寝心地のいいベッドといえば、エアーベッドが思い浮かぶ人も多いだろうが、実はそのエアーベッド買うならドンキがおすすめといわれている。コストや必要となる状況に合わせて購入できるドンキ。今回は、ドンキでエアーベッドを購入するそのおすすめの理由を探っていこう。

エアーベッド買うならドンキがおすすめ!寝心地やメリット・デメリットは?

目次

  1. そもそもエアーベッドとは?
  2. ドンキのおすすめエアーベッド エアーベッドシングル
  3. 大きいサイズもドンキなら手に入る! エアーベッドダブル
  4. 手軽に膨らませられるのも需要!ドンキのワンミニッツエアーベッドシングル
  5. ドンキのエアーベッドの使い方を紹介
  6. 定期的にエアーチェックすることをおすすめ!
  7. ドンキのエアーベッドを選ぶメリットは?
  8. 常用するかどうか・・・心配になるデメリット
  9. 必ずしもすべてに電動ポンプがついているわけではないので注意を!
  10. エアーベッドを購入するならドンキがおすすめ!

そもそもエアーベッドとは?

近年、寝心地を考えて様々なベッドが存在する。宇宙空間にいるような形が里絡子できるということで、その宇宙空間を実現できるようなベッドもあれば、一世を風靡したウォーターベッドなど様々な体にいい効果をもたらす、リラックスできるベッドがたくさんある。そんなベッドもさらに進化しており、いろいろなベッドは今や沢山ある。

そして、そんなベッドや布団wを選ぶ中で、どこのお店で選ぶかも重要。ひいきにしている布団屋さんなども今や少なく、大きなショッピングモールの中での布団を飼うことや家具のお店で購入できることもあり、とても手に入りやすくなっている。中には自分だけのオーダーメイドがあるほどだ。そんな中、近年注目を浴びているのがドンキでのエアーベッドだ。

使い心地もよく、コスパも最高で、重要な寝心地も申し分ないと言われている。また、ドンキであれば、手ごろで手に入るということもあり、エアーベッドの使い勝手の良さと相まって人気が高まっているようだ。しかし、そんなドンキのエアーベッドもメリットばかりではない。もちろんだが、デメリットもある。

そこで今回の生地では、ドンキで購入できるエアーベッドがおすすめされる理由やメリット、実際に使用した人の声を参考にしたデメリットなども踏まえて紹介していこう。これからのベッド選びの参考にしてほしい。ではまず、そもそもエアーベッドとはなんなのかを詳細に説明していこう。そもそもエアーベッドとは、空気を入れることで完成する簡易式ベッドのことだ。

空気を入れる前はしぼんでいるが、空気を入れることで膨らみ、一瞬にして厚みのあるベッド状態にすることができるのだ。もちろん人が寝られる十分な大きさを持っており、寝心地も布団を重ねただけの薄いものよりも、空気がある分ふかふかの寝心地に近くなる。高級ベッドとまではいかないがそれなりの寝心地は十分実現できるというわけだ。

空気を入れていない状態ではとてもコンパクトになるので、持ち運びにも便利で、アウトドアでテント内で活用する人もいるくらいなので、非常に便利な簡易ベッドとして注目を浴びている。また、その利便性をもっていながらかなり値段設定は安い。数千円で購入できるものがほとんどなので、コスパを重視している人はとても重宝するだろう。

準備も簡単で、空気を入れればいいだけなので、アウトドアはもちろん家での使用もかなり使い勝手がいいだろう。エアーベッドは簡易的でありながらも寝心地も使い勝手も充実した便利アイテムなのだ。

ドンキのおすすめエアーベッド エアーベッドシングル

そんな魅力あふれるベッドになるエアーベッドだが、なぜドンキで購入するのがおすすめなのか、その理由を探るが、その前に、ドンキで手に入るエアーベッドの商品ラインナップを紹介しよう。まずは、エアベッドシングルのこちらの商品だ。ドンキで手に入るこちらの商品は、高速で空気を入れるハイスピードパワーエアポンプを取り付けたモデルで、質の高い睡眠を提供するための工夫が施されている。

この商品のおすすめポイントは、一つは触感だ。エアーベッドシングルの表面をできるだけ肌触りが良いように仕上げられており、エアーによって生み出される弾力と共に、良質な睡眠を生み出す環境を生み出してくれている。また、おすすめポイントはもう一つあり、それが材料だ。このエアーベッドに使用されるクリアコイルの不純物が少なくされている。

そのため、エアーベッド全体の品質が向上し、寝心地をより高い水準へ高めてくれているのだ。このクリアコイルに使用されている素材が透明なビニールということもあり、耐久性も向上している。家での使用も可能だが、キャンプや車中拍での使用も想定されており、。幅や長さが広めの3列シートの車で使用すれば、その効果は絶大だ。

大きいサイズもドンキなら手に入る! エアーベッドダブル

二つ目に紹介するドンキで手に入るエアーベッドがこちらのダブルサイズベッド。シングルサイズの大きなバージョンといっていいものだ。エアベッドシングルをそのまま大きくしたサイズということもあり、ハイスピードパワーポンプはもちろん内蔵されているので、使い勝手の抜群さはそのままに触感なども残っている。寝心地は高品質のクリアコイルで保証されているので、寝心地抜群。

耐久性も同様だ。また、恋人・家族と一緒に共有される方々におすすめできる点もポイントだ。平らな場所を確保できる自動車などで使用することも可能で、車での長距離移動や車中泊などでもおすすめ。口コミでも実際に車中泊で使用した人も多数いるようだ。布団一式を購入する代わりにこのエアーベッドで来客用として対応する人も多いのだとか。

手軽に膨らませられるのも需要!ドンキのワンミニッツエアーベッドシングル

続いて紹介するドンキのエアーベッドがワンミニッツエアーベッドだ。こちらはその名の通り1分でエアー注入を完了する高性能なエアーベッドとなっている。こちらも質の高い睡眠を提供してくれることで有名。おすすめのポイントとしては、一つ目は触感。表面をできるだけ肌触りが良いように仕上げ先述したシングル同様にくつろげるベッドを実現している。

また、材料も工夫されていて、上記同様にクリアコイルの不純物が少なくされている。また、もう一つの魅力が、富なカラーバリエーションにある。来客者ごとに色分けしておくのもいいだろう。もちろん、ここで紹介したエアーベッドには、かけ布団などの布団一式は付属していないので、他にも買いそろえるものは沢山あるが、しかし、布団だけの睡眠とはかなり質の違うものが得られるはずだ。

ドンキのエアーベッドの使い方を紹介

ドンキのエアーベッドの空気の入れ方

それでは、そんなドンキのエアーベッドの使い方を紹介していこう。といってもそこまで難しい手順はない。中身を確認して、取扱説明書にキット内容が記載されているので、不足なく入っていることを確かめてから空気を入れるだけだ。この際に、内蔵しているエアーポンプがあればそちらを使用しよう。コンセントをプラグにさして、エアーポンプのスイッチをオンにして空気を入れる。

ある程度空気が入ったらスイッチをオフにして後は栓をするだけだ。これだけでエアーベッドの膨らます操作は終了。内蔵型であれば、本当に膨らます時間は数分程度で終わることだろう。

空気の抜き方は?

次に空気の抜き方についてみていこう。空気を抜く際も特別難しいことはなく、空気を抜く専用の穴、キャップのようなものがあるので、そこから空気を抜くだけだ。そこに刺さっているゴム栓を抜くことで空気が抜ける仕組みになっている。ゴム栓ンを抜く際には壊さないように。

定期的にエアーチェックすることをおすすめ!

ドンキのエアーベッドに限らずであるが、エアーベッドを使用するにあたって、できるだけ定期的にエアーチェックをすることをおすすめする。これは空気を入れた後は、少しずつ空気が抜けてしまう可能性があるからだ。エアーベッドに寝てみて、少し柔らかいと感じるようであれば、空気を入れて調整しよう。ドンキで購入したエアーベッドに限らずこれは必要なことなので不安の心配は特にない。

ドンキのエアーベッドを選ぶメリットは?

【ドンキのエアーベッドのメリット①】収納コンパクト

それではドンキでエアーベッドを購入するそのメリットは何のかを見ていこう。まず鈍器で選ぶ理由が収納のコンパクトさだ。特にドンキに限らずではあるが、エアーベッドを購入した後は、空気を抜けばコンパクトにすることができる。不必要な時は、小さくして収納することができるというわけだ。これによって定期的な片付けなどもより効率的にできるというわけだ。

さらに、これと同時に持ち運びも簡単なので、アウトドアはもちろんだが、自宅内でも就寝場所を手軽に気分に合わせて変更できる点が大きな利点となる。これはちょっとしたことだが、うれしいメリットになるだろう。

【ドンキのエアーベッドのメリット②】電動ポンプで楽々空気入れ

次に、ドンキのエアーベッドならではのメリットがこの電動ポンプで空気入れが楽にできる点。電動ポンプを内蔵している商品であれば、約60秒くらいで空気を入れ終わることが出来、体力を無駄に使用することは決してない。電動ポンプの受容性がわかることだろう。

常用するかどうか・・・心配になるデメリット

しかし、ドンキのエアーベッドがいくらいいところが多いからといってけっして不満がないわけではない。使用した人の中には、使ってはじめてわかるデメリットも挙げている。そんなデメリットを紹介していこう。まずは常用するかどうかにあたり、空気の抜き入れを毎日行えるかどうかの問題だ。

寝心地は十分なものがあるが、本来空気式なので、使用後は空気を抜いてスッキリ片づけるということも可能なわけだが、けっしてそれはお勧めできない。というのも、空気入れのタイプなので、どうしても空気を抜き差しする時にゴム栓に負担がかかり、経年劣化を招く可能性が高まる。何度も毎日のように空気の抜き入れを繰り返しているとなおさらだろう。

また、懸念点として破裂しないか少し不安になるという声も上がっている。エアーベッドはもちろん簡単には破裂しないように作られているが、初めて利用する人であれば、個人差もあるが少し上に乗るときに心配になるという声もあるようだ。ゴム栓のことも合わせて少し心配が頭をよぎるといった程度のことだ。

必ずしもすべてに電動ポンプがついているわけではないので注意を!

次にデメリットで上げられるものが、ドンキで手に入るすべてのエアーベッドに電動ポンプが内蔵してあるとは限らないというデメリットだ。内蔵型であれば、確かにくうきを入れることは非常に簡単なのだが、これは内蔵型であればの話。すべてではないんので、空気を入れるスタイルはどうなっているのか確認は一応しておこう。

エアーベッドを購入するならドンキがおすすめ!

エアーベッドを購入するなら、どんきがおすすめという理由をここでは紹介してきた。エアーベッドはそもそも寝心地を快適になるよう作られているので、エアーベッドは使い心地は抜群だろう。後はどこで購入するかだ。ドンキのエアーベッドであれば、寝心地だけでなく、使い勝手や茎の入れやすさなどかなり配慮がされている。エアーベッド選びにぜひ生かしてベストなものを購入してほしい。

エアーベッドのおすすめ人気ランキング!メリットや寝心地など口コミを調査 | MensModern[メンズモダン]

評価 4.4/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ