クロスバイク用の鍵でおすすめは?かけ方や最強ロックの選び方を徹底解説

クロスバイクが流行している近年、防犯意識も高めて安全性の高い鍵を使用することは必要。しかし、数ある鍵の中でもどれが安全で、しっかりとロックをかけることができるのかわかりにくい。そこで今回は、クロスバイクにおすすめの鍵をかけ方を含めて紹介していこう。

目次

  1. クロスバイクの鍵の選び方は?
  2. クロスバイクにはどんなタイプの鍵がおすすめなの?
  3. クロスバイクの鍵のかけ方!短時間でも鍵はかけるべし!
  4. 盗難防止にこれ以上の強いものはない!地球ロックというかけ方
  5. クロスバイクの鍵をかけるときはとにかく太くて強い錠をを使用する!
  6. 鍵のかけ方のポイント!フレームと後輪はセットでかける
  7. 大切なクロスバイクだからこそ!最低でもダブルロックを
  8. ロックは高い位置でかけるとクロスバイクをより安全に
  9. クロスバイクの鍵のかけ方は駐輪場所から選ぶことから始まる
  10. 鍵のかけ方だけじゃない!ライトやサドルバッグは駐輪時に外す
  11. クロスバイクは可能であれば室内保管を!
  12. 施錠後にもう一度確認!クロスバイクの鍵のかけ方最終チェック
  13. コンパクトで最強のU字ロック!
  14. 絶対に愛車を守る!最強チェーンロック
  15. 工具でも切れない安心の鎖!最強ワイヤーロック
  16. 信頼性の高い鍵を見つけて愛車を守ろう!

クロスバイクの鍵の選び方は?

【クロスバイクにおすすめの鍵の選び方①】強度重視ならU字ロックがおすすめ!

クロスバイクに乗っている人ならば、自分の愛車を守りたいと考えていろいろと防犯に努めていることだろう。しかしいくら 自分では気を付けていたとしても、クロスバイクから離れているタイミング、クロスバイクをどこかへ鍵をかけておいておく時は、どうしても目の届かないところに置くことになるので、盗難の可能性は0にするのは難しい。

特に、大事にしている愛車であれば、鍵を厳重にかけたり、鍵選びにも慎重になるというものだ。しかし、近年では鍵も進化しているが、盗難の手口も進化しており、何とかして鍵をつけることで盗難からクロスバイクを守りたいと考えてはいても、どの鍵を選んでおけば安心なのかはわかりにくい。最強と書かれてあっても実際に使用してみないとわからないもの。

そこで今回は、クロスバイクにおすすめの鍵を紹介していこう。また、その鍵の選び方も紹介していく。さらに、いくら最強の守りを誇る鍵を選んだところで、実際に賭けなかったりかけ方を知らなかったりでは、安心感は激減する。そこで、鍵のおす住めのかけ方も焦点を当てて紹介していこう。これさえ知れば、明日からの愛車の守りはより堅牢なものになるだろう。

それでは、まずは鍵の選び方から紹介していこう。鍵の選び方のポイントとして、まず最初に抑えておきたいおのが、強度を求めるのならば、U字型のロックがおすすめという点だ。U字ロックは、数ある鍵の中でも最も強度のある鍵になる。もちろん、自動車のジャッキで破壊したり、金ノコでも時間をかければ切断は可能だが、壊される可能性は非常に低い。

もしもこれだけで不安であれば、他の鍵とオン組み合わせ技としてU字ロックでフレームとボディをロックして、後述のチェーンロックで地球ロックをする方法が一般的で安心度が高い。しかし、注意も必要で、このU字ロックを選ぶ際には地球ロックをすることを考えるのなら場、サイズに注意しよう。また、バイクを傷つけにくいものを選ぶことも忘れずに。

U字ロックは固く曲がらないために持ち運びは大変。また、地球ロックも最もしにくい鍵の種類となる。かといって、落ち運びを重視したU字ロックの選び方をしてしまうと、今度は地球ロックできるほどの十分な大きさを得られずロックできないなんてこともあり得る。地球ロックする際には、どこにロックするのかとその大きさで条件を満たすかを考えよう。

また、バイクを気づ付けないためにも、シリコンでコーティングされているものなどを選ぶようにしよう。いくら安全ののためとはいえ、大切なクロスバイクを傷だらけにするのは嫌だろう。U字ロックは硬くて曲がらないタイプがほとんどなので、無理にロックをかけようとして傷つけてしまうことは大いに考えられる。気になる人は、そういったところも注意しよう。

【クロスバイクにおすすめの鍵の選び方②】組み合わせて使いやすいのはチェーンロック

次に選び方として、もしも別の鍵と組み合わせて鍵をかけようとしているのであれば、使いやすいのはチェーンロックであることを覚えておこう。チェーンでカバーを覆ったタイプのロックになるが、このタイプはU字ロックに比較すると多少弱い面があるが、比較的強度もあり、使いやすさとのバランスがとれたものになる。

数百gのロックから2kgを超えるようなものまで強度や重さは様々で、ある程度の強度があり、それでて地球ロックも視野に入れている人であれば、このチェーンタイプのロックは非常におすすめになる。しかし選ぶ際には、注意も必要で、まず長さと重さのバランスを考えることだ。地球ロックに使うのであれば、120センチ程度の長さは欲しいところ。

太い木につける場合であれば、150センチくらいは必要な時もある。ただし、長くなればなるほどその分重量も増し、携帯性は損なわれる。重さと長さのバランスは検討する必要が大きいと思われる。

【クロスバイクにおすすめの鍵の選び方③】携帯性重視ならワイヤーロック

次に携帯性を重視するのであれば、ワイヤーロックがおすすめだ。ワイヤーロックとは、細いワイヤーでできたロックであり、軽くて携帯性が非常員高いのが特徴。しかし、強度は弱く、簡単に切られてしまう可能が高い。監視員が常に監視しているところなど、よほど安全な場所に駐輪しないとワイヤーロック単独での固定は盗難リスクが高い。

とはいえもちろん、強度の高い、安全性の高いワイヤーロックも存在する。強度のある極太ワイヤーを使用したタイプの鍵がそうだ。また、強度の弱いワイヤーロックの弱点を補うために、振動や切断によって防犯アラームが鳴るタイプのワイヤーロックもある。厳選すれば、安全性を高めることは可能なので、しっかりと防犯できるものを選ぼう。

クロスバイクにはどんなタイプの鍵がおすすめなの?

上記の選び方から自分の好みのタイプや、クロスバイクに合ったものを自分で選ぶことももちろん必要だが、しかしバイクごとにおすすめの鍵のタイプがあることも事実なので、まずはおすすめのタイプはどれになるのかを紹介していこう。一つの参考資料として考えてみてほしい。まず、クロスバイクの特徴からだが、クロスバイクは自転車の中で最も盗難被害率の高いカテゴリーになる。

他の自転車と比べて、盗難被害率が高いので、二重三重の対策が望まれるということだ。このことを念頭に置いて、鍵を選ぶ必要があるのだが、やはりおすすめは強固な鍵をまずは選んで、一か所は必ず地球ロックをかけるのが、安心のかけ方になる。

では、そんなクロスバイクにおすすめの鍵はどれになるのかというと、ホイールの盗難も考慮して長めのチェーンロックや、U字ロックが最もおすすめとなる。鍵は一つだけでは不安だ。できれば2種類を用意しよう。そして、自転車の機能を殺すこと、ホイールの盗難を防ぐこと、地球ロックすることを考えて鍵をかけていく。

もちろん、持ち運ぶのにU字ロックとチェーンロックの二つを常に持ち歩くのは大変。そのため、大きさにこだる人もいるだろう。しかし、大きさを気にしていて、今度は安全性が損なわれては意味がない。いろいろな要素を考えながら鍵選びをする、一つの参考にしておいてほしい。

クロスバイクの鍵のかけ方!短時間でも鍵はかけるべし!

あくまで参考程度に鍵のおすすめタイプを先述したが、とはいえ鍵を選べばそれで安全かというとそうではない。つまり、鍵のかけ方もしっかりとマスターしておかなければ万全の体制とは言えないのだ。なので、ここからは鍵をかけるうえでのかけ方や注意点を紹介していこう。まずは、初歩中の初歩ではあるが、短時間で持鍵はかけるようにしよう。

いくら自分のすぐ背後にクロスバイクを置くとしても、距離に関係なく鍵はかけることだ。また、時間もまた同じで、いくら短い時間であっても、面倒であっても、鍵は必ずかけようにしよう。警視庁が発表している自転車盗難の原因は無施錠によるもの。大切なクロスバイクを守るためには、ほんの些細なタイミングも施錠をし得置くことが求められる。

盗難防止にこれ以上の強いものはない!地球ロックというかけ方

盗難防止を考えて鍵をかけている人の中に、何人の人が地球ロックをしているだろうか。柵とフレームを括り付けたものが地球ロックだが、しかし場所によっては鍵の長さが必要になったりと必ずしも地球ロックができるとも限らない。しかし、できれば地球ロックをすることは非常に有効な防犯対策で、鍵のかけ方になる。

クロスバイクは、本体重量が軽いために、鍵をかけていても鍵が付いたまま盗まれることも少なくない。駐輪場であっても安心せず鍵を駐輪ラックに通して地球ロックをすることを強くおすすめする。

クロスバイクの鍵をかけるときはとにかく太くて強い錠をを使用する!

次に、クロスバイクに鍵をかける時には、できる限り太くて強度のある鍵をかけることをおすすめする。たとえば太さが3ミリのワイヤーロックや100円均一で売っている程度の鍵などは、足代わりに自転車を盗む輩からはクロスバイクを守れることもあるだろう。しかし、盗難する輩の中には盗難自体が目的の人もいて、その人たちからすれば、この程度の鍵は紐同然。

また、折り畳み式の鍵もあるが、ブレードが薄いものが多く、こちらも金切狭で切断されやすいので、注意が必要だ。折りたたみ式であれば、プレートの暑さも注意が必要。もしワイヤータイプの鍵を使用するなら、太さ15mm以上を推奨する。そのため、U字ロックがおすすめされるのは、太くて強度があるからなのだ。

鍵のかけ方のポイント!フレームと後輪はセットでかける

実は、クロスバイクは、タイヤの着脱が簡単なので、持ち運びには便利だが、その分駐輪時に気を付けなければならないことを覚えておく必要がある。前輪をU字ロックで地球ロックしていても、前輪を取り外されたら、前輪だけを残して、本体を後輪ごと盗難されることだってるのだ。なので、おすすめのかけ方としては、フレームと後輪をU字ロックでセットでロックすることだ。

このロックのかけ方であれば、後輪だけを残して持っていかれることもないだろう。フレームの後ろ側と後輪をセットでロックすることで、フレーム、後輪の盗難を防ぐことができ、さらに、防犯性能を高めることが可能。このU字ロックで、柵も同時にロックできればさらにいいといえるだろう。

大切なクロスバイクだからこそ!最低でもダブルロックを

いくら最強の鍵を使っていたとしても鍵のかけ方を知らなければ、まだまだ安全とは程遠い。そこでおすすめなのが、最低でもダブルロックを行うことだ。窃盗犯は手間取るのを嫌う。そのため、複数鍵をすることは安全性を高める効果が高い。なので、ダブルロックを心がけよう。ただし、簡単に切断できる鍵は何個つけていても意味がない。

切断されにくい鍵を選ぶことは当然だ。おすすめはU字ロックと太いワイヤーロックを使用すること。地球ロックとフレーム・後輪のセットロックができてより強力になるわけだ。

ロックは高い位置でかけるとクロスバイクをより安全に

よくある駐輪場のタイプに、2段重ねで自転車を置けるように案っている駐輪場がある。このタイプの駐輪場の場合は、可能であれば上の段に駐輪することをおすすめする。もちろん、駐輪後はラックとクロスバイクで地球ロックすることを忘れずに行おう。鍵の切断には大きな刃物をが使われる場合が多い。

ある程度の太さの鍵でも刃物の取っ手に体重をかけて、てこの原理を使い大きな力で切断されてしまう。しかしクロスバイクを高い位置に置いて鍵をかけることで、地面に鍵がつかなくなれば体重を使って切断されることを避けることでができるのだ。なので、この際には、長すぎる鍵には注意しよう。長いと、鍵が地面についてしまい、切断リスクをはらんでいるからだ。

クロスバイクの鍵のかけ方は駐輪場所から選ぶことから始まる

鍵のかけ方ばかりを気にしていたが、上記でもふれた駐輪場のタイプについても考えておきたいところだ。駐輪場が先述音2段タイプであれば、上に置いたほうがいいように、駐輪場選びにもポイントがある。それが、人気の少ない駐輪場は避けるべきということだ。駐輪場によっては、クロスバイクの鍵を切断していても不審がられないこともある。

人気が多い駐輪場を選んだり、監視カメラがあるかどうかチェックしてこともかなり重要なポイントとなるのだ。人気があるだけでも、ぐっと盗難リスクを下げてクロスバイクを守ることにつながるだろう。管理人さんがいれば、日々挨拶をして自転車を覚えてもらうことも防犯上でも役に立つといえるだろう。

鍵のかけ方だけじゃない!ライトやサドルバッグは駐輪時に外す

鍵をかけるポイントまで触れてきたが、クロスバイク本体を盗まれなくても、なんとライトやサドルを盗む屋からも存在する。本体程たっ飼う無いとはいえ、盗まれるのはダメージが大きく避けたいもの。駐輪時は取り外して必要なときにだけ付けるように習慣づけておくことも盗難には効果的だろう。駐輪時にはすぐに取り外してもっていけるツール缶を使うという方法も有効だ。

クロスバイクは可能であれば室内保管を!

ここまで、盗難を防ぐことを考えて、駐輪場や鍵のかけ方を学んできたが、自宅に停める場合にも注意は必要だ。自宅に停める場合、室内保管することが盗難防止という面では最も良い選択肢となるのは言うまでもない。また、室内保管のメリットは他にもあり、それが雨によるさびやパーツの劣化も防げるという点だ。このメリットもためにも、できれば室内保管をしておきたいところだ。

施錠後にもう一度確認!クロスバイクの鍵のかけ方最終チェック

鍵をかけたはずなのに、きちんとかかっていない場合や鍵の置き忘れなど、駐輪ラックに駐輪したと思いきや駐輪ラックだけに鍵をかけて全く本体には鍵を通していない状態ということもある。このような状態になれば、当然うっかりミスとはいえ、盗難リスクを高めることになる。鍵をしても、自転車を離れる際にはきちんとロックできているか毎回確認をすることを怠らないように。

コンパクトで最強のU字ロック!

Panasonic U型ロック SAJ080

それでは、おすすめのクロスバイクの最強鍵を紹介していこう。まずはU字ロックタイプの最強といわれている鍵だ。コンパクトで使い勝手もよく、非常に軽量であるため、持ち運びに便利。シリコンカバー採用なので、バイクに傷がつきにくい点もうれしい。しかし、コンパクトな分、地球ロックできる場所は限られており、チェーンロックやワイヤーロックと組み合わせて使う人は多い。

このU字ロックであれば2つ以上の持ち運びもそれほど苦にならないので、安全性を上げるために複数庫の鍵をかける用の一つとして使用する上でも非常に役立つ最強ロックになることだろう。値段も2000円を切るほどのリーズナブルなお値段なので、複数持ちには非常におすすめ。。

絶対に愛車を守る!最強チェーンロック

ABUS STEEL-O-CHAIN 880

クロスバイクにおすすめの鍵で、お次に紹介するのがチェーンロックタイプで最強と名高いこの製品。絶対に愛車を守りたい人におすすめお見た目もごつくて頼りがいのある鍵だ。重量は1.9㎏と重いが、その分格段に安全性が高い。単体使用での信頼性も高いが、真価を発揮するのはU字ロックとの平併用。価格も5000円程なので、愛車の安全のために、選んでみよう。

工具でも切れない安心の鎖!最強ワイヤーロック

J&C ジョイント式極太ワイヤー錠 JC-006

工具でも切れないほどの頑丈さを誇る最強ワイヤーロックタイプの鍵がこちらだ。重量が約600gとワイヤーロックの中ではかなり重くはあるが、非常に太く普通の工具では挟めないため安全性は非常に高い。しっかりしたワイヤーロックが欲しい人はこちらを選ぶといだろう、見た目からすでに狙われにくくする効果もあり、単独もしくは小さなU字ロックと組み合わせで安全性を強固なものにする。

信頼性の高い鍵を見つけて愛車を守ろう!

クロスバイクにおすすめの最強の鍵を紹介してきた。クロスバイクに限らず、愛車は守りたいもの。そのためには、信頼度の高い鍵はどうしても必要となる。しかし、いくら頑丈な鍵があっても自分の防犯意識が低ければ元も子もない。鍵のかけ方を知り、駐輪場の選び方にも注意し、これからもクロスバイクを守るためにも、常に意識して防犯に努めよう。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ