クロスバイクのカスタムまとめ!初心者向けのおすすめ改造・パーツは?

近年人気がある自転車といえばクロスバイクです。乗りやすく様々な場面で活躍してくれますがカスタムの幅が広いという1面もあります。ただ初心者にとってカスタムは難しいものに感じますが簡単なカスタムもあります。ここではクロスバイクのカスタムについて紹介します。

目次

  1. クロスバイクはカスタムする事で快適性が変わる
  2. カスタムをする前にメンテナンスをおぼえる
  3. 初心者におすすめのクロスバイクカスタム①パイプカット
  4. 初心者におすすめのクロスバイクカスタム②グリップ
  5. クロスバイクカスタムのおすすめパーツ・グリップ編
  6. 初心者におすすめのクロスバイクカスタム③サドル
  7. クロスバイクカスタムのおすすめパーツ・サドル編
  8. 初心者におすすめのクロスバイクカスタム④ペダル
  9. クロスバイクカスタムのおすすめパーツ・ペダル編
  10. 初心者におすすめのクロスバイクカスタム⑤ホイール
  11. クロスバイクカスタムのおすすめパーツ・ホイール編
  12. 初心者におすすめのクロスバイクカスタム⑥タイヤ
  13. クロスバイクカスタムのおすすめパーツ・タイヤ編
  14. 難易度は高いがおすすめのドロップハンドル化
  15. 初心者がカスタムする際の注意点
  16. クロスバイクのカスタムのまとめ

クロスバイクはカスタムする事で快適性が変わる

スポーツバイクの中でも乗りやすさから通勤通学用として人気があるのがクロスバイクです。人気カテゴリーという事もあり様々なメーカーで製造され、最近では安価なモデルが増えてきているのもクロスバイクの特徴です。ただクロスバイクは長く乗り続けていくと色々と改造をしていきたくなる自転車でもあります。

ある程度知識があり扱いにも慣れている人であれば改造するポイントや最適なパーツなどを理解しているのかもしれませんが、クロスバイク初心者にとってはどこをどうすると快適になるのかわからないものでしょう。そこでここでは初心者におすすめの改造とパーツについて紹介していきます。

自転車のクロスバイクとは?初心者に人気の安い・おすすめメーカー紹介 | MensModern[メンズモダン]

カスタムをする前にメンテナンスをおぼえる

まずクロスバイクをカスタムする前に構造を理解する為にもメンテナンスをしてみましょう。クロスバイクのカスタムを行ってもメンテナンスをしなくては快適性は維持できません。またパーツの状態を確認する為にもメンテナンスをおぼえておく必要があります。

初心者が取り組んでほしいクロスバイクのメンテナンスのポイントは洗車と空気圧、注油です。まず洗車ですがクロスバイクは屋外で使うものなので、雨風や泥の影響を受け錆びていく可能性があります。そこで定期的に洗車をする事で錆びるのを抑えるのです。ただ車と違い水を直接かけながらの洗車はできません。

クロスバイクの洗車は専用洗剤を使って行って下さい。次にタイヤの空気圧ですが適切な空気圧でなければパンクしやすくなります。空気圧を計るには空気入れにゲージが付いたものを選べばわかりやすいです。価格は少し高めになりますがメンテナンスには必要な用具になります。

最後はクロスバイクのメンテナンスで注意しなければいけない注油です。ギアなどの金属パーツは注油しなくては磨耗などにより劣化が進みます。その磨耗を抑える為に注油しますが、注油箇所に気をつけていかないとブレーキが効かなくなるという状況にもなります。

クロスバイクのライトでおすすめは?最強に明るい人気製品の選び方 | MensModern[メンズモダン]

初心者におすすめのクロスバイクカスタム①パイプカット

それではここからは初心者におすすめのクロスバイクカスタムを紹介していきます。まず1つ目はハンドルのパイプカットです。クロスバイクのハンドルは真っ直ぐなフラットハンドルが装着されていますが、グリップ部分が長いとサイクリングなど距離が長めの走行をする場合では肩や腕が疲れやすくなります。

そこでハンドルのサイズを自分に合う長さにする為にパイプカットをするのです。ただパイプカットに必要なパイプカッターは専用工具として高価なイメージがありますが、もし少しでも費用を抑えたいのなら100均でもパイプカッターを扱う店舗があります。ただあくまで100均品質という面もあるので工具はできるだけしっかりしたものが良いでしょう。

クロスバイクのハンドルを改造!ブルホーンなど種類や交換方法は? | MensModern[メンズモダン]

初心者におすすめのクロスバイクカスタム②グリップ

2つ目のクロスバイクカスタムはグリップ交換です。クロスバイクに標準装備されているグリップでは手が大きい人では細すぎる場合があります。グリップを握るのに余分な力が入ると疲れやすくなるので自分に合ったグリップに交換するのが良いです。古いグリップ外して新しいグリップを取り付けているだけなので簡単なカスタムといえます。

古いグリップを外す場合はカッターで切ってしまうのが楽ですが、もし外したグリップを他に使う予定があるならそのまま抜く必要があります。構造上はそのまま抜けるのですが、グリップの口から食器用洗剤を潤滑剤にすると抜けやすくなります。グリップを変えるだけで快適性は格段に向上します。

クロスバイクのグリップはバーテープがおすすめ?交換・カスタム方法を解説 | MensModern[メンズモダン]

クロスバイクカスタムのおすすめパーツ・グリップ編

おすすめパーツ・グリップ編①エルゴン GP1

それではグリップ交換におすすめのパーツを紹介します。1つ目はエルゴンのGP1です。GP1はコンフォートと呼ばれるグリップで幅が広くなる分楽に握る事ができます。また幅があるので手を乗せているだけでも良いので手が疲れやすいと感じている人はGP1がおすすめです。

おすすめパーツ・グリップ編②BBB BBE-07

おすすめグリップの2つ目はBBBのBBE-07です。BBE-07はクロスバイクのハンドルに取り付けるグリップでロードバイクの様にグリップポジションを増やす為に使われます。グリップポジションが1箇所のクロスバイクで長距離走行するとどうしても腕が疲れます。そこでポジションを増やす事で疲れにくくしてくれるのです。

クロスバイクは通勤に最適?おすすめな理由や選び方など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

初心者におすすめのクロスバイクカスタム③サドル

続いて3つ目のクロスバイクカスタムはサドルです。通勤や通学では通常のサドルでもお尻が痛くならずに済みますがサイクリングの場合はそうはいきません。そこでサドルを交換して痛くなりにくくさせるのです。またサドルは様々なデザインがあるので自分好みにカスタムできるパーツの1つとなっています。

カスタムの順番としてはクロスバイクのグリップを交換してからか、またはグリップと一緒に交換する事になるでしょう。そこでグリップの色と合わせてみたりするのも楽しみといえます。またどうしてもお尻が痛くなるのであればシティバンクの様なバネ付きのサドルを選ぶという手もあります。

クロスバイクにヘルメットは必要?おしゃれなおすすめや正しい付け方を解説 | MensModern[メンズモダン]

クロスバイクカスタムのおすすめパーツ・サドル編

おすすめパーツ・サドル編①VELO PLUSH

それではサドルのおすすめパーツを紹介します。1つ目はVELO・PLUSHシリーズです。黒を下地にワンポイントとして黄色を配色しているVL3147は特におすすめで、30km程度の走行であればほとんどお尻が痛くなる事はありません。街乗りとサイクリングでクロスバイクを使う人にぴったりなサドルです。

おすすめパーツ・サドル編②セラSMP TRK

2つ目はセラSMPのTRKです。TRKはサイクリングでの使用を考えたサドルで様々なグレードがラインナップされています。街乗りであればエントリーモデルで十分な性能です。エントリーモデルでは黒と白のカラーバリエーションですが、上位グレードでは赤や青などがラインナップされているモデルもあります。

クロスバイクのサドルでおすすめは?お尻が痛くない高さや角度も解説 | MensModern[メンズモダン]

初心者におすすめのクロスバイクカスタム④ペダル

初心者におすすめのクロスバイクカスタム4つ目ははペダルです。ペダルを交換する効果は長距離サイクリングや坂道を登るときにはっきりとあらわれます。ただ街乗りだからといってペダル交換に意味がないわけではありません。ペダル交換は見た目が格好良くなったりものによっては踏み込みやすさが変わります。

クロスバイクに搭載されているペダルは一般的にフラットペダルですが、靴とペダルを固定するビンディングタイプもあります。通常街乗りでは使われないペダルなのですが、ペダルから足が離れないのでサイクリングではなかなか快適です。もしビンディングペダルを探すなら片面がフラットペダルになった製品があります。

クロスバイク用スタンドのおすすめは?必要性や人気ランキングを紹介 | MensModern[メンズモダン]

クロスバイクカスタムのおすすめパーツ・ペダル編

おすすめパーツ・ペダル編①MKS ハーフクリップスチール

おすすめペダルの1つ目はMKS・ハーフクリップスチールです。ハーフクリップスチールは交換ではなく既存のペダルに取り付ける改造となります。前述の通りにペダルに足が固定されると楽にこげますが、ビンディングだと咄嗟の行動には向きません。そこでハーフクリップスチールを取り付けて靴が動かない様にします。

おすすめパーツ・ペダル編②シマノ PD-MX80

2つ目のペダルはシマノのPD-MX80です。PD-MX80は見た目が格好良いペダルですが頑丈さを追求して造られた製品です。また表面には靴が滑る事を抑えるピンが付いているのが特徴で、踏み込みもしっかりとできます。街乗りだけではなく近場のサイクリングであれば十分な性能といえます。

クロスバイクに乗る時の服装は?夏・冬のメンズおしゃれコーデを紹介 | MensModern[メンズモダン]

初心者におすすめのクロスバイクカスタム⑤ホイール

5つ目のおすすめカスタムはホイールです。ホイールの改造となると本格的なカスタムの様に感じますが、ある程度の知識と専用工具さえあれば比較的簡単に交換できます。ホイールの改造は効果が実感できるカスタムの1つなのである程度メンテナンスなどを行ってクロスバイクの扱いに慣れてきたらぜひチャレンジして下さい。

ただホイールの寿命は約30,000kmとされています。正直交換となると寿命まで乗ってしまいたいと考えてしまいますが、月の走行距離が100kmとすると25年後になってしまいます。つまりホイール改造は交換しようと決心して行う必要があるわけです。

クロスバイクの主要メーカー一覧!初心者におすすめの人気ブランドや選び方 | MensModern[メンズモダン]

クロスバイクカスタムのおすすめパーツ・ホイール編

おすすめパーツ・ホイール編①シマノ WH-RS010

ホイールのおすすめパーツはシマノのWH-RS010です。WH-RS010はシマノが製造するホイールの中でエントリーモデルとなりますが、交換した時の乗り心地の変化はしっかりと感じられます。クロスバイクのパーツの中でもホイールは高価になればなるほど走行性が変わるといわれますが、街乗りであればWH-RS010でも十分な性能です。

おすすめパーツ・ホイール編②フルクラム RACING3

おすすめホイール2つ目はフルクラム・RACING3です。RACING3はコスパに優れたホイールとして人気があります。特にRACING3の重量は約1,500gとクロスバイクでの完成車と比較するとかなり軽量となります。ホイールの重量は走行性に大きく関わっていく要素なので価格に対して軽量なホイールであるRACING3はおすすめなのです。

クロスバイクに泥除けは必要?おすすめランキングや付け方を紹介 | MensModern[メンズモダン]

初心者におすすめのクロスバイクカスタム⑥タイヤ

最後のおすすめカスタムはタイヤです。ホイールを改造したら一緒に交換してしまいたいのがタイヤです。タイヤはホイールと同じく走行性の変化がはっきり感じられるパーツです。またタイヤには幅があるので用途に合わせてタイヤ幅を選ぶ必要もあります。

クロスバイクの一般的なタイヤ幅は28cか32cとされています。タイヤ幅は数字が大きくなると太くなり小さくなると細くなります。またタイヤ幅が太くなると安定性が向上し細くなるとスピードをだしやすくなります。街乗り目的でクロスバイクに乗るのであれば28cが良いでしょう。

クロスバイクの適正な空気圧はどのくらい?調べ方や見方・目安を解説 | MensModern[メンズモダン]

クロスバイクカスタムのおすすめパーツ・タイヤ編

おすすめパーツ・タイヤ編①パナレーサー F732-GK

おすすめタイヤの1つ目はパナレーサー・F732-GKSです。F732-GKSは舗装路だけではなく砂利道などのオフロード走行も考えられたブロックタイヤになっています。舗装路での走行性はスリックタイヤと比べて劣りますが様々な用途に対応できるタイヤなのでおすすめです。

おすすめパーツ・タイヤ編②シュワルベ マラソン

2つ目のおすすめタイヤはシュワルベのマラソンです。マラソンは耐パンクタイヤとして人気があり、表面には排水用の溝が掘られています。溝はありますがスリックタイヤと比較しても走行性が大きく変わる事はありません。ただ耐パンクタイヤは重くなるので長距離走行には不向きといえます。

クロスバイク用タイヤのおすすめ特集!太さ・大きさなど初心者の選び方は? | MensModern[メンズモダン]

難易度は高いがおすすめのドロップハンドル化

初心者におすすめのクロスバイク改造を紹介しましたが、長くクロスバイクを乗り続けている人の中にはクロスバイクのフラットハンドルをドロップハンドルに交換しています。ドロップハンドルに交換するにはブレーキやブレーキレバーの交換も必要なのでなかなか初心者には難しいです。

ただクロスバイクのハンドルをドロップハンドルに交換するのにはメリットがあります。1つは持ち手のポジションが増える事で2つ目はより前傾姿勢になってこぐ力が強くなる点です。もし交換するのに自信がないのならショップにお願いするのが良いでしょう。

クロスバイクをドロップハンドル化はアリ?交換費用・予算や改造事例まとめ | MensModern[メンズモダン]

初心者がカスタムする際の注意点

クロスバイクについてしっかりと理解する前に手をつけてはいけない箇所があります。それはブレーキまわりとギア関係です。特にこの2箇所はワイヤーを通していますが、無理して改造しようとするとブレーキの効きやギアの変速に影響してしまいます。最終的にはショップに持ち込む事になってしまいます。

クロスバイクの主要メーカー一覧!初心者におすすめの人気ブランドや選び方 | MensModern[メンズモダン]

クロスバイクのカスタムのまとめ

クロスバイクのカスタムについて紹介してきましたが、初心者でもできるカスタムは色々とあります。ただクロスバイクを理解する為に段階をふんでメンテナンスからはじめる事は大事です。またクロスバイクに愛着を持ち長く乗り続ける為にもメンテナンスとカスタムは必要です。

パーツ交換によるクロスバイクのカスタムは乗り心地や走行性を変えてくれます。せっかく購入したクロスバイクなのでサイクリングだけではなく街乗りでも快適に走らせましょう。それではクロスバイクのカスタムに興味がある人はここで紹介した情報を参考にしてみて下さい。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ