ダイソーのすのこを使ってDIY!サイズ一覧や簡単な活用アイデアを紹介

ダイソーで簡単に手に入るすのこ。実はアイデア次第で様々な使い方をすることができるのです。そこで今回は、ダイソーのすのこのサイズ一覧や活用アイデアをご紹介します。簡単にできるものばかりですので、すのこを使ってDIYにチャレンジしてみてくださいね。

目次

  1. ダイソーのすのこを使ったDIYをご紹介
  2. ダイソーのすのこのサイズを確認しよう
  3. 収納棚をDIY
  4. 傘立てをDIY
  5. スリッパラックをDIY
  6. マガジンラックをDIY
  7. インターフォンカバーをDIY
  8. 収納ボックスをDIY
  9. ダイソーのすのこDIYに必要なアイテム
  10. ダイソーのすのこを活用してみよう!

ダイソーのすのこを使ったDIYをご紹介

ダイソーなどでよく見かけるすのこですが、日常的に使う物ではないので普段購入することは少ないのではないでしょうか。しかしすのこはDIYで大活躍するアイテムで、アイデア次第で様々なものを作ることができると話題になっています。

すのこはそのままDIYに使うこともできますし、解体して木材として使うこともできる便利なアイテムです。そこで今回はダイソーのすのこの簡単な活用アイデアをご紹介します。ダイソーのすのこのサイズ一覧や、必要なアイテムなどもご紹介していますので、これをご参考にDIYにチャレンジしてみてくださいね。

DIYで部屋をおしゃれにする方法!100均アイテムで簡単模様替え | MensModern[メンズモダン]

ダイソーのすのこのサイズを確認しよう

ダイソーのすのこは種類が豊富で、様々なサイズや用途に合わせたすのこがありますので、ここではダイソーのすのこのサイズや種類をご紹介します。DIYするものによって使うすのこも変わってきますので、ご参考にしてみてくださいね。

ダイソーのすのこのサイズ①40cm×25cm

最初にご紹介するのは、ダイソーの40cm×25cmサイズのすのこです。下駄数が3枚、板数が4枚の大きめのすのこになっています。そのまま使っても解体して使っても良い、使い勝手の良い商品です。また取り扱っている店舗が多く、商品が入れ替わっても置いてあることが多いので購入しやすくなっています。

ダイソーのすのこのサイズ②45cm×20cm

次にご紹介するのは、ダイソーの45cm×20cmサイズのすのこです。先ほどのすのこと同じく下駄数が3枚で板数が4枚ですが、先ほどのすのこより長くて幅が短いすのこになっています。長方形のすのこですので、棚作りなどのDIYにおすすめです。

ダイソーのすのこのサイズ③31cm×30cm

最後にご紹介するのは、ダイソーの31cm×30cmサイズのすのこです。下駄数が2枚、板数が4枚で正方形に近い形をしています。他にもダイソーには流し台用のすのこや収納用のすのこなどがありますが、店舗によって取り扱う商品が違いますので、購入する前に確認してみてくださいね。

収納棚をDIY

ダイソーのすのこ活用アイデア①

最初にご紹介するのは、ダイソーのすのこを使って収納棚をDIYする方法です。簡単ですがしっかりとした収納棚を作ることができますし、基本の作り方を覚えればアレンジして違う大きさや形の棚を作ることができるので、様々な場所で使うことができます。

作り方はとても簡単でダイソーのすのこ2枚を縦に、すのこ3枚(下駄数にあわせた数)を横に組み合わせるだけで作ることができます。釘を使って作るのが一番安心ですが、接着材や結束バンドでも固定できるので、難しい手順はありません。すのこの大きさを変えたり組み合わせ方を変えるだけで、置きたい場所に合った棚を作ることができます。

ペンキなどで色を塗ったりステンシルシートなどで装飾すると、よりおしゃれな棚を作ることができます。どれも100均で手に入れることができるアイテムばかりで簡単にDIYできるので、初心者にもおすすめです。

手作りの棚を作る方法は?すのこや100均材料で簡単DIYアイデア特集 | MensModern[メンズモダン]

傘立てをDIY

ダイソーのすのこ活用アイデア②

次にご紹介するのは、ダイソーのすのこを使って傘立てをDIYする方法です。ダイソーの長方形のすのこを2枚使って作る方法が一番簡単な作り方になります。作り方は、すのこ2枚の裏と裏を合わせて、釘や結束バンドで固定するだけです。

この傘立てができればアレンジすることもできます。例えばダイソーの正方形のすのこを、出来上がった傘立ての全面の下に固定します。これで大人用の傘と子供用の小さい傘を分けて立てることができる傘立ての完成です。

シンプルですがスリムな形で玄関の場所を取らず、機能的な傘立てを作ることができます。すのこ1枚を玄関の壁に付けるだけでも、傘を掛けるスペースを作ることができるようです。ご家庭の玄関に合わせた傘立てを作ってみてくださいね。

玄関をDIYでおしゃれに!賃貸でも使える100均グッズの簡単アイデア集 | MensModern[メンズモダン]

スリッパラックをDIY

ダイソーのすのこ活用アイデア③

次にご紹介するのは、ダイソーのすのこを使ってスリッパラックをDIYする方法です。このスリッパラックを作るのには、ダイソーのすのこ以外にもアイアンバーが必要になります。アイアンバーもダイソーで手に入れることができますので、探してみてください。

スリッパラックの作り方は、すのこにアイアンバーをつけるだけです。収納するスリッパの数によってアイアンバーの数を変えてください。例えばスリッパを2足を収納するスリッパラックを作る場合は、1枚のすのこに2本のアイアンバーをつければ、十分収納することができます。

もっとたくさんのスリッパを収納したい場合はアイアンバーの数を増やす必要があります。その場合はすのこを足してくっつけるなどして、すのこの長さも変えましょう。出来上がったスリッパラックは立て掛けておいても良いですし、倒れそうで不安な方は壁に固定するのがおすすめです。

来客用におしゃれなスリッパ!安くてかわいいデザインの物は? | MensModern[メンズモダン]

マガジンラックをDIY

ダイソーのすのこ活用アイデア④

次にご紹介するのは、ダイソーのすのこを使ってマガジンラックをDIYする方法です。すのこの裏側の横棒を利用して簡単にマガジンラックを作ることができます。すのこをそのまま裏返してマガジンラックとして使っている方もいるそうです。

そのまますのこを使うと雑誌が落ちてくる可能性がありますが、少しDIYするだけでしっかりとしたマガジンラックになるのでおすすめです。本が落ちてこないようにするには、アイアンバーをすのこの裏側に雑誌の高さに合うようにつけます。

アイアンバーがない場合は、細い板を使うと統一感があっておしゃれになります。その場合は、すのこの裏側両サイドに2本細い板をつけてから、雑誌の高さに合わせた場所に板をつけましょう。雑誌以外にも子供の絵本の収納にも役立つ、便利なマガジンラックです。

本棚のDIY方法!簡単でおしゃれ・素敵な自作参考例と作り方まとめ | MensModern[メンズモダン]

インターフォンカバーをDIY

ダイソーのすのこ活用アイデア⑤

次にご紹介するのは、ダイソーのすのこを使ってインターフォンカバーをDIYする方法です。部屋をおしゃれにしていても、生活感のあるインターフォンが見えていると気になってしまいます。しかしすのこを使ってインターフォンをカバーすることで、おしゃれに隠すことができるのです。

作り方は様々ですが、一番簡単な作り方をご紹介します。まずはすのこを分解するのですが、バールやマイナスドライバーを使って裏側の下駄を外し、金槌で真ん中の板を叩くと外すことができます。最後に残った下駄を横から叩いて外し、釘をペンチで抜くと綺麗に分解することができるそうです。

後はインターフォンに合わせて枠と扉を作り、蝶番で組み合わせれば完成です。扉に取っ手をつけると開けやすくなります。解体するのに少し手間はかかりますが、おしゃれなインターフォンカバーを作ることができ、上に小物を飾ることもできるのでおすすめです。

収納ボックスをDIY

ダイソーのすのこ活用アイデア⑥

最後にご紹介するのは、ダイソーのすのこを使って収納ボックスをDIYする方法です。ベッドの下や隙間などに収納し、使う時に出しやすいようにキャスターを付けた収納ボックスの作り方をご紹介します。

準備するものはすのこと底になる板とキャスターです。まずはすのこを必要な幅や長さに切り、枠組みを組み立てていきます。枠ができたらそれを底の板に固定して、最後にキャスターをつければ完成です。組み立てる時は釘を使うのですが、釘を打つ前に木工用ボンドなどで仮止めしておくと作業しやすくなります。

後はアレンジ次第で様々なところで使える収納ボックスになります。例えばベッドの下に収納するのであれば、引き出しやすいように取っ手をつけると良いでしょう。また蝶番と板を使って蓋をつければ、見える場所に置いてもおしゃれなボックスにすることができます。

100均DIYの収納棚アイデア集!簡単な作り方やおしゃれな実例を紹介! | MensModern[メンズモダン]

ダイソーのすのこDIYに必要なアイテム

すのこを使ったDIYのアイデアをご紹介しましたが、すのこ以外に必要なものがある場合もあります。しかし、ほとんどがダイソーなど100均で手に入れることができるものです。ここでは、すのこのDIYに使えるダイソーのアイテムをご紹介します。

接着に必要なアイテム

すのこを使ったDIYをする場合は、すのことすのこを接着したり固定する作業が必ずと言っていいほどでてきます。その際に使用するのが接着剤や釘です。簡単に作る場合は接着剤でも良いですが、強度を増したい場合は釘を使った方が良いでしょう。また、固定する際に便利な結束バンドもダイソーで購入することができます。

塗装・装飾に必要なアイテム

すのこを塗装したり装飾することでよりおしゃれにDIYすることができます。その際におすすめなのが、ダイソーのペンキやスプレーです。様々なタイプや色のものがありますので、好みの色に塗装することができます。また、ダイソーのステンシルシートを使って英字などを入れるとおしゃれな雰囲気になるのでおすすめです。

その他のアイテム

アイアンバーや蝶番、取っ手やキャスターなどもダイソーで購入することができます。特にキャスターは、大きさにもよりますが2個~4個入っているものが100均で購入できるのでお得です。取っ手も100均とは思えないような、ビンテージ風でオシャレなものがあります。すのこ以外のアイテムもダイソーでチェックしてみてくださね。

便利な工具で自宅DIY!プロがおすすめの役立つツールとは? | MensModern[メンズモダン]

ダイソーのすのこを活用してみよう!

今回はダイソーのすのこのサイズや活用アイデアをご紹介しました。基本の作り方をマスターすれば、アレンジしてオリジナルのアイテムを作ることができます。ダイソーのすのこを活用して、必要な場所や使い方に合ったものをDIYしてみてくださいね。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ