ジントニックの度数はどのくらい?初心者でも楽しめる軽いカクテル?

人気のカクテルとして有名な「ジントニック」ですが、具体的にはどのようなカクテルなのでしょうか?今回はジントニックにスポットを当て、度数や飲み心地などを紹介していきます。一体どの程度の度数で、初心者でも楽しめるのでしょうか?早速見ていきましょう。

ジントニックの度数はどのくらい?初心者でも楽しめる軽いカクテル?

目次

  1. そもそもジントニックとはどのようなカクテルなのか?
  2. ジントニックの味はどんな感じなのか?
  3. 度数の低いジントニックの起源について
  4. ジントニックの度数はどのくらい?
  5. 度数は低いけれどジントニックのカロリーはどのくらいなのか?
  6. ジントニックと度数:トニックウォーターについて
  7. ジントニックと度数:ジンバックとは違うのか?
  8. ジントニック:おすすめの作り方とは?
  9. 初めて入るバーではジントニックを頼もう
  10. グルメを目指すなら、ジントニックを頼もう!
  11. まとめ:ジントニックを楽しむために

そもそもジントニックとはどのようなカクテルなのか?

ジントニックとはどのようなカクテルなのでしょうか?簡単に言うと、ジンをトニックウォーターで割ったカクテルのことを言います。ジンの割合を少なくすれば、度数も下がるので、アルコールが苦手な方でも楽しめますし、もちろんグルメ志向な方でも安心して飲むことができます。度数を自由にコントロールができるのが嬉しいですね。

ジントニックの味はどんな感じなのか?

グルメなかただけでなく、初心者でも楽しめるカクテルとしてジントニックはおすすめです。味はどのようなものなのでしょうか?切れのある爽やかな味わいで、柑橘系のほのかな香りが漂います。主張しぎない味わいのため、飽きることがなく、十分な飲みごたえと、飲みやすさが両立されています。軽い飲みやすいカクテルなので、ぜひチャレンジしてみましょう。

度数の低いジントニックの起源について

度数が比較的コントロールしやすく、飲みやすいカクテルのジントニックですが、いつ頃から飲まれているものなのでしょうか?もともとはイギリスの熱帯植民地で働くイギリス人たちの健康飲料として飲まれているものでしたが、評判になり、第二次世界大戦後に世界中で広まりました。現在ではジンベースのカクテルとして不動の地位を築いています。

豆知識:度数が低い?ジントニックのバリエーションについて

ジントニックにはバリエーションがあります。度数をコントロールできるので、自分に合わせて作ることができますが、いくつかのバリエーションがあります。ベースをウォッカにすると「ウォッカ・トニック」になり、ベースをテキーラにすると「テキーラ・トニック」になります。ベースをジンのままジンジャーエールで割ると「ドラゴンフライ」というカクテルになります。

ジントニックの美味しい作り方!自宅でプロの味が楽しめる簡単レシピ! | MensModern[メンズモダン]

ジントニックの度数はどのくらい?

ジントニックのベースになるジンは度数の高いお酒なので、ジントニックも度数が高いお酒だと考えてしまいがちです。確かにベースのジンの度数は40度近くあるので、ジンの割合を多くすると、度数の高いお酒になってしまいます。しかし、トニックウォーターの割合が多いので、ジントニックのアルコール度数は平均すると5%前後になっています。

どうしてジントニックの度数は低いのか?

ジントニックの度数が低いのには秘密があります。基本的にジントニックはカクテル初心者にも優しいお酒で、ジンを1に対しトニックウォーターを4の割合でシェイクされています。バーによって若干の変化はありますが、極端に度数を変更することは少ないので、ジントニックは度数の低いお酒として楽しめるのです。カクテル初心者でも飲みやすい。それがジントニックです。

度数は低いけれどジントニックのカロリーはどのくらいなのか?

軽く初心者でも飲みやすいカクテルですが、ジントニックのカロリーはどのくらいなのでしょうか?一見すると、軽く度数も低めなので、カロリーが低いように感じますが、ジントニック1杯のカロリーは約170カロリーあります。度数が低く、軽く飲めるので、ついつい飲んでしまいがちですが、飲みすぎには十分注意しましょう。

どうしてジントニックのカロリーは高いのか?

軽い飲み口で度数も低いカクテルなのに、どうしてカロリーは高めなのでしょうか?それはジンが度数の高いお酒であるという点と、トニックウォーターに含まれる糖分のカロリーが意外と高いため、カロリーが高くなっているのです。アルコール1%あたりカロリーは7カロリーあります。

ジンは度数が高いお酒なので、その分カロリーも高いです。ちなみにジンは100mlあたり約280カロリーあります。これにトニックウォーターのカロリーが重なるので、ジントニックは軽い飲みやすい度数のカクテルなのですが、それほどカロリーが低くないカクテルとなっているのです。美味しいですが、飲みすぎには注意したいですね。

豆知識:ジントニックが流行った理由とは?

ジントニックが流行った経緯について説明しましょう。ベースとなるジンは度数の高さから手軽に酔えるアルコールとして庶民から人気が高く良く飲まれていました。ここに健康飲料として飲まれていたトニックウォーターを混ぜた見たら想像以上に美味しいということが分かり、一気に広まりました。これがジントニックの流行った理由なのです。

ジントニックと度数:トニックウォーターについて

ジントニックに必要不可欠なのが「トニックウォーター」です。では、トニックウォーターとはどのような飲料なのでしょうか?これは炭酸水に柑橘系のエキスを入れて、さらに糖分を配合し軽く飲みやすくした健康飲料です。トニックウォーターは、ジントニックだけでなく、さまざまなカクテルのベースとなっており、初心者でも楽しめるカクテルを提供してくれます。

トニックウォーターは炭酸水とは違うのか?

ジントニックに使われるトニックウォーターですが、炭酸水とは違うのでしょうか?これは全く別物と考えていいでしょう。炭酸水は基本的には無糖タイプの飲料ですが、トニックウォーターは加糖された飲料になります。軽く、そのままでも飲みやすい飲料に仕上がっています。主なトニックウォーターのメーカとしては「カナダドライ」や「ウィルキンソン」などがあります。

トニックウォーターとは?炭酸水との違いや正しい作り方について | MensModern[メンズモダン]

ジントニックと度数:ジンバックとは違うのか?

ジントニックと同じで人気のカクテルの「ジンバック」ですが、両者はまったく違う飲み物です。名前の響きが近いので誤解しやすいので注意しましょう。ジンバックの「バック」とは、レモンジュースとジンジャーエールをアルコールに混ぜるスタイルのことを言います。ジンをトニックウォーターで割る、ジントニックとは根本的に違うのです。

ジントニック:おすすめの作り方とは?

ジントニックは初心者で楽しめるカクテルです。簡単な作り方を紹介しましょう。ジンを45mlとトニックウォーターを適量、それにライムを用意します。カットしたライムをグラスに絞りいれ、グラスの縁の高さまで氷を入れます。その後ジンを入れ、最後にトニックウォーターを注ぎ、軽く混ぜ合わせて完成です。軽く飲みやすく、美味しいカクテルが作れます。

ジントニックは男性向けなカクテル?

ジンは元々大衆向けのお酒で、どちらかというと男性向けのお酒です。度数のそれほど高くなく、軽く飲みやすいカクテルなので、お酒の苦手な男性であっても手が出しやすいカクテルです。バーに行った際、まずはジントニックを注文すると、そのバーの良し悪しが分かると言います。カロリーが高いのが若干の難点ですが、心置きなくジントニックを注文して楽しみましょう。

度数を調整して美味しいジントニックを作ろう!

ジントニックは軽い飲み口で、グルメ志向な方だけでなく、初心者にもおすすめのカクテルです。より、グルメを目指すための秘訣を教えましょう。大切なのは、ベースとなるジンを良く冷やすということです。冷凍庫を利用してジンをキンキンに冷やすと、それだけで美味しいジントニックができます。もちろんトニックウォーターを冷やすのも忘れないようにしましょう。

ジントニック:度数の調整にチャレンジしよう!

ジントニックの度数はコントロールできます。ジン:1・トニックウォーター:4の割合で作ると、アルコール度数5%前後のジントニックが作れます。通常のジントニックを飲むのであれば、この割合で十分ですが、度数が高いジントニックが飲みたい場合は、ジンの比率を増やしましょう。

逆に、軽い飲みやすいカクテルにしたい場合は、ジンの比率を減らしていくと良いです。度数をコントロールして自分好みの味を見つけましょう。度数をしっかりとコントロールできれば、自宅でも美味しいジントニックを作れるようになります。

初めて入るバーではジントニックを頼もう

ジントニックは軽いカクテルでシンプルですが、その分奥が深いカクテルと言えます。特にバーテンダーの間では、「初めて入るお店ではジントニックを頼め」という風潮が存在します。舌の肥えたグルメな方もそう言う理由を知っているので、バーに入ったらジントニックを頼んでみると良いでしょう。ジントニックから始め、少しずつ、違うカクテルを注文すると楽しみが広がります。

グルメを目指すなら、ジントニックを頼もう!

カルテル初心者だけでなく、グルメを目指すのなら、ぜひジントニックを極めましょう。バーテンダーの多くはカクテルの基本であるジントニックを熱意を持って作ってくれます。

ジントニックは軽い飲みやすいカクテルですが、非常に奥が深いカクテルです。作り手の情熱により、味や香り、全体のバランスが変わってきます。グルメを目指すなら、ジントニックを極めていくと、舌のトレーニングにもなり、グルメのレベルをワンランクアップさせることができます。

まとめ:ジントニックを楽しむために

グルメな方だけでなく、初心者にも優しいカクテル。それがジントニックです。軽い飲み口は爽やかであり、日々の疲れを癒してくれます。自宅でも簡単に作れるカクテルなので、ぜひ自宅カクテルにも挑戦してみてください。もちろん、バーで注文するのもおすすめです。軽いですが、奥の深いジントニックを楽しんでいきましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ