ピアスの種類や名称まとめ!デザインの基礎知識やおすすめの場所は?

耳につけるだけで一気にコーディネートをおしゃれに演出してくれるピアス。ファッションピアスやボディピアスなど、つけられる部位もデザインも種類も様々です。今回は、ピアスの種類や名称、デザインの基礎知識やピアスにおすすめの場所について詳しくまとめてみました。

ピアスの種類や名称まとめ!デザインの基礎知識やおすすめの場所は?

目次

  1. ピアスの種類や名称を覚えたい!
  2. そもそもピアスとは?
  3. 2種類のピアスの違いを考える
  4. 流行に敏感なファッションピアス
  5. ファッションピアスの素材種類と名称基礎知識まとめ
  6. ファッションピアスのデザイン基礎知識まとめ
  7. ファッションピアスの開け方
  8. ファッションピアスの人気の種類が知りたい!
  9. 体に付けるボディピアスの種類とは
  10. ボディピアスの部位別名称基礎知識
  11. ボディピアスのデザイン基礎知識まとめ
  12. ボディピアスの開け方
  13. ピアスにおすすめの場所とは?
  14. ピアスを開ける前に思い出して!
  15. 種類や名称を理解してからピアスを開けよう!

ピアスの種類や名称を覚えたい!

小さいけれど、耳元で大きな存在感を出してくれるピアス。リーズナブルな金額で販売されているため、コーディネートに合わせておしゃれを楽しめるおすすめアイテムです。

ピアスは、大きく分けるとファッションピアスとボディピアスの2種類に分かれます。付ける部位やデザイン、種類によって名称が分かれるピアス。誰でも簡単におしゃれに開けられるピアスですが、体に穴を開けるものなので、リスクを伴うことも理解しなければならないピアスだからこそ、初めてピアスを開ける前には、きちんとピアスについての基礎知識を学んでおきたいですよね。

今回は、ピアスの種類や各名称、デザインについての基礎知識について詳しくご紹介していきます。ピアスを開けるのにおすすめの場所や、正しい開け方の基礎知識を覚えて、安全でおしゃれにピアスホールを開けてみましょう!

そもそもピアスとは?

ピアスとは、体の一部分に穴を開けて貫通させたあと、その場所に通して付ける装身具の総称といえます。『ピアス』というのは、日本特有の和製英語で、『穴を開ける』『突き刺す』などを意味しています。

イヤリングと比較して、種類やデザインが豊富であることや、コストの安さが魅力のピアスは、男性女性問わず、近年人気を集めています。

2種類のピアスの違いを考える

ピアスの種類①ファッションピアス

ファッションピアスは、主に耳にしか使用できないピアスです。ジュエリーショップはもちろんのこと、雑貨屋さんや服屋さんでもリーズナブルな値段で販売されているため、年代を問わず、コーディネートに合わせておしゃれを楽しむのに人気です。こちらのピアスは、長時間つけっぱなしにするように作られていないので、長期間の装着を控えるようにしましょう。

ピアスの種類②ボディピアス

ボディピアスは、ピアス専門店やネット販売で購入することができます。こちらのピアスは長時間つけたままにすることができ、種類やデザイン、形状も様々。穴を開けた位置に合わせてそれに適したボディピアスをつけるシステムです。ファッションピアスと異なり、全身のどこの部分でもつけることができ、口、眉毛、鼻、へそ、耳、性器などの皮膚の表面に装着します。

流行に敏感なファッションピアス

上品で大ぶりな種類のピアスが主流に!

コーディネートを華やかに演出してくれるファッションピアスは、流行に合わせて最新のコーディネートをつくれる優秀アイテムです。2017年今年の流行のおすすめピアスは大ぶりなピアスです。コーディネートのアクセントにぴったりな、ビックサイズや派手な装飾つきのピアスがおしゃれです。

上品なデザインが多い『べっ甲』や、耳元を華やかに演出してくれる『フェザー』や『ビーズ』、『天然石』などのシンプルかつマットや大人っぽいデザインのものが主流です。大ぶりに挑戦するのには勇気がいるという方にも、シックで上品なデザインのピアスなら挑戦しやすいですね。

ファッションピアスの素材種類と名称基礎知識まとめ

シルバーピアス

シルバーピアスは、シルバー『銀』素材から作られているピアスのことを指します。シルバーピアスは、デザインや種類が多く、男性からも女性からも人気があるピアスです。

同じ金属の種類のピアスでは、ゴールド『金』素材を使ったピアスもあります。パールやストーンとの組み合わせて上品でエレガントな印象のデザインのピアスが多いので、女性からの指示が厚いです。

ステンレスピアス

雑貨屋さんやジュエリーショップ、服屋さんなどで安価で販売されているピアスのほとんどが『ステンレスピアス』です。安いのにデザインも種類も豊富なのが人気の秘訣。学生さんでも買いやすい値段設定が嬉しいですね。

『サージカルステンレス』という名称でも知られる医療用のステンレスピアスは、金属アレルギーが出にくいとされており、セカンドピアスとしてもおすすめです。

ファッションピアスのデザイン基礎知識まとめ

ここからは、ファッションピアスのデザインの種類についての基礎知識をまとめていきます。人気の3種類のピアスデザインを画像付きでご紹介していきます。

ファッションピアスの種類①スタッドピアス

まず1種類目は、品数やデザインが豊富でもっとも人気の高い『スタッドピアス』です。耳に差し込むポストの部位と、留めるピアスキャッチは、アレルギーが起きにくいチタン素材でできています。

シンプルで小ぶりなデザインのスタッドピアスは、職場や学校など、ピアスを目立たせたくない時につけるのにも便利です。1000円前後の低価格でも沢山かわいくておしゃれな種類があるので買い集めやすく、若者でも洋服をコーディネートするように、毎日付替えを楽しむことができます。

小さくて軽いデザインのものが多いので、長時間ピアスをつけたい時におすすめです。ひとつのキャッチに2個刺して保管できるので、片方だけ失くすというトラブルもないので安心です。

ファッションピアスの種類②フックピアス

『アメリカンピアス』や『フックピアス』などの揺れるピアスは、男性からの支持も熱いです。デザイン性が高く、華やかで目立つ種類のデザインが多いフックピアスですが、つけると大人っぽく上品に見えるため、エレガントやフェミニンなコーディネートを好む女性達におすすめです。

キャッチ部分がないものもあるため、紛失には気をつけるようにしましょう。取り外しの際には、無理に引っ張るとピアスホールを傷つけてしまうため、鏡を確認しながら、ゆっくりと優しく取り外しを行うように気をつけてくださいね。

存在感の多いデザインなので、職場や学校につけていくのには不向きです。休日のおしゃれコーディネートを楽しむ時に活躍してくれる、ゴージャス感いっぱいのアイテムです。

ファッションピアスの種類③リングピアス

もっともつけ方が難しいと言われているのが『リングピアス』です。留め具を外した後ピアスホールをひっかけるように通して輪っかにします。リングピアスは、目鼻立ちがしっかりとしたはっきりしたお顔の方におすすめです。

大小様々な種類があるリングピアスは、夏のコーディネートのアクセントとしてもおすすめです。目立ちたいイベントの時などに使っていただくと、いつものコーディネートが華やぎます。

リングピアスは、コーディネート上級者が使えるおしゃれアイテムです。ピアス初心者は、リングピアスだけでなく、スタッドピアスも一緒に購入しておくとのがおすすめです。

ファッションピアスの開け方

ピアスを開けるための方法は2種類で、ピアッサーなどで自分で開けるもしくは、病院で開けてもらうという方法があります。病院で開ける場合には、皮膚科、耳鼻科、耳鼻咽喉科、美容外科にて対応してもらえます。自分でピアスを開ける場合には、きちんと消毒をすることを忘れずに。あくまで、ピアスは体に穴を開ける『医療行為』であるということを頭に入れて行いましょう。

ファーストピアスには、金属アレルギーが起こりにくいチタン製の種類のピアスがおすすめです。ピアスホールの完成までには約4~6週間前後かかることが多いです。穴が完全に乾くまでは毎日欠かさず消毒をするようにしましょう。ピアスを開ける前には、しっかりとピアスに関する基礎知識を勉強してから開ける様にすることで、後々のトラブルを回避することができます。

ピアスは、自分の体に傷を付ける行為です。当然、穴を開けるためには痛みも伴います。ピアッサーなどで誰でも簡単に開けることができるピアスですが、体に一生残る傷が出来るという点をわすれないことをきちんと理解して、しっかりとした覚悟を持って望むようにしましょう。一番安全なのは病院で開けることです。自信のない方は病院でお願いしましょう。

ファッションピアスの人気の種類が知りたい!

色々な種類があるファッションピアスですが、一番人気はやはり付け外ししやすい『スタッドピアス』です。この夏は派手色カラーの大きめストーンや、夏らしいターコイズも主流になってきています。

デニムなどでも、今年の人気は深い海のような色合いの『アビスカラー』が流行りです。流行のフリンジデザインも、思い切って綺麗色のブルーを取り入れてみると、顔周りに一気に今風のコーディネートを取り入れることができます。

体に付けるボディピアスの種類とは

ここからは、耳や軟骨、顔を始め、へそ、手、舌や性器など体の一部分に穴を開けてピアスを通す『ボディピアス』についての基礎知識をご説明していきます。

ボディピアスは、ファッションピアスに比べると大きな穴を開けることになり、個性やファッションを追求する人に好まれています。体中どこにでも開けることができますが、開ける場所によって細かく名称が分かれています。

ファッション性に優れているボディピアスですが、まだまだ世間の偏見という面では否めないため、開ける前には、リスクを良く考えた上で、ライフスタイルに支障がでないことを確認してから開けるようにすることが大切です。

ボディピアスの部位別名称基礎知識

ボディピアスは、主に耳の軟骨や舌、口、へそ、手、手首、脇、胸もと、首に開けられることが多いです。基本的には、一つではなく複数箇所開けるのが主流となっています。

ボディピアスには、細いものでは22ゲージから、大きいものでは直径2cm以上になる種類のものまでがあります。付替えをすることも可能ですが、基本的には長期間つけっぱなしにしておくピアスになります。

ボディピアスは、つける部位によって適したピアスが決まっており、ボディピアス愛好家は、穴の部位を『拡張』して様々な穴の大きさのバリエーションを楽しんでいます。

男のピアスの位置や個数には意味がある!大事なのはどっち? | MensModern[メンズモダン]

ボディピアスのデザイン基礎知識まとめ

ここからは、ボディピアスの主流の名称についてご紹介していきます。これからボディピアスを開けたいと考えている方は、自分のライフスタイルや好みに合わせてボディピアスの種類を選んでみてくださいね。

キャプティブビーズリング

『キャプティブビーズリング』は、2箇所にくぼみがついたボールをはめ込む種類のボディピアスです。デザインの種類やサイズ展開が幅広いところが人気で、定番アイテムとして購入する人が多いです。

自分の手で装着することも可能ですが、ゲージの大きさによってはプライヤーを使用してシャフト調節することが必要になります。

ストレートバーベル

両端についたボールがネジ式で簡単に装着できるのが『ストレートバーベル』です。『ヘリックス』や『コンク』などの部位に使うときにおすすめです。ボールの部位はパーツの交換が楽しめるため、モチーフタイプのものやジュエルデザインなど様々な種類のものと取り替えて自分だけのおしゃれを楽しむことができます。

シャフトのサイズ展開が豊富なため、色々な部位に装着でき、組み合わせのバリエーションが多いところが男女問わず人気を集めています。

バナナバーベル

『バナナバーベル』は両端のボール部分がネジになっているボディピアスです。へそやアイブロウ、口の中で使われることが多いです。

カーブしたシャフトが特徴のバーベル系のピアスです。ボール部分はパーツのみの交換が可能なため、モチーフタイプやジュエルタイプの種類のものと付け替えてバリエーションを増やすことができます。

スパイラルバーベル

『スパイラルバーベル』は、両サイドがネジになっているボディピアスです。シャフト部分のひねりにデザイン性があるためおしゃれです。

デザイン性に富んでいるため、耳のみならず口元などの目立つところにつけている人も多いです。ジュエルやモチーフなどの交換モチーフを利用して、ゴージャスでオリジナリティのあるつけ方で楽しまれています。

ボディピアスの開け方

ボディピアスを自分で開ける場合には、ピアッサーもしくはニードルを使用します。ピアッサーの方が簡単ですが、ニードルの方がホールの完成が早く、キレイに開けることができます。耳たぶに開ける場合は16ゲージ、軟骨に開ける場合は14ゲージのものを使用するのが基本です。

ファッションピアスと同様にボディピアスも消毒や開けたあとのケアがもっとも大切です。開けたあとは、ピアスを動かさないように洗剤や洗顔料でやさしく洗い、しっかりと消毒することを心がけましょう。

ボディピアスは、開ける穴の大きさや部位が特殊な分、セルフよりも病院で開けたほうがリスクが少ないです。ボディピアスに対応していない病院もあるので、事前にしっかり確認し、予約してからの受診がおすすめです。

ピアスホールのお掃除方法まとめ!汚れの正しいお手入れのやり方は? | MensModern[メンズモダン]

ピアスにおすすめの場所とは?

初めてのピアスにおすすめの場所はやはり『耳』です。耳たぶならピアッサー、軟骨ならばニードルを使うとスムーズに開けることができます。

次におすすめするのは女性に人気が高いへそピアスです。オシャレ度が高いへそピアスですが、ズボンやパンツなどの洋服と擦れやすい位置にあるためトラブルが起こりやすいのが難点です。女性の場合は妊娠した時のことも考えなくてはなりません。

妊娠した場合には、へそピアスは外すようにしましょう。どうしてもハズしたくない場合には、妊娠用のヘソピアスも販売されているため、そちらを使用する方が安心です。

ピアスを開ける前に思い出して!

安いピアスは、表面だけが金属でメッキされているだけの商品もあります。それらのピアスは、付けているうちにメッキが剥がれて金属アレルギーになることも。

金属アレルギーの方は、購入前にしっかりとピアスの種類や材質を確認するようにしましょう。医療用ステンレスや、サージカルステンレス、純チタンのものを選ぶのがおすすめです。

種類や名称を理解してからピアスを開けよう!

今回は、ピアスの基礎知識について、デザインの名称や種類、おすすめのつける場所などについて詳しくまとめてみました。毎日のコーディネートに合わせて気軽に付け替えができ、沢山種類を集めたい方にはファションピアス、自分のポリシーやファッション性を追求する方にはつけられる部位の種類が多いボディピアスがおすすめです。

誰でもセルフで開けることができるピアスですが、あくまでピアスを開けるのは体に穴を開ける『医療行為』であるという認識をしっかりともち、ピアスに関する基礎知識やリスクをしっかりと学び、納得した上で行うことが大切です。

せっかくピアスを開けるのに、トラブルや穴がふさがってしまったら残念な気持ちになりますね。心配な方は、医療機関での施術をおすすめします。安全にピアスを開けて、おしゃれの幅を広げてみましょう!

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ