エピカリスは2017年3歳世代のダート戦線で最強馬とまで言われた競走馬で、3歳春にはアメリカ3冠レースに出走するために海を渡ったほど期待された馬です。今回はそんなエピカリスの血統やこれまでの戦績、次走情報などをご紹介していきます。

エピカリスの次走は?期待の最強馬の血統や戦績も!【競馬情報まとめ】

目次

  1. エピカリスはダート路線での世代最強馬とまで言われた優駿!
  2. エピカリスはどんな血統の馬?
  3. 最強を目指したエピカリスの初勝利までの道のり
  4. プラタナス賞から衝撃の北海道2歳優駿へと進むエピカリス
  5. さらに連勝を伸ばすエピカリス
  6. 海を渡り、ドバイに挑んだエピカリス
  7. ベルモントステークスに出走するため再度海を渡ったエピカリス
  8. 国内に戻り巻き返しに臨んだエピカリス
  9. エピカリスの次走は?
  10. エピカリスはダート最強馬となれるのか

エピカリスはダート路線での世代最強馬とまで言われた優駿!

エピカリスという馬の名前を聞いたことはありますか?デビューから圧倒的な力を見せつけ連勝を重ね、ドバイやアメリカにも遠征したほどの競走馬です。まずはそんなエピカリスの血統についてご紹介していきます。

ウィンクスが圧倒的な強さで連勝中!現在何勝目?【海外競馬】 | MensModern[メンズモダン]

エピカリスはどんな血統の馬?

エピカリスは父ゴールドアリュール、母スターペスミツコ、母の父カーネギーという血統の2018年2月現在4歳の牡馬です。父がハーツクライに変わった半兄に小倉記念や七夕賞を勝ち、10歳となった現在でも障害で現役を続けているメイショウナルトがいます。

父ゴールドアリュールはサンデーサイレンスとニキーヤの間に生まれた競走馬で、ジャパンダートダービーやフェブラリーステークスなどダート路線で活躍した馬で、種牡馬入り後もスマートファルコンやコパノリッキー、ゴールドドリームやエスポワールシチーなどダートG1を席巻する名馬を多く送り出した馬です。

エピカリスの血統にはインブリードはある?名前の由来は?

エピカリスの血統表に目をやると、ノーザンダンサーの4×4×5、スペシャルの4×5、ニジンスキーの5×4とやや強いクロスを持っていることがわかります。そんなエピカリスの名前の由来は「魅力的な」という意味を持つギリシア語から、と言われています。父のゴールドアリュールは「黄金の魅力」という意味があるとされているので、魅力つながりとなっています。

パドックの見方とは?競馬初心者が馬券を買う時に注意することは? | MensModern[メンズモダン]

最強を目指したエピカリスの初勝利までの道のり

2014年3月22日に浦河で生まれたエピカリスはその年のセレクトセールに上場され、税込み2808万円でキャロットファームに落札されると、1口9万円×400口の総額3600万円で募集されました。その後成長したエピカリスは美浦の萩原清きゅう舎に預けられ、デビュー戦まで調教を積まれることになります。

エピカリスの連勝はここから始まった

そんなエピカリスのデビュー戦は2016年8月14日の新潟競馬場で行われたダートの2歳新馬戦でした。ルメール騎手を背に1番人気に支持されたエピカリスは、好スタートからあまりルメール騎手が追うことなくスムーズに先頭に立ち逃げの手に出て、1000m通過が63秒2と新馬戦としてはまずまずのペースで進みます。

新潟競馬場は直線が短いコース形態なので3コーナー過ぎから勝負所になるのですが、他馬が追われる中でエピカリスは涼しい顔で馬なりのまま進み、直線を向きます。ルメール騎手が追い出しに入るとその差は開き、ゴール前にはルメール騎手が後ろを確認する余裕があるほどで、6馬身差を2着につけてデビュー勝ちの戦績を収めます。

牛柄馬ブチコの過去成績まとめ!競馬界人気アイドルの引退後は? | MensModern[メンズモダン]

プラタナス賞から衝撃の北海道2歳優駿へと進むエピカリス

新馬戦で力を見せたエピカリスの次走は10月に東京競馬場で行われたプラタナス賞に決まります。ダート1600mで行われたこのレースで単勝1.5倍の1番人気に支持されたエピカリスは、スタートの1歩目が少しだけ遅れ、新馬戦とは違い前に行く馬を見るポジションからレースを進めていきます。

直線入り口ではちょっと外に膨れるところを見せたエピカリスでしたが、馬なりのまま残り400m過ぎで先頭に並ぶとルメール騎手の追い出しに反応して鋭く伸び、最後は流す余裕を見せながらも2着に7馬身の差をつける圧勝で連勝を飾り、この頃からエピカリスがダート路線で世代最強じゃないかという声が上がり始めます。

まさに圧勝、門別の地で力の違いを見せつけたエピカリス

オープン入りをしたものの、適鞍がなかったエピカリスの次走は門別競馬場で行われる地方交流G3の北海道2歳優駿に決まります。連勝の内容が圧倒的だったものだった影響か、G3にもかかわらずエピカリスのオッズは1.0倍の元返しとまれに見る一本かぶりの様相を呈し、レースを迎えます。

好スタートを切ったエピカリスは新馬戦と同じようにハナを切り、逃げの手に出ます。道中では後ろを引き付けような逃げでしたが、軽く追い出され始めた残り400mでは後続との差は開いていて、直線ではその差はさらに広がり、2着に2秒4もの差をつける大差勝ちで3連勝を飾ります。

ダート最強馬としてエピカリスに夢を見るファンも多く見受けられた

いくら地方交流戦だったとはいえエピカリスの圧倒的なパフォーマンスは、エピカリスがこの世代においてダートでは最強、という考えを否定する人も一気に減るものでした。競馬ファンの中にはエピカリスに日本を飛び出し、日本馬として初のケンタッキーダービー制覇の夢を持つ人も少なくなかったと言われています。

タピットの種付け料はいくら?産駒の特徴や血統など【競馬まとめ】 | MensModern[メンズモダン]

さらに連勝を伸ばすエピカリス

2歳シーズンを3戦無敗というパーフェクトな戦績で終えたエピカリスは、次走となる3歳の初戦を東京競馬場でフェブラリーステークスと同じ日、同じコースで行われるオープンレースのヒヤシンスステークスに出走します。ここにはダートに路線変更してから2戦2勝と連勝を飾っていたアディラートや、1戦1勝馬のフォギーナイトが出走していました。

しかしこの強敵相手でも1.4倍と圧倒的な人気に支持されたエピカリスは、まずまずのスタートから逃げるアディラートを見る形で3番手からレースを進めて、最後の直線ではアディラートの内を突きたたき合いになると、3/4馬身差差し切って4連勝を飾ります。

競馬新聞おすすめ紙を徹底比較!無料ネット新聞サイトもご紹介 | MensModern[メンズモダン]

海を渡り、ドバイに挑んだエピカリス

国内のダートでは世代最強を高らかに証明したエピカリスは、ドバイで行われる国際G2のUAEダービーに出走します。アディラートとの逃げ合いを制してハナを切ったエピカリスは順調にレースを進めますが、常に近くに馬がいたことや、直線入り口からゴールまでサンダースノーとのたたき合いが続いたことが影響したのか、再度に力尽きアタマ差で2着に敗れます。

競馬新聞の見方は?競馬情報の読み方を徹底解説!【初心者向け】 | MensModern[メンズモダン]

ベルモントステークスに出走するため再度海を渡ったエピカリス

連勝は止まってしまったものの、エピカリスの力を見せた負けて強しのレースとも言え、次走をアメリカ3冠路線の最終戦であるベルモントステークスに挑戦することを決め、アメリカに渡り調整されていましたが、レース直前に右前脚の蹄を傷めると、レース当日にもハ行を発症したため競走取り消しとなり、戦績を残すことは出来ませんでした。

競馬のワイドの買い方とは?効率の良い方法やボックスの使い方まとめ | MensModern[メンズモダン]

国内に戻り巻き返しに臨んだエピカリス

日本に帰国したエピカリスは、8月6日に新潟競馬場で行われたレパードステークスで国内復帰戦に挑みます。北海道2歳優駿で子ども扱いしたヒガシウィルウィンが、交流G1のジャパンダートダービーを地方馬ながらに制していたことで、休み明けであってもエピカリスの評価は高く、1.5倍という1番人気で出走することになります。

久しぶりのレースとなったせいか馬群の中の5番手からレースを進めたエピカリスは直線では馬群を割って抜け出そうとしますが、残り200mを過ぎてから内に進路を持ち出すのが精いっぱいとなり、まさかの3着と敗れてしまいます。しかしスムーズな競馬がまったくできなかったと言う明らかな敗因もあり、エピカリスの評価を下げるものではありませんでした。

休養を挟んでみやこステークスに出走したエピカリス

レパードステークスで日本での戦績に土がついたエピカリスは、レパードステークス時にも蹄の状態が万全ではなかったこともあり急送に入ると、チャンピオンズカップの前哨戦として行われるみやこステークスに出走します。本格化していたテイエムジンソクとの2強対決と見られ、エピカリスが1番人気に支持されていました。

スタートは悪くなかったエピカリスでしたが、なかなかダッシュがつかず中団の外からのレースとなります。テイエムジンソクが早めに動くのに合わせてエピカリスも進出を始めますが、外から直線で3番手に上がったところで脚が止まり、勝ったテイエムジンソクから1秒6離された8着と惨敗とも言える戦績になってしまいました。

エピカリスのみやこステークスでの敗因

エピカリスは調整が順調だったとされていますが、当日の馬体重は∔8㎏と過去最高だったこともあり、レース後には「太かったと思います」というルメール騎手のコメントが出ているほど、明らかな重め残りだったとされています。また蹄の状態が万全じゃなかったことも、レース後に出走することなく休養に入ったことからも明らかだったのでしょう。

競馬のオッズと倍率について!オッズ表の見方を馬券の4種類別に紹介 | MensModern[メンズモダン]

エピカリスの次走は?

みやこステークスの後放牧に出されていたエピカリスの次走は、3月に阪神競馬場で行われるG3のマーチステークスか、船橋競馬場で行われる交流G2のダイオライト記念かの両にらみとされています。どちらのレースに出走するかはまだ決まっていない状態なので、鞍上も未定状態です。

競馬で効率の良い賭け方!初心者にも有効な方法や基本を紹介! | MensModern[メンズモダン]

エピカリスはダート最強馬となれるのか

今回は3歳春までは現在の4歳世代においてダートでの最強馬とも言われ、海外遠征で歯車が狂ってしまった形となったエピカリスの血統や戦績をご紹介しました。3歳春の海外遠征は馬に対して大きな負担を与えてしまうため、その後の活躍を出来た馬はほとんどいない現状ですが、エピカリスはこのジンクスを破ることが出来るのか、注目が集まります。


評価 3.8/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ