ぼんじりは鶏肉の中で一番おいしいと言われている部位になりますが、ぼんじりは何故一番おいしいと言われているのでしょうか。鶏は、ももやムネ肉、ささみなど色々な部位が食されていますが、中でもぼんじりが一番おいしいようですので、理由を徹底調査しご紹介していきます。

ぼんじりは鶏のどこの部位?一番おいしいと言われる理由を徹底調査

目次

  1. ぼんじりは鶏のどこの部位なのか知っていますか?
  2. 鶏の部位は全部でいくつあるの?
  3. ぼんじりは鶏のどこの部位なの?
  4. ぼんじりの呼び名は地域によって異なる
  5. ぼんじりがおいしいと言われるオイルキャップという部位
  6. 栄養価の高い部位にあたるぼんじり
  7. カロリーが高い部位と言われるぼんじり
  8. ぼんじりをよりおいしく食べる方法
  9. ぼんじりは中々手に入らない希少部位?
  10. ぼんじりは鶏のどこの部位?一番おいしいと言われる理由を徹底調査【まとめ】

ぼんじりは鶏のどこの部位なのか知っていますか?

ぼんじりが好きな人は焼き鳥屋さんに行くと必ず注文するという人が多い上臭みもあまり無く、ぼんじりが嫌いな人はあまりいないとまで言われている鶏の部位になります。ぼんじりが好きと一口に言ってもぼんじりが鶏のどこの部位の鶏肉なのか知らない人が多いようです。みなさんはぼんじりが鶏のどこの部位にあたるか知っていますか?また、ぼんじりは鶏の部位の中で一番おいしいと言われていますが何故なのでしょう。

今回はぼんじりに特化した構成で、ぼんじりは鶏のどこの部位にあたる鶏肉なのか、更にはぼんじりが鶏の部位の中で一番おいしいと言われている理由に関して徹底的に調査しご紹介していきます。ぼんじりの美味しさを良く知っている人や、逆にぼんじりの良さがあまり分からない方など多岐に渡ると思いますが、本記事をご覧になったあとは“ぼんじりが食べたくなってしまう”かもしれませんので是非ご覧ください。

鶏の部位は全部でいくつあるの?

ぼんじりを含めた鶏の部位は全部でいくつあるかご存知でしょうか。今回は鶏の部位はどこにあるのか一つずつ名称をご紹介していきます。①セセリ…鶏の首の肉で1羽からわずかな数しか取れない希少部位になります。②ムネ肉…脂が少ない白身で、高タンパクな肉になります。③ササミ…ムネ肉の一部で脂が少ない。④手羽元…羽根の根元の部分の鶏肉。⑤手羽中…手羽先の先端部分を取り除いた部分。

⑥手羽先…鶏の羽の先端部分の肉。⑦もも肉…足の付け根の部分。⑧皮…鶏の皮膚でコラーゲンが豊富に含まれている部分。⑨サエズリ…食道や気道のことでコリコリとした食感の部位。⑩ハツ…鶏の心臓でプリプリとした食感が特徴の部位。⑪ヤゲン…鶏の胸骨の先にある細長い軟骨で、コリコリとした食感が楽しめる部位。⑫レバー…鶏の肝臓でビタミン類や鉄分が豊富で栄養価が高い部位。

⑬砂肝…鶏の筋胃で食べ物をすり潰す歯のない鳥類特有の器官。⑭ゲンコツ…ヒザ関節の軟骨。⑮セギモ…鶏の腎臓で、脂がのっておいしい部位、希少価値の高い部位。⑯キンカン…体内で成長途中の卵のこと。鶏の部位は上記16個+ぼんじりで計17個あります。焼き鳥屋さんによく行かれる方は知っている部位も数多くあったのではないでしょうか。

逆に、初めて聞いた!という部位や、焼き鳥屋さんで出てくる部位は鶏のそこの部位だったんだ!など色々な感想を抱かれることでしょう。鶏の部位を知っておくだけで知識が増えますし、会話をしている際に部位の話を出せば知識人として捉えてもらえる可能性も高まるでしょう。

ぼんじりは鶏のどこの部位なの?

鶏の尻尾の部位にあたるぼんじり

鶏の中で一番おいしいと言われているぼんじりは、鶏のお尻の部分の尾羽が生えている下の部分のお肉を指します。鶏は羽で羽ばたく以外に短い足で歩行をします。従って、鶏はお尻の筋肉を非常に駆使しているのでお尻の肉が発達しているため、ぼんじりは身が引き締まったおいしい部位となっているのです。

ぼんじりの呼び名は地域によって異なる

今では鶏の尻尾から取られる肉は「ぼんじり」と呼ばれていますが、正三角形の形をしていることからかつては「さんかく」と呼ばれていたこともあるようです。他にも、鶏の尻尾から「テール」と呼ばれていたり、地域によっては「ぼんぼち」や「ごんぼ」などと呼ばれていたようです。ぼんじりという名前の由来は、鶏の尻尾の肉がひな祭りの歌に出てくるぼんぼりのような形であったことから来ていると言われています。

また、オス鶏かメス鶏か簡単に判別できるように性別によって名前を変えている地域もあるようです。ちなみにオス鶏の場合は「ぼんじり」で、メス鶏の場合は「みさき」と呼ばれているようです。オス鶏がぼんじりと呼ばれている理由は何となく分かりますが、メス鶏が「みさき」と呼ばれている理由に関しては判明していません。

ぼんじりがおいしいと言われるオイルキャップという部位

ぼんじりがおいしいと言われる理由の一つに「オイルキャップ」と言われる、薄黄色の部位がぼんじりにはあります。オイルキャップは別名「油壺」とも呼ばれており、オイルキャップは鶏が自らの羽を水分等から保護する為に脂でコーティングをしており、そのコーティングする際に脂を分泌する器官がオイルキャップになります。

このオイルキャップは非常にクセが強く独特な風味があり、切り落としてから提供するお店が多いようです。オイルキャップは鶏油を取り出すことが出来ますので、基本的に炒め物などの隠し味として使用されることが多い部分になります。

このオイルキャップを切り落とすか切り落とさないかで、ぼんじりのおいしさが格段に変わります。ぼんじりが嫌い!という人は、もしかするとオイルキャップが切り落とされていないぼんじりを口にした可能性もあるかもしれませんね。

焼き鳥のタレの作り方!おいしくなる比率と活用レシピつき! | MensModern[メンズモダン]

栄養価の高い部位にあたるぼんじり

ぼんじりが鶏肉の中でも人気度が高い理由の一つとして、ぼんじりは「栄養価が高い」という点にあります。ここで、ぼんじりの見た目を思い出してみましょう。ぼんじりの見た目はプリプリっとしていませんでしたか?実は、ぼんじりのプリプリ感にはコラーゲンがたくさん含まれておりますので、コラーゲンの摂取により美肌効果が期待が持てる食材と言われています。

また、ぼんじりにはコラーゲンだけでなくビタミンKも多く含まれています。ビタミンKは骨を丈夫にしてくれる要素を含んでいますので、ぼんじりを食べると美肌も期待できるし骨も丈夫になる!更にはおいしい!とメリット豊富な鶏の部位になります。また、コラーゲンをより安定的に摂取する方法として、コラーゲンとビタミンCを同時に摂取するという方法があります。

ビタミンCはコラーゲンを安定化させますので、同時摂取は非常に良く、食材の味も安定させてくれるようです。この作用にちなんだぼんじりの食べ方として、ぼんじりにレモンをかけて食べると良いでしょう。レモンには多量のビタミンCが含まれている上、ぼんじりとの味の相性も抜群に良いので、レモンの酸っぱさが苦手!という方以外の人は、是非ぼんじりにレモンをかけて召し上がってみてください。

焼き鳥の人気レシピ集【つくね・もも】自宅で簡単な作り方は? | MensModern[メンズモダン]

カロリーが高い部位と言われるぼんじり

鶏の部位で2番目にカロリーが高いぼんじり

ぼんじりは鶏の尻尾の部位にあたりますが、人間同様お尻の部分というのは脂肪が溜まりやすい箇所になりますので、ぼんじりは鶏肉の中の部位でカロリーが高い部位にあたります。ちなみに焼き鳥の中で一番カロリーが高いと言われているのが「皮」になり、ぼんじりは皮に次いで2番目にカロリーが高い部位になります。

とはいっても焼き鳥は基本的にカロリーが低い食べ物として親しまれていますので、そこまで気になさらなくて大丈夫なのではないでしょうか。

焼き鳥の缶詰を徹底比較!美味しい食べ方やおすすめのアレンジレシピを紹介 | MensModern[メンズモダン]

ぼんじりをよりおいしく食べる方法

下処理が大事

ぼんじりをよりおいしく食べる方法として下処理をきちんと行うことが大事なようです。ぼんじりの皮と骨の間にあるオイルキャップを取り除くかそのままにするかでも味が変わりますし、ぼんじりの中央にあたる尾骨に切れ込みを入れてから焼いたりするとよりおいしくなるようです。

焼き鳥丼の人気レシピ集【タレ&塩】簡単ジューシーで低カロリー | MensModern[メンズモダン]

ぼんじりは中々手に入らない希少部位?

ぼんじりは鶏の尻尾の尾骨の周りについているお肉ですので、一羽からとれるぼんじりの量はわりと少なく、希少部位として扱われています。それだけにぼんじりは非常においしいと評判が高まっているのでしょう。

焼き鳥のカロリーは?塩とタレのカロリー・部位種類ごとの一覧表(低い順) | MensModern[メンズモダン]

ぼんじりは鶏のどこの部位?一番おいしいと言われる理由を徹底調査【まとめ】

ぼんじりは鶏のどこの部位にあたる鶏肉なのか、更にはぼんじりが焼き鳥の中で一番おいしいと言われている理由について徹底的に調査し、ご紹介してきました。ぼんじりは一羽の鳥から採取できる量が少なく、希少部位として扱われているが故に人気度も高いようです。更には鶏のお尻にあたる部位ですので、良く運動をすることから身が引き締まっておいしいと言われているようです。

鶏チャーシューのレシピまとめ!簡単&短時間で作れるものは? | MensModern[メンズモダン]

評価 4.7/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ