子供の保険は何が必要?医療保険の比較ランキング【2018年度版】

子供が何事もなく健康に育ってくれることはとても大事なこと。誰しも親なら健康で何事もなく大きくなってほしい。しかし、何かあった時のために子供のためにも保険など備えておくことは必要。そこで今回は、子供の保険について、今から備えられることを紹介していこう。

目次

  1. 子供の医療保険は必要なのか?
  2. 子供の保険にはどんなタイプのものがある?
  3. 子供の学資保険と医療保険の違いってなに?
  4. 子供の医療保険に入る時期はいつがベスト?
  5. 5位 掛け金の安さと制度のシンプルさがメリット
  6. 4位 素早く親切な対応も魅力!プランを細かく選べる点も大きなメリット
  7. 3位 規模も大きく安心感も大きい!入院限度日数が選べるのもうれしい
  8. 2位 子供の重度な症状や最悪のケースに備えられる!
  9. 1位 掛け金が安く保険金の請求も簡単で手間がかからない!
  10. 子供のことを第一に考えて万が一に備えよう

子供の医療保険は必要なのか?

子供が産まれたきに医療保険のことは考えただろうか。親の医療保険は考えたことがあったとして、子供のことは考えないという人は意外にも多い。その理由には、子供の医療費はそもそも安いからという理由があるからだ。ほとんどかからない医療費だからこそ、今はまだ大丈夫だと感じる親は多い。それは数字にも表れていて、出産時に子供の医療保険加入を考えるのは約半分程度。

とはいえいざ入院となったら様々なお金がかかることはわかっているが、本当に子供の医療保険は必要なのだろうか。入るべきなのかというと、実は必ず入ったほうが今後のためにはなる。子供は確かに乳幼児医療の助成があり医療費が無料、またはかかったとしても、少額だから保険は必要無い。

子供の医療費に関しては、就学前や小学生までなど自治体によって様々だが無料のところが多いのも事実だ。しかし、万が一大きなけがや入院や通院などの医療費以外の項目でいろいろなお金がかかることになる場合、この医療費控除だけでは賄うことは難しい。より具体的な例を挙げると交通費や食事代、また、入院時の個室にした場合や差額、付添人の食事代などだ。

さらに言えば、例えばお母さんが付添人だとして、しかしパートなどその時点で働いているとすれば、子供の入院には付き添いが必要になるので、仕事を休んで付き添うことになる。その場合、仕事を休んでいるために給料は減り、出費が増えることになる。無料だから大丈夫とはいいがたい大きな問題ととらえられるだろう。

子供の保険にはどんなタイプのものがある?

【子供の保険タイプ①】医療保険

上記の問題から、ではどのような保険制度があるのかを見ていこう。まず大きく分けて子供の保険というと医療保険と学資保険の二つがある。まず医療保険とは、主に子供の医療保障に重点を置きながら子供の万が一の病気やケガに備えるためのものだ。また他にも、万が一他人の子供にケガをさせてしまったときの保障を目的とした子供保険も含まれる。

子供の身の回りについての保障に重点を置いたもので、教育資金を準備することを一番の目的にはして以内のが特徴だ。しかし、近年では、医療保険とはいながらも、医療だけの保険制度に特化せず、教育資金などの資金準備のためも兼ねている保障が充実しているものも多くあるので勘違いも多い。

【子供の保険タイプ②】学資保険タイプ

次に学資保険とは、教育費のための資金を積み立てることを一番の目的としたものだ。また、それに加え、子供の万が一の死亡や病気やケガをした時の医療費などを確保するためのものでもある。さらに言えば、子供だけでなく、保険の契約者となる尾やが万が一死亡した場合には死亡保険金や被保険者への育英年金が支払われる炉言う保証がついているものもある。

その他にも、特約をプラスで結ぶことで色ろな制度を利用できる商品も多いが、ひとまずは基本的にはこのないようになる。基本的には、教育資金を積み立てることが主目的になるので、医療費制度の保険は二の次になるという形だ。

子供の学資保険と医療保険の違いってなに?

では、子供の医療保険と学資保険の違いとは何なのだろうか。それぞれのメリットを抑えながら見ていこう。まず先ほども言ったように、医療保険はあくまでも主目的は医療保障に重点を置いた保険であるということであり、学資保険や教育費確保のための備えるためを目的とした保険であるということだ。

それぞれのメリットはあるが、まず大きな違いとして、その保険の製品によっても差はあるが、給付金を受け取れるタイミングが違う。一般的な学資保険は、私立の大学を受験する時に資金が必要と考える人が多いため、満期の年齢を高校卒業時に合わせている商品が多く目立ち、資金が必要なときに合わせて給付金を受け取れるもので、貯蓄性が高いことが大きなメリットだ。

中学受験や高校受験の時にもまとまった資金が欲しいと考える人のために、保険期間満了までにも何回かに分けて給付金を支給する学資保険も少なくないのだ。また、製品の中には医療保険を兼ねているものもあり、それであれば、医療方面の保険も兼ね備えることができる。それと比較して、医療保険はあくまでも医療に関することで、入院などには備えられる。

しかしながら、入院などが起きた場合に受け取れるということで、そのお金は入院など万が一のことがなければ基本的にはもらえない。要は掛け捨ての面が大きいため、積立性は少ない。貯蓄性は学資保険と比較して低いといえるだろう。しかし、メリットもあり、製品によっても違うが、少ない掛け金で備えることが可能な点もある。

しかし、先述したとおり、近年では、お互いの保険がお互い同士の面をカバーしあって活用できる保険製品も多く出ているので、例えば、学資保険でも医療保障が整っているところもあるし、医療保険でも学資保険としての一面を持つものもある。なので、比較すると一概にどちらの方がメリットが大きいとはいにくいので、製品をしっかりと比較して検討する必要があるといえる。

子供の医療保険に入る時期はいつがベスト?

それでは、そんな子供の医療保険に入る時期はいつがいいのだろうか。ベストな時期を紹介していきたいと思う。まず基本的に覚えておいてほしいのが、実は子供の医療保険は生まれる前から入ることができる。これは出生時にもしも病気を持っていると、その病気に医療制度が使用できるからだ。万が一、生まれてすぐに重大な疾患が見つかれば、それで入院治療となると保険には加入できない。

大人と同様に医療保険は健康なうちにしか入れないので、加入するなら生まれてすぐか生まれる前に前もって入れ説くことがメリットは大きいといえるだろう。出産時には、そんな保険のことで改めてお母さんとお父さんの間で時間を作って話す必要は大きい。子供のためにも備えておくことにしよう。

5位 掛け金の安さと制度のシンプルさがメリット

オリックス生命 医療保険 新CURE

それでは、子供の医療保険の具体的な製品を紹介していこう。それぞれの製品のメリットなども含めて紹介していくので、比較しながら見ていってほしい。まずはオリックス生命からの子供医療保険だ。こちらは、6歳から加入が可能で、掛け金も1000円ほどで入院一日当たり5000円程度の補償からある。手術給付金も入院中であれば10万円通院、通院だと25000円受け取れる。

何度もこの医療保険は他のランキングサイトや雑誌で1位になったこともあるので、比較的信用度も高く、保険商品としての品質もいいということがうかがえるだろう。その掛け金の安さも魅力的で制度のシンプルさも複雑でなくうれしい。将来的なガン補償までついたプランにすれば終身で加入することもでき安心が続くことも長所といえるだろう。

4位 素早く親切な対応も魅力!プランを細かく選べる点も大きなメリット

アフラック ちゃんと応える医療保険EVER

お次に紹介するのが、アフラックの医療制度。こちらは年齢や性別によって変動するが、おおよそ965円~1,385円の掛金で入院一律5日分25,000円、6日目以降1日当たり5,000円のの補償を受けることができる。また、病気後の通院も1日当たり3,000円が給付されるので比較的安心感も大きいといえるだろう。

外資系の保険会社も手続き等は簡単で早いとの事で、こちらの保険は、通院ありのプランと通院無しのプランで休符の限度日数を選べるのも大きな魅力だ。掛け金も安いので、最低限の掛け金でよいという人にはおすすめの保険。

3位 規模も大きく安心感も大きい!入院限度日数が選べるのもうれしい

JA共済

次はJA共済だ。こちらは、0歳から5歳は月2,300円からの掛金で、入院1日当たり5000円と入院見舞金25,000円が給付を受けることができる。6歳からは月5,000円からの掛金で入院1日当たり10,000円と入院見舞金50,000円もらえるので、比較的もらえる期間や金額は長めだといえるだろう。

さらに加えて、手術や放射線治療の場合10万~20万の保障もある。こちらは終身タイプの保険となる。メリットとしては、入院限度日数が選べることもだが、なによりJAは団体の規模も大きくその点でも安心感が大きいのがうれしい。

2位 子供の重度な症状や最悪のケースに備えられる!

コープ共済

2位にランキング入りしたのがコープ共済だ。月1,000円の掛金で入院1日当たり6,000円、ケガ通院1日当たり2,000円の補償を受けられる。また、後遺症や重度障害、子供や契約者の死亡などへの保障もしっかりとカバーしている。第三者への損害賠償も付けられ、上限1億円で手厚いものが月々170円でつけることができる。

赤ちゃんの頃は大きな病気が心配だが、少し大きくなると今度は集団生活の中で怪我が多くなり心配も種類が変わって大きくなるもの。そんな時でも掛け金がお手軽なのはありがたい。さらに、第三者への損害賠償までつけることができるのはうれしい限りだろう。

1位 掛け金が安く保険金の請求も簡単で手間がかからない!

都道府県民共済

最後が、都道府県別の県民共済だ。月1,000円の掛金で入院1日当たり5,000円、ケガ通院1日当たり2,000円の補償となっており、第三者への損害賠償は上限100万円となっている。後遺障害や重度障害、子供や契約者の死亡等への補償も手厚いので、掛け金が安いながらも手厚いのがうれしい。さらに、手続きも比較的簡単なので、良いという評判も多い。

子供のことを第一に考えて万が一に備えよう

子供の医療のことを考えて、これからのことを考えると費用の面はどうしても心配になる点。それでなくとも、子供にはいつまでも健康でいてほしいが、いつ何があるかわからないもの。その時のためにできるだけの備えはしておきたいというのが親の願いだろう。いざという時のために備えられるいいものを見つけて加入しておこう。

子供にかかるお金は総額どれくらい?一人分の費用平均【保存版】 | MensModern[メンズモダン]

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ