インナーテラスがおすすめの理由!メリット・デメリット&アイデア特集

最近では趣味やゆっくり時間をすごすための空間としてインナーテラスを作る人がいます。ただし、インナーテラスにもメリット、デメリットがあり作る場所によっては全く無駄な空間になってしまいます。おすすめの間取りやインテリアなどアイデアをご紹介しようと思います。

目次

  1. インナーテラスって何?
  2. サンルームやガーデンルームとは違うの?
  3. 中古の物件には作れないの?
  4. 雨の日の強い味方!
  5. これが良かった!
  6. これが悪かった!
  7. 家のどこに作ってるの?
  8. おしゃれにしたい!
  9. 実際に使っている人の感想は?
  10. 休日を優雅に過ごそう

インナーテラスって何?

テラスというと飲食店などのテラス席などおしゃれな空間を思い浮かべますよね。屋外にある地面より一段上がった部分のことを指しますが、インナーテラスとは家の中、または半屋外空間にあるテラスのことを指します。天気に影響されることなく屋外の感覚を味わうことができ、自然光が差し込む空間にすることで冬は暖房いらずの暖かい場所をつくることができます。

雨や風の影響を受けないので、室内干しにも向いており、子供の遊び場として、テーブルや椅子を出してカフェ感覚を味わうことなどアイデア次第で楽しむこともできます。

おしゃれなデザイン家電まとめ!機能性も抜群なおすすめアイテムは? | MensModern[メンズモダン]

サンルームやガーデンルームとは違うの?

最近では、サンルーム、ガーデンルーム、インナーテラスという言葉をききますが、どれも一緒だと思われがちです。サンルームとガーデンルームはほぼ一緒と考えていただいて大丈夫です。インナーテラスとは別ものです。大きな違いは庭側に張り出しているかどうかという点です。

庭に張り出し接近させてアクリル張りにしているのがサンルームやガーデンルーム、一方インナーテラスはリビングの一部に解放感を感じさせる工夫をしています。つまり、家の内側か、外側かで見分けることが一般的なのです。

中古の物件には作れないの?

インナーテラス:中古一戸建ての場合

新築一戸建てを注文住宅で作る際にインナーテラスなどは作りやすいようです。中古一戸建ての場合、間取りの関係で1部屋をインナーテラスとしてリフォームやリノベーションで作る人が多いようです。また、バルコニーが無ければ日当たりさえ良ければインナーテラスを造ることも可能ですし、バルコニーはあるものの奥行きがなく狭い場合もインナーテラスを作ることができます。

インナーテラス:マンションの場合

最近では新築マンションにインナーテラスを取り入れている物件も増えてきています。すでに住んでいるマンション、これから中古マンションを買ってリノベーションしたい人にとってインナーテラスを作るれるのでしょうか。結論から言えばマンションにインナーテラスを作ることは可能です。キッチンの隣にインナーテラスを作ることで家事動線をスムーズにすることができるのでおすすめです。

雨の日の強い味方!

インナーテラスがある子供部屋

子供部屋にインナーテラスが隣接していると雨の日も晴れの日も走り回ってあそぶことができます。子供部屋と段差を少し設けることで、親が座るにはちょうどいい高さ、子供にとってはジャンプするのにちょうどいい高さになります。また、2階にインナーテラスがあると子供が外に飛び出さないというメリットもあり、アイデア次第では子供にとって安全な環境が作れるといえるでしょう。

外だけど外じゃないから洗濯物も安心

アレルギー対策で室内干しをする家庭も多く、梅雨の時期や夕立などが多い夏の時期は屋外で洗濯物を干すのに躊躇してしまいますよね。インナーテラスの最大のメリットは雨の日も安心して洗濯物を干すことができる点でしょう。

これが良かった!

インナーテラスのメリット:家事がしやすい

実際に家にインナーテラスを作った人は、インナーテラスを作ってよかったといっています。家事動線を考え造ることによって洗濯機のある洗面脱衣所からインナーテラスまでの距離が短いため洗濯物を運ぶのに楽だとう言う点です。また、夜でも洗濯物を干すことができ、雨の日も洗濯物を干すことができることもメリットです。作る際は間取りや家事動線を考えるといいでしょう。

インナーテラスのメリット:空調が使える

普通のテラスだと屋外のため、夏は暑く、冬は寒いのでテラスで遊ぶことや食事をとることも気温に左右されてしまいます。しかし、インナーテラスであれば隣接している部屋の空調を頼ることができます。また、たっぷりと自然光を取り入れることで、冬も暖かい場所をつくることができます。

インナーテラスのメリット:人目を気にしなくていい

インナーバルコニーをリビングとつなぐことで使用頻度は高くなるでしょう。その際、テーブルや椅子などを置くことにより、半屋外のプライベート空間を作ることが可能です。特に2階であれば人目を気にせず読書や子供と遊ぶことができます。

ブルックリンスタイルインテリア!おしゃれな家具・雑貨やDIYアイデア | MensModern[メンズモダン]

これが悪かった!

インナーテラスのデメリット:施工費が高い

インナーテラスはテラス部分に屋根があるため、施工費が屋外のテラスと比べて高くなってしまうことがります。また、高くなる理由は断熱材を下にひく必要があるため、屋外のテラスの2倍かかるデメリットもあります。

インナーテラスのデメリット:間違えるともったいないスペース

インナーテラスをつくるポイントとして家事動線が重要ですが、作る場所を間違えるともったいないスペースになってしまう可能性があります。リビングとつなぐことにより日常的に使われることが多くなりますが、それ以外の場所だとおしゃれな空間を作ってもわざわざインナーテラスで何かをするという作業が無い限り使う頻度が低くなってしまいデメリットとなってしまいます。

インナーテラスのデメリット:固定資産税がかかる場合がある

多くのインナーテラスは延べ床面積に含まれます。建築基準法の「床面積」で容積率の対象になるかどうか確認が必要となりますが、もし対象の場合、固定資産税がかかります。

インナーテラスのデメリット:作る場所によっては部屋が暗くなる場 合がある

インナーテラスは便利ですが、採光をとることが難しくなります。天窓を設置することで採光をとることは可能ですが、そうすると間取りによっては隣接する部屋が暗くなる可能があるというデメリットがあります。

家のどこに作ってるの?

アイデア間取り集:1階の場合は仕切りはガラスにして解放感を!

インナーテラスは外と家の中を穏やかにつなぐ役割も持っているため、もし庭など緑があればインナーテラスをガラスで区切ることにより、外と家の中が一体化されているように感じます。

アイデア間取り集:リビングとつなげて活用

リビングとインナーテラスをつなげることにより、日常的にインナーテラスを利用することが多くなります。天気が悪ければ洗濯物を干したり、晴れていればリビングとして利用することができます。

アイデア間取り集:寝室とつなげてホテルライクに

インナーテラスを寝室のすぐ隣に作り、ハンモックを置いて少しお昼寝をしたりするなどホテルのような感覚になります。また、インナーテラスの部分をペットの居場所にしたりするのもいいかもしれません。

アイデア間取り集:半屋外として雨でも楽しく

インナーテラスはベランダと違い天井や壁に囲まれているので、夏の日差しや雨でも大丈夫。スペースも広いので、家具をそろえてカフェのようにするのもいいでしょう。

アイデア間取り集:最上階に作って眺めを楽しもう

マンションや家の最上階にインナーテラスを作ることにより眺めを楽しむことができます。インナーテラスであればベランダと違い風が強くて洗濯物が飛ばされる心配もありません。

アイデア間取り集:階段下に作って土間を演出

階段部分に光を多く取り入れるように設計することにより、階段下にインナーテラスを土間のようにつくることもできます。少しスペースが狭いので、リビングのように活用な難しいですが、ガーデニングや少し物を飾ったりという演出ができます。

おしゃれにしたい!

おしゃれなインテリア:物干し竿

雨の日は洗濯物を干すスペース、来客があればそこでティータイムを楽しむ人にとって物干し竿もインテリアの一部です。わざわざ物干しざおを片付けるのが面倒という人たちは特注で見せる物干しざおを作っているようです。

おしゃれなインテリア:植物

日当たりがいいインナーテラスであれば植物を飾ったり育てたりするのがおすすめです。多くの家具をおかなくても植物を置くことにより一気におしゃれになります。

おしゃれなインテリア:バーベキューセット

インナーテラスでバーベキューができたら素敵ですよね。もしリビングとインナーテラスがつながっているようであれば、準備や片付けもしやすくていいですね。インナーテラスは屋根があるので、雨が降ってきても大丈夫なので安心ですね。

おしゃれなインテリア:屋外用のソファーとテーブル

大雨で多少インナーテラスに雨が入ってきても屋外用のソファーやテーブルであれば濡れても気にすることはないです。(付属のクッションなどは雨が降ったら室内に入れるようにする必要があります)素材も水を吸収しないものとなっているので、汚れてもお手入れが楽です。リゾートホテルのような気分を満喫できるでしょう。

おしゃれなインテリア:ハンモック

ハンモックは天井につるすタイプや、スタンドタイプのものがあります。天井につるすタイプであれば、おしゃれなインテリアの一部になり、スタンドタイプのものであればしまうことも出来るので空間を広く見せることができます。

無印良品のインテリアでお部屋作り!家具のおすすめ実例特集 | MensModern[メンズモダン]

実際に使っている人の感想は?

多くの人はインナーテラスを新築で作るようです。ただ、工務店などのプランでもインナーテラスを作るところは少ないようです。実際にインナーテラスがある家に住んでいる人によると用途は洗濯物を干すのがほとんどのようです。また、インナーテラスを日常生活として活用している方は、ペットがお昼寝場所、晴れた休日にはランチを楽しむ空間、植物を育てる空間として活用しているようです。

休日を優雅に過ごそう

まだまだインナーテラスがある家は少ないですが、雨の日には安心して洗濯物を干せ、また非日常を満喫できる空間、趣味の空間などいろいろ演出することができます。今すぐ戸建てやマンションを買ってインナーテラスを作ろうという人は少ないと思いますが、今後作りたいと思っている人は色々検討して、自分のライフスタイルを妄想してみるのも楽しいかもしれないですね。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ