様々な分野で活躍している海外セレブたちの中には、日本好きを公言している親日家がたくさんいます。プライベートな旅行で何度も来日している人や、日本に留学経験がある人、日本語を流暢に話せる人など、世界で活躍している海外セレブが日本の良さを発信してくれることは、日本人からすると嬉しい気持ちになります。そんな日本好きな海外セレブたちを、エピソードを交えて紹介していきます。

海外セレブは日本好き・親日家が多い?来日したセレブは誰?

目次

  1. 日本が好きな海外セレブを紹介!
  2. 親日家の海外セレブ:映画スター編
  3. 親日家の海外セレブ:アーティスト編
  4. 親日家の海外セレブ:モデル編
  5. 親日家の海外セレブ:日本語を話せるセレブたち
  6. 旅行でも多数来日している親日家の海外セレブたち

日本が好きな海外セレブを紹介!

近年海外セレブのプライベートな旅行先として人気が高い日本。日本を訪れた海外セレブたちの多くは日本に魅了され、親日家を公言しています。日本をお忍びで何度も訪れている人や、日本に留学した経験がある人、日本語を話せる人など、様々な親日家の海外セレブがいます。そんな日本好きを公言している海外セレブたちを紹介していきます。

親日家の海外セレブ:映画スター編

親日家の映画スター①ヒュー・ジャックマン

「ウルヴァリン」シリーズで有名なハリウッド俳優のヒュー・ジャックマンは、映画のプロモーションの他にもプライベートな家族旅行でたびたび日本を訪れています。映画のプロモーションで日本を訪れると、登壇したイベントで日本語の挨拶を披露してファンを沸かせています。プライベートの家族旅行で息子と一緒に富士山に登頂した際には、感動のコメントと一緒に自身が撮影した美しい写真を投稿していました。

さらに、ヒュー・ジャックマンが主演を務めたミュージカル映画「レ・ミゼラブル」の皇太子殿下御臨席試写会では、この試写会に参加するために急きょ来日し、皇太子殿下の隣に座って一緒に映画を鑑賞していました。その際も日本語でお礼の言葉を述べて、親日ぶりを伺わせていました。

親日家の映画スター②トミー・リー・ジョーンズ

日本でBOSSのテレビCMに出演していて馴染みが深いハリウッド俳優のトミー・リー・ジョーンズは、日本を第2の故郷だと公言しています。2006年から10年以上も継続して出演し続けていることでも、どれだけ日本のことが好きかを伺えます。映画のプロモーションツアーの際も日本以外の国は行かないと発言し、実際に日本のプロモーションの時だけ参加していました。

トミー・リー・ジョーンズは、特に日本の古き良き文化が好きなようで、プライベートで日本を旅行する際には能や歌舞伎を観劇しています。日本で1番好きな場所は京都で、好きな日本の食べ物は鮎の塩焼きだそうです。

親日家の映画スター③トム・クルーズ

「ミッション:インポッシブル」シリーズで知られているハリウッド俳優のトム・クルーズは、これまでに20回以上も来日しています。映画のプロモーションで来日した際には、空港で待ち構えているファンのために長時間写真撮影やサインに応じて手厚いファンサービスをしてくれることでも有名です。

取材などでもいつも日本のことが大好きだと伝えてくれているトム・クルーズ。東日本大震災の時には被災地のファンを招いて映画の試写会を行い、記念撮影にも応じていました。日本のことが大好きなだけでなく、日本が危機に瀕している時にはすぐに手を差し伸べてくれる優しさが日本のファンを魅了する所以です。

親日家の映画スター④ジョディ・フォスター

「タクシードライバー」や「羊たちの沈黙」で有名なハリウッド女優のジョディ・フォスターも、日本好きを公言している海外セレブの1人です。父親が再婚した義母が日本人なので、日本に触れることが多かったそうです。映画のプロモーションで日本を訪れた際には嬉しそうにイベントに登壇してくれます。

日本の文化の中でも特に日本食が大好きで、日本に来ると何もかもが美味しくてついつい食べ過ぎて太ってしまうと公言していました。日本食の中でもお寿司が特に大好きだというジョディ・フォスターは、まぐろを欠かさず食べているそうです。

親日家の映画スター⑤キアヌ・リーヴス

「ジョン・ウィック」や「マトリックス」などのアクション映画に多数出演しているキアヌ・リーヴスは、お忍びで何度も日本を訪れています。特にラーメンが大好きで、来日した際には必ずラーメン屋さんに立ち寄るそうです。中でも味噌ラーメンの大ファンで、ラーメン屋さんをはしごすることもあります。

キアヌ・リーヴスは日本の帝国ホテルが大のお気に入りで、日本に滞在する際には大抵帝国ホテルに宿泊しています。映画撮影の時にアドリブで「洗濯を頼みたい。東京の帝国ホテルで頼むような洗濯だ。」というセリフを入れたこともあります。

親日家の映画スター⑥ノーマン・リーダス

「ウォーキング・デッド」で有名なノーマン・リーダスは、幼い頃に母親の仕事の都合で日本に住んでいたことがあり、日本の文化と慣れ親しみながら育ったそうです。郊外に住んでいたので、日本の豊かな自然や独特の文化が今でも大好きでよくプライベートでも訪れています。日本を第2の故郷だと公言しています。東日本大震災の時には、自身が制作を務めたショートフィルムの収益を義援金として寄付してくれました。

親日家の映画スター⑦ジャン・レノ

「レオン」の主演で知られているハリウッド俳優のジャン・レノは、30回以上も来日しています。日本でトヨタのテレビCMに出演していたこともありました。日常会話程度の日本語なら話すことができるジャン・レノは、プライベートな旅行でも日本をたくさん訪れています。日本食ではうなぎや刺身、日本酒が好きだそうです。

外国人の人気女優まとめ!ハリウッドなど世界中のセレブ美女たちを紹介 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

親日家の海外セレブ:アーティスト編

親日家の海外アーティスト①フレディ・マーキュリー

イギリスの人気ロックバンド、クイーンのボーカルのフレディ・マーキュリーも、日本が大好きだということで有名な海外セレブです。クイーンのアルバム「華麗なるレース」に収録されている「Teo Triatte」という楽曲には日本語の歌詞を取り入れていて、フレディ・マーキュリーの日本語での歌唱を聴くことができます。

生前にはプライベートな旅行で何度も来日していたそうで、東京には行きつけのバーもあったそうです。日本のお土産品が大好きで、骨董品や日本の絵画などを買って帰国するのが定番でした。自分の家に日本庭園を造り、日本の文化をとことん愛していました。

親日家の海外アーティスト②レディ・ガガ

世界的な有名アーティストのレディー・ガガは、親友が日本のハーフだったことがきっかけで日本が大好きになったそうです。かなり親日家な海外セレブとして知られているレディー・ガガは、肩に「TOKYO LOVE」というタトゥーを彫っています。高級バッグに「アイラブスモールモンスター東京ラブ」と書いて来日したこともあります。さらに、レディー・ガガは飼っている柴犬を「ようこ」と名付けていて、とことん日本のことが大好きなようです。

日本に引っ越したいほど日本のことが大好きだと公言しているレディー・ガガは、特に東京の原宿が大好きで、プライベートの旅行でもたびたび訪れています。衣装やメイクにも日本のファッションや文化を取り入れたり、プロモーションビデオに日本語が登場したりと日本の全てが大好きです。

東日本大震災が起こった時、来日予定だったアーティストが来日を中止している中で、いち早く来日して復興の応援をしてくれていました。復興支援のためのチャリティリストバンドを販売し、その売上高と自分のポケットマネーの総額3億円以上を寄付しました。義援金の支援と同時に、日本は安全で美しい国だからもっと多くの外国人に旅行で訪れてほしいと日本の魅力を広めてくれています。

親日家の海外アーティスト③アリアナ・グランデ

若者の間で大人気のアーティスト、アリアナ・グランデは、日本が世界の中で1番大好きだと公言している海外セレブです。日本にもファンが多く、来日公演を数回行っている他にもプライベートで日本を訪れています。日本の食べ物の中で特に好きなものはいちご大福で、ライブ後や移動中によく食べているそうです。キャリーぱみゅぱみゅのことが大好きで、日本に行ったら会いたいとツイッターに投稿していました。

アリアナ・グランデは日本語を練習していて、彼女が作った日本語ノートが話題になりました。日本語でツイッターを更新することも多く、年々日本語が上達してきています。日本好きが高じて日本語を熱心に勉強している所も、日本のファンに親近感を与えて人気を伸ばした秘密の1つです。

親日家の海外アーティスト④ジョン・メイヤー

「現代の三代ギタリスト」の1人であるジョン・メイヤーは、高校生の時に小田原でホームステイをして、高校に通っていた経験があります。当時から日本が大好きだったジョン・メイヤーは、プライベートで何度も日本を訪れていて、住めると思う国はアメリカと日本だけだと公言しています。

日本が大好きなジョン・メイヤーは、腕に日本の浮世絵のような和柄の刺青を彫っています。プライベートで来日する際には滞在中に居心地が良くて帰りたくなくなってしまうため、飛行機のチケットはオープンにしてついつい長居してしまうそうです。

親日家の海外アーティスト⑤スティーブン・タイラー

ロックバンド、エアロスミスのボーカルのスティーブン・タイラーは、日本が大好きなロックスターとして知られています。特にスティーブン・タイラーはたいやきが大好きで、日本を訪れた際には大量に購入して帰国するそうです。エアロスミスのメンバーはみんな日本のことが大好きで、メンバーの誰かがたいやきをこっそり食べてしまったことにスティーブン・タイラーが激怒してバンド解散の危機に瀕したことはファンの間では有名なお話です。

他にもスティーブン・タイラーはポンジュースが大好きで、日本から大量にお取り寄せをしているそうです。ラーメンも大好きで、東京には来日の際は時間を作ってでも訪れる行きつけのラーメン屋さんがあります。

親日家の海外アーティスト⑥ジョン・ボン・ジョヴィ

ロックバンド、ボン・ジョヴィのボーカルのジョン・ボン・ジョヴィは、これまでに25回以上も来日しています。ボン・ジョヴィには日本のファンもかなり多いため、100回以上日本公演を行っています。ラーメンが大好きで、来日した際には必ずラーメンを食べるそうです。

ボン・ジョビには「Tokyo Road」という楽曲があり、この楽曲は日本について歌っています。日本版のディスクには必ずボーナストラックを入れてくれていて、日本のファンに対するファンサービスがかなり手厚いです。東日本大震災が起こった時にはいち早く応援メッセージを送ってくれました。

親日家の海外アーティスト⑦ケイティ・ペリー

音楽業界を牽引しているポップアーティストのケイティ・ペリーの日本愛はかなりのものです。学生時代に実家に留学生をホームステイさせていたことがあり、その時の日本人の振る舞いに衝撃を受けて以来日本人のことが大好きなのだそうです。日本の文化や食べ物が大好きな海外セレブは多いですが、ケイティ・ペリーは日本人のことをかなり愛してくれていて、日本人からするとかなり嬉しいです。

世界中の国の中で日本が1番好きだと公言しているケイティ・ペリー。日本のかわいい文化が大好きで、キティちゃんが特に好きなキャラクターだそうです。キティちゃんのグッズをたくさん持っている他にも、指にキティちゃんの刺青を入れています。さらにきゃりーぱみゅぱみゅの大ファンで、初対面を果たした時にはかなり嬉しかったそうです。

親日家の海外アーティスト⑧ジャスティン・ビーバー

世界中を回っているアーティストのジャスティン・ビーバーも、日本は特に大好きな国だと公言しています。日本の文化が大好きなジャスティン・ビーバーは、日本語が取り入れられた衣装や私服がお気に入りなようです。ツイッターで日本についてのツイートを投稿することも多く、そのツイートからも日本への愛が溢れています。

ヤンチャなイメージのあるジャスティン・ビーバーですが、当時まだ17歳だったにもかかわらず東日本大震災の時にはいち早く日本にメッセージを寄せ、震災から2ヶ月後には日本を訪れて被災者と交流したり義援金を寄付したりと、真っ先に支援してくれていました。

親日家の海外アーティスト⑨リアム・ギャラガー

ロックバンド、オアシスの元ボーカルのリアム・ギャラガーも、東日本大震災の時にいち早く日本のために行動を起こしてくれた海外セレブの1人です。日本への応援メッセージを送ってくれただけでなく、海外で日本の支援のためのチャリティコンサートを行って、義援金を寄付してくれました。

東日本大震災直後のパリでの公演では、日本国民へ捧げると「Kill For A Dream」を披露しました。日本を真っ先に支援してくれたリアム・ギャラガーは、同時に日本への愛を語っていました。著名なバンドマンが日本の良さを広めてくれることはかなり嬉しいことです。

親日家の海外セレブ:モデル編

親日家の海外モデル①ミランダ・カー

世界的に有名なモデルのミランダ・カーは、日本が一番好きな国だと公言しています。日本のテレビCMに出演したり、仕事で日本を訪れることが多いです。プライベートな旅行でも日本を訪れることが多く、日本の文化や食べ物、ファッションや人が大好きなのだそうです。特に日本食が大好きで、自身のインスタグラムには来日した際に食べた和食の画像を投稿していました。

親日家の海外モデル②カーリー・クロス

アンニュイな雰囲気で人気のモデル、カーリー・クロスは、プライベートで何度も日本を訪れています。日本を訪れた際のインスタグラムでは、日本語のコメントを付けて画像を投稿していました。何度も投稿していたことから、日本好きな様子が伺えます。

親日家の海外モデル③フリーダ・グスタフソン

北欧ナンバーワンのスーパーモデルといわれているフリーダ・グスタフソンは、モデルとしての仕事を始めたデビュー当時は日本を拠点に活動をしていました。そのため日本が大好きで、現在でもたびたび日本を訪れています。日本に旅行した際にはインスタグラムを投稿し、楽しんでいる様子を世界中に広めています。

外国人の人気女優まとめ!ハリウッドなど世界中のセレブ美女たちを紹介 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

親日家の海外セレブ:日本語を話せるセレブたち

日本語を話せる海外セレブ①ナタリー・ポートマン

「レオン」や「ブラック・スワン」などの映画で知られている女優のナタリー・ポートマンは、学生の時に日本に留学した経験があります。日常会話ができほどの日本語を習得していて、映画「プラネタリウム」のプロモーションで来日した際には流暢な日本語を披露していました。

ナタリー・ポートマンは日本の文化や料理も大好きで、自宅があるアメリカでもよく寿司を食べに行く様子をパパラッチされています。旅行で来日した際に訪れた寿司屋で食べた寿司が美味しすぎて感銘を受けたと話したこともあります。

日本語を話せる海外セレブ②エドワード・ノートン

「ファイト・クラブ」や「真実の行方」など知られる俳優のエドワード・ノートンは、アメリカの名門大学イェールで日本語を学んでいました。俳優になる前には、都市計画家の祖父の仕事を手伝うために、大阪で約1年間サラリーマンをしていたそうです。実際に、海遊館の水槽の設計に携わっていました。

映画「インクレディブル・ハルク」のプロモーションで来日した際に出席したイベントでは、関西弁で挨拶をして会場を沸かせました。大阪に住んでいたからかお好み焼きが好きだそうで、日本滞在からしばらく経っていても日本語の関西弁をしっかりと覚えていました。

日本語を話せる海外セレブ③スティーブン・セガール

「沈黙シリーズ」で大人気の大御所俳優スティーブン・セガールは、10年ほど日本で暮らし、最初の妻は日本人である海外セレブとして知られています。日本で暮らしていた頃は英語を教えながら禅や合気道を習っていました。長い間日本で生活していただけあって、日本語はかなり流暢です。

大阪に滞在していたため会話は基本的に関西弁で、阪神タイガースのファンでもあります。日本のテレビ番組にも多く出演して日本語を披露している他にも、東日本大震災の時には日本語で応援のコメントを寄せました。

日本語を話せる海外セレブ④ニコラス・ケイジ

「ワイルド・アット・ハート」や「ゴーストライダー」などで知られる俳優のニコラス・ケイジは、高校時代に通っていたビバリーヒルズ高校を中退して日本語学校に通っていました。日本語をある程度話せるため、映画のセリフで披露したり、来日した際には日本語で挨拶をしたりしています。

日本語を話せる海外セレブ⑤ベンジー・マッデン

ロックバンド、グッドシャーロットのヴォーカルを務めているベンジー・マッデンも親日家の海外セレブとして知られています。日本語を自分で勉強していて、グッドシャーロットの楽曲でも日本語の歌詞が登場しています。楽曲を日本語でレコーディングすることもあり、その日本語も自分で訳しています。

旅行でも多数来日している親日家の海外セレブたち

日本が好きな海外セレブたちを紹介しました。仕事ではなくプライベートで日本を訪れている海外セレブたちは、日本好きを公言して日本の魅力を多くの人に広めてくれています。どのエピソードも日本人にとっては嬉しいものばかりです。今後も増えるであろう親日家の海外セレブたちにも注目したいですね。


評価 4.2/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ