春の定番ソング人気ランキング!桜や卒業がテーマのおすすめの名曲は?

春といえば出会いと別れの季節です。そんな春の定番ソングは世の中にたくさんありますが、今回は「桜」と「卒業」がテーマになっている春の定番ソングにスポットを当て、ランキング形式で紹介します。名曲の数々をチェックしていきましょう。

春の定番ソング人気ランキング!桜や卒業がテーマのおすすめの名曲は?

目次

  1. 春の定番ソングになっている名曲の数々をチェック!
  2. なぜ人気?春の定番ソングの人気テーマ「桜」と「卒業」
  3. FUNKY MONKEY BABYS 「桜」
  4. EXILE 「道」
  5. いきものがたり 「YELL」
  6. スピッツ 「チェリー」
  7. ケツメイシ 「さくら」
  8. ゆず 「栄光の架橋」
  9. 森山直太朗 「さくら」
  10. レミオロメン 「3月9日」
  11. 福山雅治 「桜坂」
  12. コブクロ 「桜」
  13. 春は新しい曲との出会いの季節でもある

春の定番ソングになっている名曲の数々をチェック!

日本には春・夏・秋・冬と四季があり、それぞれの季節ごとに定番になっている名曲があります。今回は出会いと別れの季節である春の「桜」と「卒業」がテーマになっている名曲にスポットを当て、ランキング形式で定番ソングを紹介していきます。

冬の定番ソング人気ランキング!この季節に聴きたいおすすめの名曲とは? | MensModern[メンズモダン]

なぜ人気?春の定番ソングの人気テーマ「桜」と「卒業」

新しい生活の始まり【桜】

春といえば入学・進級・就職・引越しシーズンです。小学校の入学式の日に初めてランドセルを背負って、桜の下で記念写真を撮ったことがある人は多いと思います。大きくなってからは、進学や就職をして新しい生活が始まる頃にも桜は咲きます。

友達との別れ・感謝の気持ち【卒業】

入学・進学があれば「卒業」もあります。春は学生たちの卒業シーズンです。数年間一緒に過ごした友達との別れはとても寂しいものです。ただ、寂しさだけではなく今まで一緒に過ごした友達・教師への感謝、そして今まで育ててくれた親に対しての感謝の気持ちが溢れてくる人も多いはずです。そんな別れの寂しさや感謝の気持ちを込めた曲に、「卒業」はよく使われるテーマになっています。

FUNKY MONKEY BABYS 「桜」

春の定番ソング人気ランキング 第10位

春の定番ソング人気ランキング第10位は、FUNKY MONKEY BABYSの「桜」です。FUNKY MONKEY BABYSは2004年から活動していましたが、2013年に活動を休止しています。この桜という曲は、2009年2月18日に発売された10枚目のシングルです。横浜国際女子駅伝の最後のテーマソングにも起用されました。

FUNKY MONKEY BABYSは、その曲のイメージに合う芸能人をジャケット写真やPVに起用する特徴があります。この曲には芸人チュートリアルの徳井義実さんが起用され話題になりました。この曲はありがとうという感謝の気持ち、そして次の桜が咲く時期が来ても大切な人を守りたい、という気持ちが込められた名曲です。

EXILE 「道」

春の定番ソング人気ランキング 第9位

続いての春の定番ソング人気ランキング、第9位はEXILEの「道」です。この曲は2007年2月14日に発売された23枚目のシングルです。オリコン週間1位を獲得していて、2008年より神奈川県の京急金沢八景駅の列車接近メロディとして使われています。2010年3月2日には、この曲をテーマにした「道」というオムニバスドラマが国仲涼子さんの主演で放送され話題になりました。

この曲は一緒に過ごした人への感謝の気持ち、今まで歩いてきた道は未来に繋がっていて、離れていても大好きだよ、という気持ちが込められています。「卒業ソング」として卒業式で歌われる事も多いです。ただ、歌詞を読んでみると卒業だけではなく、男女の別れとも受け止められます。聞いた人の心情によって受け止め方が変わる名曲の1つで、カラオケでも定番の曲となっています。

カラオケの定番ランキング男性編!人気の曲からおすすめまで! | MensModern[メンズモダン]

いきものがたり 「YELL」

春の定番ソング人気ランキング 第8位

続いての春の定番ソング人気ランキング、第8位はいきものがかりの「YELL」です。少し変わった「いきものがかり」といったバンド名は、水野良樹さんと山下穂尊さんが小学1年生の時に金魚に餌をあげる「生き物係」であったことからきています。いきものがかりは2016年にデビュー10周年を迎えた事を一区切りとして、2017年の1月5日に「放牧」という名の活動休止を宣言しました。

YELLは、2009年9月23日に発売された15枚目のシングルで、NHKから全国学校音楽コンクールの課題曲として制作を依頼され、誕生しました。作詞と作曲をした水野良樹さんが15歳の頃に悩んでいた事を思い返しながら制作した曲で、新しい大人の世界へ踏み出す中学生の不安が表現されています。悩みながらも進んでいく成長する姿が描かれていて、卒業式で歌われる事が多い名曲です。

スピッツ 「チェリー」

春の定番ソング人気ランキング 第7位

続いての春の定番ソング人気ランキング、第7位は、スピッツの「チェリー」です。スピッツは1987年に結成された4人組のロックバンドです。この曲は1996年4月10日に発売された13枚目の曲となっています。オリコン週間1位を獲得し、160万枚以上も売り上げたことからミリオンセラーを記録しています。スピッツのたくさんの曲の中でも売り上げ第2位となっています。

この曲の事をボーカルの草野マサムネさんは過去に「桜は春に咲く花、そういう意味でも何かから抜け出す、出発するようなイメージ」と発言しています。桜ソングや失恋ソングとしても有名ですが、卒業ソングとしても卒業式やお別れ会などで歌われる事が多い曲です。

ケツメイシ 「さくら」

春の定番ソング人気ランキング 6位

続いての春の定番ソング人気ランキング、第6位はケツメイシの「さくら」です。現在のメンバーでは1996年から活動を開始している、4人組のグループです。この曲は2005年2月16日に発売され、メジャーデビュー後としては13番目の曲となっています。グループとしては初のオリコン1位を獲得した曲で、PVには人気モデルの鈴木えみさんと萩原聖人さんが出演していて話題になりました。

この曲はアップテンポな曲調ですが、歌詞は青春の中の別れが描かれています。桜が咲いて散る頃に出会って別れた2人。その後も桜の花を見ると思い出す、といった内容です。少し切ない歌詞になっていますが、PVがドラマ仕立てになっているのでカラオケでもよく歌われる名曲です。

ゆず 「栄光の架橋」

春の定番ソング人気ランキング 第5位

続いての春の定番ソング人気ランキング、第5位はゆずの「栄光の架橋」です。ゆずの2人は小学校の同級生で、ストリートミュージシャン出身ということは有名です。路上で歌った最終日は、台風直撃にもかかわらず、約7500人が集まり、今でも語り継がれています。

この曲は2004年7月22日に発売された21枚目の曲です。オリコン週間チャートは2位でしたが、アテネオリンピックの中継公式テーマソングとして起用されていたので、聞き覚えがある方は多いのではないでしょうか。今も夢に続く道の途中だから迷わずに進んでいこう、といった歌詞で卒業式で歌われる事も多い名曲です。

森山直太朗 「さくら」

春の定番ソング人気ランキング 第4位

続いての春の定番ソング人気ランキング、第4位は森山直太朗さんの「さくら」です。森山直太朗さんは2002年10月にメジャーデビューを果たし、この曲は2枚目のシングルです。元々は森山直太朗さんの友人の結婚がきっかけで作られた曲で、一番初めはデビューミニアルバムにバンドアレンジとして収録されていた曲を、ピアノ独唱バージョンとして発売したところ一躍有名になり、森山直太朗さん最大のヒット曲となっています。

この曲は2003年3月5日に発売されました。森山直太朗さんの高く澄んだ声と、友との別れと応援を表現した内容で、時が経った今でも卒業式で歌われる名曲です。合唱でもよく使われていて、認知度は相当高い曲の1つです。

レミオロメン 「3月9日」

春の定番ソング人気ランキング 第3位

続いての春の定番ソング人気ランキング、第3位は、レミオロメンの「3月9日」です。レミオロメンは2003年8月にメジャーデビューをした3人組のロックバンドです。2012年2月1日に活動休止となり、現在は3人がそれぞれ活動しています。この曲は2004年3月9日に発売された3枚目のシングル曲です。

この曲のタイトルはメンバー3人の共通の友人の結婚式が3月9日だったことからきており、元々はその結婚を祝うために作られた曲です。そのため本来は卒業ソングでは無いのですが、ドラマで使われたことや、歌詞も卒業生に当てはまるものとなっている為、卒業ソングの定番となっています。

福山雅治 「桜坂」

春の定番ソング人気ランキング 第2位

続いての春の定番ソング人気ランキング、第2位は、福山雅治さんの「桜坂」です。福山雅治さんは1990年3月21日に歌手デビューをしました。歌手だけではなく俳優やタレント業、音楽プロデューサーなど幅広く活躍されています。この曲は2000年4月26日に発売された15枚目のシングル曲となっています。

「桜坂」というタイトルはこの曲がテーマソングとして起用されていた「未来日記V」のロケ地だった、東京都大田区にある桜坂からきています。別れてしまった大切な人に幸せでいてほしい、という気持ちが込められている曲です。散っていく桜と、自分の元から去っていった彼女を重ねている様子が伝わってきます。

コブクロ 「桜」

春の定番ソング人気ランキング 第1位

そして春の定番ソング人気ランキング、第1位はコブクロの「桜」です。コブクロは1998年9月8日に結成されました。日本だけではなく、2014年に台湾で海外での初公演を行なっています。この曲は2005年11月2日発売された、12枚目のシングル曲となっています。

この曲はドラマ「Ns'あおい」の主題歌や全国高等学校サッカー選手権大会の応援ソングとしても起用され、更に高校の国語の教科書にも掲載されています。日本を代表する桜ソングになっています。恋愛を歌った内容となっていて、今でもカラオケやライブでも人気の名曲です。

春は新しい曲との出会いの季節でもある

ここまで桜と卒業にスポットを当てた、春の定番ソング人気ランキングを紹介してきました。懐かしい曲や気になる曲は見つかりましたか?人との出会いと別れの時期である春は、その時の心情にピッタリな曲と出会う季節でもあります。普段聞いていない曲を聞いてみてはいかがでしょうか。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ