日中の強く暖かい日差しを感じると寒く長かった冬の終わりを感じ始め、少しずづ春の季節の始まりを感じでくると思います。春といえばなにを連想しますか?今回は、春を連想させる身近な風物詩、旬の食べ物や花、など「春といえば…」について徹底調査していきたいと思います。

春といえばなに?連想される旬の食べ物や花・イベントなどを徹底調査

目次

  1. 春といえばなに?
  2. 春という季節について
  3. 出会いと別れは春の風物詩
  4. 春の体調
  5. 春の風物詩「花」
  6. 春を告げる鳥!
  7. 【果物】春の風物詩:食べ物編
  8. 【魚】春の風物詩:食べ物編
  9. 【野菜】春の風物詩:食べ物編
  10. 東大寺のお水取り
  11. 春の遊びといえば!
  12. 春だから始めたい人気スポーツ
  13. 春だから行きたい場所
  14. 春のアウトドア
  15. 春といえばなに?連想される旬の食べ物や花・イベントなど:まとめ

春といえばなに?

暖かい日が増えてくると「春」を感じませんか?外ではまだ風は冷たいものの、春の訪れを今か今かと楽しみに感じてしまいます。寒く長かった冬を終え、暖かく過ごしやすい春。そんな待ち遠しい「春」は、春を連想させる言葉がたくさんあります。

そこで、今回は春の訪れを感じることができる春の風物詩について考えてみたいと思います。春を連想させる旬の食べ物や花、イベントなどを「春といえば…」としてご紹介していきます。

春という季節について

まず、「春」についてからご紹介していきます。日本には四季というものがあります。その中で、春にあたる季節の具体的な区切りは、実際には決められた定義はないそうです。一般的には気象庁が用いている季節の区切りとして、春は3月~5月が多く使われていますが、天文学的に区別をしたり、暦上での区別があったりとはっきりとした明確な日は存在していません。

季節は、少しずつ移り変わっていくものなので仕方ありませんね。ではここからは、春を連想させる旬の食べ物や花、イベントなど春の風物詩を感じることができる身近な「春といえば…」についてまとめていきます。

春服はいつから着るの?春物の販売や気温の目安を予想するポイントは? | MensModern[メンズモダン]

出会いと別れは春の風物詩

「春といえば」卒業式や入学式

春の風物詩ともいわれる卒業式や入学式、人事異動に入社式など、春は出会いと別れが1年間で最も多い季節です。歓送迎会も多く行われ、新しい新生活にドキドキもわくわくが続く季節でもあります。春は、子供から大人へ、そして人として、大きく成長する季節でもありますね。

春の体調

「春といえば」五月病

ドキドキとわくわくが続く春は、大きく体調を崩しやすい季節でもあります。有名な「五月病」です。出会いや別れ、慣れない新生活に毎日が緊張の連続。春は、体だけではなく、心までもが付いていけなくなり、体調を崩してしまう人も多い季節でもあります。

紫外線も急激に強くなり、肌トラブルも起こりやすくホルモンバランスまでもがくるってしまうこともあります。花粉も飛散し始め、春は体調管理がとても大切な季節ともいえます。

「春といえば」花粉症

今や国民病ともいわれる「花粉症」。スギ花粉が最も増える2月~5月が花粉症のピークと言われています。この時期になると、テレビでも多くの情報が報道され、天気予報でもその日の花粉の飛散量までもが伝えられます。花粉症の方にとって春は、暖かくなり嬉しい反面、つらい日々でもあるということです。

春に寝ても眠い理由・原因は?眠気対策や病気なのかなど徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

春の風物詩「花」

「春といえば」桜

春は芽吹きの季節。桜、梅、タンポポ、菜の花、シロツメクサなど、春を連想させる花といえばたくさん思いつきます。中でも「桜」は、日本国民なら真っ先に思いつくほど有名な花の一つです。

卒業式や入学の時に咲く、薄いピンクの桜の花は、咲いても美しく、散っていくときも美しい、「春」を感じることができる日本を代表的する春の花です。

「春といえば」チューリップ

春は花が一番咲くとてもきれいな季節です。寒かった冬に土の中で眠っていた木々が目を覚ましつぼみをつけはじめます。暖かくなると一気に花が咲き乱れ、春は一年間で植物が一番元気がいい、きれいな季節なのです。春を感じることができる花の代表として、春といえば、チューリップやラベンダー、スミレなども有名です。

春を告げる鳥!

「春といえば」うぐいす

春を告げる鳥として有名なウグイス。実はウグイスの鳴き声には2通りの鳴き声があります。「ホーホケキョ」という鳴き声は、春限定の鳴き声なのです。繁殖期にあたる春から初夏までのオスに限って「ホーホケキョ」と鳴くのです。

それ以外の時やメスは、普通の地鳥と同様「チッチッチッ」と鳴きます。「ホーホケキョ」という鳴き声を聞くことができれば、季節はもう春なのです。

「春といえば」ツバメ

春を連想させるとりとしてツバメの存在も欠かせません。ツバメは言わずと知れた渡り鳥の一種で、春になると繁殖のために日本に飛来してきます。巣を作り、ヒナを育て夏頃になるといなくなります。ツバメが飛び回り、巣作りを始めるころ、それが春なのです。

「春といえば」チョウチョ

大人から子供まで、老若男女に愛されている「虫」とも言える「チョウチョ」も、多くの植物と共に、春になると動き始める春の虫です。長い眠りから覚め、たくさんの花と共に春を伝えてくれます。とてものどかで、心休まる春の眺めですね。

【果物】春の風物詩:食べ物編

「春といえば」イチゴ

最近はハウス栽培が一般的で一年を通して食べることができるイチゴですが、イチゴの本当の旬は「春」。甘くておいしい果物は、旬の時に食べるのが一番おすすめの食べ方です。最近では、露地栽培や品種改良を重ね地域限定の希少価値の高いイチゴなどが出回り人気を呼んでいます。

数が少なく市場にはなかなか出回りにくい品種のイチゴなどは、春の味覚狩りの代表イチゴ狩りとして楽めると人気を集めています。また、春のスイーツとして、ひな祭りのケーキにはイチゴはかかせませんね。

「春といえば」サクランボ

春から初夏に向けて旬を迎えるフルーツ、サクランボ。サクランボとは、「セイヨウミザクラ」という桜の木になる木の実です。雨にとても弱く、濡れてしまうと実が割れてしまうとてもデリケートな果物です。そんなサクランボを最もおいしく食べる方法は、旬の季節の味覚狩り、サクランボ狩りがおすすめです。

「春といえば」ビワ

痛みやすいフルーツなので、高価なイメージのビワですが、ビワはもともと庭木として植えられ、どこででもあったフルーツでした。収穫時期が5月~6月ということもあり、初夏の春の終わりから初夏の始まりを連想される果物でもあります。イチゴ、サクランボ、ビワは、春の味覚の風物詩として有名で、味覚狩りの代表とされる果物です。

春が旬の果物の名前一覧!おすすめの食べ合わせや栄養について徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

【魚】春の風物詩:食べ物編

「春といえば」初カツオ

カツオとは、熱帯から温帯海域に生息する回遊魚です。春になるとエサを求めて日本近海を北上してきます。このころに水揚げされたカツオを「初カツオ」といい、春の風物詩としてあげられる魚の代表です。また、夏場にエサをたっぷり食べたカツオは秋になると南下してきます。そのカツオのことを「戻りカツオ」をいいます。

初カツオと戻りカツオは同じカツオでも脂肪のノリが大きく違い、初カツオは脂肪が少なくさっぱりとしているため、たたきか刺身がおすすめの食べ方と言われています。初カツオのたたきが食卓に並ぶと、春の訪れを感じながら食事をとることができますね。

「春といえば」シラス

1年を通してとれるシラスですが、漁業の最盛期、旬が年に2回、春と秋にあります。春シラスは、小ぶりでぷりぷりしたのが特徴で食べやすく、大人から子供までおいしく食べることができます。水揚げが多く行われている地域へ行くと、鮮度が落ちやすいシラスでも当日に限っては、生で食べることもできます。

「春といえば」メバル

春告魚の代表でもある「メバル」。その他にも関東ではサヨリも春告魚として知られています。日本全国で釣ることができ、とてもおいしいメバルは、魚釣りでも人気の魚です。2月~5月の初旬くらいまでがメバルの旬とされ、釣りをする人達の間では、メバル釣りが始まれば、本格的な海釣りのシーズンの幕開けだど言われています。

【野菜】春の風物詩:食べ物編

「春といえば」菜の花

春を連想させる食べ物として有名な菜の花。菜の花は、見ても美しく、食べてもおいしい花。春を告げる他の草木よりも一番先に春を教えてくれます。菜の花の食べ方は、主におひたしや和え物とすることが多いです。菜の花が食卓に上がるともう春の到来です。

「春といえば」タケノコ

タケノコは、春しか食べる事ができないイネ科の野菜、春の風物詩です。多くの野菜が品種改良やハウス栽培によって一年中食べることができるようになってきている中、タケノコは春しか食べることができない野菜なのです。シャキシャキとした食感で食卓に並ぶのを楽しみにしている人は多いかと思います。

また、タケノコはアクが強いため鮮度が命。掘って時間がたつとエグミが強くなり食べづらくなります。近年ではタケノコ狩りも人気の味覚狩りとなっていて、掘ってすぐのタケノコは刺身としていただくこともできます。

「春といえば」山菜

春を代表する食べ物といえば山菜も楽しみの一つです。山菜は、春しか食べられない物も多く、出回るのを楽しみにしている人も多いと思います。流通が良くなり、近年ではスーパーでも多くの種類の山菜を見ることができるようになりました。

スーパーで買い物をしながらフキやフキノトウ、タラの芽やこごみなどを見つけると春を感じる主婦の方も多いのではないでしょうか。

東大寺のお水取り

「春といえば」1250年も続く伝統行事

春の行事として有名な奈良県東大寺で長年行われている修二会(しゅにえ)。「お水取り」、「お松明」とも言われています。1250年以上もの間、一度も休むことなく続けられ長い歴史と伝統をもつお水取りとは、国家、天下泰安や万人の無病息災、幸福を願い行われ始めたと言いわれています。

現在では、毎年3月1日から3月14日に行われ、多くのツアーが組まれ、多くの人で賑わいを見せている有名な行事となっています。東大寺のお水取りが終わらなければ、奈良に春はこないと言われるほどです。

春の遊びといえば!

「春といえば」お花見

春の遊びと言ってすぐに思いつくのが「お花見」。暖かくなってくる春に外でのイベントはとても楽しく盛り上がります。また春はたくさんの出会いと別れがあります。きれいな桜の木の下で行われるお花見は、別れる友と新しい友とすぐに親しくなれるイベントでもあります。

歓送迎会を兼ねて行うことも多いお花見は、お酒を飲む人も飲まない人も、春になると楽しみにしているイベントの一つですね。

「春といえば」味覚狩り

春は味覚狩りが目白押し!一番人気はフルーツ狩り。手軽に行え準備も手間もかかりません。その他にも人気なのが、準備は必要になりますが。タケノコや山菜採りなど。春にはレジャースポットが満載です。祝日や長期の休暇を利用し、春をしっかりと楽しみましょう。

「春といえば」潮干狩り

春休みの大人気のイベント「潮干狩り」。普段、思いっきり泥遊びできない子供たちの大人気レジャースポットになっています。実は潮干狩りは、通年を通してできるのですが、潮干狩りのベストシーズンは「春」と言われています。春は、潮干狩りができる潮が引いている時間帯が日中で行いやすく、貝の状態も産卵前で実が膨らみおいしいと言われているからです。

また、貝は傷みやすく温度管理に注意が必要です。高温になる夏には持ち帰りが心配になるため、潮干狩りを行うなら春と言われるのです。春はまさに潮干狩りのベストシーズンです。アサリ、ハマグリ、平貝、青柳などおいしい貝を泥遊び感覚で行える潮干狩りは、ファミリーにおすすめの春のレジャーと言えますね。

春だから始めたい人気スポーツ

「春といえば」ジョギング、ウォーキング

暖かくなってくる春。春は気候が良く過ごしやすいため体を動かしやすい季節でもあります。寒かった冬の運動不足解消にはウォーキングやジョギングがおすすめ。寒かった冬と暑い夏の間の春といえば、気持ちよくスポーツができる時でもあります。軽いジョギング、ウォーキングで気持ちいい汗を流し、冬太りを解消しましょう。

春だから行きたい場所

「春といえば」桜の名称めぐり

日本のにはたくさんの桜の名称があります。中でも日本三大名所ともいわれる福島県にある「三春滝桜」、山梨県にある「山高神代桜」、岐阜県にある「根尾谷淡墨桜」はとても有名な名所で、これに埼玉県にある「石戸蒲桜」、静岡県にある「狩宿の下馬桜」を2つ加えた日本の五大桜は一度は行きたい場所として春の旅行先に選ばれています。

春のアウトドア

「春といえば」キャンプ

春はキャンプを行うのにも大変良い季節です。テントの設営や片付けも汗をかくことなくスムーズに行え、レジャーを行うにもいい気候です。いろんな食べ物が豊富にある春は、BBQも盛り上がります。朝晩は冷え込みがあるので注意は必要ですが、キャンプ場での時間が過ごしやすいと多くのキャンパーには人気のシーズンです。

「春といえば」ハイキング

ハイキングや山登りにおすすめのシーズンの春。虫や花、植物達が活動を始める季節なので、観察しながら自然と触れ合っていくにはとてもいい季節です。大人から子供まで楽しむことができます。家族と友達と、恋人と春のハイキングはおすすめです。

「春といえば」魚釣り

海にも季節があります。低かった海水温で動きが悪く活性化していなかった魚たちが元気に泳ぎ始める春。春は魚釣りのシーズンの幕開けです。春先は天候が不安定で海がシケル日が多いのですが、落ち着いてきた頃がねらい目ですよ。

春といえばなに?連想される旬の食べ物や花・イベントなど:まとめ

春を連想させるものについて紹介しました。春はたくさんの食べ物を始め花や植物、イベントや行事など楽しみになることがたくさんあります。春には祝日や大型連休もあるので、おいしい食べ物を見つけ食べに行くにも、スポーツを始めるにもいいチャンスです。「春といえば…」の中から素敵な思い出作りができると幸いです。

まだ寒い3月のメンズコーデは?春を先取りしたおすすめの着こなし! | MensModern[メンズモダン]

評価 4.2/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ