長距離ドライバー・長距離トラック運転手は過酷?年収や雇用条件は?

長距離ドライバーや長距離トラック運転手は過酷と言われていますが実状はどうなのでしょうか。今回は、長距離ドライバーや長距離トラック運転手の雇用条件や仕事に見合った年収なのかどうか、過酷と言われている理由についてご紹介していきます。

目次

  1. 長距離ドライバー・長距離トラック運転手は過酷?
  2. 長距離ドライバーと長距離トラック運転手の違いは?
  3. 長距離ドライバー・長距離トラック運転手の仕事内容は?
  4. 長距離ドライバー・長距離トラック運転手の年収は?
  5. 長距離ドライバー・長距離トラック運転手の雇用条件は?
  6. 年収が一番高い地域は東京都の長距離ドライバー?
  7. 年収1,000万円越えの長距離ドライバー・長距離トラック運転手はいる?
  8. 長距離ドライバー・長距離トラック運転手に転職するには?
  9. 長距離ドライバー・長距離トラック運転手に休憩はあるの?
  10. 長距離ドライバー・長距離トラック運転手は過酷?年収や雇用条件は?【まとめ】

長距離ドライバー・長距離トラック運転手は過酷?

長距離ドライバーや長距離トラック運転手は過酷と言われていますが、どんな仕事をされているのでしょうか。運転をされる方は気持ちがお分かりかと思いますが、長い道のりを運転すると心身ともに疲労困憊の状態となりますよね。長距離ドライバーや長距離トラック運転手は長い距離を運転していますので、運転が過酷であるのだろうと推測できますが、仕事内容は運転のみなのでしょうか?

今回は、長距離ドライバーや長距離トラック運転手が過酷と言われている理由や、年収・転職する際の雇用条件などをご紹介していきます。実は、長距離ドライバーや長距離トラック運転手の仕事内容は長い道のりを運転して荷物を運送するのみではないのです。他に行っている仕事内容や休憩の取り方などについても後述していきますので是非ご覧ください。

長距離ドライバーと長距離トラック運転手の違いは?

長距離ドライバーと長距離トラック運転手は似ているようで似ていない部分があり、長距離トラック運転手とは大型トラック・中型トラック等の大きなトラックの運転手のことで、長距離ドライバーとはトラック以外の普通車や軽自動車で長距離の運送を行う人を指します。この言葉の違いには一体どのような意味合いが込められているのでしょうか。

長距離ドライバーと長距離トラック運転手の言葉の違いを覚えておくことで、転職をしたいと思った際に閲覧する求人票の見方が変わってきます。長距離トラック運転手の求人を行っている場合は「長距離トラック運転手募集」などと書いてありますが長距離ドライバーの求人を行っている場合は「長距離ドライバー募集」などのように、求人票に記載されています。

長距離ドライバーと長距離トラック運転手の言葉の違いなんて覚えてられないよ!という人は、転職する際に閲覧している求人票に記載されている必須資格を見ると一目瞭然かと思います。長距離トラック運転手を募集している場合は、普通免許のみでは運転できないトラックの運転手を募集しているということなので、必須資格に免許の種類が記載されているはずです。

長距離ドライバー・長距離トラック運転手の仕事内容は?

長距離ドライバー・長距離トラック運転手の仕事内容は会社の仕事の請け方により異なりますが、基本的には荷物の送り主である依頼会社の元へ出向かい荷物を受け取るところからスタートします。荷物を受け取る際は、自らトラックの積み荷に荷物を乗せなくてはならない為、長距離の運転を始める前に力作業が必要となります。荷物を積み荷へ乗せ終えたら長距離輸送の開始です。

荷物の輸送距離は荷物を送る場所により異なりますが、日本国内のどの地域にでも配送することになります。東京にいる際に「岡山ナンバー」のトラックを見たことや「大阪ナンバー」のトラックを見たことはありませんか?反対に、岡山にいる際に東京ナンバーのトラックや神奈川ナンバーのトラックを見ることもあるかと思います。それは長距離ドライバーが運転してきた確固たる証拠となります。

長距離ドライバー・長距離トラック運転手が荷物の送り先の会社に到着したら、荷物を積み下ろす作業を行います。これもまた荷物の積み込みを行った時と同様に力仕事となります。過酷な長距離運転をしてきたにも関わらず、荷物の積み込みや積み下ろしをしなければならないのが、長距離ドライバー・長距離トラック運転手に託された仕事内容というわけです。

長距離ドライバー・長距離トラック運転手の年収は?

長距離ドライバー・長距離トラック運転手に転職を考えている人は知っておきたい、長距離トラック運転手の年収ですが、「賃金構造基本統計調査」によると、トラック運転手の年収の平均は約393万円のようです。この平均年収は、中型トラック運転手、大型トラック運転手、長距離トラック運転手など運転するトラックのサイズや走行距離が異なる運転手の平均年収となります。

上記3つ(中型トラック運転手、大型トラック運転手、長距離トラック運転手)の運転手の中で最も平均年収が高いのは「長距離トラック運転手」だと言われています。更には中型トラック運転手と長距離トラック運転手の平均年収は約150万円ほど離れているとまで言われています。年収が高いということは、長距離トラック運転手はそれだけ過酷な仕事という捉え方が出来るかと思います。

長距離ドライバー・長距離トラック運転手の雇用条件は?

長距離ドライバー・長距離トラック運転手の雇用条件は、中型免許や大型免許を取得していないと採用しないという会社や、未経験者大歓迎な会社まで多岐に渡ります。未経験者大歓迎の会社は人材の募集に力を入れているということで、中型免許や大型免許の取得支援制度まで用意している会社もあるようです。

中型免許や大型免許を持っていないが運転手に転職したい!という願望を抱いている場合は、未経験者大歓迎で免許取得支援制度を採用している会社へ転職されてみてはいかがでしょうか。中型免許や大型免許の取得費用は約20万円~30万円以上しますので、働いてお金を貰うのに初期費用がかかってしまっては元も子もないですから、是非転職をされる場合は検討してみてください。

年収が一番高い地域は東京都の長距離ドライバー?

厚生労働省は都道府県の平均給与比率から各都道府県のトラック運転手の平均年収を算出していますが、全国的に平均年収が高い都道府県は、日本の首都である東京都のようです。平均年収が一番高い東京都と平均年収が一番低い都道府県を比較すると、約200万円もの年収の差があるようです。仕事の流通量が東京都は一番多いということなのでしょうか。

年収1,000万円越えの長距離ドライバー・長距離トラック運転手はいる?

長距離ドライバー・長距離トラック運転手で年収1,000万円を超えることはできるのでしょうか。雇われドライバーとして働く限りは、年収1,000万円という壁はハードルが高すぎると思われます。平均年収も600万円に満たない現状、更には自動運転技術の発展によりオートメーション化が進行すると、人の手が必要なくなってくる時代も到来しそうです。

従って、年収1,000万円稼ぐことを目指すのであれば、独立し開業すると良いでしょう。独立する場合は、大型トラックの運送に重きを置くのか、中型トラックか、軽貨物運送にするかなど選択肢は幅広くありますが、一番利益の出る運送業はやはり大型トラックによる長距離輸送でしょう。ただ、大型トラックは初期費用がとてもかかりますので考え物です。

長距離ドライバー・長距離トラック運転手に転職するには?

長距離ドライバー・長距離トラック運転手に転職するには、運転をしたいトラックの大きさによって所持していないといけない運転免許が異なりますので、どのようなトラックの運転をしたいか明確にしておく必要があります。中型トラックは、旧型の普通免許であれば運転可能ですが、今では中型免許も出ていますので、最近普通免許を取得された方は運転できません。

大型トラックは、普通免許を取得してから3年後に取得することができます。逆に言えば普通免許を取得してから3年間は大型免許の取得が出来ませんので注意が必要となります。大型免許の取得費用は、教習所や合宿所での教習も含めて約20万円~30万円以上と高額ですので、未経験者を募集している会社で免許取得支援制度を採用している会社へ転職されるとお財布にも優しいでしょう。

長距離ドライバー・長距離トラック運転手に休憩はあるの?

長距離ドライバーや長距離トラック運転手が長距離の運転をしている際、休憩はどのようなタイミングで取られているのでしょうか。実は、長距離ドライバーの休憩時間は法律で定められており、「4時間の運転の内30分以上の休憩」が義務付けられています。きちんと休憩を取らなければ、会社が罰せられてしまいますので、休憩は必ず取らなければなりません。

「4時間の運転の内30分以上」若しくは「2時間の運転の内15分以上」ですが、分割で休憩を取ることも許されており、10分×3回や20分+10分などもOKということになります。ちなみに、大手の運送会社ではそれぞれのトラックにデジタコ(デジタルタコグラフ)が装着されており、自動車運転時の速度・走行時間・走行距離などの情報をメモリーカード等に記録していますので休憩をしないとばれます。

長距離ドライバー・長距離トラック運転手は過酷?年収や雇用条件は?【まとめ】

長距離ドライバーや長距離トラック運転手が過酷と言われている理由や年収・雇用条件などをご紹介してきました。長距離ドライバーは長い距離の運転だけでなく、荷物の積み込みや積み下ろし作業も行わなければなりませんので、過酷と言われているようです。転職される際は待遇の良い会社選びをしていってください。

普通免許でトラックは何トンまで乗れる?道交法改正後に運転できる車種は? | MensModern[メンズモダン]

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ