空気入れは、ダイソーやセリアのものでも使えると言われており話題になっています。自転車のメンテナンスのためにも、空気入れの選び方も掴んでおくと良いと言われています。気になる空気入れの使い方や選び方ポイント、おすすめ空気入れ・ポンプなど合わせてご紹介していきます。

空気入れの使い方や選び方は?100均で売っているのも使えるの?

目次

  1. 空気入れは自転車にマストアイテム
  2. ダイソー・セリアの空気入れに注目
  3. 空気入れを選ぶための種類・選び方ポイント
  4. 空気入れ・ポンプの使い方のコツを知っておこう
  5. 【TOPEAK ターボ モーフ G】
  6. 【SKS レンコンプレッサー マルチバルブヘッド】
  7. 【Park Tool Home Mechanic フロアポンプ】
  8. 【LEZYNE STEEL FLOOR DRIVE BLACK】
  9. 【SERFAS FP-200 フロアポンプ】
  10. 自転車のメンテナンスも空気入れで快適で安心走行へ

空気入れは自転車にマストアイテム

空気入れは、自転車を長持ちさせるためや、快適走行のためにマストアイテムと言われています。空気入れは、ポンプとも呼ばれていて、人気メーカーから自転車用の空気入れ・ポンプの種類も豊富に展開しています。

空気入れは、ダイソーやセリアなど100均でも手に入りますが、果たしてダイソーやセリアなど100均の空気入れでもしっかり自転車に使えるのか心配というかたも少なくないです。自転車をパンクしにくくするためにも、空気入れは重要な役割を果たすと言われています。

自転車の空気入れを、コンスタントにして空気の入り具合などもバランス良くしていくのも大事なポイントです。自転車に長時間乗るかたや頻繁に使うかたは、空気入れも毎回自転車に乗る前に使うかたも少なくないようです。

クロスバイクの空気入れおすすめ人気ランキング!選び方や正しい入れ方は? | MensModern[メンズモダン]

ダイソー・セリアの空気入れに注目

ダイソーやセリアなど100均にも、自転車用の空気入れが販売されているため、利用者も多いと言われていますが、果たしてダイソーやセリアなど100均の自転車用の空気入れが使えるのか、耐久性なども気になるかたが多いでしょう。

実際にダイソーやセリアなど、100均の空気入れを自転車に愛用している方達の声をみてみると、耐久性の面ではやはり長持ちには期待しないほうがいいというかたが多いようです。また、空気も自転車に寄って入れにくいという声もあります

でも、全てのダイソーやセリアなど100均で販売している自転車用の空気入れが、上記のような結果となるわけではないようです。ダイソーで販売している、価格が200円(税抜き)の空気入れだと、空気も入りやすいと言われています。

また、ダイソーやセリアなど100均の自転車用の空気入れは、ロードバイクやクロスバイクではなく、日常生活で使用するママチャリなどに使用する場合には、空気入れの役割を果たしてくれるという声も多いです。

ダイソーの空気入れには、ワンタッチ式の「自転車のワンタッチ空気」という商品もあり、缶スプレー状になっている、携帯するのに便利な数回限定の簡単に空気入れができる商品もあるようです。

子供用バランスバイクの人気商品10選!自転車の練習におすすめ! | MensModern[メンズモダン]

空気入れを選ぶための種類・選び方ポイント

空気入れを選ぶための種類や選び方ポイントもみていきましょう。自転車と言えば、ママチャリを乗っているかたが一般的に見て多い日本は、空気入れも一家に一台あると言っても過言じゃないです。

自転車には、ママチャリだけでなく、最近では普段からクロスバイクに乗られるかたも多いため、空気入れの選び方も種類などに注目しつつ選び方も注意しないといけないようです。空気入れの選び方ポイントとして大事なのは、空気口にあると言われています。

この空気口が、英式、米式、仏式の3つの種類にわかれていて、この3種類が世界展開している種類と言われています。仏式用は基本的に、スポーツ系の自転車に使用される空気入れが多いようです。

また、マウンテンバイクなどタイヤのサイズが太めの自転車には米式用がおすすめされています。そして、普段使いのママチャリなどの自転車に使用されているのが英式用の空気口になっている空気入れです。

自転車のギアの正しい使い方!仕組みや変わらないときの修理法も調査 | MensModern[メンズモダン]

空気入れ・ポンプの使い方のコツを知っておこう

空気入れ・ポンプの使い方のコツを知ることで、快適走行もスムーズになると言われています。中でも、仏式の空気口用の空気入れ・ポンプの使い方は、手こずってしまうかたも少なくないようですので、ここでは、敢えて仏式の空気口用の空気入れ・ポンプの使い方をご紹介していきます。

仏式タイプの空気入れ・ポンプを使用する前に、空気を入れる自転車のタイヤを指でプッシュして空気がどれくらい減っているか、簡単に確認しましょう。また、タイヤがパンクしていないか、ガラスなど尖ったものが刺さっていないかも確認したほうがいいと言われています。

空気入れを使う前に、空気口のキャップを外しましょう。そして、空気口の先っぽ部分を、指でつまんだら、空気口をゆるめ、しっかりゆるんだところでストップするようになっています。空気口をゆるめる作業は重要で、空気入れを使うためにも必要です。

そして、ゆるめたら、先っぽを指で数回プッシュして、残っている少しの空気が抜かします。この作業は、空気をスムーズに空気入れ・ポンプで入れていく鍵となるポイントと言われています。次に、早速空気入れと空気口を接続させて空気が漏れないようにはめます。

空気入れを空気口に差し込み終えたら、ロックをかけ固定して空気入れを開始します。自転車に寄って、空気の入れる量も変わってくるため、タイヤに記してある空気の量を確認しつつ空気を入れていきましょう。空気入れが完了したら、レバーを空気入れを空気口から斜めにならないように取り外して、空気口の先っぽを8割くらいの締め感覚で絞めてキャップをして完了になります。

かっこいい自転車特集!おしゃれな定番からマニアックまでおすすめの選び方 | MensModern[メンズモダン]

【TOPEAK ターボ モーフ G】

自転車に必須アイテムの空気入れ・ポンプおすすめ①

自転車に必須アイテムの空気入れ・ポンプおすすめ①は、TOPEAK ターボ モーフ Gです。TOPEAK ターボ モーフ Gは、空気入れを携帯して自転車走行をしたいというかたにおすすめの空気入れ・ポンプです。

TOPEAK ターボ モーフ Gは、35cmサイズで、携帯用でも普通の空気入れ・ポンプのように地面に立てながら空気入れができる便利なアイテムです。機能性にも優れていて、空気圧計も装備されていてコンパクトサイズなため、価格もそれなりにします。

TOPEAK ターボ モーフ Gの気になる価格は、参考価格が5,508円ですが、通販サイトのショップに寄っては、多少なりとも割引価格で販売しているショップも多いです。便利な仏式と米式の2タイプに使用が可能です。

自転車の送料・配送方法を徹底調査!一番安いのは宅急便?引っ越し業者? | MensModern[メンズモダン]

【SKS レンコンプレッサー マルチバルブヘッド】

自転車に必須アイテムの空気入れ・ポンプおすすめ②

自転車に必須アイテムの空気入れ・ポンプおすすめ②は、SKS レンコンプレッサー マルチバルブヘッドです。SKS レンコンプレッサー マルチバルブヘッドは、ドイツの歴史あるメーカーであるSKSから発売されている空気入れ・ポンプということもあり人気を集めています。

SKS レンコンプレッサー マルチバルブヘッドは、長い間ロングセラーの愛着わく空気入れ・ポンプと言っても過言じゃないでしょう。バーツの交換などメンテナンスをすることで、長持ちする空気入れ・ポンプでもありま

SKS レンコンプレッサー マルチバルブヘッドの気になる価格は、参考価格が12,960円ですが、ショップに寄っては10,000円以下で販売しているところもあるようです。見た目もスタイリッシュでおしゃれな空気入れ・ポンプをお探しのかたにもおすすめされています。

自転車用スマホホルダーおすすめまとめ!人気の理由や使いやすさを調査 | MensModern[メンズモダン]

【Park Tool Home Mechanic フロアポンプ】

自転車に必須アイテムの空気入れ・ポンプおすすめ③

自転車に必須アイテムの空気入れ・ポンプおすすめ③は、Park Tool Home Mechanic フロアポンプです。Park Toolは、自転車のプロ御用達とも言われている信頼性の高いメーカーであり、Park Tool Home Mechanic フロアポンプは、使いやすさ抜群と人気です。

収納もコンパクトサイズに折りたたみが可能なので、サイクリングの際に持ち運びしやすいというかたも多いおすすめの空気入れ・ポンプ。Park Tool Home Mechanic フロアポンプの気になる価格は、3,600円ほどで通販にて販売していて人気です。

街乗り用の自転車でおしゃれなおすすめは?選び方や乗り方も紹介 | MensModern[メンズモダン]

【LEZYNE STEEL FLOOR DRIVE BLACK】

自転車に必須アイテムの空気入れ・ポンプおすすめ④

自転車に必須アイテムの空気入れ・ポンプおすすめ④は、LEZYNE STEEL FLOOR DRIVE BLACKです。LEZYNE STEEL FLOOR DRIVE BLACKは、空気入れ・ポンプには珍しい、木製のハンドルを採用しているのが特徴でおしゃれなデザインです。

空気口との接続もしやすく、簡単に取り付けをしたいかたにもLEZYNE STEEL FLOOR DRIVE BLACKは一役買ってくれるでしょう。空気圧のコントロールもしやすいのも人気の理由となっているようです。

LEZYNE STEEL FLOOR DRIVE BLACKの気になる価格は、15,000円前後で通販にて販売しているようです。ショップに寄って、価格が上下しているので予めいくつかショップをチェックしておくといいかもしれません。

折りたたみ自転車の最軽量は?コンパクトなおすすめ商品を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

【SERFAS FP-200 フロアポンプ】

自転車に必須アイテムの空気入れ・ポンプおすすめ⑤

自転車に必須アイテムの空気入れ・ポンプおすすめ⑤は、SERFAS FP-200 フロアポンプです。SERFAS FP-200 フロアポンプは、色にもこだわりを持つ自転車愛好者におすすめの空気入れ・ポンプです。

SERFAS FP-200 フロアポンプは、8色展開していて、空気圧のチェックも空気入れをしている最中に見やすいハンドル付近に取り付けられているのも魅力です。SERFAS FP-200 フロアポンプは、ママチャリなどにも便利な英式用の空気入れ・ポンプになります。

SERFAS FP-200 フロアポンプは軽量なので、使いやすいと言われており、コスパにも優れていると人気です。SERFAS FP-200 フロアポンプの気になる価格は、参考価格が4,104円ですが、通販サイトのショップに寄っては、もう少し低価格で販売しているショップもあるようです。

自転車のペダル交換のやり方・必要な工具まとめ!コツやポイントは? | MensModern[メンズモダン]

自転車のメンテナンスも空気入れで快適で安心走行へ

自転車のメンテナンスやタイヤのパンク予防のためにも、空気入れ・ポンプは重要アイテムと言われています。ダイソーやセリアなど100均で自転車用の空気入れを購入するかたもいらっしゃれば、本格的な空気入れ・ポンプにこだわるかたも多いです。

是非この機会に、自転車を快適走行するために空気入れ・ポンプの選び方など参考にしてみてください。清々しいサイクリングや日常生活につながること願っております。


評価 3.7/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ