無印のビーズクッションが使いやすく現在でも人気沸騰中です。しかし、現在では無印以外にもビーズクッションが販売されています。たくさんあるビーズクッションですが、なぜ無印が優秀と言われるのか。他社と比較はよくされてるのかと気になる人も多いのではないでしょうか。

無印のビーズクッションは優秀?ニトリなど他社メーカーと徹底比較

目次

  1. 無印のビーズクッションが優秀と言われるのはなぜか
  2. ビーズクッションを出したのは無印がはじめなのか
  3. 無印のビーズクッションの種類
  4. ニトリや他社のビーズクッションが出始めたのはいつ?
  5. 無印とニトリや他社のビーズクッションの価格の比較
  6. 無印とニトリや他社のビーズクッションの性能の比較
  7. 無印とニトリや他社のビーズクッションはどちらが優秀なのか
  8. 口コミでおすすめと言われているビーズクッションは
  9. 無印とニトリや他社のビーズクッションで比較される点は
  10. まとめ:ニトリや他社のビーズクッションよりも、無印のビーズクッションがおすすめ

無印のビーズクッションが優秀と言われるのはなぜか

ビーズクッションと聞くと無印がはじめに販売されたというイメージがあります。しかし、現在ではニトリや他社からもビーズクッションが販売されているのを見かけます。

ビーズクッションはどこでも使用することができて、スペースを取らないことが魅力です。使用方法は様々で、個人個人の生活スタイルに簡単に合わせることができます。

無印のビーズクッションが優秀と言われているのは、耐久性などもいいと言われているからです。そのため、使い込んでも使用感は変わらないイメージがあるためです。

また、無印の商品が元々、悪いという評判が少ないのも優秀と言われているように感じられます。ビーズクッションと言えば無印と言われるほど、とても人気が出た商品のため、一番優秀と思われているようです。

ビーズクッションを出したのは無印がはじめなのか

現在ではニトリや他社からもビーズクッションが発売されています。ビーズクッションのはじめは、無印になります。2014年に、無印は体にフィットするソファーと言って発売をはじめました。

無印は、その他にもビーズクッションのキャッチフレーズとして、人をだめにするとも言っています。無印の半年あとには、ヨギボーが上陸しています。

ヨギボーは日本で発売されたアメリカ生まれのビーズクッションになります。無印のビーズクッションと形が異なるのが特徴です。

その後に、無印のビーズクッションに対抗するように、有名なニトリからもビーズクッションが発売されました。しかし、ニトリはその後ビーズクッションの販売を終了しています。そして、再度、無印に対抗するようにビーズソファーとして販売されています。

無印のビーズクッションの種類

無印のビーズクッションにはサイズが違う物が二種類あります。元々の大きさのものと、一回り小さく、子供が使用するのに便利なサイズになります。

無印のビーズクッションのカバーの種類は現在はとても豊富になっています。発売当初からカバーの種類はありましたが、現在はデザイン性が増しており、お洒落な色などもあります。

ニトリや他社のビーズクッションが出始めたのはいつ?

無印のビーズクッションが販売されたのが2014年春になります。その半年後には他社のヨギボーが販売されています。そして、ニトリのビーズクッションが販売されています。

無印のビーズクッションが一番はじめになりますが、どれも出始めは同じくらいになります。しかし、ニトリのビーズクッションは2015年に一度販売を終了しています。そして、2016年に名前を変えて、無印と同じような商品のビーズソファーとして販売を再開されています。

無印とニトリや他社のビーズクッションの価格の比較

無印

無印のビーズクッションはビーズクッション本体とカバーと別売りになっています。ビーズクッション本体の価格は、普通のサイズで税込12600円になります。カバーは税込3150円から7000円と価格の差があります。

そして、無印のビーズクッションのミニサイズの本体は、税込9500円になります。カバーは税込2500円になっています。しかし、無印はセールなどを開催されている時には、カバーの価格が安くなっている場合があります。

また、無印のビーズクッションミニはカバーと本体のセットでの値段のセール価格などもあるようです。そして、無印をよく使う人は知っていると思いますが、無印週間として10%OFFが開催されていることがあります。そのような場合に買うともう少し安く購入することが出来るようです。

ニトリ

ニトリの商品は元々、無印に対抗してビーズクッションが発売されたとも言われています。現在は名前は変わっていて、ビーズソファーNストレッチと言われていて、無印と同じように、大と小があります。また、無印と同じように、本体とカバーは別売りになっています。

Nストレッチの価格は税別で小さいサイズが4621円で大サイズが7990円となっています。大サイズは税別9250円から価格を見直されて安くなっています。

更にニトリには、無印にはないサイズのヌードミニビーズクッションがあります。本当に小さいサイズになりますが、値段が税別1843円で評判もまずまずのようです。

他社

他社としてここでは、ヨギボーの価格をお伝えしたいと思います。ヨギボーのビーズクッションの形は、無印やニトリと同じものから、見たことのない種類のものまであります。

無印やニトリと同じようなものでも、カバーのカラーを選べることは同じですが、本体とカバーがセットになった価格表示になっています。無印の普通サイズののビーズクッションと同じようなものは、ヨギボーでは税抜19800円になっています。

無印のビーズクッションよりも大きい物は、ヨギボーでは税抜25800円となっています。ヨギボーは椅子のような形のビーズクッションもあり、その価格は税抜で25800円と普通のビーズクッションと同じ価格設定になっています。

無印とニトリや他社のビーズクッションの性能の比較

無印

体にフィットするソファーとして売り出された無印のビーズクッション。その名の通りに、自由自在に体に合わせてクッションがフィットします。そして、面によって、柔らかさが異なるので、硬めのクッションを好む人から、やわらかさを求める人まで幅広く使用することができます。

面によって使い分けが出来るようにと、無印のカバーには二種類の素材が使われています。無印のカバーはかなり丈夫にできていると言われています。そのため、ビーズクッションのヘタリを少し抑えてくれるとも言われています。

ニトリ

ニトリのビーズクッションも無印と同様に、面によって素材が違い使い分けができるようです。そのため、カバーも無印と同じように二種類の素材が使われていて、わかるように工夫されています。

無印との一番の違いは、補充用のビーズが売られていることではないかと思います。ビーズクッションは使い続けているとヘタリが出てきます。ニトリはそれに応じて補充出来るようにと販売されています。

他社

ここでもヨギボーについてお伝えします。ヨギボーは無印やニトリと違い、面によって素材が違うということがないので、均一のやわからさになっています。そして、カバーの色も無印とは真逆で鮮やかな色合いが多いです。

ヨギボーは独自の新技術で形が崩れないようになっているために、ベットや椅子のように使用できる形があります。無印とニトリとの違いが一番あり、少し違うビーズクッションを試して見たい人にはおすすめと言えます。

無印とニトリや他社のビーズクッションはどちらが優秀なのか

無印もニトリも他社のビーズクッションもどれも必ず使い続けているとヘタリが出てきます。ヘタリ具合はどれも違いがあるようです。ヘタリやすいと言われているのは、ニトリのビーズソファーになります。

ニトリと無印のビーズクッションは同じようなサイズと使いやすさになります。しかし、価格の違いにより、品質も多少違いがあるようです。そのため、無印とニトリのどちらがおすすめかと言われると、へたりにくく、カバーもしっかりしている無印と言えます。

無印のビーズクッションは欠点が少ないイメージがあります。しかし、無印のビーズクッションを2つ使用すると、腰を痛めると言われています。また、首がつかれるために、ネックピローが欲しくなるとも言われています。

口コミでおすすめと言われているビーズクッションは

口コミでのおすすめと言われているビーズクッションは、無印ではないかと思います。無印とニトリは商品を見て、座って試すことができます。これは全国どこにいても出来るほど店舗数も多いです。そのため、へたりにくい無印がおすすめとされています。

価格だけで見ると、ニトリがと考える人が多いと思います。価格重視で考えるのであれば、ヘタリが気になる場合は、ビースを足すことができるニトリのビーズソファーでもいいかもしれません。

他社のヨギボーは、無印やニトリと形も品質も違いがあるように感じられます。また、物を見て試すなどできる店舗数が少ないために、ネットなどの口コミのみでの購入が多くなります。しかし、ヨギボーは口コミでもおすすめと言われています。

それは、自立して立たせて置いておくことができる、唯一のビーズクッションだからです。そして、重さも軽くて子供も使いやすいために、おすすめとも言われています。

形や大きさなどを考えると、簡単に購入できる無印がおすすめになるようなイメージがあります。それは、ヨギボーはソファーの様な大きさになる物もあるからです。

無印とニトリや他社のビーズクッションで比較される点は

ビーズクッションの比較対象は無印とニトリになります。元々ニトリは無印に対抗してビーズクッションを販売されています。そのため、重さも形も使用方法なども全て同じとも言えます。一番の違いは価格になります。

そのため、無印のビーズクッションを知っている人は、ニトリのビーズソファーを比較している人が多いのではないかと思います。

一方、他社のヨギボーは無印とニトリのビーズクッションとは違いが多くあります。そのため、比較することが難しいように感じられます。

重さも、形も使用方法も異なるので、無印のビーズクッションを2つ使用している人などには比較の対象として、ヨギボーを見る人は多いように感じられます。

カバーの色も無印はシックな感じなのに対して、ヨギボーは鮮やかで明るいイメージがあります。ニトリは、季節によって選べるようにもなっています。カバーの違いもビーズクッションの比較対象になると言えそうです。

無印の体にフィットするソファが人気!ビーズクッションの意外な欠点とは? | MensModern[メンズモダン]

まとめ:ニトリや他社のビーズクッションよりも、無印のビーズクッションがおすすめ

無印のビーズクッションは、一番はじめに販売されました。そのため、無印のビーズクッションがいいと言われている声を聞くことが多かったので、おすすめ商品として長く定着しています。

しかし、現在ではニトリや他社のヨギボーのビーズクッションへの人気も出ています。その中でも、無印は、カバーの素材や色、デザイン性などにも力を入れているように感じられます。カバーは、家のシンプルなインテリアに合わせやすいものが多いです。

無印の商品はシンプルで、部屋に合わせやすい物が多く、丈夫で品質がいいものが多いです。年齢を問わず、幅広い世代から人気の無印良品。大きさや使いやすさと購入のしやすさから考えると、無印のビーズクッションはおすすめで、様々な人にも進められる商品になります。


評価 4.2/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ