高校生になったし、そろそろバイトを始めてみようと思う人はたくさんいます。しかし、高校生は勉強に部活に時間が無くて大忙し、みんなはどうやってバイトしているの?シフトの時間の組み方は?高校生が働く上で気をつけなければいけないことは?様々な疑問に答えていきます!

高校生の初バイトの平均時間は?シフトの組み方はどうすればいい?

目次

  1. 高校生がバイトを始める為に
  2. 高校生がバイトする際の労働基準
  3. 年少者の労働基準法第62条・第63条
  4. 高校生は1日8時間、週40時間以内
  5. 高校生の初バイトの労働スタイル
  6. 高校生のひと月のバイト代平均は?
  7. 高校生は労働時間を延ばせないのか?
  8. 高校生のバイトに親の許可は必要?
  9. 高校生のバイトに学校の許可は必要?
  10. 高校生は深夜のバイトはできる?
  11. 18歳になった高校生の深夜バイトは?
  12. 18歳でも深夜バイトができない場合も
  13. 高校生不可のバイト
  14. 高校生の早朝バイトは?
  15. 高校生のバイトまとめ

高校生がバイトを始める為に

春から高校生!そろそろバイトをしてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。交友費や趣味、進学のための資金を貯める為など、すぐにでも働きたいはずです。しかし高校生は未成年。実は働くには色々な条件があるって知ってましたか?バイト経験者の声や法律を交えてバイトを始める時の注意点やアドバイスを紹介していきます!

高校生の髪型!メンズのかっこいい&モテるおすすめヘアカタログ | MensModern[メンズモダン]

高校生がバイトする際の労働基準

高校生は条件が合えばバイトをすることができますが、まだ成人労働者ではありません。よって危険の予想される仕事や深夜帯の労働は高校生の心身の健康を害する可能性があるため、禁止されているのです。労働基準法では20歳未満の働き方について、どのように法律を定めているのでしょうか?

法律上では満20歳未満の者を「未成年者」、満18歳未満の者を「年少者」、満16歳未満の者を「児童」としています。よって高校生は16~18歳なので「年少者」になります。成人している労働者に比べて法律は厳しくなっており、雇用側が間違えれば思い刑罰が下されます。また法律では年少者が禁じられている業務を労働基準法第62条・第63条で定められています。

男子高校生の部屋をおしゃれに!参考になるレイアウトをご紹介! | MensModern[メンズモダン]

年少者の労働基準法第62条・第63条

①運転中の機械若しくは動力伝導装置の危険な部分の掃除、注油、検査若しくは修繕をさせ、運転中の機械若しくは動力伝導装置にベルト若しくはロープの取付け若しくは取りはずしをさせ、動力によるクレーンの運転をさせる業務

②毒劇薬、毒劇物その他有害な原料若しくは材料又は爆発性、発火性若しくは引火性の原料若しくは材料を取り扱う業務、著しくじんあい若しくは粉末を飛散し、若しくは有害ガス若しくは有害放射線を発散する場所又は高温若しくは高圧の場所における業務その他安全、衛生又は福祉に有害な場所における業務

③重量物を取り扱う業務。これは引越や運送業に当てはまります。年少者が断続作業時に取り扱いできる重量の限度が決まっており、男性は30㎏、女性は25㎏までと定められているので要注意です。その他にも④年少者労働基準規則第8条の業務(詳しくは省略)⑤坑内の業務(坑内労働禁止のため定められた)などがあります。

変わったバイトでお金が稼げる!募集中のユニーク&おもしろお仕事 | MensModern[メンズモダン]

高校生は1日8時間、週40時間以内

働ける時間には制限がある

さらに法定労働時間は年少者の場合1日8時間までの労働・一週間の労働が40時間以内、深夜(午後10~翌5時)の労働は禁止となっています。基本的には一般の労働者のシフトと変わりませんが、高校生の場合は残業は禁止・そして深夜の労働も厳しく禁止されています。ちなみに1日8時間の時間の中には実労働ではない朝礼や着替えも含まれます。

就活とバイトを両立するメリット・デメリット!忙しい時期のシフト管理は? | MensModern[メンズモダン]

高校生の初バイトの労働スタイル

勤務日数の平均は週に2~4日

実際にバイトを始めた高校生たちが実際に週に働いたシフトを見ていくと、週2~4日という人がほとんどでした。平日学校が終わってから2日、休みの日に1日働いて週3日のシフトといった感じでしょう。しかし部活もしている人は平日に勉強も部活もしてそれからバイトは大変なので、休日だけにバイトを入れている人も多いようです。

また試験や部活の試合でシフトを変更する場合もあるでしょう。その場合はけしてギリギリにシフト変更の連絡をいれないようにしましょう。シフトは基本的にあなたがいることでギリギリ人員が足りるように作られています。もし急にあなたが抜けてしまえば他のスタッフや先輩がフォローしたり迷惑がかかってしまいます。必ずシフト変更は早めに相談しておきましょう。

勤務時間は1日平均3~5時間

初めてバイトをした高校生の平均勤務時間、第1位は4時間です。平日でも休日でも働きやすい長さの時間です。第2位は5時間で、週末や長期の休みに働いている人、第3位の3時間は平日の放課後にバイトをしている人です。

平日にバイトを希望している場合はあまり長い時間バイトをすると翌日疲れが残り、授業にも集中できず、生活が乱れてしまいます。また部活をしている場合はどうしても休日にバイトを入れてしまいますが、そうなると友達と休日に遊ぶ予定が立てられなかったという意見もあります。学業を第一に考えながら、自分なりに無理のないシフトを考えましょう。

高校生向け電子辞書の人気比較!カシオとシャープはどちらがおすすめ? | MensModern[メンズモダン]

高校生のひと月のバイト代平均は?

週3日4時間の勤務の場合

男性の平均額は4万5,292円、女性の平均額は4万3,080円、全体平均額が4万4,188円となっています。週3日で4時間勤務、時給が850円から950円ぐらいのケースです。1ヵ月のお小遣い代としては十分な金額ですが、何か欲しいものがあったりしてもっと頑張りたいという場合でもバイトの時間を増やしすぎて自分の生活の支障がでたりしないか注意しましょう。

高校生カップルが結婚する確率は?恋愛結婚してる人はどのくらいいるの? | MensModern[メンズモダン]

高校生は労働時間を延ばせないのか?

基本的には時間を延ばすことは不可能

高校生は基本的に法廷労働時間を超えて働くことはできません。しかし週40時間働けるとして平日に学校が終わってから働けるのは最大でも6時間程度。なんとか少しでも働く時間を増やしたい場合には実は特例としてある条件を満たすことで働ける場合があります。

1日10時間まで働けるようにできる

その条件とは①1週間の労働時間が40時間を超えない事②一週間のうち1日の休日、さらにもう1日の労働時間を4時間以内にすること(その場合0時間でも可)です。例えば月曜5時間、火曜5時間、水曜日休み、木曜日4時間、金曜日6時間、土曜日10時間、日曜日10時間としましょう。これで5+5+4+6+10+10=40となり40時間を超えていません。

年少者は1日8時間までとされていますが、10時間なら法定労働時間内となるため残業代が発生しないので働くことが可能です。また、10時間の日は2日以上あっても大丈夫であり、特別な届け出も必要ありません。ただし雇用側が労働者に10時間働いてほしい場合は遅くとも週の始めに労働時間について計画を作成して労働者に通知し、週の途中で計画を変更する場合は計画を作成しなおすなどの対応が必要となっています。

1週間の労働時間を48時間まで延ばす

変形労働時間制というものがあります。これは法律の労働時間規制を1週間や1日という単位ではなく、週あたりの平均労働時間によって考える制度のことで、1日の労働時間が8時間を超えないという条件を満たせば月~土まで全て8時間働き日曜日に休みというシフトも可能になります。

また変形期間中1週間の平均労働時間が40時間を超えないことを条件にした場合は1週目と2週目が1日7時間勤務、週休2日。3週目が月~水が1日7時間勤務2日休んで土~翌週水曜日まで8時間勤務、木曜日休みで金~翌週月火を7時間働いたとします。30日間合計で166時間働いていますが、1週間の平均労働時間は38.73時間で平均40時間を超えていません。

現役男子高校生のダイエット方法!短期集中で10キロ痩せる! | MensModern[メンズモダン]

高校生のバイトに親の許可は必要?

高校生は未成年ですので、法律では自分だけでバイトを契約することはできません。かならず親の許可が必要です。雇用契約書には両親に記入してもらうための欄があり署名押印をしてもらう必要があります。ばれないからとこっそり友達などに署名してもらってハンコを押しても、後日バイト先から家に確認の電話が入り結局両親にばれてしまうということもあります。必ずバイトの許可をとりましょう。

高校生の初キス・ファーストキスのエピソード集!イマドキの恋愛事情まとめ | MensModern[メンズモダン]

高校生のバイトに学校の許可は必要?

高校生がバイトするうえで学校の許可は労働基準法では必要としていません。ただし学校によっては校則でアルバイトを禁じている場合もあります。自分の学校の校則を見返してアルバイトが禁止されていないか確認してからバイトに応募するようにしましょう。

中学生・高校生のお小遣い相場はいくら?過去の平均額はどれぐらい? | MensModern[メンズモダン]

高校生は深夜のバイトはできる?

バイトを探す時、できるだけ高い時給で働きたいと思いますよね。求人誌を見ていても日中働くよりも同じ時間で深夜に働いた方が時給もいいですし、勉強や予備校などに通っていると忙しくて夜しか働けないという人も多いでしょう。しかし18歳未満の年少者が深夜に働くことは労働基準法第61条に書かれている通り法律で禁止されています。深夜とは午前10時~午前5時までの時間を指します。

労働基準法第61条には「ただし、交替制によって使用する満16歳以上の男性については、この限りでない」とも書かれていますが、交替制で仕事をしている=高校にはいかず、就職して働いている人のことを指しているので高校生はこの規定に含まれていませんので注意が必要です。

居酒屋などの夜に繁盛しているお店や、コンビニなどの夜中に人手が足りなくなりがちな店では高校生だと知ったうえで深夜勤をお願いしてくる場合もあります。人から感謝されますし、深夜バイトは時給が25%以上割り増しになることもあってYesと言ってしまいそうになりますよね。

しかし18歳未満の高校生を働かせていたことがばれると雇った側に6ヵ月以下の懲役、または30万円以下の罰金という厳しい罰則が与えられます。なので店側から提案されてもはっきりと断るようにしましょう。また、年齢をごまかして働こうとしてもバイトの面接では年齢を証明できる学生証や住民票の提示をするよう求められるので、嘘はつけません。

男子高校生向け1週間のお弁当レシピ集!人気おかずや詰め方アイデア | MensModern[メンズモダン]

18歳になった高校生の深夜バイトは?

18歳未満は深夜は働けない、では誕生日を迎えて18歳になった高校生は深夜バイトはできるのでしょうか。じつは法律上年齢が18歳になれば高校生でも深夜にバイトすることができます。18歳になったらすぐに深夜バイトを始めたいなと思った高校生も多いと思いますが、応募する前に一度しっかりと深夜働くということについて考えてみましょう。

朝早くから登校して授業を受け、部活や予備校を終えて深夜働くと早くても帰ってくるのは夜中の1時。それから寝て朝早く起きてまた学校…なんていうハードスケジュールをこなしていたら、いくら体力に自信があっても授業に集中できなくなりますし、大学受験などを控えている場合は大きな支障になります。もし年齢をクリアしても余裕をもてるシフトを考えなければなりません。

18歳未満の高校生が深夜働く場合、保護者の承諾がないと働かせることができないというお店もありますし、学校でもバイト自体はOKでも深夜に働くことを禁止している場合もあります。なんらかの事情があって深夜に働かなければならないこともあるかもしれませんが、必ず保護者の許可を得なければならないことを覚えておきましょう。

大学生バイトのおすすめ20選!楽が出来て稼げる職種とは? | MensModern[メンズモダン]

18歳でも深夜バイトができない場合も

両親にも許可をもらって、学校も深夜バイトをOKしていたとしても深夜バイトができない場合があります。それは法律上の条件を全てパスしていても、「18歳であっても高校生の深夜バイトは不可」という企業もたくさんあるからです。

居酒屋・ファストフード・ファミレス・コンビニなどは深夜バイトを募集していることが多いですが、高校生がOKかどうか確認するようにしましょう。また自治体によって高校生の深夜バイトを禁止しているところもありますので注意してください。

スタバのバイト面接に受かるには?服装や質問内容を攻略しよう | MensModern[メンズモダン]

高校生不可のバイト

深夜でなくても、バイト誌を見ていると「高校生不可」となっている場合があります。法律上18歳未満が働いても問題ない仕事の場合高校に通っていない15~17歳であれば問題はありませんが、採用するかどうかは店に任されています。店側が年少者を採用しないと決めていれば採用はされません。高校生はどうしても日中は授業があり夕方以降でなければ働けないのでそれをネックとしている企業は多いようです。

それでもどうしてもやりたいバイトがある場合は店に相談してみましょう。また高校の卒業式を終えたとしても、その年の3月31日までは高校生という扱いのままです。高校生を不可としている場合は4月を迎えるまで働けない場合がほとんどですが、卒業しているならばOKというところもありますので確認してみましょう。

高校生あるあるネタまとめ!思わず笑ってしまう面白エピソード集! | MensModern[メンズモダン]

高校生の早朝バイトは?

18歳未満の高校生が午後10時~午前5時の間の深夜の時間に働くことは禁止されています。しかし、朝5時から授業が始まる時間までのいわゆる早朝バイトは実は法律上禁止されていません。しかも早朝バイトは深夜と同じく時給が高めに設定されていることが多くなっています。

つい好条件に飛びついてしまいそうになりますが、結局朝早く起きなければならないですし、睡眠時間を削られることになるのは目に見えています。授業中に眠くなってしまって気づいたら放課後、なんてことにならないように、勉強に支障ないように働くようにしましょう。

高校生の平均睡眠時間は?勉強の効率が上がるには何時間が理想的? | MensModern[メンズモダン]

高校生のバイトまとめ

高校生活という大切な時間とバイトの両立を

バイトをすることによって得られるのはお金だけではありません。社会でお金をもらって働くということの意味を理解し、新しい環境で学校とは違った友達もできます。もちろんお小遣いも増えて友達と遊びに行く楽しみもぐっと増えるでしょう。しかしあくまで高校生の本業は学業です。バイトをがんばりすぎて授業をおろそかにすることは絶対にしてはいけません。

またバイトに時間を費やすということは自由にできる時間が減るということでもあります。バイトを始めるのは大学生になってからでも良いですし、そのほうが業種も増えて色んなバイトに応募することができます。もしお金にさほど困っていないのであれば、高校でしかできない貴重な勉強や体験がたくさんあります。高校生活ならではの日々を邪魔しない、余裕のあるバイトを探しましょう!


評価 4.5/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ