ランドナーは旅におすすめできる自転車!長距離向きロードバイクの魅力とは

自転車の旅はとても楽しく、自分でこぎながら見る景色は非常にいいもの。そんな自転車旅におすすめの自転車がランドナーといわれる自転車。他の自転車にはない魅力あふれる走行性と機能性を持っている。そこで今回は、自転車度におすすめのランドナーの魅力について紹介しよう。

ランドナーは旅におすすめできる自転車!長距離向きロードバイクの魅力とは

目次

  1. 自転車度におすすめ!ランドナー!
  2. とにかくすごい積載量が魅力!ランドナーが旅におすすめの理由
  3. 泥除け装備!うれしいランドナーの機能
  4. 自転車旅の疲労も少ない!?ランドナーハンドルについて
  5. 高剛性のフレームもランドナーの自転車旅に役立つ特徴
  6. 輪行が可能なのもランドナーならでは!
  7. ランドナーであればトラブルの対応力も高い!
  8. 自由度の高さが魅力!ランドナーが自転車旅に向いてる理由
  9. ランドナーはオーダーメイドしないとダメ?
  10. ランドナーといえばこれ!定番の自転車を紹介!
  11. 快適な走行性能を大事にしたい人におすすめのブランド
  12. 自転車旅といえどもおしゃれさは大事にしたい!
  13. 旅はしたいけれどコストは押さえたい!おすすめのランドナー
  14. 【注意】大型自転車屋ではほぼ扱っていないって本当?
  15. ランドナーを使っての自転車旅は非常に快適!

自転車度におすすめ!ランドナー!

自転車旅には興味があるだろうか。近年自転車で旅行なども人気が高まりロードバイクやクロスバイクでの旅を好んで行う人が増えてきた。旅までの距離は日帰りから長距離のものまでさまざまだが、自転車での旅には車では味わえない面白さがあるということで非常に人気が高まっているのだ。

しかし、ただ自転車で旅をするといって、それにふさわしい自転車である必要がある。ただママチャリなどの自転車では、荷物の積載能力も低く、また走行性能が高い自転車も近年登場してはいるが、あくまでサイクリング用として使えるだけで、まだまだ長距離走行の旅行まで対応できているとはいいがたい。自転車選びにも意識をする必要があるということだ。

そこでそんな自転車度におすすめできる自転車がランドナーと呼ばれる自転車だ。この自転車であれば、長距離の自転車旅でも祷文対応でき、もちろんサイクリングなどでも活躍することを期待できる非常に自転車旅におすすめの機種なのだ。そんなランドナーの魅力は、まだまだこんなものではない。そこでこの記事では、自転車旅に最適なランドナーの魅力を徹底紹介していこう。

かっこいい自転車特集!おしゃれな定番からマニアックまでおすすめの選び方 | MensModern[メンズモダン]

とにかくすごい積載量が魅力!ランドナーが旅におすすめの理由

まずはランドナーがどんな自転車なのか紹介しよう。その魅力とはいったい何なのか。まず最も注目すべき点が、とにかくすごい積載能力だ。自転車旅ともなれば積載能力は非常に重要な点だ。車の旅などで必要となるアイテムを絞り込んで持っていくとはいえ、すべて自転車に積んで移動する必要がある。積載能力を備えていない自転車であれば、まともに走ることも不可能だろう。

そこでこのランドナーであれば、荷物の積載性能が抜群に高いのだ。ランドナーは旅をするために生まれてきた自転車といわれており、大量の荷物を載せることができるのだ。この積載量は走行性能にも関わる。自転車の旅ともなると荷物の量が増えれば当然走行性能に仕様が出るのが普通なのだ。

例えば、ママチャリなどでも積載可能量は20キロ程度までは可能だ。しかし、それを持ったまま長距離を走行するとなると話は変わる。走行する道も、場合によっては整備されていないケースもあるだろう。そのような場所では荷物が重くなれば衝撃も増える。ママチャリでは、この状況には耐えることができない。また、他の自転車でも同じだ。

いくらサイクリング様にカスタムされた、設計された自転車でも、ランドナーのように積載した状態で走行することを想定していなければ旅は大変難しいといえる。ということで、積載した状態で長距離走ることに耐えられるように、ランドナーは耐久性に優れているということなのだ。それではいったいどれくらいの荷物を載せることができるのか。

重量について調べると、後輪と前輪で積載可能量は違う。前輪は最大20キロ程度まで可能で、後輪に至っては40キロまで最大積載量を備えているということなのだ。よく目にする自転車の横に荷物をサイドバッグに入れて移動している自転車を見かけることがあるが、なんとランドナーの場合、前輪後輪ともにそのサイドバッグをフル装備しても安定走行可能になる。

それほどタイヤの方の耐久性も高い。さらにフロントバッグやサドルバッグ、後輪のキャリアの上と、積もうと思えばいくらでも詰められるのがランドナーの大きな特徴だ。もちろんここまで積んでも耐えられるタイヤとフレームを装備しているからこそこの積載量を実現できる。タイヤのパンクの心配も少ないので、世界中を旅するサイクリストに愛されるわけである。

街乗り用の自転車でおしゃれなおすすめは?選び方や乗り方も紹介 | MensModern[メンズモダン]

泥除け装備!うれしいランドナーの機能

ランドナーの魅力はもちろん積載量だけではない。それを実現するタイヤやフレームの強度だけでもない。その魅力には泥除け装備という、一見するとなんでもなさそうな装備も魅力なのだ。その理由は、特に長距離走行においてはこの泥除けが非常に重要なパーツになるからだ。というのも、自転車旅匂いては、時に未舗装道路を走るタイミングも多々ある。他にも雨の中を走ることもある。

さらには、タイヤむき出しで砂の上を走ったり、水たまりの上を走ったりすれば、大量の砂ほこりを浴びたり、泥や水しぶきを浴びることもある。こうなればカバンだけでなくドライバーの服まで汚れてしまうなんてことも考えられるのだ。そんなとき、泥除けがあるだけで、長距離走行時の安心感は全然変わってくる。また、ランドナーの場合は、最初泥除けが装備されていなくとも後から装備も可能となる。

自転車旅は車と違って、天候に非常に左右され影響を受けやすいもの。そんな天候に左右されずに快適に走行できることは非常に重要なポイントだ。旅先で天気が悪いからと、いつまでもそこで待機するわけもいかないからだ。そんな状況にならないためにも、この泥除けは非常に役立つ重要パーツであるということがわかり、装備しているランドナーのすごさがわかる。

自転車旅の疲労も少ない!?ランドナーハンドルについて

次に自転車度にランドナーがおすすめの理由として上げる魅力が、ハンドルについてだ。実はハンドルにも、長距離走行や旅に向いたハンドルというものがあり、これが違うとやはり快適さにおおっく差が出てくる。ランドナーならではの特徴が、ロードバイクなどと同じように多彩なハンドルポジションの取れるドロップハンドルを採用しているということだ。

このハンドルは、一般的なストレート型のハンドルに比べてあらゆるポジションを取ることができ、自然な形で前傾姿勢を取れるので、何よりも疲労軽減効果に優れているのだ。中にはさらにポジションの自由が効く蝶ハンドルを採用しているタイプもある。また、フロントバックに干渉しないように外側に少しハの字型に開いているところもポイントだ。

ロードバイクであれば、このハンドルはスピードを向上させる目的が強いが、ランドナーの場合は、量の荷物を積載するため疲労軽減する目的の方が強い、実際に自転車で長距離を走ってみると、色々なポジションを握れるだけでかなり走行が楽に感じるというのだ。

高剛性のフレームもランドナーの自転車旅に役立つ特徴

ランドナーの魅力はまだまだある。それは大量の荷物を積載可能にしている理由でもある。高剛性のフレームだ。一般的にアルミ・カーボンなどと比べて強度のあるクロモリと呼ばれる素材のフレームが採用されているのだ。この素材は、鉄製なので重量は増すが、長距離でも耐えられるように、剛性が高いのが最大の特徴だ。

低価格帯の自転車は大半がアルミ素材を採用しており、軽量だが衝撃を吸収しづらいために硬い印象が見受けられる。しかし、クロモリは素材自体が柔軟で、しなやかなため悪路走行にも向いているのだ。このフレームの効果で、大量に荷物を載せた状態でも長距離安定走行が可能になるというわけだ。

また、もう一つの特徴として、鉄製なので万が一破損しても修理可能という点だ。フレームが大破でもしない限りは、大丈夫。ちょっとしたわれ等であれば、鉄工所で修理してもらえる可能性は十分ある。もちろんクロモリは基本的に鉄なので、それなりのデメリットもある。それがアルミなどと比べて錆びやすいという点。これは弱点だが、しかし自転車で長距離走行するのならば購入する価値は高い。

輪行が可能なのもランドナーならでは!

このランドナーは、クロモリを素材に使って高い剛性をもっていることももちろんだが、もう一つ輪行が可能という点も大事なポイントだ。輪行とは、自転車を一度解体して袋に入れた状態で電車や飛行機などに乗せ、サイクリングの出発地点で再び組み立てることだ。クロスバイクやロードバイク同様にランドナーもそれが可能となっている。

ャリアや泥除けは考慮して分解できるように設計されているので、見た目以上にスッキリ収納できてしまうのだ。大量の荷物を載せることのできる高剛性なフレームだが、実際に外してみるとコンパクトに収納でき分解できる輪行能力まであるので、ランドナーの旅は場所を選ばない。これは自転車の旅好き、特に離れた場所も自転車で旅したい人にとっては非常に大きなポイントとなるだろう。

ランドナーであればトラブルの対応力も高い!

そして重なのは先ほども少し触れたトラブル時の対応能力だ。実は、ランドナーはパーツの互換性が高いことも大きな魅力だ。日本一周やそこまでいかなくとも長距離移動する人にとって自転車トラブルというものはつきもの。タイヤがパンクしたり、パーツが破損したりと非常に頻繁に起こり得る。

そんなとき、すぐに近所の自転車屋さんで修理できることは非常に重要なポイントだろう。こだわりのロードバイクに乗って旅をしていても、パーツがなくて修理ができないとなっては非常に困る。そこでランドナーであれば、高い互換性を持っているので、そこだけパーツを交換して走行することができるのだ。

自由度の高さが魅力!ランドナーが自転車旅に向いてる理由

これまで登場してきた魅力と重なる点はいくつかあるが、総じてランドナーの魅力は自由度が高い点が挙げられる。それは荷物の対応力やパーツの互換性能、また、輪行が可能な点や長距離運転に適したハンドルなどたた上げてきたが、それらを可能にしているのは、その時々や仕様スタイルに合わせて、カスタムできるということだ。

例えば、何十キロにも及ぶ荷物を大量積載して走る場合、それに耐えうる強度を車体に持たせなければならない。そこで、大量の荷物をくくりつける強度のあるキャリアーや、重量が多くても安定してしっかり走る太いタイヤへと交換が必要。中には、登坂になっても荷物を載せたまま登り切れるようにとギア比などを変えることも必要となるだろう。

これ全てにランドナーは対応してくれるのだ。もちろん、先ほどもあった輪行能力は遠方の地でも自転車での旅を可能にするので、こちらも自由度の高さを物語っている。このように、オーダーメイド感覚でパーツを作ることもでき、それも合わせて自由度の高さは他の自転車に比べて群を抜いているのだ。

ランドナーはオーダーメイドしないとダメ?

では、今触れたランドナーの自由のの高さを実現するために、オーダーメイドでないとそこまでの自由度を実現できないのかという疑問も出てくる。しかし、そんなことはない。確かに、ランドナーは古式ゆかしい乗り物なので、基本的にはオーダーで作られてきた自転車ではあるので、もちろんオーダーで作るとより理想的な物が出来上がることは確かだ。

しかし、かといってオーダーメイドでなければ作れないということではない。オーダーのランドナーはとても高価で、本格的なものをお願いすると最高水準のロードレーサーが買えるぐらい価格がかかる。またオーダーのランドナーは非常に人気が高いため、納期は半年以上 場合によっては一年以上かかることもあるのだとか。タイヤから何までカスタムしていればとても時間とお金がかかるのだ。

ただ旅を快適に楽しみたいというだけであれば、そこまでこだわらなくとも可能だ。バッグが付いて10万円を切るモノだってたくさんある。なので、けっしてオーダーで作らなければ乗れないものではないので、そこは既製品を購入しても十分な走りを実感できるはずだ。

ランドナーといえばこれ!定番の自転車を紹介!

GIANT(ジャイアント)  GREAT JOURNEY

それでは、ランドナーの魅力が十分わかったところで、実際にどのような自転車があるのか、おすすめの製品を紹介していこう。まずは定番のものからだ。世界中のサイクリストに愛されるGIANTのランドナーで、アルミフレームではあるが、十分な剛性があり、基本性能は全て十分に備わっている。サイドバッグ4つが標準装備なのもうれしいポイント。

丸石サイクル エンペラー ツーリングマスター

GREAT JOURNEY同様に外せないのがこのエンペラーのランドナーだ。壊れにくさがウリのクロモリ素材のフレームや、タイヤもマウンテンバイクの同じくらい強靭なものを搭載しているんで、表重装備だけで充分快適な走行が可能。また、泥除けが2つに分割される仕組みのため、長距離の旅では頻繁に行うこともある「輪行」の手間が格段に減るのも優れたポイントといえる。

快適な走行性能を大事にしたい人におすすめのブランド

LOUIS GARNEAU(ルイガノ) GMT V

走行性能を重視したい人であれば、こちらがおすすめ。何とランドナーの中でもハンドル部分が通常のランドナーとは異なり、超ハンドルを採用している。握る箇所が通常のドロップハンドルよりも多く、様々な姿勢をとることができるので長距離を走っても疲れにくい仕様なのだ。また、荷物が重くブレーキがかかりにくいランドナーにはありがたいディスクブレーキも搭載。これで雨天時なども安心だ。

Panasonic(パナソニック)  FSS7

こちらも魅力あふれる製品。ランドナーの中でも高速走行が可能なモデルで、一般的なランドナーよりもタイヤが大きく、重量も軽いのが特徴だ。もちろんランドナーの積載能力はそのままに、走りはどちらかというとロードバイクに近いものを持っている。

自転車旅といえどもおしゃれさは大事にしたい!

BIANCHI(ビアンキ) ANCORA

ランドナーを選ぶ人の中でもできればおしゃれさも重要視したい人もいるだろう。そんな人におすすめなのが、こちらのランドナー。クラシカルな見た目は、多くのサイクリストを魅了している。長距離の旅もしたいけど、普段の街乗りもしたいという方にもおすすめの一台だ。もちろん、ランドナーが持つ従来の性能はもっており、クリップペダルになっているので長距離走行も快適となる。

RALEIGH(ラレー) CLS

こちらもBIANCHIとはまた違ったクラシカルなカラーで人気のランドナーだ。見た目の美しさやスタイリッシュなデザインがその魅力で、おしゃれに乗りこなしたい人にはおすすめの一台。ブレーキケーブルが上方向に取り付けられているデザインも特徴的だ。

旅はしたいけれどコストは押さえたい!おすすめのランドナー

ミヤタサイクル フリーダムスポーツ

細身のフレームと落ち着いたカラーリングが特徴的なこちらのランドナー。海外のいくつものブランドに輸出されおり、多くのレースでも活躍しているブランドなのだが、クロモリフレームを使用していながらも、驚異の安さで提供しているランドナーになる。初心者にもおすすめの一台になる。

ARAYA(アラヤ) Federal

このブランドは、高級感のある高機能ランドナーを生み出し続けてきた日本の老舗ブランドであるが、このランドナーはその特徴を惜しげもなく搭載させつつも、購入のハードルを下げるため低価格に抑えられたランドナーとなっている。また、このランドナーメーカーは、150cm台から乗れる小型のサイズも揃えているのが嬉しいポイント。

【注意】大型自転車屋ではほぼ扱っていないって本当?

ここまでランドナーにまつわる魅力やおすすめの一台を紹介してきた。カスタムでタイヤやギアを触ることも今後楽しみになるだろうが、実は一つ注意しなければならないことがある。それが、ランドナーはどこで購入できるわけではないということだ。大型のスポーツサイクルショップではほぼ確実に置いてない。

そこで、どこで手に入るのかというと、町の小さなサイクルショップだ。こだわりのスポーツサイクルを集めているショップなら、お目当てのランドナーと出会えることだろう。もしくはそのお店での取り寄せや通販という手段もいい。高価な買い物には変わりないので、できるだけ、いろいろな情報を見て参考にし、ベストなお気に入りの一台を購入してほしい。

折りたたみ自転車のおすすめ人気ブランドは?選び方のコツや注意点など調査 | MensModern[メンズモダン]

ランドナーを使っての自転車旅は非常に快適!

ランドナーは非常に自転車旅におすすめの自転車だ。ランドナーは、その性能を持っていながら安定走行が出来、また、タイヤやギアなどの交換と今後の楽しみが広がることも間違いないだろう。ぜひ自分好みのランドナーを見つけて、愛車とともに旅を楽しんでみてほしい。ランドナーの旅は格別なものになるだろう。

自転車のおすすめまとめ!通勤用や折りたたみなど人気商品・メーカー紹介 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ