スーツの色選びは、ビジネスマンにとって、とても大切です。スーツの色選びのポイントやマナーを抑えておくことで、会議でも仕事に集中出来ます。スーツの種類もシーンに寄って変わると言われるため、種類をはじめ、スーツの色選びやマナーなどご紹介していきます。

ビジネススーツの色選びポイント!抑えておきたいマナーと種類まとめ

目次

  1. 仕事の毎日を変えるビジネススーツの色選び!
  2. 1着は持っていて安心の色!ネイビーのスーツ選び
  3. ブルーのスーツを選ぶ時はネクタイも同系色が鍵
  4. ベーシックなスーツの色グレーの選び方注意点
  5. 現代のスーツ事情はブラックも色選びのポイント
  6. 会議のためのベージュスーツはNG色?
  7. 人に寄って変わるブラウンスーツの色具合
  8. ストライプのスーツの色選びのポイントと種類
  9. デキるビジネスマンなら試したいスーツの色・種類
  10. ネクタイのマナーもスーツを着こなすのに重要
  11. スーツの色選びはビジネスシーンに寄って使い分けよう

仕事の毎日を変えるビジネススーツの色選び!

仕事の毎日を変えるビジネススーツの色選びは、キャリアにも繋がっていくため大切と言われています。ビジネススーツの色選びは、自分の好みのスーツの色ばかりでは、いざ大切な会議やビジネスシーンなどに寄っても損をしてしまうこともあるようです。

そんなビジネススーツの色選びのポイントや、マナーや種類を抑えておくことで、ビジネスマンとして、最高なスーツの着こなしが出来るでしょう。スーツの着こなし方が上手いと、女性からの視線も多くなると言われています。ビジネスだけではなく、モテるビジネスマンになるためにも、スーツの色選びや着こなし方などもポイントになってくるでしょう。

スーツの色選びはベースがポイント

スーツの色選びには、ベースの色がポイントとなってくると言われています。スーツのベースの色選びは、人それぞれの好みに寄っても、選び方が変わってくるかもしれません。

スーツの色選びのポイントは、ビジネスシーンにも寄って、ベースの色に重点を置くことで、色やデザインなどの種類も選びやすいと言われています。

スーツに関するマナーも覚えておこう

スーツに関するマナーも覚えておくと、いざという時に便利です。スーツは、シャツやネクタイなども含めてスーツと呼ばれています。

スーツの構成を簡単に説明すると、ベースカラーと呼ばれるスーツをはじめ、アソートカラーと呼ばれるカッターシャツ、アクセントカラーと呼ばれるネクタイで構成されているようです。

スーツのマナーは着こなしから

スーツを着こなすには、着こなし方のマナーも大切です。まずスーツのジャケットのボタンは、1番下にあるボタンは留めないようにしましょう。ここでも、クライアントの見方が変わるとも言われています。3ピースのスーツを着用している場合には、中のベストのボタンはしっかりと一番下のボタンまで留めるのがマナーなのも忘れないようにしましょう。

フラップと呼ばれるジャケットのポケットの蓋のような部分も、ホコリなどが舞う場所にいたり、婚礼やお祝いの席などではフラップをポケットの中にしまうのがマナーと言われています。

どんなに暑くても、1年中スーツのジャケットは必須と言われているため、暑い季節でも、必ずジャケットは持ち歩くようにするのがマナーと言われています。

意外と多くみられるのが、夏場の半袖シャツにジャケットを着るスタイルですが、これはマナー違反と言われています。スーツの色選びをしっかりしたのに、カッターシャツが半袖ですと、せっかくキメたスーツの着こなしも台無しになってしまうようですので、気をつけましょう。

1着は持っていて安心の色!ネイビーのスーツ選び

1着は持っていて便利なのが、ネイビー色のスーツです。スーツの色選びに迷ったら、ネイビーを選ぶというのもポイントとなるでしょう。

ビジネスシーンでも、多く見られるスーツの色でもあります。ネイビー色のスーツを着ていると、クライアントへの印象もデキるビジネスマンといった印象を与えられるのでおすすめです。

ネイビー色のスーツは、お客様のクレームの謝罪にお伺いする場合にも活用出来るスーツの色と言われています。ネイビー色のスーツは、一瞬地味になりがちですが、ネクタイを柄物にしたりパステル色を使うことで、バランスが取れると言われています。

ネイビーのスーツとネクタイの合わせ方!センスよく着こなす方法とコツは? | MensModern[メンズモダン]

ブルーのスーツを選ぶ時はネクタイも同系色が鍵

ブルー色のスーツを選ぶ時には、ライトブルーにならない様にすることに注意したほうがいいと言われています。

ブルー色のスーツをビジネススーツとして着こなすには、統一感が大事のようです。ネクタイも、敢えて同じブルー色にしたり、柄物でも必ず同じブルー色が入っていることを意識して選ぶのがポイントです。

ベーシックなスーツの色グレーの選び方注意点

グレー色のスーツは、日本でも多くのビジネスマンが着用しています。そんな人気のベーシックなグレー色のスーツは、色の感じに寄っては、ビジネスシーンには不向きなスーツになってしまうため注意が必要です。

グレー色のスーツを選ぶ時のポイントは、濃い目の色を選ぶことです。逆に、明るめのグレー色のスーツだと、お洒落ですがビジネスには不向きになってしまうと言われています。カッターシャツやネクタイの色合わせは、基本何色でも合わせやすいので、色などの組み合わせに迷ってしまうとお悩みの男性におすすめの色のスーツでもあります。

現代のスーツ事情はブラックも色選びのポイント

昔は、ブラックの色をしたスーツは、冠婚葬祭用のスーツというイメージがありましたが、現在では、ブラックのスーツもビジネス用に作られていると言われています。

ブラックのスーツと言っても、ビジネススーツのブラックの色は、礼服のような真っ黒いブラックではなく、少しグレーがかったブラックになっています。

黒いスーツとネクタイの組み合わせ方は?色や柄など大人の着こなしまとめ | MensModern[メンズモダン]

会議のためのベージュスーツはNG色?

会議に出席することが多いビジネスマンの方は、極力ベージュ色のスーツは選ばないほうがいいと言われています。会議に出席している、他のビジネスマンへの印象が良くないようです。

カジュアル感も強いため、ビジネスシーンでは、ベージュ色のスーツはなるべく着ない様に心がけたほうがいいと言われています。

人に寄って変わるブラウンスーツの色具合

ブラウン色のスーツに関しては、年齢でいうと30代以降の方が着用する際に、実際の年齢よりも上の年齢に見られることが多いと言われています。

ブラウン色のスーツを着こなしたい場合で、あまり年齢を上に見られたくない時には、ネクタイを明るめの色にしてみると良いでしょう。

ストライプのスーツの色選びのポイントと種類

ストライプのスーツの種類も、一般的のビジネスマンがよく着用すると言われています。ストライプのスーツの色選びのポイントや種類なども、多くのビジネスマンのスーツ選びで注目されているようです。

ベーシックなストライプの種類には、ピンストライプスーツ・ペンシルストライプスーツ・チョークストライプスーツの3種類があり、どれも人気です。

ピンストライプスーツの色選びのポイント

ピンストライプスーツは、ストライプごとの間隔が結構広めにデザインされているスーツのことをピンストライプスーツというようです。

色は、ピンストライプの部分がホワイトのものが多く、ラインを引いているのではなく、小さなドットのような点でラインが作られているストライプなのが特徴と言われています。

ペンシルストライプスーツの色選びポイント

ペンシルストライプスーツは、鉛筆を使ってラインを描いた感じの印象を受けるストライプになります。ペンシルストライプスーツのストライプは、とても細かいです。

ペンシルストライプスーツの色は、グレーやネイビーが多く造られており、ストライプも細い割りにハッキリしているのが特徴と言われています。

チョークストライプスーツの色選びのポイント

チョークストライプスーツは、お洒落感もあり、ストライプの印象はチョークで描いた感じの印象を受けます。

グレーやネイビー系のスーツに多いストライプスーツになり、クライアントの好みそうな色選びも重要になってくるでしょう。

スーツ(ストライプ)の種類&着こなし|合わせるシャツとネクタイも | MensModern[メンズモダン]

デキるビジネスマンなら試したいスーツの色・種類

ビジネスシーンで活躍なさっている男性なら知っておきたい、デキるビジネスマンとして試したいスーツと言われている種類、シャドーストライプも一着持っていると便利でしょう。

影のようなラインでストライプになっていて、近くでみないとストライプなのがわからないのも、お洒落に映ると言われています。シャドーストライプに多い色は、ネイビー系のスーツが人気のようです。

スーツは何着持つのが理想?着まわしに必要な季節別枚数は? | MensModern[メンズモダン]

ネクタイのマナーもスーツを着こなすのに重要

スーツに欠かせないネクタイですが、ネクタイの締め方にもマナーがあると言われています。少しのことでも気をつけることで、昇進につながることもあるといいます。

ネクタイを締める際には、結び目のちょうど下あたりにくぼみを作るのがマナーと言われています。そして、ネクタイの長さは、ベルトに少しかかるくらいがベストと言われています。ビジネスシーンでは、このネクタイの長さは大切のようです。お洒落で短めのネクタイも販売されていますが、ビジネスの席ではベルトにかかる位の長さを意識しましょう。

ネクタイのマナーには、太さも関係してきます。ネクタイの太さを決める基準は、スーツのラペル部分と同じくらいの太さにするのがマナーと言われています。

スーツの色選びはビジネスシーンに寄って使い分けよう

スーツの色選びは、ビジネスマンとして職場だけではなく、クライアントの会社での会議に出席したり、自社で会議に出席したりする時にも重要となってくるようです。

カッコ良さも忘れずに、スーツを着こなしたいという時でも、ある程度のスーツのマナーを守ることもビジネス上必要と言われています。

お洒落な気持ちも忘れずに、ビジネスシーンに合ったスーツ選び、そして色や種類選びも大切です。是非この機会に、スーツの色選びにお悩みでしたら、参考になればと願っております。


評価 4.3/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ