンク色になったブドウの果汁のみを取り出し、発酵工程に進む作り方もあるようです。

甘党の人向けの種類「アイスワイン」

アイスワインは、冷たいワインと思いきや、製造工程が由来でアイスワインと名付けられているようです。アイスワインは、冷凍されているブドウをそのまま凍った状態で果汁をしぼり造られるようです。

冷凍の仕方も、ゆっくりではなく急激に冷凍するといいます。そういった所から、アイスワインと名付けられているようです。アイスワインは、物凄く甘いワインの種類になるのが特徴でもあります。

ワインの平均的なアルコール度数は?それぞれの特徴と注意点まとめ | MensModern[メンズモダン]

シャンパンでお馴染みスパークリングワインの種類まとめ

パーティーなどで飲まれることも多いスパークリングワインの種類についてまとめてみました。炭酸ガスで発泡性のあるワインになります。

もともとワインには、少ししか炭酸ガスが含まれていないため、すべて発酵する前にビンに詰めて炭酸ガスとなる二酸化炭素をプラスし出来上がったものがスパークリングワインと言われています。

ゴージャス感で選ぶ種類なら「シャンパン」

シャンパンは、ゴージャス感に溢れており、パーティー会場やお祝いなどの席でも人気のスパークリングワインです。

スパークリングワインでもシャンパンと呼ばれるものは、フランスにあるシャンパーニュ地方で造られたものだけと言われています。スパークリングワイン全てが、シャンパンと思っている方も多いようですが、造られた地域に寄っても変わってくるようです。

製造地別の有名な種類といえば「クレマン」

スパークリングワインのシャンパンと同じ製造工程ですが、造られた地方がシャンパーニュではなく、アルザス地方を始め、シャンパーニュ地方以外のン場所で造られたものがクレマンと呼ばれるスパークリングワインです。

スパークリングワインのクレマンは、特にアルザス地方で造られたスパークリングワインが多くの方にご愛飲されているようです。

歴史を持つ種類なら「カバ」

カバは、スパークリングワインの中でもシャンパンに引けを取らないくらいの歴史あるスパークリングワインと言われています。

スペイン生まれのスパークリングワインで製造工程は、カバという種類でも、シャンパンと同じトラディショネル製法を採用しているようです。

日本でお馴染みの種類!イタリア産「スプマンテ」

スパークリングワインの種類のひとつスプマンは、イタリア語から来ているようです。イタリア料理にも合いそうなイメージを浮かべるでしょう。

発泡性=スプマンテ(イタリア語)となっていて、日本にあるイタリア産のスパークリングワインに関しては、ほぼ全てがスプマンテと呼ばれるそうです。

ビールの種類は日本は1種類しかない?海外はもっとあるって知ってた? | MensModern[メンズモダン]

酒精強化で知られるフォーティファイドワインの種類まとめ

少し特徴のあるフォーティファイドワインは、日本で酒精強化ワインと呼ばれているワインの種類になります。フォーティファイドワインの種類をまとめてみると、味わい深いものばかりのようです。

ワインの種類の中でも、比較的アルコール度数が高めなのが特徴です。ワインを製造する時に、アルコールを後で足していくような製造工程になります。世界でもフォーティファイドワインとして有名な種類が4種類、シェリー、ポートワイン、マデイラワイン、マルサラワインの特徴をみていきましょう。

アルコール度数が様々な種類「シェリー」

フォーティファイドワインの種類の中でも有名なのがシェリーというフォーティファイドワインになります。

熟成の状態によって、種類も更にわかれるとも言われており、アルコール度数も様々な種類になります。主にスペイン南部が産地となっているものをシェリーと呼んでいるそうです。

ブランデーと相性バッチリな種類「ポートワイン」

ポートワインは、なんと日本がワインに夢中になるきっかけにも繋がったと言える、日本にとっての初めてのワインでもあります。

ポートワインの名前の由来は、ポルトガルにあるポルト港からポートワインが出荷されていたことから名付けられているようです。ポートワインの特徴は、ワインを発酵している途中にブランデーをプラスして、甘口になっています。

手法が丁寧な種類「マデイラワイン」

マデイラワインは、ポルトガル産のワインとして知られており、手法が丁寧なのも特徴です。ポートワインのように、ワインを発酵している途中にブランデーをプラスしますが、少し細かいです。

ワインを発酵する時に、乾燥炉(50度)にて3ヶ月から半年ほどかけて加熱して製造されていきます。そして、その後に、ブランデーをプラスするようになっています。味は、甘口も辛口もあり、マデイラ島で生産されることから、このワインの名前もマデイラワインと名付けられているそうです。

英国の商人が生んだ「マルサラワイン」

英国の商人が生んだと言われるマルサラワインですが、原産国はイタリアです。イタリアにあるシチリア島生まれのワインと言われています。

マルサラワインは、ワインの熟成の状態により更に種類を分けていているそうです(フィーネ、スペリオーレ、ヴェルジーネが、この種類にあたると言われています)。

日本酒の種類はどのくらい?初心者でもわかる覚えたいポイントは? | MensModern[メンズモダン]

食前酒におすすめフレーバードワインの種類まとめ

彼女に飲ませてあげたくなる、フレーバードワインは、有名なところでいくとサングリアがよく知られているでしょう。

フレーバードワインは、蒸留酒や果汁などを合わせて製造されたワインのことを指すようです。食前酒にもおすすめされる、まろやかでテイスティーな飲みやすいワインになります。

白ワインベースの種類「ヴェルモット」

フレーバードワインの中でも、白ワインベースとなっている種類のヴェルモットは、イタリア産やフランス産のワインが多く販売されているようです。

ヴェルモットは、白ワインに多くの香草をプラスし、スピリッツも含ませて造られる、濃厚な白ワインと言っても過言じゃないでしょう。

日本でもお馴染み飲みやすい種類「サングリア」

フレーバードワインの中でも有名なサングリアは、日本人も親しみやすいフルーティーな味わいのワインの種類になります。

オレンジやレモンなどの果汁をプラスして作られた、女性に好まれるワインなので、彼女にもいいかもしれません。スペインでは、サングリアは比較的よく飲まれ、自宅でも作って飲んでいる方も多いようです。

カシスを加えた種類「キール」

シンプルな製造工程で知られるフレーバードワインの中の種類であるキールは、カシスを白ワインにプラスして造られたワインになります。

キールの名前の由来は、フレーバードワインの種類のうちの1つとなるキールを生んだ、フェリックス・キール氏から由来しているそうです。

白・赤・ロゼワインの違いは?

ワインの種類といえば、ソムリエやワインのプロでない限りは、だいたい白ワイン、赤ワイン、ロゼといった感じで、種類を分けると言われています。

そんなオーソドックスな白・赤・ロゼワインの違いについてもみていきましょう。それぞれの特徴を知ることで、更なるワインの楽しみ方を掴むことが出来るかもしれません。また、ワインを選ぶ際にも良い参考になると言われています。

白ワインの特徴

デートの時に、特に女性は白ワインを選ぶ傾向があると言われています。それには、赤ワインのように唇に紫の色がついてしまうのを避けるためのようです。

余談になりましたが、白ワインは、白ブドウの果汁のみを主原料として造り、発酵させていくのが特徴です。赤ワインのような渋みは、白ワインにはないのが特徴でもあります。

赤ワインの特徴

赤ワインは、辛口のものが多く味は渋みがあります。赤ブドウや黒ブドウを主原料として、優しくブドウをつぶして、果汁だけではなく皮や種も一緒に発酵させていくのが特徴です。

赤ワイン独自の色も、こういった製造工程から生まれています。アルコール度数も赤ワインのが強めで、フルボディのボトルで販売されているのが殆どと言われています。

ロゼワインの特徴

男性よりも女性に人気のロゼワインは、透明の透き通ったピンク色がワイングラスを綺麗に彩るワインです。味は、白ワインと赤ワインの間くらいの味わいと言うのが丁度いいでしょう。製造工程は、ロゼワインの種類によって、ブドウの果汁のみで発酵していくものもあれば、赤ワインの様な製造工程のロゼワインもあるようです。

ワインが初心者という方でも、ロゼは比較的飲みやすいのも特徴です。ロゼを選ぶことが多い彼女がいらっしゃるなら、ロゼを中心に美味しい彼女が飲んだことのないようなロゼワインを探してみるのもいいでしょう。

白ワインのブドウの種類はシャルドネとソーヴィニヨン ブラン

白ワインの製造に使われる白ブドウですが、白ブドウにも幾つか種類があるようです。白ブドウに使われているブドウの種類は、基本シャルドネとソーヴィニヨン ブランと言われています。シャルドネは、白ブドウの中でも最も高級と言われており、寒い地方から暑い地方まで様々な地方で生産が可能と言われています。

ブドウ独自のクセもなく、優しい白ワインを楽しめるでしょう。まろやかながら、口の中に広がる白ワインの味が、たまらなく上品で夢中になるでしょう。シャルドネを使用している白ワインなら、ほぼ味は間違いないと言われているので、白ワインを選ぶ際に悩んだら、シャルドネにしておくと間違いなしのようです。

シャルドネとソーヴィニヨン ブランに関しては、フランスがメインの生産地となっています。香りがとても良く、フルーティーな味わいの白ワインを選ぶならシャルドネとソーヴィニヨン ブランを原料にした白ワインがおすすめと言われています。

赤ワインのブドウの種類はボルドーとブルゴーニュ

赤ワインの製造に使用されているブドウの種類は、ボルドーとブルゴーニュと言われています。ボルドーはよく耳にする方も多いでしょう。

色が濃い赤ワインは、ボルドーのブドウを使用していると言われています。そして、その逆で赤ワインでも、色が薄めの赤の場合はブルゴーニュのブドウを使用していることが多いと言われています。ブルゴーニュは、ブドウの種類によっても、ワインの味も多少変わると言われているので、ワイン好きの方は、色々試してみるのも楽しいかもしれません。

美味しいワインの作り方!家庭で楽しめる簡単手作りレシピ・注意点まとめ | MensModern[メンズモダン]

昔と現代のワイン事情!原産国の違いなどミニ知識まとめ

基本、ワインの製造には品種や地域の気候や土の状態など最適な状態であれば製造は可能と言われています。でも、そんなワインの製造にも、昔と現代で変化があるようです。ワインは、昔から親しまれている飲み物でありますが、年月が経つにつれて、原産国などにも変化があるようです。

ワインを想像すると、やはりフランス、イタリア、スペインを産地として思い浮かべますが、これは旧世界と呼ばれるワインの産地の種類に当てはまるようです。そして、まだ認知度が低いワインの産地は新世界と呼ばれていて、国で言うと、アメリカ、チリ、オーストラリアが美味しいワインの産地として知られているようです。

ワインの種類や特徴の知識を学びリッチな大人タイム

ワインの種類や特徴の知識を学ぶことで、ワインショップで美味しいワインを選ぶのにも良い影響があると言われています。ワインは、大人の時間を楽しむ素敵な飲み物です。

リッチな気分に浸りたい時や、大切な恋人とロマンチックなデートを楽しむ席でもワインの知識たっぷりでレストランなどで選ぶあなたの姿は、一段と輝くでしょう。是非この機会に、ワインの種類の知識を得て、美味しいワインを堪能してみては如何でしょうか。


評価 5.0/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ