シャーペンランキング20選!最新おすすめの人気最強シャーペン紹介

長時間使用しても疲れにくい、芯が折れにくいなどメーカーによって様々な工夫の凝らされたシャーペンが販売されています。このためここでは20位までのランキング形式にて人気のあるシャーペンを紹介します。ランキングを見る事で自分に合ったシャーペンを選びやすくなります。

シャーペンランキング20選!最新おすすめの人気最強シャーペン紹介

目次

  1. 色々な種類があるけれどシャーペンなんてどれも同じ?
  2. ランキング20位から11位の最強シャーペンを紹介!
  3. ランキング10位:程よい高級感ぺんてるシャーペンケリー
  4. ランキング9位:疲れにくいパイロットドクターグリップ
  5. ランキング8位:木のぬくもりパイロットエストゥエンティ
  6. ランキング7位:世界中から最強に支持ラミーサファリ
  7. ランキング6位:筆圧から芯を守るゼブラデルガード
  8. ランキング5位:手が疲れにくいステッドラー製図用925
  9. ランキング4位:職人好みぺんてるグラフ1000フォープロ
  10. ランキング3位:ストレスフリーぺんてるオレンズネロ
  11. ランキング2位:シンプルで高機能ぺんてるスマッシュ
  12. ランキング見事第1位!三菱鉛筆シャーペンクルトガ
  13. 用途別シャーペン芯径の選び方とは?
  14. 細めの0.3mmシャーペン芯におすすめの用途とは?
  15. 一般的な太さ0.5mmシャーペン芯におすすめの用途とは?
  16. シャーペンをはじめとした文具選びの基本とは
  17. 本当に良いものを選ぶにはまずは情報収集から
  18. 人気シャーペンランキングを参考に最良のシャーペンを

色々な種類があるけれどシャーペンなんてどれも同じ?

疲れない、芯が折れにくいなどの工夫が様々に取り入れられる最新のシャーペン

最新機能搭載など色々なキャッチコピーのシャーペンが売られているのは分かるけれど、実際はどれも大差がなく100円均一のものでも十分に書けるのでは?と言う風に考えられる場合もあります。

しかしながら各メーカーが販売する様々な最新商品には各メーカーの様々な工夫とアイディアが取り込まれ、100円均一のシャーペンにはない魅力が大いにあります。ここではそういった様々なシャーペンを20位から1位までランキング形式で紹介します。

ランキングを参照する事で仕事で使える新しいシャーペンを買う時の参考になる他、最新のシャーペンにはどのような特徴があるのかについて知るきっかけにもなります。

ボールペンで書きやすいのは?使いやすくて安いおすすめ人気ランキング | MensModern[メンズモダン]

ランキング20位から11位の最強シャーペンを紹介!

ランキング20位:ギミックが最強に楽しいオートシャーペンスーパープロメカ

オートスーパープロメカは製図用のシャーペンですが、ローレットを回しペン先を出し入れできる、ワンノックで芯を出す量を調節できる、芯硬度表示窓の搭載など様々なギミックが詰め込まれ、メカ好きにはたまらない一品です。この商品は握りやすさや書きやすさよりも、シャーペンでメカの雰囲気を楽しみたい人におすすめです。

ランキング19位:スタイリッシュさと書きやすさの三菱鉛筆シャーペンシフト

三菱鉛筆シャーペンシフトはメタリックでスタイリッシュな見た目にとどまらず、低重心で安定した書き心地や指先の滑りにくいグリップなど書きやすさも追求しています。またペン先を素早く収納できるので落としてペン先を曲げてしまう、内ポケットに入れてスーツを痛めてしまうと行った事を防げるという点もおすすめです。

ランキング18位:上品で高級感のあるトンボ鉛筆シャーペンZOOM505

トンボ鉛筆シャーペンZOOM505は、万年筆のような品のある高級感が仕事で使うのにおすすめの一品です。それでいながら丈夫なアルミ素材で太くて軽くバランスの良い低重心設計で、ラバーグリップ付きと持ちやすいように設計されていて、軽いタッチでスラスラ書けるようになっています。

ランキング17位:人間工学に基づいたゼブラシャーペンニュースパイラルCC

ニュースパイラルCCは、早稲田大学の野呂影勇教授とゼブラが共同開発し、優れた握りやすさと疲れにくさを実現した一品です。またカラーバリエーションも豊富で、どの色も握りやすさを追求したスパイラルラインによる、クリスタルのような美しさも見ているだけで癒されるものとなっています。

ランキング16位:折って芯を出す最新機能のトンボ鉛筆シャーペンオルノスイフト

トンボ鉛筆シャーペンオルノスイフトは、ボディを折り曲げる事で芯が出る他にはない新感覚の仕様です。慣れないと違和感を感じる場合がありますが、慣れるとノックボタンや振って芯を出す動作が面倒に感じる程便利だというクチコミもあります。またボディが太く重めであるため手の大きな人におすすめの形状となっています。

ランキング15位:最強最新の「耐芯構造」プラチナ万年筆シャーペンオレーヌ

プラチナ萬年筆シャーペンオレーヌは過度の筆圧や落下による衝撃から芯折れを防ぐため、一つのシャーペンに多くのガード機構を搭載しています。また老舗筆記具メーカーらしく芯の折れにくさのみならず、重心が程よく書きやすさにもこだわった一品です。

ランキング14位:ミニマムな高級感のあるロットリングシャーペンラピッドプロ

ドイツの筆記具ブランドのロットリングシャーペンラピッドプロは無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインでありながら控えめな高級感があり、いかにもなブランドものを避けたいビジネスシーンにおすすめで、ペン先を収納できるため持ち運びに便利です。また、やや重めで重心が安定した作りになっているため、軽いシャーペンが使いにくいという人にもおすすめです。

ランキング13位:軽さの中にも適度な重量感のあるテクトツゥーウェイ

テクトツゥーウェイはノックをしなくとも振るだけで芯が出る事に加え、芯が勝手に出てこないようにロックする機能もあり、仕事での持ち運びにも便利です。また重心が低くバランスの良い設計で普段使いと製図用どちらにも使えるもので、軽い力でスラスラ書けるようになっています。

ランキング12位:素早く書けるプラチナ万年筆プレスマンシャーペン速記用

速記者や取材をする記者向けに開発されたプレスマンシャーペンで、筆圧が強くなると芯がスライドして中に引っ込む事で折れにくい構造になっています。仕事でのメモに加え、アイディアを手帳に殴り書きするなどの時にも芯が折れて途中で止まる事がないためおすすめです。

ランキング11位:フィット感が最強の三菱鉛筆シャーペンユニアルファゲルスリム

最新技術により作られたアルファゲルは衝撃吸収をはじめ肌に触れてもアレルギーが起こりにくい、耐久性に優れているなどの多機能素材です。それをグリップ部分に採用した三菱鉛筆シャーペンユニアルファゲルスリムは最強の握りやすさとスリムなボディで書きやすく、軽量であるためスーツの胸ポケットにも差しやすく、仕事の時におすすめの一品です。

ランキング10位:程よい高級感ぺんてるシャーペンケリー

レトロで上品なデザインがプレゼントとしても最強の一品

ぺんてるケリーは万年筆を思わせる、重厚でありながら程よい高級感のあるデザインが特徴であるため仕事でのシーンにふさわしい一品です。また見た目のみならず低重心で書きやすい事に加え、コンパクトでキャップ付きのため内ポケットやバッグにそのまま入れても引っかからない所も仕事で使えるポイントです。

ランキング9位:疲れにくいパイロットドクターグリップ

仕事での疲れを少しでも軽減したい人に最強おすすめの一品

ドクターグリップ最大の特徴は人間工学に基づいた軸径により無理なく握れる事で首や肩、腕などの筋肉にかかる負担を軽減する点です。更に最新のソフトグリップにより適度な柔らかさを保ちながら安定感のあるグリップを可能にしています。

ランキング8位:木のぬくもりパイロットエストゥエンティ

天然のカバ材が手に優しくフィットする一品

パイロットシャーペンエストゥエンティはボディに天然のカバ材を使用していて、あたたかみのある木の風合いが特徴的な一品です。天然のカバ材を使う事で、お洒落でありながらあたたかみを感じられるデザインのみならず、使い込む程に手によくなじむようになるという点も人気です。

ランキング7位:世界中から最強に支持ラミーサファリ

最強のデザインと持ちやすさを兼ね備えたシャーペン

ドイツの筆記具メーカーによるラミーシャーペンサファリは軽くて持ちやすいグリップと握りやすくするためのくぼみにより長時間の筆記でも手に負担がかかりにくくなっています。軽やかな書き心地に加え、耐久性も高く独自のデザインとスタイリッシュなカラーリングも人気の秘密です。

ランキング6位:筆圧から芯を守るゼブラデルガード

芯折れを守る構造が会議で最強に使える!

ゼブラ独自の最新技術によるデルガード機構は紙面に対し強い筆圧が加わると内蔵されたスプリングにより芯が上方に逃げ、斜めに筆圧が加わると先端の金属部分が出て芯を包み芯折れを防ぎます。このため会議中でもポキポキ折れる事なく快適にメモを取れるようになる他、折れた芯が飛び散る心配がありません。

更に軸内部に芯を誘導する部品を取り付ける事でシャーペン内部で起こる芯詰まりを防ぐ工夫もなされているため、長時間の筆記に集中したい時にもおすすめです。

ランキング5位:手が疲れにくいステッドラー製図用925

製図用ながら受験勉強用としても人気の一品

ラバーグリップとシャーペン本体が短めであるため手になじみやすく重心が低めになるため安定感のある一品です。長時間の筆記でも疲れないため受験勉強用に人気がありますが、メモを取るなど仕事での利用にもおすすめです。

更に軽くて短めであるため胸ポケットに入れていても邪魔になりにくく、常にポケットに差しておく事でメモが必要な時に書くものがないと焦る心配がなくなるというメリットもあります。

ランキング4位:職人好みぺんてるグラフ1000フォープロ

製図用として有名な、手書きにこだわる職人に人気のある一品

製図用として定評のあるグラフ1000フォープロは製図以外にもデザインやイラストを描く職業にも人気があります。ペン先が光らないため筆記に集中できる、ペン先に重心が集まる事で安定性が保たれる、HB、F、H、2H、3H、Bといったシャーペン芯硬度を表示できるなど様々な機能が搭載されています。

更にグラフ1000フォープロは芯径が0.3、0.4、0.5、0.7、0.9の5種類から選べるようになっている所も人気の秘密です。一般筆記具としても使いやすく仕事での会議中のメモや手帳への書き込みなどにも書く事に集中できる最強のツールとして多くの人に選ばれているため普段使いとしてもおすすめできます。

その一方でグラフ1000フォープロは大手通販サイトのレビューにておおむね高評価ですが、若干ながら好き嫌いが分かれる所もあり4位としました。

ランキング3位:ストレスフリーぺんてるオレンズネロ

自動芯出し機構搭載の最強仕事ツール!

取材や会議など仕事で素早くメモを取る必要があるとき、これがあればある程度書くたびにノックをしなくともはじめに1回ノックするだけで自動で芯が出てきてなくなるまで書けます。

また軸の重量バランスにもこだわり、誰が書いても軽い書き味で美しい線が描けるよう工夫されている他、先端のパイプがスライドする事で極細芯でも折れにくいという特徴があります。

高機能でマットブラックのカラーリングと金属部品をイメージしたボディのデザインは高い人気がありますが、定価3000円というシャーペンにしては割高な所に「もう少し安ければ」という意見も多くランキング3位という結果になりました。

ランキング2位:シンプルで高機能ぺんてるスマッシュ

製図用グラフ1000シャーペンの持つ最強の性能そのままに普段の仕事におすすめの一品

ぺんてるスマッシュは製図用シャーペンで知られるグラフ1000の性能をそのままに普段でも使えるよう作られています。また軽量である事に加え、点で支えるラバーグリップが手にフィットしやすい他、重心がペン先側にあり書き心地が良くなっています。

またペン先の口金がグリップと一体になっているため耐久性が高い他、ペン先が4mmと一般のものより長めであるため書いている文字が見やすいという特徴があります。高機能であるとともにシンプルなデザインが人気で、仕事場で使うシャーペンとしてふさわしいものとなっています。

シャーペンスマッシュのロフト限定カラーが人気!ロングセラーの魅力とは | MensModern[メンズモダン]

ランキング見事第1位!三菱鉛筆シャーペンクルトガ

各人気ランキングサイトでも軒並み1位の最強人気商品

三菱鉛筆のクルトガは本来であれば書いているうちに芯が丸くなってしまう所を、書いている最中に芯が自動で回転するクルトガエンジンを搭載する事で常に先端が尖った状態で書けるようになっています。

またスタンダードモデルのみならずラバーグリップ付きで握りやすいものや高級感のあるローレットモデル、安定した書き心地のハイグレードモデルなど好みのモデルから選べるようになっていることも人気の一つです。

更にクルトガの最新モデルはクルトガアドバンスと言う商品で、従来のクルトガよりも更に細くきれいにペン先が円錐状に保たれる事で紙に接する部分が細い状態のままキープされ、書き続けても文字がつぶれず濃くて一定の状態を保てるようになっています。また芯折れ防止機構も搭載され、仕事でメモを取る時などでもストレスなくきれいな文字が書けるようになっています。

用途別シャーペン芯径の選び方とは?

いくつかの太さのあるシャーペン芯、どれをえらべばいい?

日本国内のシャーペンには0.2mmから2.0mmまで8種類の太さの芯があり、そのうち仕事などで一般的に使うものは0.3mm、0.5mm、0.7mmの3種類となっています。ここではこれら3種類の太さについてそれぞれに向いている用途に付いて紹介します。

細めの0.3mmシャーペン芯におすすめの用途とは?

非常に細い芯であるため製図用やイラスト用などに向いている他、オフィスワークであれば手帳の小さなスペースに予定を記入する、計算した細かい数値を書き連ねるなどの用途におすすめです。

一般的な太さ0.5mmシャーペン芯におすすめの用途とは?

最もなじみのあるスタンダードな太さの0.5mmシャーペン芯は打ち合わせや会議のメモなど普段使いに向いています。また適度な細さであるため、漢字を書くのに最も適しているのもこの0.5mmシャーペン芯となっています。

少し太めの0.7mmシャーペン芯におすすめの用途とは?

0.7mmや0.9mmは太めで折れにくいためメモやノートにアイディアを次々と殴り書きするといった使い道に向いています。更にイラストを描いてイメージを膨らませるという時にもこの太さがおすすめです。

シャーペンをはじめとした文具選びの基本とは

ピン!と来る以外のよりよい選び方について

シャーペンをはじめ買いたいものを選ぶとき、「ピンと来る」ものを選ぶという事はよく取られる方法です。それも一つの方法ですが様々な最新シャーペンが売られる中では、あれこれ比較してじっくりと選ぶことで本当に自分に合った良いものが見つけられるようになります。ここではシャーペンなど文具選びの確かな方法について紹介します。

本当に良いものを選ぶにはまずは情報収集から

情報社会の中では情報を賢く活用しよう!

まずは各メーカーの公式ホームページをチェックすることで商品の最新情報やメーカー一押しの商品のチェックができます。またソーシャルメディアを活用する事で常に鮮度の高い情報に触れられる他、不特定多数の様々な意見を得られます。一方で文具や新商品を紹介する雑誌特集のような紙媒体も活用する事でトレンドを確実に入手できるようになります。

実際に文具店に足を運び、沢山の商品が並んでいてどれを選んだら良いのか分からない場合は、仕事で使うなどの目的や好みの色や機能などを店員に相談しアドバイスをもらいながら決めるという方法があります。

また、シャーペンは試し書きができるようになっていれば実際に試す、パッケージの説明をしっかりと読み比較検討するという方法もあります。

更には時間のある時など、製図コーナーや画材コーナー、高級筆記具コーナーなどいつもとは違う売り場をまわってみる事で自分の知らない面白い商品に出会える可能性もあります。

人気シャーペンランキングを参考に最良のシャーペンを

ランキングはあくまで参考の目安

ここでは人気のあるシャーペンをランキング形式で20種類紹介しました。ランキングはあくまで目安であるため、上位であれば良いという訳ではなく、例えランキングでそれほど上位でなくとも自分に一番合っているシャーペンを選ぶのがベストとなります。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ