中学生になったら自転車通学をする生徒も増えることだろう。しかし男子中学生だからこそ自転車選びは慎重に。普段の自転車とは違ったポイントで選ばなければならない。そこで今回は、中学生男子におすすめの自転車を選び方も含めて紹介しよう。

中学生男子におすすめの自転車は?失敗しない選び方のポイントを紹介

目次

  1. 中学生の通学自転車と通常の自転車選びは違う?
  2. 超基本!中学生の通学自転車を選ぶ際のポイントは?
  3. とはいえ男子中学生!デザインにも気を配ろう
  4. 男子中学生は無茶をしがち!選ぶポイントはギア!
  5. とにかく丈夫なものを!
  6. サイズ感は非常に大事!26インチと27インチでかなり変わる!
  7. 値段にも気を付けよう!盗難のリスクも高まる!?
  8. 防犯登録はしっかりと!あらかじめ対策はしておこう!
  9. 気になる校則!違反だけは避けよう!
  10. 安全性に注目を!BAAマークとは?
  11. 整備点検マークにも!TSマークとは
  12. 信頼できる国産メーカーの自転車がおすすめ!
  13. 電動アシスト付きなのもあり?
  14. 定期的なメンテナンスに出すことは考えておこう
  15. 中学生の自転車選びも慎重に行おう!

中学生の通学自転車と通常の自転車選びは違う?

小学校を卒業し、中学校へと進学すれば、通学中に自転車を使用することも増えてくるだろう。安全性を考えれば、しっかりと運転できる体に合ったものを購入したいもの。また、通常の自転車ではなく、中学生だからことの選び方もしてあげて最新の注意を払ってランで上げたいものだ。しかし、実は中学生の自転車選びのポイントとと通常の自転車選びのポイントで受容しするところが違うことを知っているだろうか。

いつもの調子で、快適な運転や走行ができるからとクロスバイクやロードバイクを選んでいてはダメなのだ。それほど中学生の通学用として、また普段使いとして選ぶには、いつもの違ったポイントで選ぶ必要がある。しかしながら、いつもの調子で選んでいけないとわかっていても、いったいどこに注目して選べばいいのかわからない人も多い。

子供のこれからの安全面を考えれば、できれば最良の自転車を購入したいものだろう。そこで今回は、中学生男子におすすめの自転車と、失敗しない選び方を紹介していこう。これさえわかれば、通学でも普段使いでも快適に乗りこなせる一台が手に入るはずだ。たかが自転車選びだと侮っていると、後で後悔することになるので、きちんと理解したうえで選んでいってほしい。

子供用バランスバイクの人気商品10選!自転車の練習におすすめ! | MensModern[メンズモダン]

超基本!中学生の通学自転車を選ぶ際のポイントは?

【基本的な中学生の通学自転車の選び方①】荷物やカバンを入れるカゴ

それでは、ひとまず通学用の自転車を選ぶ際に男子女子関係なくおすすめの選び方のポイントを紹介していこう。これはあくまでも基本的なことだが、押さえておく必要がることばかりなので、まずはしっかりと基本を把握しておいてほしい。まず選び方でおすすめのポイントが、荷物やカバンを入れることになるカゴについてだ。

通学自転車に必要不可欠な機能といっていいカゴ。必ずないと困る装備だろう。また、同時に合ってうれしいのが後ろのキャリアだ。もちろん二人乗りをするために合ったほうがいいといっているのではない。キャリアがあることで、自転車の荷物の積載量はぐっと上がる。通学用として購入するが、あくまでも普段使いも兼ねているのであれば、こちらはあったほうが何かと便利だろう。

また、カゴに関しては、ある程度の深さがあると、衝撃などで荷物が落ちにくい性質がある。また、いれる荷物の大きさや形によってもカゴの形も考えたほうがいいだろう。荷物の幅がある場合や横場賀の場合は、それに合わせてカゴも横長の方が使い勝手がいい。より通学に対応できるカゴの自転車を選ぶべきだ。

【基本的な中学生の通学自転車の選び方②】ライト(LEDが主流)

次にライトだ。夜遅くまで通学していることはおそらくないだろうが、しかし冬などは火が暗くなるのも早く、部活後の帰り道はライトがなければそもそも暗くて走れない。もちろん、法的な問題でも付けなければ安全とは言えない。ライトにも様々なタイプがあるが、おすすめは車軸の中心にダイナモが内蔵されているオートライトタイプだ。

LEDが主流であり、やはりLEDであれば、明るくてその明るさも長持ちする。さらに過去の自転車に搭載されていたライトよりも走りが重くあるような心配もないし、静かな点が最も優れている点だろう。夜になると勝手に点灯してくれる機能も、何かと便利。やはり自動で点く法が安全性は高いだろう。また、ライトといえば少し見過ごしがちなのが、後方のライト。

前方を照らしてくれるライトは、購入時にみんな考えるが、後方のライトはそうではない。LEDで後方を照らすことができるものを選ぶことをおすすめする。後方であれば、点滅機能などもあっていいかもしれない。前方ライトと一緒にセットで売られているものもあるので、購入時には考慮して選ぼう。

【基本的な中学生の通学自転車の選び方③】体に合うサイズを見つけよう

次に体に合うサイズで見つけるといった選び方にも注目しよう。これは、主に自転車のタイヤの大きさ(車輪径)や車高が目安になるので覚えておこう。最も安全でリスクを避ける選び方は、ネットで満つことも必要だが、実際に店舗で乗って見ることだ。高さなどはすぐに調整できる。また、持ち上げたりして、無理なく取回せるかどうかも大きさを見る点では重要になる。

【基本的な中学生の通学自転車の選び方④】パンクのしにくいタイヤを!

次に考えるべきおすすめのポイントが、タイヤだ。これはパンクをしにくいものを選ぼう。自転車のトラブルの多さでいうと何が一番多いかというと、それがタイヤのパンクになる。防ぐにはこまめな空気圧のチェックを行うことなのだが、しかし、中学生のうちから、特に男子がこまめにするというのはあまり少ないだろう。

そこで、あらかじめパンクに強い耐パンクチューブや耐パンクタイヤの装着された自転車が効果的だ。もちろん、その場合でも定期的なメンテナンスは出したほうがより安全ではあるが、パンクのリスクは極めて抑えることができるだろう。特に少し危険運転や無茶な運転をしがちな中学生。そんな無茶な乗り方にも耐えられるタイヤにはやはり頑丈なものがおすすめになる。そういう意味でも耐パンク性能はおすすめだ。

【基本的な中学生の通学自転車の選び方⑤】フレームは?

次におすすめのポイントがフレームだ。自転車の根幹を支えるのがフレームで、こちらも安全のためにはる程度の頑丈なものを選ぶ必要がある。特に通学として毎日乗るのであれば強度は必須項目だろう。フレームが強くなければその強度も弱くなってしまう。

フレームは自転車において一番重要な部分で、素材や精度が悪かったりすると、快適に走れないどころか、破損して大きな事故にも繋がることもあり得るという場所だ。安全基準を満たしたものを選ぶと同時に、これを機会に自転車に使われる強度のある材料を把握して、それをもとに自転車選びをしてもいいかもしれない。通学という高頻度で乗るのだからこの安全性はとても大切なポイントだ。

【基本的な中学生の通学自転車の選び方⑥】チェーンやベルトは?

次にポイントとなるのが、チェーンやベルトだ。タイヤと同じく定期的にメンテする必要があるチェーン。これは代わりにベルトが使われているベルト車の場合も同じで、乗っていれば雨に打たれることもあるだろう。そうすると経年劣化はしていく。油が切れてていたりするとキーキー音がでて抵抗になり、走りにくくもなる。

また、ベルト車の場合では、油で汚れることもなく、走りもなめらかで注油が不要なのでメンテナンスが楽という点が挙げられるが、安いものであれば、ベルトの素材が粗悪品であったり、こちらも経年劣化で切れることも十分考えられるので、どちらにせよ注意して選ぶべきポイントといえるだろう。

【基本的な中学生の通学自転車の選び方⑦】しっかりと効くブレーキを!

安全性を語る上では決して無視できないのがブレーキだ。ブレーキは軽い力で、短い距離で止まることが大事なポイント。よくブレーキをかけてもなかなか止まらない劣悪な品質のブレーキもあるが、多くは経年劣化でブレーキがすり減ることでこのような現象になる。

最初からブレーキの効きが悪いことはそうそうないとは思うが、しかし使っていて早くもブレーキの効きが悪いとなると3年間の通学に耐えられるとは思えない。なので、ブレーキの効きだけではなく、ブレーキに使われているゴムの性質や品質にも目を向けて選ぶようにしよう。

【基本的な中学生の通学自転車の選び方⑧】鍵は堅牢なものを!

毎日通学で使うということで、おすすめとなるポイントとしては、鍵も重要だ。家以外の外に置いておかなければいけない通学自転車なので、しっかりとした防犯対策は必要不可欠。これは学校に置くだけでなく、普段使いとしてもどこか駐輪場に置くのであれば、必要な機能だ。最近では、鍵があっても盗難が起きるほどなので、鍵の性能には気を付けたい。

もちろん防犯登録は必要。また、盗難保証の付いたモデルもあるが、単純に後輪に鍵をかけるだけの機能ではなく、後輪に鍵をかけると同時にハンドルロックがかかるものも中にはあるので、こういった機能を備えたものであればより堅牢な、安全性の高い自転車となることは間違いない。選び方の参考にしてほしいおすすめのポイントだ。

とはいえ男子中学生!デザインにも気を配ろう

とはいえ、男子中学生は多感な時期でもある。自分の好みのデザインなどもあるだろう。機能ばかりに目が行ってしまい、安全性な酷なメーカども十分配慮する必要がるのはわかるが、しかしデザインをおろそかにしてはいけないだろう。国内メーカーだけでなく、海外のものを含めれば沢山のデザインがあることだろう。また、クロスバイクやロードバイクが許されるのであれば、そちらも候補に挙げてもいい。

クロスバイクやロードバイクであれば、デザイン性はぐっと上がってくる。普通のホームセンターで手に入るようなタイプの自転車では考えられないようなタイプもあるので、参考にしても実もいいだろう。ホームセンターで手に入るようなタイプはどこかどれも同じようなデザインをしていることもある。それが嫌だと感じる男子も少なくないので、参考にしながら選ぶといいだろう。

男子中学生は無茶をしがち!選ぶポイントはギア!

次に男子中学生が通学用に使う自転車を購入するなら、押さえておきたいポイントがギアだ。ギアと聞くと坂道のイメージがあるだろう。なので、坂道が少ない通学経路なのであれば特に必要ないのではと感じる人も多いかもしれない。確かに、坂道で変速ギアがあることは非常にうれしいことだ。快適に登ったりできるので、この機能はありがたい。

ギアなしで登れば、かなりの大変さになる。そこまで距離が長くとも大変だろう。しかし、この変速ギアは、実は平坦な道でも距離に応じてあると非常に楽な装置なのだ。距離の目安としては、3キロ以上の場合だ。この時には変速ギアがあると重宝する。また、変速ギアにも内装変速と外装変速の2種類がある。内装変則は、は整備がほとんど必要ない利点がある一方、変速の段数は少ない。

外装変速は、半年~1年に一度くらいの割合での整備が必要になって来るが変速段数は多い傾向にある。段数が多いと対応できるバリエーションも多くなるので便利だ。しかし、その場合は整備のプロに依頼する形でメンテナンス費用が掛かるので、この費用との兼ね合いも考えて選んでほしい。

自転車のギアの正しい使い方!仕組みや変わらないときの修理法も調査 | MensModern[メンズモダン]

とにかく丈夫なものを!

とにもかくにも、もし無茶な運転をしそうな男子中学生ならば、丈夫さには非常に重きを置いて考えたほうがいいだろう。先ほどはフレームなどの重要性で触れたが、実は頑丈であることはとても大事な要素だ。安かろう悪かろうとは言わないが、しかしやはりコストが安い自転車は、フレームが弱く少しぶつかった程度で、大きく曲がったりする傾向にある。

また、タイヤの丈夫さも重要で、しょっちゅう通学中にパンクするような自転車では、遅刻の原因位なることも考えられるし、最悪のケースで事故にもつながりかねない。タイヤにもgん上性能が必要というわけだ。先ほどは耐パンクタイヤなどにも触れたが、これはもちろんのこと、タイヤのメンテナンスのことも考えつつ、丈夫な安全性にたけた自転車を選ぶ必要がある。無茶な乗り方をする男子中学生なら特にだ。

サイズ感は非常に大事!26インチと27インチでかなり変わる!

次に中学生の中でも特に男子に自転車を選ぶというなら、サイズにもこだわってほしい。先ほどは一般的なサイズで解説をしていたが、実は、このサイズにもいろいろと細かに要点がある。男子中学生が乗る自転車のサイズは、そのほとんどが26インチか27インチになる。サイズは1インチの違いだが、それぞれのサイズには利点も欠点もあるので、購入時には気を付けたい。では何が違うのか。

その違いは、ホイール径のサイズと早く進むということは比例しないということだ。つまり26インチよりも27インチの方が早く進むわけではないということだ。自転車の走行において、このサイズと照らし合わせて考えると、自転車サイズの ホイール径が小さい26インチサイズの方が取り回しは楽になる。また、直進時の安定性に関しては、慣性モーメントという力が多く働く27インチサイズの方が勝る。

さらに言うと、スピードが速くなればなるほど、その差が大きくなるという。また、加速性能については、ホイールの重量に比例するので、26インチの方が勝る。ただし、走行距離を基準にすると、3km以上を走るのであれば、車輪径が大きいサイズの27インチの方が勝る形になる。

一方、タイヤの転がり抵抗については空気圧が影響を左右するものなので、自転車のサイズではなく正しい空気圧で使用することが重要であり、自転車サイズは関係ない。このようなサイズによる違いが大きく走行性能に現れる。実際に男子中学生の体の大きさに合わせて選ぶ必要もあるが、この自転車サイズの目安をもとにどちらがいいかを判断してほしい。

値段にも気を付けよう!盗難のリスクも高まる!?

また、値段についても考えてほしいポイントがある。実は、値段が高ければいいというものでもない。もちろん家庭環境のこともあるので、それぞれの家庭環境に応じた予算で考えてほしいということもあるが、それだけでなく、あまりにも高価な自転車であれば、他人の目につきやすく盗難のリスクも高まる傾向にある。

価格は大体、1万円前後から3万円前後のものが相場で多いので、これを目安に購入を考えたらいいだろう。実際に盗難されやすいのは、防犯機能が整っていない自転車もだが、次に高価な自転車の方が狙われやすいというデータもある。フレームなど高価なパーツを売れるからだ。そういったことも踏まえて選ぼう。

防犯登録はしっかりと!あらかじめ対策はしておこう!

中学生が使う自転車だからと防犯登録までしなくていいなんて話にはならない。購入時には防犯登録をしっかりとしておこう。中学生であれば、学校内では鍵をかけるかもしれないが、どこか外出先ではうっかりと鍵のかけ忘れも十分考えられるだろう。また、中学生が使うようなタイプのオーソドックスなタイプの自転車にも購入時に無料の盗難保険付き自転車も存在する。

この防犯登録さえしておけば、万が一盗難被害にあった場合でも、自転車の所有者を証明するリストから見つかることもあるし、盗難被害にあっても、少額の負担金で代替車の購入が可能となったりといいことも多い。なので、中学生の自転車と侮らずに、備えられるところは備えておこう。

気になる校則!違反だけは避けよう!

ここまでは、中学生の自転車選びのポイントを紹介してきたが、すべてを覆す要素がもう一つある。それが高速だ。中学生は校則に縛られているだろう。もちろん校則には従わなければ、中学生としては立場上仕方がない。各学校によって拘束の内容は違うと思うが、中にはマウンテンバイク禁止やカゴのない自転車は禁止というものもあるだろう。

中学生からすれば、そんなことなんで高速で決められているのというルールもあるだろうが、折り畳み自転車は禁止だったり、改造された自転車は禁止だったりと細かなものものまでたくさんあることだろう。中学生は、高速で細かく規定があると思うので、学校の規定を確認したうえで選ぶことにしよう。

安全性に注目を!BAAマークとは?

中学生の自転車選びでできるだけ安全に備えたものを選ぶことは先ほども振れているが、では具体的にどこでその安全性を確かめるのかを見るには、このマークを目安にしてほしい。BAAマークだ。一般社団法人自転車協会が定める自転車安全基準を満たすものに与えられるマークで、このマークがある自転車は、自転車協会から認められた安全な自転車となる。

整備点検マークにも!TSマークとは

BAAマーク以外にも安全を示したマークは存在する。それがTSマークだ。自転車安全整備士が点検整備した自転車に与えられるマークで、このマークには傷害保険と賠償責任保険がついているのだ。また、このマークには赤色と青色の2種類があり、それぞれに賠償内容が違い、赤色の方が手厚い内容となっているのも特徴だ。

中学生でもいつ事故などが起こるかわからない。最近は賠償責任補償の保険に入っている方も多いが、万が一の時にこれがあるのとないのとでは大違いなので、TSマークがついたものを選んで置いたほうがいいだろう。ただしこのマークの有効期限は1年。有効期限が近づいたら、近くの自転車屋さんで更新するようにしよう。

信頼できる国産メーカーの自転車がおすすめ!

国産メーカーの自転車にも信頼できるものが多く、またいろいろと安全性の検査や品質の整っているものも多い。なので、その一例を紹介していこう。ブリジストンサイクルのアルベルト L型/S型やスターノヴァなどは上部で使いやすいタイヤの品質も良いと評価も高い製品だ。その分価格は少し高めだが安全性は高い。

また。パナソニックのタフベルトやヴィアトーレなどはデザインもよく街乗りにおすすめのデザインをしつつも品質が素晴らしい。また、そのほかにもミヤタサイクルや丸石サイクルなどもかなりの優秀な自転車を豊富に展開しているので、そういったメーカーの中から選ぶのもいいだろう。

電動アシスト付きなのもあり?

少し贅沢ではあるが、電動アシスト付きな自転車もおすすめだ。近年では、少子化の影響で、中学校や高校の統廃合や、鉄道やバスの廃止などにより通学が大変な場所も数多く出てきている。そんな中には坂のきつい登下校の道を通らなければならない中学生も大勢いる。そんな人におすすめなのが、この電動アシスト機能だ。坂道が多い場所、風が強い場所での強い味方になってくれるはずだ。

定期的なメンテナンスに出すことは考えておこう

ここまで自転車の安全性を踏まえつつ、おすすめの選び方や自転車を紹介してきたが、しかしどんな自転車にしても定期的なメンテナンスは実施するようにしよう。これは、走っているとどんな自転車でも様々なところに故障や欠陥が出てくるもの。経年劣化が奏功していると避けられないので、いち早く劣化を見つけて対策を練ることにもつながるため非常に有効なのだ。

街乗り用の自転車でおしゃれなおすすめは?選び方や乗り方も紹介 | MensModern[メンズモダン]

中学生の自転車選びも慎重に行おう!

自転車選びといっても、中学生が載るモノなら何でもいいのではと思いがちかもしれないが、安全性やよりサイズも見合ったものをと考えるとこのように細かく見る所がある。驚いたかもしれないが、これらのことは安全に乗るためには必要なこと。中学生の自転車選びと侮らず、要点を確認しながら、中学生おすすめのベストな一台を選んであげてほしい。

折りたたみ自転車の最軽量は?コンパクトなおすすめ商品を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

評価 3.6/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ