子供との遊び。特に雨の日であれば、子供と遊ぶことも限られて遊びも面白くないと思いがちではないだろうか。実は子供との遊び、雨の日の室内遊びだからこそ楽しめることもある。そこで今回は、雨の日の子供との過ごし方を紹介していこう。

雨の日の子供との過ごし方10選!ワクワクする室内遊びは?

目次

  1. 雨の日は憂鬱?子供と遊んで楽しもう!
  2. 数の練習にも!子供との雨の日遊び!「トランプ」
  3. お正月以外でも十分楽しい雨の日「カルタ」
  4. 子供の一緒に楽しむ!大人もはまる雨の日「折り紙」
  5. 昔ながらでも子供喜ぶ!雨の日「お手玉」
  6. おもちゃなんかなくとも楽しい!「ジェスチャーゲーム」
  7. 知ってる言葉で勝負!雨の日も気分転換「しりとり」
  8. これはなんでしょう?子供の知育にも!「クイズ」
  9. 大きいものどれだけ知ってる?子供の想像力を鍛える「大きいものクイズ」
  10. 新聞紙で遊ぶ!雨の日でも室内「ボーリング」
  11. いつもと違ったボールで子供大喜び「風船キャッチボール」
  12. 雨の日も子供と楽しく過ごす方法は沢山ある!

雨の日は憂鬱?子供と遊んで楽しもう!

せっかくの休み、家事も終わって子供のさあ遊ぼうと思っても外は雨の日。せっかく子供と遊ぶ時間が取れたのに外では遊ぶこともできず、かといってどこか室内遊具施設に行くのも時間の余裕やコストもかかって面白くない。子供も沢山いるだろうし、できれば静かに子供と一緒に遊びたいと考えている人も多いだろう。

どこかで何か快適な遊びはないかと感じている人も多いのではないだろうか。そこで提案したいのが、室内での家での過ごし方だ。実は度具があってもなくても楽しく室内で過ごす方法はある。子供は遊びの天才といったものだが、子供の遊びを見ていれば大人だっていろいろ考えれば子供と一緒に楽しく過ごす方法はいくらでもあるのだ。

雨だからといって室内で遊ぶのには、よく考えれば過ごし方はいくらでもある。そこでこの記事では、子供の楽しく雨の日でも過ごすことのできる室内の遊び方、過ごし方を紹介していこう。これさえ知っておけば、いやな雨の日でも子供と楽しい時間を共有でき、なおかつ子供の発達にも促す効果が期待できてしまうかもしれない。

子供向け知育アプリ人気ランキング!無料で学習効果があるのは? | MensModern[メンズモダン]

数の練習にも!子供との雨の日遊び!「トランプ」

それでは、具体的に室内での過ごし方、遊びを紹介していこう。まずはトランプ遊びだ。トランプであれば、どこの家庭でもあるものだろう、単純な遊び道具。しかし子供でも分かるのかと疑問に思う人もいるだろう。少し大きくなってからの遊び道具なのでは無いかと感じる大人は多いかもしれないが、実はトランプを使うからといって難しい本格的なゲームをするわけではない。

もちろん子供ができるような年齢で、数や絵柄がわかるような年なのであれば、神経衰弱や七並べなども楽しいだろう。そんな遊びも十分おすすめする。しかし子供の年齢がまだ小さいのであれば、そこまで本格的な記憶力や戦略のある遊びはできない。しかし、かといってトランプの遊び方はこれだけではない。

例えば、数当てゲームや絵柄当てゲームなどは子供も楽しめることだろう。覚えたての絵柄や数字などを当てて見せ、逆に子供に当ててもらうような遊びも面白いはずだ。子供にとっては、絵柄をめくってみて遊ぶだけでも面白いものだ。そんな子供の様子を見ながら、大人も楽しめることだろう。

子供用キッチンでおままごと!男の子にもおすすめしたい人気5選 | MensModern[メンズモダン]

お正月以外でも十分楽しい雨の日「カルタ」

次に紹介する過ごし方は、カルタだ。こちらは少々本格的な遊びだが、お正月に遊ぶ代名詞として有名。それ故に、あまり日常的に出して遊ぶ子は少ないだろう。そこで雨の日の室内での過ごし方にぴったりなのだ。物珍しさでまず楽しい。また、カルタはカルタの遊びでしか使うことがないので、そもそもその遊びが珍しくて子供も楽しい。

読み札が読まれたら、それに対応するものを選ぶという、単純ながらも大変頭を動かすゲームになる。難点としては、複数人必要となる遊びであることだが、数ある読み札が読み終わった後に数が多いほうが勝ちという単純でもやりごたえ十分な遊びなので、おすすめの室内での過ごし方になる。

子供の一緒に楽しむ!大人もはまる雨の日「折り紙」

次に紹介するのが折り紙だ。この道具もどちらかというと、どの家でもあるもので、簡単に手に入るものだろう。今やカラフルな折り紙も100円均一で手に入れることも可能だ。そんな折り紙を使って遊ぶ方法は、沢山ある。例えば、折り紙の名の通り、鶴や花などいろいろなものを追っても楽しいだろう。少し細かな作業が必要なものでも、子供は新しくて面白いと思う。

また、追って楽しむことができなくても、小さい子供でもできる子どが破って丸めたりすること。口に入れたりはしてほしくないが、子供は破って小さくしたり、バラバラにしてぐちゃぐちゃにしたりすることが大好き。こういった単純な遊びでも小さい子供なら楽しんでくれることだろう。折り紙の軽快に避ける破れる音は、大人も日ごろのストレス発散につながる効果もあるかもしれない。

単純な遊びえではあるが、子供と一緒に室内で過ごす代表的な遊びともいえるだろう。少し工夫して、折り紙で手の込んだ作品を作ることもいいかもしれない。作品ができたら、お部屋に飾ってみよう。飾るところまでも楽しい折り紙、きっと子供との有意義な時間を提供してくれるはずだ。

昔ながらでも子供喜ぶ!雨の日「お手玉」

次にお手玉だ。子供はボールが大好き。でも、普段のボールではいつもと一緒で面白みに欠ける二人で遊ぶのもいつもと一緒だ。そこでおすすめの道具がお手玉だ。お手玉であれば、子供もあまりお目にかかったことがないので、まず目新しくて目を輝かせてくれることだろう。さらに触っても面白い。

いつもいろいろなものを触っているだろうが、そのどれとも違った感触で楽しい気持ちになること間違いなしだ。遊び方もまだまだやったことがない子供も多いので、まずは一戸から持つことから始めよう。そして、一つを投げてうまくキャッチできるようになれば、二つに挑戦。手から移るお手玉の様子を見せてあげればすごく喜んでくれるに違いない。

慣れてきたらお手玉の数を増やしていくこともいいが、まずは子供にもさせてあげてうまくできるように教えてやってみよう。とても楽しい時間になるはずだ。お手玉は昔のおもちゃと思いがちだが、子供にとっては初めて見るおもちゃが常に最新の道具だ。古い道具だと思っても、子供と遊べばなんでおおもちゃになるのだから、こういったおもちゃを利用することは非常にいい刺激になるだろう。

おもちゃなんかなくとも楽しい!「ジェスチャーゲーム」

次に紹介する雨の日の過ごし方は、道具なんかなくとも体一つあればできる過ごし方だ。それはジェスチャーゲーム。難しい考えは必要ない。子供がわかるかわからないかぐらいのものを体で表してあげるだけで、子供も楽しいジェスチャーゲームの出来上がりだ。日ごろ見ているテレビ番組や絵本などを思い出して、それを真似れば、子供の想像力を鍛えられると同時に楽しめる。

雨の日の室内で楽しく過ごすのであれば、どうせであれば子供の知育も兼ねて遊びたい。そんな遊び方はないかと問われれば、こんな遊びもおすすめだろう。そして、なによりもこういった体を使った遊びはスキンシップになる。いつもはおもちゃで一緒にそんでいるような時間でも、より子供との時間を濃い時間にできる、そんな雨の日の過ごし方だ。

知ってる言葉で勝負!雨の日も気分転換「しりとり」

知育にもおすすめの雨の日の遊び方であれば、しりとりもおすすめだ。子供はまだまだ覚えた盛りの時期。言葉をどんどん級数していくことだろう。親からの言葉でわからない言葉があれば、それを教えてあげるタイミングにもなる。雨の日だからと室内にこもっていて楽しくない時間と子供も思うかもしれないが、この遊びであれば、いい刺激になることは間違いない。

もしも、ルールが簡単だと思う音であれば、少し難易度を上げるためにもルールを縛ってもいいかもしれない。例えば、食べ物だけのしりとりなどだ。こういったルールを設けることで、考える力も養えて楽しく雨の日を過ごすことができるので、一石二鳥というものだ。

これはなんでしょう?子供の知育にも!「クイズ」

子供と一緒に雨の日を過ごすといってもいいアイデアが浮かばないし、道具もないというのであれば、単純ではあるが、クイズなどもいいかもしれない。いくつかヒントを出してお題のものを答えるといった形で、子供の想像力を掻き立てること間違いなし。例えば赤い果物といってヒントを出していき、答えを導き出すようにするクイズもいいし、単純に問題を出して答えてもらうタイプでもいいだろう。

少し慣れてきたら、実際にものを持ってきてもらう借り物競争的なクイズも面白いかもしれない。ヒントを出していって、それを持ってこれたら正解という形だ。間違ったものを持ってきても、なには違うのか、また、正しいものを持ってくるという考えや、どこにあるかといった想像力を鍛えるにはもってこいのクイズになる。雨の日も過ごし方次第で、学習遊びに早変わりだ。

大きいものどれだけ知ってる?子供の想像力を鍛える「大きいものクイズ」

雨の日といえば、外には出れないが室内であれば、いろいろなものがあるのだから使わない手はないだろう。大きいものクイズは、大きいものを言っていくクイズで、最初はアリのような小さなものから初めて徐々に大きいものを答えていくというものだ。単純ではあるが、大きくなっていけば大人でも難しいクイズかもしれない。

時には大きさに意見が食い違う時があるかもしれない。そんな時は、話し合ってみるのも楽しい。家の中だけであるものとルールを決めて遊ぶのであれば、家の中のものを実際に並べて遊ぶのも楽しいかもしれない。雨の日ではあるが、家の中のものは使い方次第ですべてが遊び道具になる。

新聞紙で遊ぶ!雨の日でも室内「ボーリング」

雨の日の過ごし方でも簡単にできるものであれば、自分で作って遊ぶという手もある。その一例がボーリングだ。新聞紙などを破って丸めてボールを作り、同じく新聞紙でピンを作ればボーリングの出来上がりだ。雨の日も室内でもボーリングができてしまうのだから、子供は大喜びだろう。

また、自分で道具を作るという楽しみもある。けっしてボーリングだけが楽しみではないということだ。子供は破ったりつなげたりすることも大好き。こういった工作の過程も楽しいはずなのだ。雨の日は、それでなくとも憂鬱になるような天気。しかし、雨の日でも明るく遊びことはできるので、自分でこのな風に道具を作ったり工作するのも楽しいだろう。

いつもと違ったボールで子供大喜び「風船キャッチボール」

次に雨の日でも楽しいものといえば、風船だ。これは雨の日でも晴れの日でも子供は風船が好きだと思うが、普段のボールトはまた違った楽しみ方があるはずだ。風船は少しふわふわとしていてボールの様にすぐには落ちてこない。その様子は子供からすれば見ているだけで楽しい。

風船も今やどこでも手に入るし、気軽に遊べる道具。キャッチボールとして遊んでもいいし、上から落として子供と風船をなげあったり落としたりするのも楽しいだろう。口を縛らずに、そのまま飛ばしてみるのも面白いかもしれない。不規則に動くその動きは雨の日でないと見られない子供にとっては特別なものになるかもしれない。

雨の日も子供と楽しく過ごす方法は沢山ある!

雨の日でも子供と楽しく過ごす方法は沢山ある。ついつい雨の日となるとじめじめしていて気分も落ち込み、場合によっては予定も崩れてしまって面白くないと思いがち。子供もどこか楽しくないと感じているかもしれない。しかし、雨の日でも楽しく室内で過ごす方法は沢山ある。知恵を絞ればまだまだ楽しみ方は沢山あることだろう。雨の日だからとあきらめず、子供と過ごす時間を楽しんで考えてみてほしい。

面白い室内遊び特集!子供から大人まで楽しめる簡単・準備不要のものを厳選 | MensModern[メンズモダン]

評価 3.8/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ