ウイスキー初心者におすすめの銘柄はどれ?飲みやすいウイスキーランキング!

ウイスキーといえば蒸留酒で、度数が高いお酒ですよね。しかし、あまり馴染みのないウイスキー初心者の方にとったら、どの銘柄が美味しいのか、飲みやすいのか、わかりませんよね。ウイスキー初心者も、またウイスキー通の人にもぜひとも飲んでほしいおすすめの銘柄を紹介します。

目次

  1. ウイスキー初心者でも飲みやすいウイスキーを知りたい!
  2. 初心者でもわかるウイスキーの知識
  3. ウイスキーの種類
  4. 初心者におすすめのウイスキーの飲み方
  5. ウイスキー初心者でも飲みやすいウイスキーってあるの?
  6. 初心者におすすめしたいウイスキーの定義とは
  7. 初心者にも飲みやすいウイスキーのおすすめの銘柄7選
  8. 第7位カナディアンクラブ
  9. 第6位サントリー山崎
  10. 第5位ジムビームホワイトラベル
  11. 第4位ジョニーウォーカー黒
  12. 第3位バランタイン
  13. 第2位ニッカ余市
  14. 第1位グレンフィディック
  15. ウイスキーの保管方法を知っておこう!

ウイスキー初心者でも飲みやすいウイスキーを知りたい!

お酒はたくさんありますし好みもありますよね。甘いお酒、辛いお酒などそれぞれ美味しさがありますが、ウイスキーの美味しさも大人になってくるとわかってきますよね。でもウイスキー初心者だと、やっぱり飲みにくいと感じることもあるのではないでしょうか。

ウイスキー初心者でもウイスキーを飲んでみたい

カクテルやビールに比べ、ウイスキーは初心者には少しハードルが高いお酒になりますよね。アルコール度数も高くなりますし、飲みなれていないと飲みにくいと思うこともあります。ウイスキー初心者もウイスキー通の人も、ぜひとも飲みやすいウイスキーをランキングで紹介しますので、参考にしてみて下さいね!

初心者でもわかるウイスキーの知識

初心者にも飲みやすいウイスキーを知る前に、そもそもウイスキーとはどんなお酒なのでしょうか?まずは、ウイスキーについて知ってみましょう!

穀物が原料の蒸留酒

ウイスキーの原料となるのは、大麦やトウモロコシ、ライ麦といった穀物になります。大麦やライ麦などの穀物を、麦芽を加える事で酵素により糖化させ、発酵させます。そして発酵から出来たアルコールを蒸留し、度数を上昇させます。

ウイスキーは蒸留酒というお酒になりますが、蒸留酒は醸造酒を蒸留することで作ることができます。醸造酒とはいわゆるビールなどを指し、同じ原料で穀物によってアルコールを生成します。ちなみに蒸留とは、醸造酒を火でさらに煮ることで発生した気体をそのまま冷やしお酒にすることを言います。

平均度数は40度前後

ウイスキーの平均度数は約40度~45度前後になっています。ビールで約5度前後、焼酎で約10度前後になりますので、それを踏まえても、ウイスキーの度数はとても高くなりますね。こういった度数もあって、初心者には少し飲みにくいのではと思ってしまいますよね。

ウイスキーの原料って知ってる?ブランデーやスコッチとの違いは? | MensModern[メンズモダン]

ウイスキーの種類

ではウイスキーには、どんな種類があるのでしょうか?厳密には沢山分かれていきますが、今日は5大ウイスキーと言われる世界で有数のウイスキーの種類のがあります。それぞれに味や風味に特徴がありますので、飲み比べてみて下さいね。

スコッチウイスキー

ウイスキーといえば、スコッチウイスキーと言われるほど、ウイスキーの中で最も有名なのがスコッチウイスキーです。実際にもスコットランドではウイスキーが定番のお酒になっていて、100を超える蒸留所があります。スコッチウイスキーの特徴はスモーキーフレーバーを感じることができることです。

スモーキーフレーバーのウイスキーは、飲みやすいので日本人には馴染みやすい味になっています。このスモーキーフレーバーは、麦芽を乾燥させるピートという泥炭の燻香によって作られます。

アメリカンウイスキー

アメリカンウイスキーは、別名バーボンといわれます。バーボンと聞いたら聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。バーボンは大麦やライ麦ではなく、トウモロコシが原料になっています。バーボンはホワイトオークの樽で熟成されますのでオーク独特の香ばしい香りがし、甘みもしっかりとあるのが特徴です。

カナディアンウイスキー

カナディアンウイスキーは、名前の通りカナダで作られるウイスキーです。カナディアンウイスキーは全般的癖が少なくなっており香りも強すぎないので、初心者にはとてもおすすめのウイスキーの種類になります。軽い口当たりで香りもまろやかで優しさがあるので、飲みやすいウイスキーです。カナディアンウイスキーは3年以上の貯蔵が規定になっています。

アイリッシュウイスキー

アイリッシュウイスキーはアイルランドで作られるウイスキーの事で、まろやかな口当たりと軽い喉越しが特徴的です。アイリッシュウイスキーも初心者に飲みやすいウイスキーになっています。あまり店頭で見かけることが少ないかもしれませんが、見つけたら是非飲んでほしいおすすめのウイスキーです。

ジャパニーズウイスキー

ジャパニーズウイスキーはもちろん日本で作られるウイスキーです。元々、あまり知名度や評価は高くなかったジャパニーズウイスキーですが、近年有名な賞を総なめにするなど世界的にもとても評価が高くなっているウイスキーです。

ジャパニーズウイスキーはスコッチウイスキーをお手本に作られているので、スモーキーフレーバーはとても良く似ていますが、繊細で上品な味わいがします。やはり日本人に合わせた味わいや香りで作られているので、誰にでも、どんなグルメにも合わせやすいウイスキーです。

初心者におすすめのウイスキーの飲み方

ウイスキーといえば、ロックかストレート!と思うかもしれませんが、実はウイスキーにもとても沢山の味わい方があります。では、ウイスキーの飲み方のいえばどんな飲み方があるのでしょうか?

ハイボール

日本でのウイスキーブームの火付け役となったのがハイボールです。ハイボールはウイスキーにソーダなどの炭酸水で割ることで非常に飲みやすいお酒に変化します。初心者には特におすすめの飲み方です。氷をたくさん入れるとキンキンに冷えて美味しいですが、氷を入れないとウイスキーそのものの味や風味がしっかりと味わえます。

水割り

水割りは、名前の通りウイスキーを水で割ったものになります。水割りと聞くと、薄くなっておいしくないのではと思うかもしれませんが、ウイスキーの水割りは食事やグルメに最適です。ゆっくりと時間を過ごしたい時には、水割りでグルメと一緒に飲むのがおすすめです。

ホットウイスキー

ホットウイスキーとは暖かいグラスにウイスキーを注ぎ飲む方法です。日本酒などでは熱燗などと暖かいお酒はありますが、ホットウイスキーはウイスキーの香りが柔らかく香り、まろやかな味わいに変わりますし、寒い地域や季節には体を内側から温めるのにおすすめの飲み方になります。お湯の温度は暑すぎな70度~80度前後がおすすめです。

オンザロックス

ウイスキーといえば、オンザロックスというくらい良く目にする飲み方です。大きな氷にぐっとウイスキーを注ぎます。飲む度に大きな氷がカランと奏でる音も一緒に楽しむ飲み方になります。オンザロックスは初心者でも飲めますが、少し慣れてきた頃に飲むとウイスキーの風味や氷の音を楽しむことができます。

ウイスキー初心者でも飲みやすいウイスキーってあるの?

ではウイスキーの種類などは知りましたが、本当に初心者でも飲みやすいウイスキーはあるのでしょうか。銘柄や種類があれば知りたいですよね。

度数が高いウイスキーでも初心者に飲みやすいものがある

度数の高い銘柄が多いウイスキーですが、もちろん飲みやすい銘柄も沢山あります。今日は飲みやすい銘柄をランキング形式にして紹介します!ウイスキー初心者の方は是非参考にしてみて下さいね!

初心者におすすめしたいウイスキーの定義とは

そもそも、ウイスキーで飲みやすい以外に初心者の方が注目したいポイントとはどんなことでしょうか?ウイスキー初心者からウイスキー通になってもらうために、まずはウイスキーを購入するポイントを紹介します。

初心者に比較的手が出しやすい値段

ウイスキーの値段は実に様々です。高いものはとても手がでないような物から、手軽に購入する出来るものまで。もちろん、値段の安い高いにかかわらず美味しいウイスキーやグルメに合うウイスキーは沢山あります。まずウイスキーを飲み始める初心者の時には高すぎず、手軽に購入出来る飲みやすいウイスキーから飲んでみるのがおすすめです。

味の癖が強くなく飲みやすい

値段以外にウイスキーの初心者の方には、やはり癖が少なく飲みやすいウイスキーがベストになります。樽の香りや原料によって味や香りは千差万別のウイスキーですが、初心者の時には強い癖や独特な味わいよりも、シンプルでまろやかな味や香りのウイスキーを選びましょう。グルメにもとても合いやすいウイスキーなので、食事が楽しくなりますよ。

初心者にも飲みやすいウイスキーのおすすめの銘柄7選

では、おすすめの飲みやすいウイスキーの銘柄を紹ランキングで紹介します!どのウイスキーも好みはあっても比較的飲みやすいウイスキーになりますので、是非参考にしてみて下さいね!ランキング上位になると飲みやすく一度飲むとウイスキーが好きになりますよ。

第7位カナディアンクラブ

軽やかですっきりとした味わいのカナディアンクラブは、代表的なカナディアンウイスキーの銘柄になります。数あるランキングでも常に上位にはいる実力派のウイスキーは癖がなくとても飲みやすいウイスキーになっています。癖が少ないのでカクテルのベースにも人気の銘柄です。

お手頃な値段になっていますし、グルメにも合うことから初心者には非常に飲みやすいウイスキーになっています。

第6位サントリー山崎

サントリー山崎といえば、言わずと知れたジャパニーズウイスキーの名門ですよね。ウイスキー初心者からウイスキー通の人まで幅広く人気がある王道のウイスキーです。甘みがありながらも後味はすっきりとしており、少し値段は高くなりますが、ぜひとも飲んでほしいウイスキーです。

今回のランキングでは値段が少し張るために、低めになっていますが、味の違いに驚くくらい美味しいジャパニーズウイスキーですよ。また和食にももちろんあいますので、グルメを食べながらゆっくりと飲むのもおすすめです。

第5位ジムビームホワイトラベル

アメリカンウイスキー、いわゆるバーボンの中で最も飲みやすいといわれているのがジムビームホワイトラベルです。バーボンは癖が強く初心者にはいまいち向かないお酒になるのですが、ジムビームホワイトラベルはとても飲みやすいウイスキーになっています。

原料であるトウモロコシは優しくすっきりとした味わいを作り出しており、グルメにも合い初心者向けのウイスキーに仕上がっています。ジムビームホワイトラベルも数あるウイスキーの中でランキング上位にはいってくるのがよくわかるウイスキーです。

第4位ジョニーウォーカー黒

ジョニーウォーカーもランキングで上位にいる飲みやすいウイスキーとして有名です。澄んだ味わいに、スモーキーフレーバーは控えになっているので癖が少なくロックやストレートでも楽しめるウイスキーです。ジョニーウォーカーはスコッチウイスキーの中で、女性の支持者が多いことも有名なウイスキーです。

第3位バランタイン

スコッチウイスキーの中でも、飲みやすいとして有名がのがバランタインです。バランタインは飲みやすいウイスキーのランキングでも上位にかならず君臨している有名なウイスキーです。バランタインの最大の特徴は、ウイスキーの初心者であってもストレートやオンザロックスで味わうことが出来る、優しく穏やかな風味です。

バランタインは今はウイスキー通になっている人たちがこぞって最初に飲んだウイスキーとして上げることも多く、飲みやすい銘柄としては代表格です。

第2位ニッカ余市

ニッカの余市はジャパニーズウイスキーとして有名ですよね。歴史ある余市蒸留所で作られた余市は、柔らかくまろやかな味がしながらも後味はくどくなく、非常に飲みやすいのウイスキーです。ジャパニーズウイスキーの独特の香りや味わいをしっかりと味わえる1品で、和食などのグルメを食べながら飲む食中酒としても良い1品です。

第1位グレンフィディック

スコッチウイスキーのグレンフィディックは、ウイスキーの銘柄の中で最も飲みやすい銘柄になります。初心者向けといわれる理由としてはスモーキーフレーバーでありながら、柑橘系や洋梨のようなフルーティな香りが前面に出ているので、非常に飲みやすく軽い口当たりや喉越しになっていることが挙げられます。初心者にぜひ飲んで欲しいランキングは堂々の1位です。

ウイスキー初心者の人が飲んで初めて美味しいと思った、や飲みやすくてまた飲みたいと思った、と言われることが多いグレンフィディックは、もちろんグルメにも合いますので、是非最初に飲んでほしいウイスキーです。飲んでみるとランキング1位の理由がわかりますよ。

ウイスキーはプレゼントにおすすめ!女性も喜ぶ銘柄まとめ! | MensModern[メンズモダン]

ウイスキーの保管方法を知っておこう!

ウイスキーを買った時には、すぐに全部を飲むことって少ないですよね。そうすると、やはり保存方法はしっかりと知っておいてもらいたいです。色々なグルメと一緒に楽しむためにも、保存方法はとても大切なポイントになります。

初心者には要注意!コルク栓のウイスキーは保存に注意が必要

ウイスキーの栓は今はもっぺ位されているものがほとんどになりますが、中にはまだコルク栓のウイスキーも存在します。コルク栓のウイスキーの場合極力すぐに飲んでしまったり、グルメなどを作る際に消費してしまうのがベストになります。コルク栓は密閉をすることが出来ず、一度開栓してしまうと劣化が進んでしまいます。

また、コルク栓だと徐々に蒸発してしまいいつも間にか、なくなってしまっていることも。美味しいウイスキーをゆっくりとたしなみたい気持ちはわかりますが、一度開けてしまったらできるだけ早く飲んでしまいましょうね。

初心者はパラフィルムを購入しよう

初心者の方でも簡単に保存できるのがパラフィルムです。これはネットなどで購入することができるのですが、多くの居酒屋やバーなどで使用されている保存方法です。フィルムを延ばしてウイスキーに巻きつけるだけで密閉できるという優れもの。パラフィルムがあれば長期保存も可能になりますので、1つ持っておきたいアイテムです。

プライベート・プリザーブがあると初心者も劣化を防げる

プライベート・プリザーブもおすすめの保存アイテムで、プライベート・プリザーブを瓶に吹き込めば、酸素を取り除き酸化を防ぐことができます。酸化すると劣化が著しく早くなってしまいますので、毎日のようにウイスキーを飲む場合には必要ありませんが、ゆっくりと飲む人にはおすすめのアイテムです。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ