シーリングライトのおすすめ集!人気機種やメーカーごとの特徴を徹底比較

部屋を明るく照らしてくれるシーリングライト。蛍光灯よりも明るく、調光機能などもあるものなど種類は豊富。しかしどのライトおすすめで、どんな機能があればいいのかわからない人も多いだろう。そこで今回は、シーリングライトのおすすめを紹介していこう。

シーリングライトのおすすめ集!人気機種やメーカーごとの特徴を徹底比較

目次

  1. そもそもシーリングライトって何?
  2. おすすめのシーリングライト!そのメリットは?
  3. シーリングライトがおすすめできない理由!デメリットも抑えておこう
  4. シーリングライトを選ぶ際のおすすめのポイント
  5. これだけは押さえておきたいおすすめの機能
  6. 10段階の調色機能が魅力!
  7. 調光だけでなく11段階の調色機能もあっておすすめ
  8. コンパクトながらも全面発光で明るさ抜群!
  9. 人感センサーを搭載!電球色にも対応!
  10. リモコン操作で簡単調光!色が自然に見える工夫も!
  11. 白木で和室に合うテイストがおすすめ!
  12. エコナビ搭載で明るさ自動調節
  13. 真下だけでなく天井や壁の周囲も明るく照らす!
  14. コンパクトサイズながらも明るさの馬力がすごい!
  15. シーリングライトを使いこなして快適な部屋を演出しよう

そもそもシーリングライトって何?

以前は部屋を明るく照らすといえば、蛍光灯の照明を使用することがメインであったが、今ではだんだんとLED照明器具が進化し、またコストも下がっているので、とても人気の高い照明がそろって普及を始めている。そんな中で、ひときわ人気が高く、明るさも明るいと評判のシーリングライト。今ではリビング用に自然で優しい明るさを提供してくれたりと、個性を出して進化を続けている。

寝室や、子供の部屋、みんなが集まるリビングなどでそれぞれの雰囲気を変えるためにも役だつシーリングライト。できればその部屋にあったベストなものを選びたいもの。しかし、今ではシーリングライトと一言で言っても沢山の種類があり、その機能も大変豊富。各メーカーからは、人気の機種や評判の機種も沢山登場しており、同メーカーの中でも、機能の違いなど、その比較は難しい。

利用シーンに合わせて、必要な機能や、部屋の雰囲気に合わせたシーリングライト選びをするためにも、まずはシーリングライトのメリットやデメリット、それから各メーカーの機能の比較などを行い、この記事ではおすすめのシーリングライトを紹介していこう。ケーカー^の比較や、機能の比較をおこなうので、今後のシーリングライト選びに活かすことができるだろう。

おすすめのシーリングライト!そのメリットは?

【シーリングライトのおすすめメリット①】寿命が長い

それでは、人気メーカーが展開する機種のシーリングライトを紹介する前に機能面の紹介やシーリングライトがもつメリットやデメリットを紹介していこうと思う。まずはメリットからだ。これまで、蛍光灯で照らしてきたお部屋の照明を、わざわざシーリングライトに変えることの理由は何かといわれると、このメリットが大きなポイントになってくるだろう。紹介をしていこう。

まず、一つ目の大きなメリットとしては寿命が長いことだ。シーリングライトの寿命は1日10時間ずつ、合計で40000時間もの長時間をたらしだすことができるようになっている。年数にして約8年から10年ほど持つのだ。蛍光灯であれば、定期的に電気が切れることもあり、蛍光灯の交換が必要であった。また、そうこうしているうちに、ライト本体も交換が必要になってくるだろう。

しかし、このシーリングライトであれば、この交換は、一度取り付けた後はしばらくやってこない。蛍光灯の様に内部のライトを交換する手間もなく、また、めったなことではLEDライト部分が壊れることも、表面のライトカバーが痛むこともほぼないので、交換する手間がかからないのだ。

これまで、蛍光灯の交換が背の低い人や高齢者にはしんどいものであったが、そんな心配や手間がかからなくなったのは大きなポイントだ。シーリングライトに交換するというメリットはこんなところがある。

【シーリングライトのおすすめメリット②】電気代が安い

次にやはり気になる電気代についてだ。実はシーリングライトは、蛍光灯と比較すると消費電力が少なくなる。そのため、約半分から3分の1程度の電気代に安くなるといわれているのだ。電気代の節約という意味では大きなメリットになるだろう。特にLED照明の場合、多くの機種が80~100ルーメンの間のエネルギー消費効率になる。

従来品は40ルーメン程度のもので、当時の数値と比較すると倍以上の違いがあるということがわかる。この違いが電気代が安いといわれる理由なのだ。しかしながら、近年の証明は、蛍光灯タイプでも90ルーメンのものもあり、一概にLED照明が全て良いというわけでもない。そのため、利用する際には、この明るさと電気代の兼ね合いを見ながら選ぶことが必要になってくるだろう。

【シーリングライトのおすすめメリット③】明るさ・色を調整できる

次に大きなメリットとしては、シーリングライトには明るさや色を調節できる調光機能や調色機能があることだ。LEDの種類にもよるが、ほとんどのシーリングライトにこの機能が搭載されており、シーンごとの雰囲気に応じて、使い分けることができるようになっているのだ。光源としては、ベーシックタイプは蛍光灯であり、電球色、昼光色、昼白色の3種類から成る。

しかし、近年ではLEDライトのシーリングライトも増えており、長寿命に加えて七色に変色できる変わった趣向の機種も各メーカーから登場している。大きさや仕様も様々で、中には小さな部屋用の小型機種などもあり、光源はledライト>蛍光灯>白熱灯となっている。このメーカー毎の人気機種に搭載されているこの機能は、大きな注目ポイントだろう。

【シーリングライトのおすすめメリット④】部屋が広く感じる

最後に大きなメリットとして紹介するのが、この部屋が広く感じるというポイントだ。シーリングライトは、天井面い直接取り付けるタイプの証明になる。メーカーごとの機種によって大きさは異なるとはいえ、従来品と比較すると天井面に張り付けるので、天井との空間が広がるメリットが大きいといえるだろう。

この部屋の広さを実現できる点だけでも、大きなメリットを持っているといえるだろう。特に、現在では、洋室和室問わず、天井空間をシーリングライトで広く見せることは、各メーカーの機種ごとによってさらに違いも出ている。より広く、なおかつ雰囲気をさらによくできるベストな形や大きさのものもあると思うので、機種ごとの実際に部屋につけたときの雰囲気なども比較しながら選んでみてほしい。

シーリングライトがおすすめできない理由!デメリットも抑えておこう

【シーリングライトのデメリット①】コストが高い

そんなシーリングライトであるが、けっしてデメリットがないわけではない。メーカーによては、そのデメリットがより気になる機種も存在するので、主なデメリットも知っておこう。これも踏まえたうえで、シーリングライト選びをしてほしいとも感じる。では、まず紹介するデメリットとして、コストが高いことだ。

先ほども言ったように、蛍光灯と比較すると長い目で見た時にはシーリングライトの方がコストは安くつくので経済的な効果は高い。しかし、ここでいうコストとは初期コストのこと。シーリングライトは近年、メーカーもいろいろな機種をだあしているので、コストが安くなりつつある。しかし、やはり初期購入のコストは高い値段だ。

これまで、蛍光灯でどの部屋も蛍光灯を利用していたからと、すべてを一度にシーリングライトに交換するともなるとかなりの高額になるだろう。すべての部屋を調光や調色機能搭載の機能満載のものにするとなおさらだ。このコストは、蛍光灯お安さと比較すると気にならない人は少ないだろう。

【シーリングライトのデメリット②】デザインが同じものが多い

次にデザインの問題だ。どのメーカーも、近年ではいろいろな種類のシーリングライトが出ていいるとはいえ、デザインまでは奇抜なものは少ない。天井に固定して使うことは同じなので、どこか同じようなデザインになりがちなのは、どの製品も同じことだ。

最近ではデザイン性が豊かなものも取り揃えられてるメーカーもあるが、そんな機種はやhりコストが高くつくケースも多い。また、やはりデザイン性を望んだり、部屋のインテリアとして高機能なものをと考えているのであれば、ペンダントライトなどの方がデザイン性は高い傾向にある。コストの面と同時に、部屋に飾るものとしてのデザイン性を重視するのであれば、少し考えて選んだほうがいいだろう。

【シーリングライトのデメリット③】交換が不便

次に交換の問題だ。先ほどメリットでもふれたように、交換自体は多くはない。蛍光灯に比べて寿命もすごく長いので、シーリングライト自体の交換も外のカバーも交換の周期は大変長い。しかし、交換の手間だけを比較すると、寿命が来た時の交換時や、機種によっては、LEDランプと一体化しているものもあるので、交換が少し不便になるという点はどうしても避けられない。

さらに、交換時の手間だけでなく、もし交換となると費用がかさむこともシーリングライトのデメリットだ。そもそも交換が少ないのはメリットだが、いざ交換となると気になる点はあるとだけは理解しておこう。蛍光灯とシーリングライトを比較すると、短期的に見ると蛍光灯の方がリーズナブルだし、取り換えも楽。

長期的に見れば、少し高めのコストにはなるがシーリングライトの方が寿命が10年と長く、寿命もおのずと少なくなるので、長期的に見たときのメリットは大きい。それぞれの長所と短所を活かして、無理にすべての部屋を一度にシーリングライトに交換や、そもそもシーリングライトにする必要があるかなども考えて、シーリングライト選びをしていこう。

シーリングライトを選ぶ際のおすすめのポイント

【シーリングライトの選ぶ際のポイント①】部屋の広さと明るさで選ぶ

それでは、シーリングライトの選ぶときのポイントも抑えておこう。まずは、部屋の広さと明るさで選ぶというところだ。部屋の広さに対して必要となる明るさの指標があるのだが、この明るさがルーメンという単語で表される。ルーメンとは、シーリングライトの全体の明るさのことで、器具光束という。数値が大きくなるほど明るくなるというわけだ。

シーリングライトの従来の照明器具との違いは光源だけでなく、シーリングライトの種類によっては明かりにおいて単純な照明のオンオフだけではないというところもある。しかし、リモコン操作によって明るさが調節でき、何段階かに分けられた明るさにより、時間帯毎に見合う光度を調節出来るので、この点も強みといえるだろう。

【シーリングライトの選ぶ際のポイント②】シーリングライトの機能で選ぶ

先ほどから言っているように、シーリングライトには調光などの機能があるので、それらの機能についても紹介していこう。この機能で選ぶポイントも変わってくる。機能の例としては、まずは調光機能だ。これは光の明るさを段階的に調節するもので、例えば屋への明るさがまだ電気をこうこうとつけるまでもない昼間の時間であったりするときに、でも少し明るくしたいときなどに使用できる機能だ。

明るさが欲しいといっても、いつも全開のこうこうとした明るさだけが欲しいとは限らない。逆に少し暗めの明るさが欲しいときだってあるだろう。そんなときにこの調光機能が役に立つ。次に調色機能だ。光の色を寒色から暖色まで自由に調節できる機能のことだ。暖かい色は特に料理をおいしく見せる効果もあったりなど、色に応じて目に与える効果は違う。

この効果を使って、食事時やみんなでくつろぐときなどシーンにお応じて色を使い分ければ、落ち着きある雰囲気の部屋を演出することができるというわけだ。そして、調光・調色両方を備えた機種もあるので、このきのうが必要かどうかは部屋によっても異なるので、必要な機能をポイントにして選ぶといいだろう。

また、この機能の調節に関して一つ押さえておきたいことがある。それが、段階調節と無段階調節の方法だ。機種によっては、段階的に調光調色できたり、無段階でできるものがある。無段階は、本当に好きなところで調節できるが、段階調節はあるポイントまで下げたりすることはできてもその間で止めることはできない。無段階の方がで人気もあるが、細かな調節が必要ないという部屋には必要ないだろう。

【シーリングライトの選ぶ際のポイント③】照明デザインで選ぶ

次に照明のデザインにも注目して選んでいこう。シーリングライトと聞いても、蛍光灯などと変わらずどれも円盤型をイメージしている人は多いのではないだろうか。実はサイズからデザインまで豊富で大きく分けると4種類のタイプ位分けることができるので、紹介しよう。まずは、スタンダードタイプだ。これが最もポピュラーな形だ。

和室によくなじむような作りになっている。デザイン性については前述した通り、最近ではシーリングライトとといえどもおしゃれな人気のデザインがたくさん展開されている。機種によっては、カバーにデザインを施したものや、カバーを木目調にしたものなど、それだけでも見映えが違ってくる。また、和風や洋風でも違いがあるので、デザインにもこだわることは十分可能だ。

【シーリングライトの選ぶ際のポイント④】自動調光・自動調色機能の有無

次に気にしておきたい機能としては、自動調光・調色機能だ。自動調光とは、朝や夕方は弱い光で照明し、昼の明るい時は消灯して夜の暗い時は100%の明るさで点灯するなど、自動で明るさを調節してくれるというもの。ただし、メーカーによって調光の調節など違ってくる。自動で調節してくれたほうがいいと感じている人にはおすすめの機能だ。

次に自動調色だが、こちらはも一部の機種に搭載されている自動で調色してくれる機能で、朝は文字の読みやすい全灯で昼は普段の光、夜は暖かい光と自動で調光する機能してくれるものになる。

【シーリングライトの選ぶ際のポイント⑤】照明制御機能

次に照明制御機能というものにも注目していこう。こちらは照明機器には明るさを感じるセンサーが付き、自動で調光をしてくれるというものだ。なので、自動で消費電力の節約を行ってくれる効果も合わせもつシステムになるのだ。

【シーリングライトの選ぶ際のポイント⑥】平均演色評価数

シーリングライト選びにおいては平均演色評価数にも注目してほしい。平均演色評価数とは、光をあてたものが自然な色で見えるかというもので、この値が高ければ自然な色に近いことになる。自然光が当たった時と同じように見えると、目にも優しく疲れにくいという効果を持つ。

これだけは押さえておきたいおすすめの機能

【おすすめの機能①】段階調光・調色機能

それでは、シーリングライト選びにおいて、これだけは押さえておきたい機能についておすすめを紹介しておこう。まずは、段階調光と・調色機能だ。シーリングライトにせっかく交換するのであれば、この機能は付けておきたい。中には調色機能は必要なのかと思う人もいるかもしれないが、リモコン一つで操作できるこの機能は何かと便利だ。

【おすすめの機能②】人感センサー

次に人感センサー。部屋に入ると暗ければ電気をつけるが、必ずしもその通り道にスイッチがあるとは限らないだろう。人感センサーがあると、暗い部屋に入った時に電気が自動でつくようになる。最近では安価なシーリングライトでもセンサー付きのものもあるので、これを機会にその機能搭載型を選ぶといいだろう。

タイマー機能

次にタイマー機能だ。寝室などにおすすめで、設定しておくと徐々に暗くなり時間になれば消灯する機能になる。、就寝前にちょっとつけておき、寝る前に消すのが面倒という場合に重宝するだろう。徐々にというのがうれしいポイントで、いきなり消えるとそれが原因で目覚めてしまうこともあるだろう。この機能であればそんな可能性も少ない。

10段階の調色機能が魅力!

アイリスオーヤマ ECOHiLUX CL6D-5.0/CL8D-5.0

それでは、おすすめの人気シーリングライトを紹介していこう。まずはこちらの人気シーリングライトだ。アイリスオーヤマからの製品で、シンプルで薄いデザインンながらも、調光10段階による4000ルーメンの明るさで、常夜灯は切り替えが2段階となり、メモリー機能によって明るさを記憶することもでき、おやすみタイマーもつている。

調光だけでなく11段階の調色機能もあっておすすめ

アイリスオーヤマ ECOHiLUX CL8DL-5.0/CL12DL-5.0

次に人気製品が、同じくアイリスオーヤマのシーリングライトだ。こちらは、先述したシリーズと比較すると、こちらは調光だけでなく11段階の調色も行えるLEDシーリングライトで、調色の機能以外はあまり違いはない。しかし、色味に変化を付けることができるのは非常に評価が高い製品になる。

コンパクトながらも全面発光で明るさ抜群!

アイリスオーヤマ ECOHiLUX SCL4N-E/SCL7N-E

次に紹介するのが、コンパクトで昼白色のLED小型シーリングライト。こちらは、全面発光なので、天井まで照らすことが出来、2捨てぷで取り付けも簡単に行える。電球色の商品も販売されているので、蛍光灯の色の方がいいという方にもおすすめだ。コスパ最高との呼び声も高い。

人感センサーを搭載!電球色にも対応!

アイリスオーヤマ ECOHiLUX SCL7NMS-E

次に紹介するのが、先述した製品シリーズに人感センサーを踏査視したモデルのシーリングライトだ。昼白色である所などは違いが無いようだが、人感センサーでしっかりと操作なくついてくれ、そのセンサーの反応もすごくいいと評判の声も多数上がっている。

リモコン操作で簡単調光!色が自然に見える工夫も!

パナソニック HH-CB0611A/HH-CB0811A

こちらは、パナソニックの調光と調色の機能を搭載したLEDシーリングライトだ。調光や調色はリモコンで調節することができ、光源寿命は約40,000時間と長くなっていて、平均演色評価数Ra83で色が自然に見えることにも優れているシーリングライトとなっている。光の強さや色の加減が気になる人には、この一台は大変人気が高い。

白木で和室に合うテイストがおすすめ!

パナソニック HH-CB0850A

和室にあるテイストのものを探しているのならばこちらもおすすめ。白木によって和室に合うLEDシーリングライトとなっており、調光や調色など行える所や平均演色評価数Ra83であることなどは、先述したシーリングライトと同じような性能となっている。作りもよく、何より和室に生えるという点が人気の理由。

エコナビ搭載で明るさ自動調節

パナソニック HH-CB0860A/HH-CB1260A

エコナビがついているこちらのシーリングライトは、明るさを自動でコントロールしてくれる。そのため、昼の明るい時は電気を消し、朝や夕方はうす明りで照らして夜の暗い時は明るく点灯してくれる。また、おまかせモード搭載で、朝は文字くっきりの全灯で昼は普段の明り、夜は暖かい色と自動で切り替えることもでき、大変便利だ。

真下だけでなく天井や壁の周囲も明るく照らす!

パナソニック AIR PANEL LED HH-CB0880A/HH-CB1280A

こちらもパナソニック製品だが、これまでに紹介した製品とは違って、直下に光を照らすだけでなくパネル光によって天井や壁なども光を照らす構造になっているのが特徴のシーリングライトだ。調光や調色などはもちろん行え、おまかせモードなども搭載している。

コンパクトサイズながらも明るさの馬力がすごい!

NEC LIFELED'S HLDZB0869

NECのこのシーリングライトは、カバーの中心から外周まで光が行きとどくようにしている構造をしているのが特徴だ。これにより、天井や部屋全体に光をあて、多段調光機能によって100%から10%の明るさまで10%刻みで調節を可能としている。もちろん、リモコン付きで、他の製品にはないほどの明るさを提供してくれる。

シーリングライトを使いこなして快適な部屋を演出しよう

シーリングライトにも沢山種類があり、どれを使っていいのか迷う人も多いことだろう。さらに、デザインはあまり種類がなくて、いまいち蛍光灯から蹴る必要もないと感じている人も多い。しかし、シーリングライトならではのメリットや、機能の豊富さを知れば、必ず今の部屋をよりよく照らしてくれるはず。一度機能を確かめて選んでみてはどうだろうか。

デスクライトおすすめ人気ランキングベスト10!LEDの人気機種など | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ