海外へ投資するメリットは?おすすめの商品や基本的なやり方など紹介

高い金利や豊富な商品がある海外への投資は、今国内でも非常に人気があります。でも、国内と違うメリットは何があるのでしょうか。ということで今回は、海外へ投資するメリットやおすすめの商品、基本的なやり方などをまとめてみました。

海外へ投資するメリットは?おすすめの商品や基本的なやり方など紹介

目次

  1. 海外に投資したい
  2. 海外投資とは
  3. 海外投資の種類
  4. 海外投資の種類別の特徴など
  5. 海外投資のメリット
  6. 海外投資のデメリット
  7. おすすめの海外投資商品について
  8. やり方別の海外投資のおすすめの商品
  9. 海外投資の基本的なやり方
  10. 海外投資についてまとめ

海外に投資したい

高い金利や豊富な金融商品がある海外投資は、今国内でも非常に人気があります。しかし、海外の商品であるために、購入方法や得られるメリットなどの情報も当然ながら国内よりは少なく、なかなか購入できないと考える人も多いと思います。

では、そんな海外への投資にはどんなメリットがあるのでしょうか。また、投資をするとして、対象とするおすすめの商品にはどんなものがあるのでしょうか。基本的なやり方なども気になりますね。ということで今回は、海外へ投資するメリットやおすすめの商品、基本のやり方などをまとめました。

海外への転勤・赴任事情を徹底調査!給料や貯金、準備項目まで紹介 | MensModern[メンズモダン]

海外投資とは

ではまず、海外への投資とはどんなものなのかということについてご紹介していきたいと思います。海外投資を行うには、国内の金融機関から購入する場合と海外の金融機関から直接購入する場合の、2つがあります。

国内で海外投資商品を購入する場合、国内の銀行や証券会社などを通じて、海外の金融商品を購入します。最大のメリットは、海外投資が手軽に始められることです。

また、通常海外での投資で得た利益であっても、国内で確定申告が必要になりますが、国内の証券会社に特定の口座を開設することで、海外投資で得た利益が自動で源泉徴収され、確定申告が不要になるケースもあります。

もう1つの海外で海外投資商品を購入する場合は、海外の銀行や証券会社などを通じて、海外の金融商品を購入します。最大のメリットは、海外の金融商品を幅広く購入できることです。また、国内の金融機関を利用する場合に比べ手数料も安く、コストを抑えた形で購入することができるようです。

海外投資の種類

海外投資の種類として、たくさんの投資商品が存在しますが、ここでは「海外投資信託」、「海外積立投資」、「海外不動産」、「その他」の4つに分類してご紹介していきます。まず「海外投資信託」は、海外の複数の株式や債券などを組み込んだ金融商品です。

次の「海外積立投資」は、上記の海外投資信託の一種ですが、5年から30年などの長期の投資を前提として、毎月一定額を積み立てていき、満期が来たタイミングでお金を受け取る、という種類のものです。

最後の「海外不動産」こちらも、非常に日本の投資家から人気の商品で、新興国における高い人口増加率と物価上昇により高い収益が見込めます。その他には、個別の海外株式、海外債券、FX、などまだまだあります。

FXのリスクを回避する方法まとめ!失敗しやすい投資パターンは? | MensModern[メンズモダン]

海外投資の種類別の特徴など

上記の海外投資の種類別の特徴を挙げていくと、まず海外投資信託は複数の株式や債券を組み込んだ商品があり、商品数が多いのがメリットになります。次に海外積立投資は、長期の積立を前提として投資していく商品です。日本よりも高い利回りが多いのがメリットです。

海外不動産は、その名の通り海外の不動産を購入するものです。不動産ならではの節税効果や、長期での安定的な収入も期待できるようです。最後のその他の個別株や債券、FXなどは、短期的な収入の獲得を目指す場合などにおすすめで、投資経験が豊富な人向けとなります。

海外投資のメリット

海外投資における最も大きなメリットは、「国内への投資と比較して利回りが高い」であるかと思います。日本の金融商品と比較しても、高利回りの金融商品が多く存在します。特に、新興国などは経済成長が著しく、GDPの成長率とともに、利回りも高くなっていきます。

また、「金融商品が豊富」というメリットもあり、日本にはない、魅力的な金融商品が多数存在します。日本は金融商品に対する規制が厳しいため国内では購入できない様々な金融商品に投資ができることが、大きなメリットであるといえます。

その他、「税率が低い」「通貨分散ができる」というものもありますね。日本においては、投資収益に対して税率が約20%かかりますが、海外では、投資収益に対して税金がかからない、もしくは税率が低い国が多いです。また、外国の通貨を多く所持しておくことも、リスク分散というメリットを持っています。

マイニングとは?ビットコインクラウドマイニングの投資方法は儲かるか | MensModern[メンズモダン]

海外投資のデメリット

まず海外投資においては、海外の通貨を利用するために為替リスクが発生します。そういったところにリスクが発生してしまうのですが、日本円だけを保有しておくのは非常にリスクでもありますし為替益が発生することも当然ありますのでメリットであるとも言えます。

「カントリーリスク」というデメリットもあります。国の政治や経済情勢の変化などによって、投資の利益を損なってしまうリスクのことで、海外の国の株や債券を購入した後に、その国で戦争が起こったり、政治や経済的な問題が発生することで、株や債券価格が暴落してしまうことがあります。

更に「情報が少ない」のも国内と比較すると顕著です。海外の投資商品については、海外でしか購入できないものも多いため、商品に関する情報が少ないです。自身で商品のことや購入方法、税制についてある程度調べておく必要があります。

3000円投資生活の内容まとめ!初心者にこの書籍が人気・おすすめの理由 | MensModern[メンズモダン]

おすすめの海外投資商品について

投資において重要なのは、リスクとリターンのバランスを考え、自分が許容できるリスクのなかで、自分にとって最適な商品選択をすることです。投資をする方にも短い期間でやるのか、長期でやるのかというやり方の面が違ってくるかと思いますので、それぞれで最もおすすめな商品をご紹介します。

やり方別の海外投資のおすすめの商品

短期でまずは海外投資を始めてみたい方、この方は、「海外投資信託」をはじめてみましょう。株式や債券と違ってリスク分散がされており、多様な商品が存在するため、それぞれのリスクとリターンの取り方を状況に合わせて選択できます。

次に長期でしっかり資産運用をしていきたい方。この方は、「海外積立投資」や「海外不動産」がおすすめです。どちらも、中、もしくは長期での投資が前提となりますが、どちらも日本よりも利回りが高く、保険、年金代わりにもなるようなので、将来対策としては、かなりおすすめです。

海外投資の基本的なやり方

海外投資を始めるにあたって、最初のステップでは外貨両替と海外送金用の口座を開きます。 開設する目的は、投資する資金を「円から外国の通貨」に両替し、両替した通貨をその国の証券口座に送金することです。

次に、投資をする国の証券口座を開きます。例えばアメリカでは「Firstrade」や「SogoTrade」といったものがありますね。必要な口座を開設したら、続いて海外へ送金を行うステップに入ります。慌てて送金を行う必要はありませんが、初回送金時はいくつかの必要な手続きによって送金が完了するまでに2週間程度の時間を要する場合があります。

一度送金しておけば、それ以後は1日~1週間程度とより短い期間で送金が完了するようになるので、口座開設後早めに一度海外へ送金を行うことをおすすめします。 最後に海外送金用口座からアメリカの証券口座に送金して、完了です。

個人投資家で勝てない人は何故?職業として成功している人との違いとは | MensModern[メンズモダン]

海外投資についてまとめ

海外投資を行う際のメリットややり方別のおすすめ商品などをご紹介しました。国内と違い、海外の投資商品には、魅力的な商品が多数あり、うまく活用することができれば、資産を形成するとても有効な手段になります。

また、短期で海外投資をやってみたい方、長期的な投資を考えている方など、やり方によっておすすめできる商品も異なっていました。自分がどういった投資をしたいのか、ということを考えると、おのずとやり方や狙いをつける商品も定まってくるようですね。

皆さんももし海外投資のメリットややり方による商品の選び方などを知りたいときには、ぜひ本記事を参考にして海外投資について覚えていってみてください。ということで今回は、「海外投資のメリットやおすすめの商品」などについてまとめてみました。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ