岩盤浴の持ち物や服装を大調査!下着はどうする?これで初心者も安心

デトックスやダイエットなど様々な効果があるとして人気な岩盤浴。今回は、岩盤浴に必要な持ち物や服装、下着はどうすればいいのか?などをまとめて解説します。岩盤浴をより快適に楽しむために、持ち物や服装をしっかりチェックしておきましょう!

目次

  1. 岩盤浴って何?
  2. 岩盤浴の入り方
  3. 岩盤浴に行くときの服装は
  4. 岩盤浴に必要な持ち物
  5. 岩盤浴中はパンツをはく?
  6. 紙パンツを利用してもOK
  7. 天然の岩盤浴!?
  8. 天然岩盤浴に行くための服装
  9. 天然岩盤浴に行くための持ち物
  10. 岩盤浴の効果①ダイエット
  11. 岩盤浴の効果②冷え性・肩こりの改善
  12. 岩盤浴の効果③肌を美しく
  13. 岩盤浴の注意①水分補給
  14. 岩盤浴の注意②体調管理
  15. 服装と持ち物を揃えて、岩盤浴へ!

岩盤浴って何?

岩盤浴を理解して、服装・持ち物を考える

岩盤浴では、湿度が60~80パーセントに設定された蒸し暑い室内で、40℃ほどに温められた岩盤の上にタオルを敷いて横になって、岩盤が放射する遠赤外線によって体を内側から温めます。

サウナでかく汗は汗腺から出る汗なのでベタベタしていますが、岩盤浴でかく汗は皮脂腺から出る汗なのでサラサラしていて、すっきりと気持ちよく汗をかくことが出来ます。また、サウナとは違って岩盤浴では、内臓や筋肉から温めて汗をかくことが出来るので、デトックスなどの健康・美容効果が期待できます。

今回は、様々な嬉しい健康効果・美容効果を持つ岩盤浴について、どんな服装で行けばいいのか、どんな持ち物が必要なのかを、解説していきます。また、岩盤浴初心者が必ず疑問に思う「下着ははいたままで良いの?」という点についても解説します。まずは、服装や持ち物の解説に入る前に、基本的な岩盤浴の入り方の流れを理解しておきましょう。

岩盤浴デートに挑戦!カップルで行く時の注意点やポイントは?個室もあるの? | MensModern[メンズモダン]

岩盤浴の入り方

服装・持ち物の前に

岩盤浴に入る前に、作務衣と呼ばれる室内着に着替えます。室内着は施設で貸し出しているものを着ることが多いですが、一応行く前に施設の使い方の案内をチェックしておきましょう。着替えたら岩盤浴場へ向かいます。その際の持ち物は、岩盤に敷くためのバスタオルと、枕にしたり汗を拭いたりするためのフェイスタオル、水分補給のための水です。水は持ち込みNGの施設もあるので、規定に従いましょう。

おすすめの岩盤浴方法は、①うつぶせの状態で5分~10分寝ます。②仰向けに体勢を変えて10分ほど寝ます。③外に出て5分ほど休憩します。この流れで1セットです。段々と汗の量が増え、3セット目あたりにはかなり汗をかいてきます。休憩をきちんと取って、水分補給も忘れないようにして下さい。

岩盤浴では、うつぶせの体勢からスタートすることによって、内臓に熱が伝わりやすくなり、効率的に体を温めることができます。また、コロコロと体勢を変えるより、5分~10分というまとまった時間の間、うつぶせならうつぶせ、仰向けなら仰向けと一つの体勢を続ける方が効果的に体が温まります。岩盤浴では、いかに体を温めるかということが大切です。

岩盤浴に行くときの服装は

服装は基本的に自由

岩盤浴に行くときの服装は、基本的に自由です。実際に岩盤浴を行う時には、専用の室内着に着替えるため、行き帰りの服装は岩盤浴にあまり影響がありません。そのため、特に服装を固く考える必要はありません。あえて言うなら、着替えがしやすくて、リラックスできる服装が良いかもしれません。

服装ポイント①着替えやすい服装

岩盤浴では必ず室内着に「着替える」という場面がありますので、着替えに時間がかかる服装よりも、サッと脱ぎ着できる服装の方が楽で良いでしょう。

服装ポイント②リラックスできる服装

岩盤浴で大量に汗をかいた後は、心地よい疲労感とリラックスした気持ちになるでしょう。休憩室などで、ついつい時間を忘れてゆっくりしてしまう人も多いはずです。そのため、岩盤浴に行くときの服装は、帰りに着替えても気の張らない服装が良いかもしれません。

特に暑い夏は、体を締め付けない涼しくラクな服装で行った方が、帰りも快適な気持ちで帰宅できそうです。

岩盤浴に必要な持ち物

レンタルがあるので持ち物は基本ナシ!

岩盤浴の施設では、岩盤浴中に着る室内着や、岩盤の上に敷くバスタオル、汗を拭くためのフェイスタオルなどをレンタルしているところが多いので、基本的に持ち物は無く、手ぶらで行ってOKです。女性の場合は、普段使っているメイク直しやスキンケアのグッズが必要なら、持ち物に加えましょう。

持ち物の判断は、施設の下調べで

岩盤浴の施設によっては、タオルのレンタルが無かったり有料だったりする場合があります。実際に必要な持ち物を判断するためには、利用する岩盤浴の施設のアメニティを、事前に調べておく必要があります。不足なく持ち物を揃えて、快適に岩盤浴を楽しめるようにしましょう。

施設を下調べすると、飲み物の持ち込みが禁止となっている場合があります。その場合は、施設内では持参したドリンクを飲むことは出来ませんが、それでも一応持ち物に飲み物を入れておくことをおすすめします。岩盤浴の前や、岩盤浴が終わって帰るときの水分補給も大切なので、そのための備えの持ち物です。

あると便利な持ち物

岩盤浴に絶対に必要な持ち物というわけではないですが、あると便利な持ち物は小銭入れです。岩盤浴の施設内に休憩所やマッサージ、エステなどがあるレジャー施設の場合、岩盤浴だけでなく他のエリアも館内着で回ることがあるでしょう。

小銭や貴重品を入れられるミニロッカーが用意されている岩盤浴施設もあり、小銭入れを持っておくと何かと身軽に持ち物を管理出来て便利です。小銭入れのほかにも、ミニバッグやポーチの類を持ち物に入れておいても良いでしょう。

岩盤浴中はパンツをはく?

岩盤浴ではパンツなしでOK

岩盤浴をする時にパンツははいたままでいいの?それとも脱ぐの?という点は、初めての方なら誰でも思う疑問でしょう。岩盤浴中は、専用の室内着の下は下着も脱いだ状態でOKです。かなり大量に汗をかくことが予想されるので、下着を脱いでおいた方が快適に岩盤浴を楽しめるでしょう。

はくなら、持ち物に替えのパンツを

もし、男女混浴だったり周りの目が気になったりして、下着をはいたまま岩盤浴をしたいという人は、はいたままでも大丈夫です。その場合は、汗で濡れてしまうので、必ず持ち物に替えの下着を追加しましょう。同じパンツをはいて帰るのが無理なほど、岩盤浴は汗を大量にかきます!

施設によっては、下着着用NGと規定されている場合があります。その時は、規定に従って下着は脱いだ状態で室内着に着替えましょう。施設の規定を守って利用するのがマナーです。

紙パンツを利用してもOK

岩盤浴の持ち物に紙パンツ

下着を全くつけないのは抵抗があるけど、普通のパンツをはいたまま汗をかくのも気持ち悪い…という人は、使い捨ての紙パンツを利用するというのも一つの手です。エステなどでも使われるもので、トランクスタイプの紙パンツがありますので、必要な人は用意しましょう。

紙パンツで岩盤浴を利用した場合も、汗でびっしょり濡れるはずですので、帰りは変えのパンツが必要になります。忘れずに持ち物をチェックしましょうね。ちなみに、紙パンツや使い捨てパンツは、100円ショップで買うことが出来ます。

天然の岩盤浴!?

岩盤浴はもともと天然のもの

岩盤浴と聞くと、スパやエステの一環だったり、綺麗な施設の中で行うイメージを持つ人がほとんどでしょう。しかし、そもそもの岩盤浴の発祥は、秋田県にある玉川温泉で「地熱で温められた天然の岩の上で横になって、体を温める」という温泉の一種なんです。玉川温泉は、日本に唯一存在する天然の岩盤浴です。

岩盤浴の発祥、玉川温泉

せっかく天然の岩盤浴ができる場所があるなら、ぜひ行ってみたい!と思いますよね。秋田県にある玉川温泉は、糖尿病やガンなどの病気にも効果を期待される有名な湯治スポットで、簡単に予約が取れないこともあるため、実際にはなかなか行くのが大変な場所です。

玉川温泉には、温泉の湯の花が石化した「北投石」という貴重な鉱石があり、天然のラジウム(微量な放射線)を発しています。この北投石は特別天然記念物に指定されているもので、秋田県に行かなければ触れることが出来ないものです。

天然岩盤浴に行くための服装

天然岩盤浴は服装が大切

施設での岩盤浴とは異なり、玉川温泉の天然岩盤浴を利用する際には、岩盤浴中の服装も自分で用意したものを着ることになります。推奨されている服装は、スエットやトレーナーなどの動きやすい服装です。利用する時間帯によっては、朝晩の冷え込みが予想されるため、ジャンパーなど上に羽織れるものを用意しておきましょう。

服装は靴のことも忘れず

また、服装の中でも足元は履きやすいスニーカーやサンダルが良いでしょう。歩きやすく、脱いだり履いたりするのが楽なものにしましょう。服装を考える時に靴のことまで意識が回らないこともあるかもしれませんが、きちんと靴も含めて服装を考えておきましょう。

天然岩盤浴に行くための持ち物

必要な持ち物は全て自分で

玉川温泉の天然岩盤浴では、タオルなどのレンタルもありませんので、必要な持ち物は全て自分で用意しなくてはなりません。まず、施設の岩盤浴では岩盤の上にバスタオルを敷いていますが、天然の岩盤浴ではイグサでできたゴザがおすすめです。体が冷えないように、寝転がった上からかけるタオルケットや毛布を持ち物に加えておくと良いでしょう。

天然の岩盤浴でも、やはり沢山汗をかきますので、着替え用の洋服や下着も必要な持ち物です。また、水分補給のための水も自分で用意して持ち物に入れましょう。施設を利用した岩盤浴に比べて、かなり持ち物が多くなりますので、リュックサックなど持ちやすいバッグを利用して、荷物をまとめると良いでしょう。

岩盤浴の効果①ダイエット

岩盤浴に適した服装や、必要な持ち物について解説してきました。ここで、そもそも岩盤浴にはどのような効果があるのか?なぜこんなにも岩盤浴に人気があるのかを見ていきましょう。まず、岩盤浴の効果としてよく知られているのが「ダイエット効果」です。

岩盤浴には、大量に汗をかくことによって体内の老廃物や毒素を排出し、デトックスをするという作用があります。デトックスをすると、新陳代謝が良くなるので消費カロリーがアップし、痩せやすい体を作ることが出来ます。ダイエットに嬉しい体質改善が出来るわけです。

また、岩盤浴はデトックスによる代謝アップだけでなく、内臓や筋肉など内部から体を温めることによっても、代謝を上げることが出来ます。そういった意味でも、ダイエットのために岩盤浴はおすすめなのです。

岩盤浴の効果②冷え性・肩こりの改善

岩盤浴は、遠赤外線の効果によって体を内臓や筋肉から温めるため、冷え性の改善に効果的です。また、体が温まって巡りが良くなるので、肩こりなど血行不良が原因の不調も改善できます。体が冷えていたり巡りが悪い状態は、今は特に病気をしていなくても、とても病気にかかりやすい体の状態です。

「冷えは万病のもと」とよく言いますし、天然の岩盤浴が有名な湯治場となっていることからも、体を温めるということがいかに健康のために良いかということが感じられますね。

岩盤浴の効果③肌を美しく

岩盤浴によるデトックス効果は、綺麗な肌を作ることにもつながります。体内の老廃物や毒素を排出することが出来るので、内側から肌が綺麗になるのです。また、岩盤浴でかく汗は、皮脂腺から出る新鮮な皮脂を含んでいて、お肌の保湿に効果的なため「天然のクリーム」とも言われるほどです。

岩盤浴の注意①水分補給

持ち物には水分を

様々な嬉しい効果を持つ岩盤浴ですが、行う際には注意すべき点がいくつかあります。まず大切なのは、十分に水分補給をすることです。岩盤浴では、かなり大量の汗をかきます。そのため、水分をきちんと補給していないと脱水症状を引き起こす危険性があります。岩盤浴を始める前にはしっかりと水分を摂り、途中の休憩のタイミングや、岩盤浴を終えた後も、十分に水分を補給しましょう。

人間の体は、喉が渇いたと自覚している時には、体内は既に水分不足の状態になっていますので、喉の渇きを感じる前に意識的に水分を摂る必要があります。岩盤浴中の水分は、持ち込みNGとなっている施設もありますので、その場合は備え付けのウォーターサーバーを利用したり、施設内で買うなどしましょう。

自前のドリンクの持ち込みが出来ない岩盤浴施設に行く場合でも、岩盤浴の前や、終わった後の帰りのために、持ち物の中にドリンクを持っておくことをおすすめします。

岩盤浴の注意②体調管理

岩盤浴の際には、自分の体調の変化に十分気を付けましょう。蒸し暑い室内でたくさん汗をかく岩盤浴は、思っている以上に体に負担をかけています。少しでも気分が悪くなったり、何かおかしいなと感じた場合には、すぐに岩盤浴を中断して、水分を摂って休憩しましょう。

もちろん、体調が万全ではない日は、岩盤浴に行くのはやめましょう。せっかく健康や美容のために岩盤浴に行くのに、そのせいで体調を悪くしてしまっては元も子もありません。

服装と持ち物を揃えて、岩盤浴へ!

施設の岩盤浴に行く場合と、天然の岩盤浴に行く場合それぞれの、服装や持ち物について解説してきました。岩盤浴の正しい入り方や、岩盤浴の効果効能、注意点も分かりましたね。

施設を利用すれば、岩盤浴は気軽な服装で特別な持ち物もなく出来るので、意外とハードルの低い健康法です。また、岩盤浴をする時に下着はどうするのか?という定番の疑問についても、解決できたのではないでしょうか。

秋田県にある唯一の天然岩盤浴である玉川温泉を利用する場合には、用意する服装も持ち物も少し大変そうですね。しかし、その分すごい効果が期待できそうです。どちらにしろ、体を内側から温める岩盤浴はとても健康に良い入浴法の一つです。この記事で岩盤浴に興味を持った方は、ぜひトライしてみて下さいね!

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ