4K対応カメラのおすすめ特集!テレビがなくても使える人気機種の選び方

近年話題の4Kカメラ。フルハイビジョンよりも美しく映像を取れることで有名な4Kカメラで、カメラファンの中にはいち早く購入したいと思う人もいるだろう。しかし、どれを選んでいいのかわからない人も多いはず。そこで今回は、おすすめの4Kカメラを紹介しよう。

目次

  1. 4Kカメラって必要?テレビなどは4Kではないけれど?
  2. 4Kカメラで撮影するメリット!やっぱり違う圧倒的メリット!
  3. ハイビジョンテレビでも4Kカメラ動画は十分きれいに映る!
  4. 4K対応のアクションカムとビデオカメラの違いは?
  5. 選び方に活かそう!4Kコンパクトデジタルカメラの特徴とおすすめ
  6. 4Kビデオカメラの特徴とおすすめの人
  7. 4K一眼カメラは最も最高画質で撮影可能!
  8. 4Kアクションカムであればアクティブな環境で使用する人におすすめ!
  9. 4Kカメラの選び方をまとめてみると
  10. 4K対応のコンパクトデジタルカメラでおすすめの機種は?
  11. 4Kビデオカメラで一番おすすめはこれ!
  12. 一眼カメラの4K対応ならこちらがおすすめ!
  13. アクションカムで4K対応を選ぶなら最もおすすめ!
  14. 特におすすめ!人気度が高く格別な機種はこれ!
  15. 4Kカメラは今や非常に手の届きやすい商品に!

4Kカメラって必要?テレビなどは4Kではないけれど?

近年ではデジカメの進化やスマホなどにより高画質でなめらかな動画撮影が簡単にできるようになった。子供の成長やイベントごと、など大切な思い出を動画や写真に収める機会も多くなったのではないだろうか。やはり思い出に残すならば写真よりも動画と考える人は多いだろう。そこでお勧めなのがビデオカメラだ。

特に最近では、撮影自体を楽しんですることも多くなったように思う。インスタ映えなどを考えて、投稿するのにも、きれいな写真や動画を撮影したいと考えるようになった人が増えたからだ。そんな魅力ある高画質な撮影をしたいと考えたときにも、やはりビデオカメラは一役買ってれる。

もちろん、ビデオカメラがおすすめな理由には、機能的な面も備えて言うからということもある。自動フォーカスや、手ぶれ補正、長時間撮影などにも対応できるように、デジカメなどの動画撮影機能よりもはるかに高い機能が搭載されているからだ。これらのことも含めてビデオカメラの人気が高まっているが、そこにもう一つ理由がある。

それが、4K動画の流行だ。近年ハイビジョン映像よりもきれいな映像を見れたり撮影できる4Kカメラが大変注目されており、それに伴って高画質を撮影できる4Kカメラの注目度はどんどん上がってきている。記念などをせっかくきれいな映像で残せるのであれば、最高の画質で最新の技術を持って撮影したいと思うのは当たり前のことだろう。

しかし、ながら、この4Kカメラは同時にその必要性についても疑問視されることは多い。そもそも4K放送などが始まっていないので、テレビもモニター類が4Kの映像に対応しているものを家庭に用意していない人はまだまだ多い。そんな状況の中で、カメラだけ4Kカメラにしても、その最高画質を存分に楽しめたいと思う人は多いのだ。

もちろん、4Kカメラの高機能や高画質の良さはわかっていても、今すぐに必要かというと、他のモニターなどの接続製品をまず4K対応に変えて、その後でカメラも4K対応のかめらに変えればいいのではないかと考える人は多いようだ。しかし、実は4Kカメラの中でも最新の技術が採用されているものの中には、ざわざ4Kテレビでなくともその画質を楽しめるものも登場している。

そこで今回、この記事ではおすすめの4Kカメラと、そのカメラがなぜ今おすすめなのか。選び方やおすすめの機種まで徹底解説していこう。今までは必要ないと思っていた4Kカメラでも、これを見ると印象も全く変わるだろう。明日にでも最新の4Kカメラが欲しくなるかもしれない。

カメラで動画の撮影におすすめは?ビデオとの違いや選び方など徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

4Kカメラで撮影するメリット!やっぱり違う圧倒的メリット!

それでは、4Kカメラのメリットからまずは知っていこう。先ほども言ったように、近年では、4K動画の撮影できるカメラを含めて機器はとても増えた。しかし、TVやWEBなどでもっとも浸透している動画の規格は未だフルHDやHDといわれるもので、対応していないのが現状だ。

この理由には、PCやスマートフォンなどの再生メディアのモニターがフルHDやHDまでしか対応していなかったり、4Kはデーターサイズが大きすぎて扱いにくいことなどが挙げられるからだ。そのため、まだまだ浸透していない状況えではあるが、しかしこれらはあくまでも4K動画を配信したり再生する時点でのデメリット。

4Kカメラを使用し、きれいな動画を撮影・保存する時点でのメリットは大きい。むしろ、4Kカメラで記録するほうが一般的にはいいといわれているほどだ。では、なぜそこまでいいといわれるのか、メリットを一つずつ紐解いていこう。まずは、4K動画はフルHDとは画質が圧倒的に違うからだ。ピクセル数では4KはフルHDの4倍となる。

実際に4K対応のディスプレイで見比べてみると、4KとフルHDでは天と地ほどの差があり、これはフルHD対応のディスプレイで見ても明らかと感じられる。つまり、撮影の段階では、たとえ4Kが普及していないからといっても、フルHDで記録するよりも、4K対応のカメラで撮影したほうが、いいのだ。再生メディアがないとしても、4Kで記録した方が断然画質はキレイというわけだ。

ましてや、動画撮影する際には、そのほとんどが大切な思い出の一瞬を記録するシーン。数年後には、今とはメディア環境も変わりおそらく4K対応でも大丈夫なようになっているはず。逆にフルHDはすぐにはなくならないとしても、いずれ廃止される可能性だってある。その可能性を考えても、現時点での記録を4Kカメラで行っておくメリットは大きいといえるだろう。

Wi-Fi一眼カメラおすすめ5選!スマホと連携して簡単に使える機種は? | MensModern[メンズモダン]

ハイビジョンテレビでも4Kカメラ動画は十分きれいに映る!

4Kで記録してフルHDにダウンコンバートしたものと、フルHDで記録したものでは元々の情報が多い4Kの方が高画質になることには少し触れてきたが、これはテレビでも同じことが言える。単純に再生するだけでも、ビデオカメラとテレビを繋げれば、簡単に高画質の動画を楽しむことができるのは当たり前。

さらに、4Kで記録してフルHDで再生する際のメリットとしては、あとで編集の際に構図の変更をしたり、ズームやパンなど動きをつけて編集することも可能な点が挙げられる。多少の調整をしたとして、最終的にかき出す形式が降るHDだとしても、いろいろな動画編集を楽しめるのは、容量の大きな4Kならではといえるのだ。

4K対応のアクションカムとビデオカメラの違いは?

最近ではよく耳にする4K対応のアクションカムというものが出回っているが、そちらの確かに4K対応のカメラだ。しかし、このアクションカムと4Kのビデオカメラでは何が違うのだろうか。その違いとは、レンズの画角の違いになる。たいていのアクションカムは、人間の見たままの視野にレンズの画家悪を近づけている。そのため、レンズは非常に広角になる。

さらいに言えば、ズーム機能がない機種も多い。しかし、ビデオカメラであれば、高角から望遠までズームで幅広い画角が選択可能というメリットがある。手ブレ補正やフォーカスも優れているので安心して撮影することもできるだろう。例えば、運動会のシーンなどで、子供が走っている状態でカメラを使用するシーンを考えると、アクションカムと4Kビデオカメラはこう使う。

子供の視線手撮影するために、子供に取り付けるならアクションカムで、子供を外から走っている様子を撮影するならビデオカメラというようになる。アクションカムの用途は、あくまでも自分や動くものにつけて臨場感ある撮影を行う際に使う機種。普通に動画を撮影するには、絶対にビデオカメラの方が良いのだ。

選び方に活かそう!4Kコンパクトデジタルカメラの特徴とおすすめ

それでは、4Kのカメラ選びのポイントも解説していこう。4Kカメラと一言で言ってもその種類は沢山あり、各メーカーからいろいろな性能をもった機種が販売されている。やはり人気どころの機種は決まっているところもあるが、それぞれの4K対応をしたカメラのタイプ別で、どんなタイプがあり、それぞれの特徴を理解しておくことも選び方では重要。

そこで、タイプごとの4Kに対応したカメラの特徴とどんな人におすすめなのかを見ていこう。まずは、コンパクトデジタルカメラの場合だ。最近でh、小型のコンデジでも4K動画撮影ができるものが増えている。ただし、4K対応のビデオカメラや一眼レフ比べるとセンサーが小さ、画質の面では劣る傾向にある。

また、動画撮影機能が充実しているものは少ないので、オートフォーカス機能や、手振れ補正機能、そして録音機能が少し物足りないこともあり得るだろう。しかしながら、光学ズーム機倍率が高い製品が多いので遠くのものを撮影したい場合はコンデジを使ったほうが有利。ビデオカメラや一眼カメラではここまでのズームを実現するのは難しいので、コンデジならではのメリットだ。

4Kのコンデジに向いている人は、とりあえず4K動画をカメラで撮影したい人には向いているといえるだろう。高倍率ズーム機能をつかって4K動画を撮影したい人や、小型活軽量なカメラで4K動画を撮影したい人には大変おすすめの機種だといえる。

4Kビデオカメラの特徴とおすすめの人

次に4Knoビデオカメラだ。特徴としては、コンパクトデジタルカメラなどとは大きく異なり、動画撮影機能が大変優れている。そのため、あまりカメラに関する知識のないかたでも簡単にクオリティの高い映像を撮ることができるいうメリットを持つ。例えば、オートフォーカス機能、手振れ補正機能などが優れているので、動くものでも綺麗に撮影することができる。

音声に関しても5.1chサラウンドに対応している機種があったり、高音質での録音が可能という点も非常に大きなメリットといえるだろう。また、ビデオカメラは基本的にバッテリーの容量が大きくしてあるなど、長時間録画にも耐えられうように作られているので、長時間連続で撮影を計画しているのであれば、ビデオカメラがおすすめだ。

4Knoビデオカメラが向いている人には、手軽に綺麗な4K動画を撮影したい人はもちろん、4Kの長時間録画を行いたい人にとっては、大きなメリットの持つカメラといえるだろう。

4K一眼カメラは最も最高画質で撮影可能!

次に一眼カメラの選び方だが、4K動画を最高の画質で撮影したいという人であれば、一眼カメラを選ぶ選び方が最もおすすめだ。カメラは基本的にセンサーサイズが大きければ大きいほど高画質になるので、コンデジやビデオカメラよりも大きなセンサーを積んだ一眼カメラは高繊細で大変綺麗な映像を撮影することができる設計になっているのだ。

もちろん、これまでのカメラの選び方の様に、高品質で繊細な画像を撮影できるカメラは沢山あるが、現時点で最強画質を実現できる4Kカメラとなるとこのカメラになるだろう。しかし、デメリットもあり、一眼カメラは画質の面では大変優れているが、扱いにくいという一面も備えている。

遠くのものを撮影しようとした場合は望遠レンズを別途購入する必要があったり、音声も綺麗に録音しようとするのであれば外部マイクを別途購入して取り付ける必要があったりと、専門的な知識と技術を少し必要とするのだ。これは大きな選び方のポイントになるかもしれない。三脚を使って撮影をすべきシーンもあるし、一眼カメラはやや映像へのこだわりがある人向けになるかもしれない。

4Kの一眼カメラが向いている人には、最高画質で4K動画を撮影したい人や、静止画も合わせて4Kgasitude 撮影したい人。また、さまざまなレンズで撮影シーンに合わせて、レンズや機材を駆使して撮影を行ってみたい人向けになる。選び方が突然、専門的な知識や毛技術が必要とするポイントになるので、注意してほしい。

4Kアクションカムであればアクティブな環境で使用する人におすすめ!

次に、4Kのアクションカムだ。先ほどはアクションカムとビデオカメラの比較をしてみたが、、アクションカムにも最適なシーンや長所を持つ。選び方としては、アクティブな環境で使用するのであればアクションカを選ぶべきだろう。対衝撃性や防水性に優れていますので、どんな過酷な環境においても4Kで高繊細な映像を記録することができる。

また、カメラ本体も小型・軽量でコンパクトなので、どこでも持ち運びしやすいという長所を持つ。この機種に向いている人となると、対衝撃性能や、防水性能のあるカメラで4K動画を撮りたい人や小型かつ軽量なカメラで4K動画を撮影したい人に向いているといえるだろう。

4Kカメラの選び方をまとめてみると

それでは、4Kカメラの選び方をまとめてみると、とにかくコンパクトで軽量のものが欲しいという方には、コンデジがおすすめだ。しかし当然、画質や手振れ機能などの機能も物足りなさがあるので、その場合はやはりビデオカメラがいいだろう。もちろん一眼カメラも用途は違えどアクションカムもおすすめではあるが、性能はビデオカメラが最も整っており、最高だといえる。

4K対応のコンパクトデジタルカメラでおすすめの機種は?

DMC-TZ85

それでは、具体的に人気のカメラを紹介していこう。まずは4K対応のコンパクトデジタルカメラの人気製品だ。こちらは、コンパクトデジカメでありながら4K動画が撮影可能なパナソニックのカメラで、工学30倍ズーム機能もついている。4K対応カメラの中では値段がとても安いのも特徴のひとつで、あまりコストを抑えつつも4K撮影を楽しみたい人にはおすすめだ。

4Kビデオカメラで一番おすすめはこれ!

FDR-AX55

次に4K対応のビデオカメラだ。こちらのおすすめなソニー製の、FDR-AX55だ。業務用4Kカメラの開発も多く手がけているソニーで、こちらの一般気にその技術が搭載されている。空間光学手ブレ補正という強力な手振れ補正機能がつき、フォーカスやズームを手動で調整することもできるので、手前から奥の被写体にフォーカスを移動させるような、少しこだわりのある映像も撮影できる。

一眼カメラの4K対応ならこちらがおすすめ!

α6300

4K対応の一眼カメラでおすすめは、こちらの製品だ。一般的に、4K対応の一眼カメラというのはまだ数が少なく、30万円以上するような大変高価なものもある中、こちらの製品は10万円台で購入できるという大変コスパの高いカメラとなっている。もちろん機能も充実で、オートフォーカス機能や手振れ補正機能もついて、そこまで撮影技術のない方にもおすすめできるカメラだ。

アクションカムで4K対応を選ぶなら最もおすすめ!

GoPro HERO4 CHDHY-401-JP

最後に、アクションカムでおすすめが、GoPro。その中でも、特に4K対応しているのがこの製品になる。GoProの場合はアクセサリーが大変充実しているので、それもこの製品をおすすめする理由でもある。アクションカムでもしこだわりたいのであれば、大変おすすめできる唯一の商品だ。

特におすすめ!人気度が高く格別な機種はこれ!

SONY FDR-AX55

近年、4K映像の注目が高まっている中、そして同時にカメラの開発が進む中で、最もいい製品といわれているのが、このソニー製品とパナソニックの後述する製品だ。それでは、どちらがどれほど優れており、おすすめできるかをより具体的に紹介しよう。まずはソニー製品からだが、こちらはすごいのは画質だけではない。

空間光学手ブレ補正というものを搭載し、イメージセンサーを含む光学系全体を空間に浮いているような仕組みにしていることで、広角撮影時に従来のビデオカメラの15倍ブレを抑えた安定した動画が撮影可能となっているのだ。動いている被写体や、撮影者自ら動く場合でも全く手ブレが気にならないのはすごく再映写としてはありがたい特徴といえるだろう。

Panasonic HC-WXF990M

次にパナソニックの製品だ。こちらもソニー製品と合わせて人気が高く、どちらかで悩むといわれる声の多いカメラだ。大きな特徴としては、ドイツの名門ライカ社と共同開発したライカディコマーレンズを搭載しているポイントだ。ソニーのカメラレンズはコントラストの高いメリハリのある描写が特徴的だったの痛いし、ライカレンズは、暖かみのある描写が特徴的のレンズになる。

もちろん画質の鮮明さは損なうことなく、ライカレンズ独特の描写となっているので、この2つのレンズは全く真逆のレンズといえるだろう。また、多機能であるのがパナソニックのもう一つの特徴だが、中でも目を見張る機能が、ワイプ撮りと呼ばれる、本体メインカメラとモニター部分に付いている小型のカメラで同時に違う方向や違う画角の映像を記録する機能だ。

これを利用すれば、ステージ上の子供の姿をアップで撮影しながら、小型のカメラでステージ全体を撮影したりなどができる。また、撮影している自分人身も撮ることができるのだ。パナソニックの数ある機能の中でも、今現在非常に人気の高い絹雄であることは間違いない。

どっちがよりおすすめなのか?

では、この二つの大手人気メーカーのカメラ、どちらが人気機種なのかというと、それはどちらも甲乙つけがたいといわざるを得ない。どちらも人気なのだが、基本性能では、ソニーの方が高く、人気となる。空間手ブレ補正を搭載と、レンズがより広角な点でパナソニックの機種より優れている点もあるので、人気は高いが、しかし、パナソニック製のカメラも、使い勝手がいいのが大きい。

そして、何よりもソニー製品に比べて、パナソニックのカメラの方が軽いという点も魅力の一つだ。長時間のハンディで撮影することを考えると、本体の重さは重量な人気を分けるポイントだろう。とはいえ、どちらも撮影の機能や撮影のしやすさは高いものを持っているので、日所に人気の高いカメラであることは間違いない。

Webカメラおすすめランキング!高画質・スカイプなど使い方・選び方は? | MensModern[メンズモダン]

4Kカメラは今や非常に手の届きやすい商品に!

4Kカメラと聞くと、まだまだ必要ないものと思うかもしれないが、実は、そんなことはなく、むしろこれから動画で記念を撮影して残そうとするなら、必ず4Kのカメラを選ぶべきだとも考えられる。それほど、カメラの性能も機能も進化しており、今では4Kのテレビなどなくともカメラだけでもそのメリットがあるほど。より良い一台を手に入れて、きれいな思い出を残していってほしい。

アクションカメラのおすすめを徹底比較!安い・高画質・コスパがいいのは? | MensModern[メンズモダン]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ