エギング用セットでおすすめ特集!ダイワ・シマノなど入門者に人気なのは?

エギングを楽しもうと思ったら、まずはい一通りそろえないとだめだが、実はロッドやリール、餌木やラインとそろえるものは多い。一つずつ考えるとしてもセットでそろえるとしてもどれをそろえていいかわからないもの。そこで今回は、おすすめのエギング用セットを紹介しよう。

エギング用セットでおすすめ特集!ダイワ・シマノなど入門者に人気なのは?

目次

  1. そもそもエギングとは?エギング用のセットとは?
  2. エギングセットがおすすめの理由は?
  3. エギング用のセットを選ぶうえで重要視したいポイント!
  4. エギングセットの抑えるべき条件とは?
  5. エギングセットは安いが素材がそれなりのもの
  6. エギングセット購入時の注意点
  7. おすすめのエギングセットを紹介!
  8. エギングセットに入っていないものは自分でそろえよう
  9. エギングセットの使い方!仕掛けはルアーと同じでOK
  10. エギング用のセットを使いこなして快適なイカ釣りを!

そもそもエギングとは?エギング用のセットとは?

イカ釣りをする方法の一つにエギングがある。餌木をまつで本物の餌の様に見せる動きをすることで、イカが食いついてくるという楽しい対里なのだが、しかし、そんなエギングの釣りには専用ん道具が必要となる。ロッドだけでなく、リールにもこだわらないといけないし、餌木にもこだわりたいもの。また、ラインの取り方や結び方など、素人にはわからないことも多いだろう。

そんな道具を一から個人で選ぶとなると、ロッドの種類から多数あるエギングの釣り。一日悩んでも結論は出ないというものだ。そこでおすすめなのが、エギング用のセット。それを購入すれば、一通りのイカ釣りの道具は手に入るといっても過言ではないもので、エギング入門者にはまず手に取りやすい商品となっている。

しかしながら、エギング用のセットといってもなんでもいいわけではない。使うのは自分なのだからできれば、何が入っていてどんな使い方をするのかなど自分で選ぶ必要があり、おすすめのものを使いこなしたいもの。そこで今回は、エギング用のセットでおすすめを紹介していこう。入門者からも人気の製品を中心にエギングセットの情報を徹底解説したいと思う。

エギングセットがおすすめの理由は?

それでは、まずはなぜエギングセットがおすすめなのかを紹介していこう。一式のセットを買わずとも、最初からここで自分のkに行ったものを購入したほうがいいのではと感じる人は多いだろう。しかし、けっしてそれが正しいとは言えない。確かに、個人で選んだアイテムの方が、長い目で見ればとても使いやすく、また愛着もわきやすい。

さらに、何よりもそれを選んだことでより知識を深めることができ次に生かすことができる。しかしながら、エギングに用いるアイテムを一から自分で選ぶとなると、特に入門者にはそれがとても難しく、豊富なアイテムから自分の使いやすいものを選ぶことは非常に困難だ。例えばロッドでも多数の種類があるし、リールもエギング用でおすすめされるものは沢山ある。

ラインは主な特徴やスペックさえわかればある程度のものまで絞り込めるだろうが、とにかくロッドとリールに関しては非常に頭を悩ませることだろう。入門者にはそれはあまりにも時間がかかることで、非常に大変だ。おそらく一日あっても足りないだろう。まずは、エギングを楽しむことから初めて、その楽しみをわかったうえで道具にこだわるという順番の方がよりエギングになれやすい。

このことがあり、エギング用のセットを、まず最初に購入して試したほうがいいということなのだ。エギングセットは、価格が安いものがそろっているので、道具一つを見れば品質は個別で買うよりも劣るだろうが、かといってしっかりとエギングには対応できるものがそろっている。入門者でも釣れるようなものが一式揃っているので、それを使わない手はないというわけだ。

エギング用のセットを選ぶうえで重要視したいポイント!

【エギング用セットを選ぶ上でのポイント①】エギよりもロッドとリールを重視せよ

それでは、おすすめのエギングセットの紹介の前にエギング用のセットの選ぶ上で注目しておきたいポイントを解説していこう。まずは、餌木よりもロッドとリールを重視すべきということだ。先述した通り、ラインの重要度は低い。無いと困るもので張るが、入門者のうちからこだわるほどではない。これは餌木も同様だ。最低限のスペックさえあれば、問題はない。

しかし、エギングにおいてロッドやリールは違う。エギングは投げて巻くだけではなく、ロッドをシャクる動作なしでは成立しない釣りだ。ある程度の性能と、1日中しゃくっても疲れにくい自重が必要となるのだ。それを考えれ餌木はおまけ程度と考えていてもいいくらいだ。ロッドとリールに関しては、重要視して選ぼう。参考にロッドのスペックは、長さ7~10フィート、重さが100から200グラム程度がおすすめ。

また、リールは、スピニング2000から2500番、最大ドラグ力は7キロから9キロまでのものがおすすめとされている。入門者の方でも扱いやすいように作られているので、これであれば、入門者でもエギングを楽しむことができるはずだ。

【エギング用セットを選ぶ上でのポイント②】セットに足りない物はそろえる気持ちを持とう

次にエギング用のセットを購入する時によくありがちなのが、すべてのアイテムをセットでカバーしようとすることがあるのだが、これは間違い。足りないものは必ず出てくると考えておいたほうがいい。その代わり、足りないものに関しては、後から自分で買い足すことを念頭に置いておこう。

エギング用のセットといえども、すべてのあいてむは揃っているわけではない。確かに、ロッドやリールなどエギングを楽しめる主要な物はそろっている。しかし、それがあるからとエギングがすべてうまくいく、快適に楽しめるというわけではない。より快適さを求めるのであれば、より充実したアイテムが必要となるときはある。なので、セットでカバーしきれない場合は、個別購入をするようにしておこう。

エギングセットの抑えるべき条件とは?

次にエギング用のセットで、押さえておくべきことが最低限の条件を知っておくこと。そんな最低限の条件を紹介しておこう。まずはロッドについてだ。ロッドは、8.0フィート程度の長さのものでできれば専用のロッドだとよい。また、リールは小型のものがおすすめ。できればこちらもPEラインが巻いてあるとよいだろう。

次に餌木に関して打が、こちらは何でもいい。あえて言うのであれば、オレンジ系や深緑系で、サイズがばらけていればより良いといえるだろう。セット販売されていることもあるので、エギングらしいエギングをすることが可能だろう。値段が違ってもなかの品質はほとんど変わらないと思うが、PSラインかどうかは重要なポイントだ。

エギングセットは安いが素材がそれなりのもの

先述したところであるように、エギング用のセットはそれなりの値段ということがわかる。値段は4千円程度のものが主流で、中には3千円切るものもあるが、この値段の違いはあってもなかの品質の違いはほとんどない。なので、セットで購入できるからといってお得感を求めてはいけない。あくまでも入門者でもすぐにエギングを始められることを重要視して作られていることを忘れないようにしよう。

なので、エギングセットの内容は素材はそれなりのものが使われていると思っていい。例えば、リールであれば巻かれているメインラインはPEラインでなく、ナイロンラインだと思っておくべきだ。ナイロンラインでもイカは釣れるので心配いらないが、やはりエギングの醍醐味はPEラインでなければ味わえないといえる。ナイロンラインは、価格も安くライントラブルも少ない。

しかしながら、餌木のコントロールをするのには不向きだ。ラインの変化であたりを見分けて取ることができないので、釣り上げたときの満足度がかなり違う。このように、エギング用のセットはすぐに始められる利点はあるが、中の素材などはある程度のものしかないということを心にとどめておこう。

エギングセット購入時の注意点

次にエギング用のセットを購入する時の注意点にも触れておこう。その注意点とは、このエギング用のセットはワンシーズン程度しか使用できないということだ。値段も安く、ロッドも単品で販売しているものと比べると粗悪品が多い傾向にある。なので、割り切って使ったほうがいいといえる。なので、逆にエギングが一度きりでいいと割り切れる人は、この入門用セットで十分ということだ。

おすすめのエギングセットを紹介!

ダイワ リバティクラブ エギングセット 832Mタイプ

それでは、エギングセットのおすすめを紹介していこう。有名どころのダイワの製品やシマノの製品を紹介していこう。まずは、ダイワのこちらの製品。ダイワのリバティクラブとリーガルがセットになった商品で、ラインはナイロンラインであるが、しっかりと入門者でもイカ釣りを楽しむことのできる製品となっている。

ダイワ エメラルダス アウトガイドモデル エギングセット

お次もダイワ製品。こちらのダイワ製品は、同じくナイロンラインであるが、エギング専用のタックルがセットになったモデルだ。入門セットとして非常に人気の商品で、ロッドもリールも本格的なものがセットに含まれいるので、非常に使い勝手のいい製品といえる。

シマノ ソルティーアドバンス エギング セット

お次がシマノ製品のエギングセットだ。こちらのシマノ製品は先ほどのダイワ製品と同程度の品質を持ちながらも、コスパが以上に良いと人気の高い製品となっている。このシマノ製品は人気のロッドとソルティーアドバンスのエギングセットになっており、コスパ重視の方にはこのシマノのエギングセットがおすすめだ。

エギングセットに入っていないものは自分でそろえよう

【自分でそろえるべきアイテム①】デュエル ハードコア エギングリーダー 30m

次に、エギングセットではなかなかカバーできない製品位ついても紹介していこう。こちらは個別で自分で購入する必要があるので、それだけは覚えておこう。まずはリーダーだ。エギングではPEラインを直接餌木に結ばない。PEラインは根ズレには弱いからだ。こちらは根ズレにも強く、頑丈なので、十分活躍してくれる製品になる。

【自分でそろえるべきアイテム②】ダイワ イージースナップ

次に、紹介するのがスナップだ。PEラインとリーダーを直結したら、リーダーの先にはスナップを結ぶ。スナップを付けることでエギの動きも良くなるし、また、エギの交換も楽になるからだ。スナップの選び方は、2.5号などの小さいエギを使うときに、小さなスナップを選ぶようにするのがポイント。

【自分でそろえるべきアイテム③】スライドミニハサミ 色アソート

エギングに限らずハサミは釣りでは必ず必要な道具だ。はさみの選び方は、好みで選んでも構わないのだが、普通のハサミだとPEラインは切りにくいので、PEラインも着ることのできるハサミがおすすめ。そこでこちらのハサミだ。

エギングセットの使い方!仕掛けはルアーと同じでOK

続いてエギングセットの使い方も紹介をしておこう。実際にエギング用のセットを使う時には、仕掛け方を覚えておく必要があるだろう。といっても、エギング用だからと特別なことはあまりない。普通のルアーの仕掛けと同じでいいのだ。その差にPEラインとリーダーの直結方法やリーダーのスナップの結び方などには注意して頑丈になるようにしよう。

エギングのリーダーおすすめ情報!長さや素材・結び方など徹底解説 | MensModern[メンズモダン]

エギング用のセットを使いこなして快適なイカ釣りを!

今回は、エギングセットを紹介してきた。おすすめのセットであればダイワやシマノの製品がおすすめだが、その際にはエギング用のセットを使う上での注意事項やポイントを押さえておこう。けっして使いにくいわけではないが、それ相応のものになるので、一度きりしか使えないことや、他にももっとそろえるべきものが出てくるなどの注意事項を理解して行おう。そうすれば、楽しい快適なエギングができるはずだ。

エギング用リールでおすすめランキング!使いやすい人気アイテムの選び方 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ