イーシャンテンを理解することによって、麻雀の道は開かれるといっても過言ではないくらい、イーシャンテンを極めることは大切です。どの牌を受け入れれば綺麗なテンパイができるのかを解説していきます!イーシャンテンの意味を理解することで、麻雀がより楽しくなります!

イーシャンテンの意味とは?牌効率にも繋がる構え方と見極め方紹介

目次

  1. 麻雀の基本「イーシャンテン」の意味とは?
  2. 麻雀では、「充分形イーシャンテン」を作ることが大事
  3. 逆に、「不十分形」のイーシャンテンは足が遅い
  4. 麻雀を勝ちにつなげる、「完全系イーシャンテン」
  5. 麻雀を勝ちにつなげる「黄金形イーシャンテン」
  6. イーシャンテンは鳴かずに作る、が麻雀の基本?
  7. 充分形イーシャンテンを作るには、リャンシャンテンからが勝負
  8. 麻雀で勝てる!「何を引いたらどうなるか」を考えてイーシャンテンを作る
  9. 麻雀で勝てる!不要なターツを切って充分形イーシャンテンを作りやすくする
  10. 麻雀で勝てる!浮き牌を利用して充分形イーシャンテンを作る
  11. 麻雀で勝てる!充分形イーシャンテンの他の強みは?
  12. 麻雀で勝てる!充分形イーシャンテンの弱点を理解しよう
  13. 麻雀で勝てる!充分形イーシャンテン→テンパイとなってもリーチをかける場面
  14. 麻雀で勝てる!どうしても不充分形イーシャンテンで止まってしまう場合
  15. イーシャンテンを理解して、麻雀の上達のヒントを!

麻雀の基本「イーシャンテン」の意味とは?

今回は、麻雀で勝つためにはかかせない「イーシャンテン」について紹介します。麻雀でなかなか勝てないといった時は、「アがること」が中々できない状態にあるはずです。そういうとき、イーシャンテンを理解することが大切で、よりよいイーシャンテンを作ることのメリットや作り方等を作るため、この記事を読んで勉強しましょう。

一向聴(イーシャンテン)の意味は、あと何か1枚揃えば聴牌(テンパイ)という状態のことです。テンパイ直前になると中々ほしい牌が来ずにイライラしてしまう人もいるかもしれませんが、このイーシャンテンの状態によって、早くテンパイになれるかどうか、テンパイになった後素早く上がれるかどうかが決まってきます。

麻雀用語の一覧!初心者でも簡単知っておくべき基本用語と読み方など紹介 | MensModern[メンズモダン]

麻雀では、「充分形イーシャンテン」を作ることが大事

イーシャンテンの形によって、その後のアガリや、受け入れ牌の数は決まってきます。従って、一概にイーシャンテンとはいっても、その中に明確な順序があるのです。具体的に言うと、受け入れ牌の種類が多いと「良いイーシャンテン」、受け入れ牌の種類が少ないと「悪いイーシャンテン」という感じで分けることができます。

良い形のイーシャンテンのことを「充分形」と言います。例えば両面待ちと両面待ちのイーシャンテンだと、受け入れ牌の種類が4種類あるので、充分系と言えるイーシャンテンになります。このように、受け入れ牌を増やしてスピードを上げるためには充分形イーシャンテンを作ることが必要です。リーチをしても上がりやすい手になります。

上の画像は充分形イーシャンテンのいい例で、雀頭の八索を固定として、「二索、五索、三萬、六萬」のそれぞれ4種最大14種類を引くことでテンパイすることができます。テンパイしても両面待ちが期待できるので、平和は確定です。画像はタンヤオもついてくる非常に好形で、期待値の高い状態でテンパイすることができます。

逆に、「不十分形」のイーシャンテンは足が遅い

画像のように、受け入れ牌の幅が少ない(四萬、二筒、四筒で四萬、二筒は残り2枚)状態のイーシャンテンを、「不充分形」といい、イーシャンテンからテンパイへ発展する可能性も低く、なおかつ仮にテンパイしたとしてもその後、アガり牌も少ないことから、当然リーチもかけづらく、押し引きも消極的にならざるを得ません。

不充分形イーシャンテンにならないようにするのが一番ですが、もしなってしまった場合、リーチをかけても上がれない可能性が高く、リーチ分の1000点が無駄になったり、上がれない可能性を考えて、押し引きで弱くなってしまうのです。不充分イーシャンテンを作らないことを意識してイーシャンテンを作ることが大切なのです。

麻雀を勝ちにつなげる、「完全系イーシャンテン」

完全系イーシャンテンの意味は、両面待ち、両面待ち、シャンポン待ちという3構えから来るイーシャンテンで、受け入れ牌は16枚(両面)+4枚の合わせて最大20枚です。画像の待ち牌も完全イーシャンテンで、両面待ちにさらに八萬と四筒が、受け入れ牌によってはシャンポンの役割になっており、幅広い受け入れ牌があります。

完全形イーシャンテンはテンパイになりやすく、両面待ち以上の手でアガることができる非常にいい形です。リーチをかけてツモるまでの牽制にもなりますし、押し引きも強めに出ることができます。この状況が完成すれば、この局は「勝ち」を意味するといっても過言ではないので、完全形イーシャンテンは積極的に狙いましょう。

麻雀を勝ちにつなげる「黄金形イーシャンテン」

黄金形イーシャンテンとは、イーシャンテンの中で特においしい形のことで、「タンヤオ、平和、三色同順」と「一気通貫」の両方を狙うことができるイーシャンテンです。受け入れ牌の数は完全形イーシャンテンより劣りますが、どの受け入れ牌を引いてテンパイしたとしても役が確定するので、リーチをせずダマテンすることも可能です。

画像の黄金イーシャンテンは「一筒、九筒」を引き七萬を切ることで一気通貫でテンパイ、「二索、二筒、八筒」を引いて七萬を切りタンヤオでテンパイ、「六萬、八萬」を引いて二筒か八筒を切れば平和でテンパイできます。麻雀において大事な役作りを確実じこなします。役自体は大きくないので、押し引きは状況に応じて判断しましょう。

イーシャンテンは鳴かずに作る、が麻雀の基本?

イーシャンテンは、テンパイの前段階なので、ある程度は引き運でイーシャンテンまでは鳴かずに作ることができます。清一色、役牌などの鳴かないと作りづらい役は置いておいて、イ―シャンテンまでは鳴かなくても効率よく充分形イーシャンテンを作ることができます。鳴くと、イーシャンテンの強みを生かせる可能性が少なくなります。

麻雀で勝つためにはイーシャンテンを鳴かずに作ることも重要です。充分形イーシャンテンを作る場合、テンパイした後上がりやすいというメリットを考えると、積極的にリーチをかけていきたいからです。せっかく押し引きで優位に立てるチャンスを消してしまいます。イーシャンテンまではなんとか自力で作る練習をしましょう。

ただし、清一色や役満等を狙っている場合は例外です。清一色や役満は牌を自分で手に入れにくいので、鳴いてでもテンパイを作り圧力をかけましょう。清一色をチラつかせることで、押し引きにも強くなります。鳴けば高い手でテンパイできるのに鳴かない意味はありません。充分形イーシャンテンを作ることよりもメリットがあるのです。

充分形イーシャンテンを作るには、リャンシャンテンからが勝負

充分形以上のイーシャンテンを作るためには、リャンシャンテンの時点から考えて牌を揃えなければなりません。リャンシャンテンの意味は、イーシャンテンの前段階、つまり「あと2つの受け入れ牌でテンパイすることができる」状態のことです。リャンシャンテンの時点で足の速い充分形イーシャンテンを目指すことには意味があります。

リャンシャンテンの状態から完全形イーシャンテンを目指す定石は、ズバリ「リャンシャンテンになった瞬間、一番不要な浮き牌を捨てる」ということです。例えば揃う気配のない字牌だったり、受け入れ牌が場に出ている状況のときの順子候補のことです。この捨て牌の選択によって、効率のよいイーシャンテンを作ることができるのです。

麻雀で勝てる!「何を引いたらどうなるか」を考えてイーシャンテンを作る

リャンシャンテンはどのような状態かというと、一面子と雀頭がそれぞれ1つづつ完成し、ターツ(対子含む)のブロックが3つある状態です。受け入れ牌によって、どのような形のイーシャンテンができるかが変わるので、このリャンシャンテンでの打ち方は非常に大切です。「何を引いたらどうなるのか」という先を見越して打ちましょう。

画像のリャンシャンテンで、何を切るのが正解なのでしょうか。三索、一筒などを切れば受け入れ牌が多く、リャンシャンテン後も充分待ち以上の手を望むことができるし、六索か五索を切ることで三色を狙うことができます。このように、「この牌を切ったらどのようなイーシャンテン、勝ち筋ができるか」は考えるようにしましょう。

麻雀で勝てる!不要なターツを切って充分形イーシャンテンを作りやすくする

リャンシャンテンには、一面子完成、4ターツブロック完成の場合の状態もあります。ターツ、つまり面子候補となっている2組の牌ばかり手元にある時は、一番不要なターツブロックから牌を切りましょう。風牌でない字牌、嵌張待ち、辺張待ちなどの牌のことです。これらの牌は、持っていても手元に入ってくる可能性が低いからです。

例えば、自分が五萬六萬、五索六索、六筒2枚、北2枚のターツを持っていて、自風が「西」の場合は、基本的に北を切ります。なぜなら、来て繋がる受け入れ牌の数は、北2枚しかないからです。六筒も2枚ですが、こちらは五筒か七筒を引くことで充分形のリャンシャンテンを作れる可能性が出てきます。これも、麻雀の定石となります。

麻雀で勝てる!浮き牌を利用して充分形イーシャンテンを作る

「浮き牌」を利用してイーシャンテンを目指す打ち方を説明します。自分の牌にはある程度のターツがありますが、例えば四筒などの牌がターツになってなく、孤立して浮き牌になっているリャンシャンテンの場合は、安易にその四筒を切ってはいけません。ターツとなる可能性が高く、いまよりもいいターツを作れるかもしれないからです。

浮き牌候補は、三~七の牌が理想です。字牌はまず揃う可能性が低いです。一九牌と二、八牌も、その後の受け入れ牌の幅はそれぞれ一~四、六~九の三種類です。仮に一~二でターツができたとしても、その後の受け入れ牌が三しかなく、例えば五を浮き牌にしたときの三~七で待ったときと比べて、受け入れ牌が圧倒的に少ないからです。

麻雀で勝てる!充分形イーシャンテンの他の強みは?

充分形イーシャンテンの強みはテンパイの際に上がれる確率が格段に上がることは説明しました。その他にも充分形イーシャンテンの強みがあります。平和の役が作りやすいので、牌の種類を多く持つことになり、「ドラが乗りやすい」ということが、充分形イーシャンテンの強みです。これを利用し、麻雀でさらに勝てるようになりましょう。

画像のような状況は、充分形イーシャンテンを作るにはよくある光景で、牌のほとんどが一種類です。それを意味することは、「牌の種類が豊富で、ドラが乗りやすい」ということです。リーチをかけることで裏ドラも乗る可能性がありますので、積極的にリーチを賭けましょう。相手に押し引きを強制させることができるかもしれません。

麻雀で勝てる!充分形イーシャンテンの弱点を理解しよう

充分形のイーシャンテンに持っていくことに馴れれば、麻雀で勝てる確率がグンと上がります。しかし、弱点もちゃんと存在するので、その弱点もしっかりと理解することが大切です。充分形イーシャンテンでテンパイしてリーチ、理想的な流れなのですが、そこからアがるのにものすごく苦労した経験があるのではないでしょうか。

充分形イーシャンテンの弱点は、イーシャンテンに行くまでにターツの組みやすい(つまり、他の人も欲しいであろう牌)を長く持つことになるので、相手にリーチされた場合、押し引きで不利になる可能性が高いのです。また、ドラが爆乗りしない(ドラの1枚受けはしやすい)、捨て牌で待ちが見抜かれる等の弱点もあります。

麻雀の読み方!捨て牌を読むポイントと当たり牌を見るポイント紹介 | MensModern[メンズモダン]

麻雀で勝てる!充分形イーシャンテン→テンパイとなってもリーチをかける場面

配牌がものすごくよく、2、3巡ですでに不充分形イーシャンテンの形ができていたとします。その時はどのように打てばよいのでしょうか。充分形イーシャンテンのほうが上がりやすいため、充分形イーシャンテンへ発展させる牌を引けたらそれでいいのですが、引けずにテンパイとなって待ち牌が1種類となったという想像しましょう。

待ち牌が1種類しかなかったとしも、怖がらずにリーチをかけましょう。早い段階でリーチをかけることによって、序盤、相手に待ち牌がばれにくいというメリットがあります。また、リーチの圧力で押し引きが強くなり、相手の押し引きの駆け引きを強要させることができるので、不充分形イーシャンテンだとしても、メリットがあるのです。

麻雀で勝てる!どうしても不充分形イーシャンテンで止まってしまう場合

充分形イーシャンテンを作りたいのだけど、不充分系イーシャンテンから中々動けず、テンパイすることもできず気づけば流局間近の時、どうすればよかったのでしょうか。せっかく綺麗に牌を集めようとしても、最低でもテンパイを作ることができないと意味がありません。そのようなときはどのようにして打ちまわせばよいのでしょうか。

最低でも流局に備え、どこかで鳴いてテンパイを作るのもよいのですが、特に勝負をかける状況じゃないときは、素直に降りましょう。不充分形テンパイの場合アがりづらく、役も弱い場合が多く、押し引きも弱いため、相手から押し引きを強要された場合は降りましょう。振り込んでしまうのは、勝つためには何も意味がない行動なのです。

イーシャンテンを理解して、麻雀の上達のヒントを!

麻雀を打つのならば、やはり上達したいと思うはずです。貪欲にアがりたいと思うのならば、自然と「どのようにしてアがりやすくするか」ということがいかに大切かということに気づきます。そして、アがりやすい手を作るためには、よりよいイーシャンテンの形を作り、テンパイへと備えることが重要なのです。

いかにしてアがりやすい手を作って、その結果アがることができれば麻雀がさらに楽しいと思えるはずです。そのためにはこの記事に書かれてある「イーシャンテン」の基本をしっかりと理解してください。イーシャンテンを理解して打つことで、次第に状況に応じてよりよいイーシャンテンを作れるようになり、勝てるようになるはずです。

麻雀上達のコツ・テクニック!初心者がうまくなる・強くなる方法 | MensModern[メンズモダン]

評価 4.4/ 5(合計14人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ