電気ケトル使っていますか?好きな湯量を短時間で沸かすことができて便利ですよね。まだ使っていないあなたに耳よりな情報です。最近はデザインがおしゃれな電気ケトルが増えていて、インテリアとしても活躍します。人気のデザインやブランド、人気ランキングも紹介します。

おしゃれな電気ケトルの人気ランキング!おすすめのデザインは?

目次

  1. 電気ケトル使っていますか?
  2. おしゃれ電気ケトルが人気
  3. 電気ケトルの便利な点
  4. おしゃれ個性派に<キッチンエイド>
  5. 北欧風おしゃれケトル<レコルト>
  6. シンプルでおしゃれ<ドリテック>
  7. おしゃれすぎ!メンズ好み<バルミューダ>
  8. 電気ケトルといえば…<ティファール>
  9. おしゃれ家電ブランド<デロンギ>
  10. 文句なしおしゃれでスタイリッシュ<ラッセルホブス>
  11. おしゃれ度よりこだわり派!電気ケトル
  12. 安くても使える!おしゃれ電気ケトル
  13. おしゃれ電気ケトルのある生活
  14. おしゃれ電気ケトルを選ぶときの注意点
  15. おしゃれで便利な生活を

電気ケトル使っていますか?

電気ケトル使っていますか?電気ケトルを使っている人とそうでない人、キッチン家電メーカーの調査によると約半々にわかれるようです。面白いことに関西では6割、首都圏では5割弱と少し差があるようです。ガスより電気の方が安いと考える方、コンロが埋まってしまうのでお湯は電気で沸かすという方、理由は様々でしょう。

関西人は商売人気質なのかお金に細かいので、電気代の方が安いという理由で使う方も多いかもしれません。使っていない方も、電気ケトルのおしゃれデザインや電気代を知れば、イメージが変わって欲しくなるかもしれませんね。これからおしゃれな電気ケトルについて紹介していきます。

おしゃれ電気ケトルが人気

最近では、普通のケトルのようにおしゃれな形の電気ケトルも増えています。出しっぱなしにしていてもインテリアとしておしゃれに見えるので、片付ける必要がなく便利です。電気ポットもお湯を沸かして保温できますが、おしゃれさには欠ける気がしませんか。

電気ポットは保温ができる点はよいですが、その分電気代がかかりますし、常時保温しておく必要がない場合は電気ケトルが効率的でおすすめです。

電気ケトルの便利な点

では電気ケトルの便利な点はどのようなことでしょうか。お好みの量を短時間で沸かすことができます。ガスで沸かすより早く湧く電気ケトルも多くあります。ただし保温機能はありませんので、沸いたらすぐ使うようにしましょう。ただ沸いたら自動的に電気は切れるので、電気代が無駄になるということはありません。

またメーカーによっても違いますが、電気ケトルは台の上に乗せてお湯を沸かします。台にコンセントが付いていて、ケトル部分はコードレスで持ち運び自由な点もおすすめ。普通のケトルのように使用できます。電気ポットは持ち運びには不便で重いですよね。

夏場はガスで火を使うことで部屋の温度が上がる、という点も電気ケトルなら回避できます。お湯を沸かすのに、火を使わないので温度はあがらず火の番もいらず、沸くまで待つだけでOKなのです。また一人暮らしなどでコンロが一つしかない場合、お湯を沸かすのにコンロが埋まってしまうと不便です。電気ケトルがあれば、これも解決しますよね。

おしゃれ個性派に<キッチンエイド>

電気ケトル人気ランキング第7位

ランキング第7位はキッチンエイドの電気ケトルです。個性的でおしゃれなもの、すっきりシンプルなものどちらもラインナップ。何といっても目を引く「プロラインシリーズ」の赤の電気ケトルです。プロラインシリーズは、トースターやハンドミキサーなど赤シリーズでおしゃれ家電一式そろってしまいます。

プロラインシリーズは1.5L用で、土台部分についているつまみで温度設定が可能です。1.7L電気ケトルはシンプルなシルバーで、実用性と機能性が高いので来客が多い家庭や、大人数で使いたい場合はおすすめです。

北欧風おしゃれケトル<レコルト>

電気ケトル人気ランキング第6位

人気ランキング第6位のレコルトは日本のブランドで、2009年に設立されたまだ若いブランドです。ですが、スタイリッシュなデザインと一人暮らしや少人数向けのおしゃれ家電で注目を集め、若者からファミリー層に人気が高くなっています。現在もこれからも、注目のブランドです。

クラシックケトルリーブルは、容量0.8Lと十分確保できますし、自動電源OFF機能も空焚き防止機能もついて便利です。コードレスで持ち運びもらくらく。デザインがとてもおしゃれで、カラー展開が4色あるのもおすすめの点です。わざと見える場所におきっぱなしにしておきたくなるおしゃれキッチン家電です。

スマートケトルは、たっぷりサイズで1L入りますし、機能性の高い電気ケトルです。無駄を省いたシンプルなデザインで、おしゃれメンズやおしゃれ家族におすすめです。自動電源OFFや空焚き防止機能はもちろんのこと、30分間自動保温機能までついていて便利ですよ。

また湯温を50℃~100℃まで5℃間隔で設定できるのも嬉しいですね。珈琲や紅茶、緑茶は美味しく淹れる温度が違いますので、飲み物によって設定温度を変えてちょうどよい温度で美味しく飲むことができるのです。加熱中や保温中は、温度を1℃ずつ表示してくれる親切機能です。

シンプルでおしゃれ<ドリテック>

電気ケトル人気ランキング第5位

人気ランキング第5位はドリテックです。スタンダードタイプとステンレスタイプと、数多くラインナップされています。スタンダータイプの中でも、格安で手に入る電気ケトルが「ラミン」です。形はシンプルでおしゃれ、本体が軽く515gしかありません。その上最大1Lも沸かすことができるんですよ!コスパがすごくておすすめです。

ステンレスケトルはコーヒーポットのような注ぎ口で、ステンレスケトル「マキアート」はティーポットのような注ぎ口です。どちらも0.8Lで艶のあるステンレスケトルは上品でおしゃれ、インテリアとしても馴染みます。もちろん機能性も優れていて、自動電源OFF機能や空焚き防止機能もついていておすすめです。

おしゃれすぎ!メンズ好み<バルミューダ>

電気ケトル人気ランキング第4位

人気ランキング第4位、バルミューダは日本のブランドです。2003年設立でまだそれほど歴史はありませんが、デザインや使い心地にこだわった家電を次々に生み出してしてきました。こだわったデザインは、カラーはモノトーンのみ。メンズの心をつかむシンプルモダンなデザインばかりです。

電気ケトルは、白と黒のカラー展開で、600mLと使いやすい大きさになっています。ノズルとハンドルの形は、注ぎやすい形を研究してたどりついたデザインです。600mL入れても3分で沸かすことができます。自動電源OFF機能や空焚き防止機能もついて、納得のいく電気ケトルになっていておすすめです。

プロラインシリーズは1.5L用で、土台部分についているつまみで温度設定が可能です。1.7L電気ケトルはシンプルなシルバーで、実用性と機能性が高いので来客が多い家庭や、大人数で使いたい場合はおすすめです。

電気ケトルといえば…<ティファール>

電気ケトル人気ランキング第3位

人気ランキング3位はティファールです。電気ケトルと言えば、名前が出てこないわけがないブランドです。「あっという間にすぐに沸く」CMでお馴染み、本当にすぐに沸く電気ケトルです。ティファールはフランスのブランドで、キッチン器具を全般に取り扱っています。こびりつかないお鍋類も有名ですね。そんなティファールは電気ケトルでも知名度はとても高いです。

形もデザインもシンプルでどんなインテリアにも馴染みますし、機能性はもちろんお墨付き。最近では白以外にもカラー展開があり、おしゃれ感がプラスされますます目が離せないブランドです。ヴィテス・ネオが最も知られている電気ケトルでしょう。最大1Lの容量で、1Lが4分20秒ほどで沸きます。

ジャスティンプラスは最大1.2Lで、機能面はほぼヴィテスネオと同じです。ヴィテスネオでは少し量が足りない人にはこちらがおすすめ。特別デザインが凝っているわけではありませんが、シンプルスタイルで控えめに存在感を出せる電気ケトルです。

おしゃれ家電ブランド<デロンギ>

電気ケトル人気ランキング第2位

人気ランキング第2位はデロンギです。イタリアのブランドで、オイルヒーターやキッチン家電で知名度も高くなっています。デザインがおしゃれで心惹かれるものがおおいので、おしゃれメンズにはおすすめ。デザインだけではなく、機能性や使い勝手にもこだわるところが人気が続く理由でしょう。

kMixシリーズの電気ケトルはシンプルでおしゃれ、なおかつ耐久性にも優れています。内部だけではなく、外部にもステンレスを使用しているので保温性も高く、水量計を見ればお湯の残量も一目でわかる親切デザインです。湯量が残り200mLをきると空焚き防止機能が働くので安心ですし、お湯が沸いたら自動電源OFFする機能も備わっています。

アイコナ・ヴィンテージ コレクションケトルやディスティンタコレクションの電気ケトルは、コロンとした形が可愛らしくもありおしゃれでもあります。容量が1Lと使いやすい大きさで、カラー展開もあるので選ぶのも楽しいですね。デザインはレトロですが、機能性はもちろん現代的、自動電源OFF機能も空焚き防止機能も付いています。

文句なしおしゃれでスタイリッシュ<ラッセルホブス>

電気ケトル人気ランキング第1位

人気ランキング1位はラッセルホブスです。おしゃれ度がかなり高めのこのブランド。イギリスの家電ブランドで、スタイリッシュなデザインで人気です。電気ケトルもコーヒーケトルとして使える細長い注ぎ口のものや、三角形のようなおしゃれなケトルもあり見ているだけでワクワクするデザインです。

「お湯が沸くと自動で電源が切れる機能」を初めてつけたのがラッセルホブスです。電気ケトルの生みの親ともいえるだけあって、人気の高さは納得できます。カフェケトルは容量も0.8L、1L、1.2Lがラインナップ、使用状況に応じて大きさが選べます。

電気ケトルのヘリテージケトルは、デザインのおしゃれさと容量の多さで人気のケトルです。最大1.8Lまで入るので、家族が多い人や来客のある方にぴったりです。三角形のコロンとしたフォルムは、出しておいてもインテリアとして違和感のないおしゃれさです。

機能性も十分で、沸騰してから30秒後には自動で電源がきれますし、空焚き防止機能があるので水を入れ忘れても電源が切れてくれて安全です。またコードレスタイプなので、どこででもお湯を沸かすことができてとても便利なのです。ステンレス製で保温力も高いので、電源が切れてからもなかなか冷めにくく再沸騰も短時間ですみます。

おしゃれ度よりこだわり派!電気ケトル

メンズであれば、機能などこだわったものを求める方も多いでしょう。おしゃれなデザインもさることながら、コーヒーを淹れることにこだわった電気ケトル、機能性重視の電気ケトルなどこだわりのブランドを紹介します。

カリタ

カリタはコーヒー器機全般を扱うブランドです。なので、ハンドドリップコーヒーを美味しく淹れられることにこだわった電気ケトルになっています。ペリカン電気ポットは形はシンプルですが、ノズルがペリカンノズルという特殊な形になっていて、湯量を微妙に調整できる優れものです。容量は800mLで、自動電源OFF機能も空焚き防止機能もついていますよ。

ハリオ

ハリオはコーヒー器具メーカーで知名度が高いブランドです。電気ケトルもコーヒーポットの、細口パワーケトル「ヴォーノ」。60℃から96℃の温度設定ができ、デジタル表示で温度が見えやすくなっています。もちろん沸騰モードで100℃まで沸かせます。設定温度で加熱後、15分は保温してくれる親切機能付き。細口ですが、普通にケトルとして使用できます。

象印

家電ではやはり日本ブランドの信頼性はかなり高いですよね。象印の電気ケトルは、シンプルで機能性が高くなっています。CK-AW型電気ケトルは無駄のないデザインで、すっきりフォルム。0.8Lと1Lタイプがあります。倒してもこぼれにくい転倒湯もれ防止機能、蒸気レス構造、カルキとばしコースも選択できる高機能電気ケトルです。

さらにお茶の成分をより引き出す「プラチナフッ素加工」を内側に施してあり、お湯を弱アルカリ化することで茶葉からカテキンがより抽出しやすくなります。沸騰して一時間後でも90℃を保つ保温性にも優れており、朝ばらばらで朝食をとるような家庭でも、沸かし直しせずにお湯が使えてエコにもつながります。

タイガー魔法瓶

こちらも有名な日本ブランドです。基本機能はもちろんのこと、蒸気を外に出さない蒸気レスを搭載し、転倒流水防止構造にもなっているので、お年寄りや小さいお子さんのいる家でも安心して使えます。しかも、カップ一杯140mLの水が最速45秒で沸くのがすごい!

おしゃれなデザインのやかん・ケトルまとめ!人気のIH用でおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

安くても使える!おしゃれ電気ケトル

最近では安くて使える、おしゃれな電気ケトルもあります。ニトリの電気ケトルは2千円以下で手に入れることができます。ひと通り機能もついていて、総合インテリアショップらしくカラー電気ケトルです。

エフエムコーポレーションの電気ケトルは、容量は900mLで3千円以内の価格設定。安くてシンプルなものを探している人にはおすすめです。自動電源OFF機能や空焚き防止機能付きでお得感がすごいです。

おしゃれ電気ケトルのある生活

電気ケトルのある生活、便利なことがわかってきました。色々なブランドから出ていて種類もかなり豊富なので、一人暮らしであっても、カップルであっても、家族であってもちょうどよい大きさでお好みのデザインが見つかるでしょう。消し忘れや火の番が要らない分、時間の有効利用ができるのもいいですね。

一人暮らしをしていると、コンロを使わずにお湯を沸かせる電気ケトルがあればとても便利です。カップラーメンもカップ焼きそばも、コーヒーもすぐに沸く電気ケトルがあれば簡単に作れますから。またインテリアとしてもおしゃれなデザインが多いので、出しておいていても生活感がでないのも嬉しいところです。

おしゃれ電気ケトルを選ぶときの注意点

電気ケトルを選ぶときに注意する点をあげておきます。まずは、使うシチュエーションを想像してみましょう。使う人数や頻度を考えると、必要な容量がわかります。また小さいお子さんがいる家であれば、転倒してもこぼれない機能や、ケトルの外側が熱くならない機種だと安心です。

電気ケトルは「必要な量を早く沸かす」ということを目的をしているので、基本的には沸かしたお湯は使い切るというのが前提です。なので、保温機能がない機種が多くなっています。保温性を求めるならば電気ポットを使用する方がよいでしょう。

おしゃれで便利な生活を

朝コーヒー一杯、お茶一杯のお湯であれば1分ほどで沸かすことが出来る電気ケトル。スイッチを入れて、顔を洗ったりしている間にもう沸いているのです。時短とエコと忙しい朝にぴったりですよね。最近の電気ケトルはおしゃれなデザインが多いこともわかりました。家のインテリアに合う必要な機能のある電気ケトルと、おしゃれ生活をはじめませんか。


評価 4.5/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ