ガスコンロの火がつかない原因は?確認項目やトラブルの対処法など解説

ガスコンロは料理などには欠かせない道具なわけだが、毎日使っているものだからこそ突然のつかないといった故障は十分考えられる。しかし、そんな不具合が起こると大変困るのも事実。そこで今回はガスコンロの火がつかない原因と対処法や確認項目などについて紹介していこう。

ガスコンロの火がつかない原因は?確認項目やトラブルの対処法など解説

目次

  1. ガスコンロがつかないとき!ガスソフトコードを確認しよう
  2. ガスコンロの電池は切れていない?つかないときの初歩的原因
  3. バーナーキャップはしっかりセットされている?
  4. ガスコンロがつかないときバーナーキャップは濡れていない?
  5. ガスコンロの構造!コンロに鍋を置いている?
  6. ガス栓が閉まっていてはガスコンロもつかない!
  7. ガス機器が故障していない?つかないのならば故障を疑おう
  8. ガスメーターの元栓は締めていない?
  9. ガスがつかない?ガスメーターのランプが点滅していないか確認を!
  10. ガスコンロがつかなくなる原因は?そのほとんどが吹きこぼれ?
  11. 吹きこぼれを防ぐアイテムを紹介しよう
  12. それでもつかない?どうにもならないならガスコンロの修理を!
  13. ガスコンロがつかないときの原因と正しい対処法の理解を!

ガスコンロがつかないとき!ガスソフトコードを確認しよう

ガスコンロは毎日使用するもの。だからこそ、何気に使用していてもふとしたきっかけで故障になることは大いになるもの。日常使いで壊れる可能性は十分あるのだ。しかし、ながら、もちろん毎日のように使うものだからこそ、突然火がつかないといったトラブルに見舞われると困るもの。

ガスコンロが火が使にとなると、ご飯も作れない蹴れば湯を沸かすことができないという人もいることだろう。そんなガスが付かないトラブルは一刻も早く解決したいもの。そこでこの記事では、ガスコンロがつかないときの原因や、確認すべき項目について紹介し対処法なども紹介していこう。それでは、まずはどのような点を確認して対処をしていけばいいのかを紹介しよう。

最初に紹介するのが、このガスソフトコードを確認するということだ。ガスソフトコードとは、、ガス栓とガスコンロをつなぐためのゴムホースのことを言う。このガスソフトコードが折れている場合、ガスコンロにガスを供給できなくなってしまうため火がつかないといった症状が起きるのだ。

ガスがつかない状態を直すには、コードの折れを解決する必要があり、新品のコードに交換するか修理をするなどしてはガスがガスコンロへと供給されるようにしなければならない。もちろん、この作業は、コードを購入して交換するのが最も簡単だろう。

ガスコンロの電池は切れていない?つかないときの初歩的原因

確認項目としては、次は乾電池だ。よく見落としがちな点だが、実は原理を把握していないとこのような見落としになる。乾電池を使用しているガスコンロの場合、消耗した時に新しい電池に取り替える必要がある。ガスコンロによっては、お知らせサインや電池交換ランプなどがあるので、そちらを確認してみてほしい。

ランプが点灯点滅している場合にはすぐに電池を交換して対処しよう。乾電池に関する基本的な対処法は以上になるが、まれに乾電池を交換しても電池漏れなどが内部で起こり故障しているケースもあるので、もし電池交換をしても火がつかないであれば、電池ケース内部も確認しよう。

バーナーキャップはしっかりセットされている?

ガスコンロの火がつかない原因として、次にバーナーキャップがしっかりとセットされているかどうかを確認する必要がある。バーナーキャップとは、ガスコンロの中央に取り付いている部品のことをいうが、コンロ本体から取り外し可能な部品で、バーナーキャップがずれていたり、指定の向き通りに取り付いていなかったりすると、火がつかないケースがある。

バーナーキャップはきちんと取り付ける必要があり、また正しい向きでつける必要がある。こちらは故障しているケースはほとんど考えられないので、まずこの取り付け不備が原因でガスコンロに火がつかないというトラブルになっていることだろう。向きを確認して、対処法を覚えておこう。

ガスコンロがつかないときバーナーキャップは濡れていない?

ガスコンロがつかない原因としては、次に考えられるものとしては、バーナーキャップの濡れだ。バーナーキャップが濡れてしまうと、立ち消え安全装置が付いているガスコンロの場合、点火ミスや漏洩事故などを防ぐために、火がつかないことがある。安全装置が働いてしまうというわけだ。

ガスコンロがつかない下人となるこのバーナーキャップの濡れの問題。ではなぜ濡れるのかというと、これは単純だ。その原因は、濡れた状態と気づかずに鍋やフライパンをおいてしまっていることや、吹きこぼれもその最たる原因と思われる。吹きこぼれともなるとかなり大々的に濡れることになるので、この項目はガスコンロの故障のほとんどの故障原因とつながっていると考えてもいいだろう。

ガスコンロの構造!コンロに鍋を置いている?

ガスコンロに火がつかない原因として、確認する項目はガスコンロの構造において理解しているかどうかも大切なポイントになる。それがこのコンロに鍋をおく必要があるかどうかだ。鍋なし検知機能付ガスコンロの場合、鍋を置いていないとコンロはつかないようになっている。また、ガスコンロによっては点火後に鍋をコンロから離すと、安全のために火が弱まり、一定時間後には消化するものさえある。

このようなガスコンロの構造や仕組みは前もって理解しておく必要があるといえるだろう。もしもこの機能でガスコンロに火がつかないというのであれば、鍋を置くだけの簡単な対処法で済むはず。逆にこれでも対処法が間違っているようであれば、他の故障を疑ったほうがいいだろう。そもそも火がつかないというのであれば、故障の内容もかなり変わってくるはずだ。

ガス栓が閉まっていてはガスコンロもつかない!

ガスコンロに火がつかないというのであれば、そもそもガスが来ているかどうかも確認したほうがいいだろう。ガスコンロは当然ガスがなければそれ単体で火がつくはずもない。確認する項目としては、コードの確認をしたうえでもしもコードに何も問題がないようであれば、元栓、つまりガス栓を確認してみよう。ガス栓が閉まっているとガスは供給されないので、当然火がつくはずもない。

うっかり忘れてしまうことがあるのが、長期外出前に元栓を閉めてそれ以来開けるのを忘れていることなどだ。もともと使わないときはガス栓を締めておくことは正しいことなので、ガス栓のチェックは頻繁に、その都度するのは安全にガスコンロを使用する上でも非常に有効だ。確認項目として、ガス栓のチェックは覚えておこう。

ガス機器が故障していない?つかないのならば故障を疑おう

これまでの確認項目を一通りチェックしてみて、そのうえでほかのガス機器が使用できている状況であれば、ガスコンロの火がつかないとなると、ガスコンロ自体が故障している可能性は非常に高いといえるだろう。この場合、使用者自らガスコンロを修理することはまず難しい。そのため、ガスコンロの修理交換のためにも、早めにガス会社やメーカーに問い合わせをして、交換もしくは修理に対応しよう。

ガスメーターの元栓は締めていない?

屋内の設備、さらにガスコンロ周りの確認が終わったら、外にあるガス設備の確認もしておこう。ガスメーター下部に接続している左側の鉄管にあるものが、ガスメーターの元栓になる。ガスメーターには、電気のブレーカーと似たような機能があり、異常なガスの使われ方がされている疑いがある時や、大きな地震が発生した非常時には、自動的にストップする機能を備えているものがある。

何もなければいいのだが、誤作動も含めてこの元栓がストップする可能性があり、気づかないうちにガスが供給を経たれているケースもあるので、しっかりと周りとこの設備を確認して異常がないことを確認しよう。そのうえで、もし何もないようであれば、ガスメーターの元栓を開けるようにしよう。

ガスがつかない?ガスメーターのランプが点滅していないか確認を!

ガス設備の点で確認する項目として紹介しておくと、ガスメーターのランプも同時に確認して起きてほしい項目だ。ガスメーターの上部には丸いランプがあり、ランプが点灯していた場合、すべてのガス栓とガス機器を止めて、左側にある黒いキャップを外し、復帰ボタンを奥まで押して、すぐに指を離そう。そうすると、ランプが点滅するので、ガス漏れがないかを確認する。

これにより、ボタンを押してから3分ほど経つとランプの点滅が消えて、ガスが使えるようになるという仕組みだ。これは本来であれば、個人的にすることは推奨はされていない。ガスメーターに異常がないように見えても、実際には自分たちではわからない問題もあるからだ。しかし、一つのガスの問題対処法として覚えておこう。

ガスコンロがつかなくなる原因は?そのほとんどが吹きこぼれ?

ここまでガスコンロがつかないときの確認項目を紹介していき多が、しかしこのような故障はどうして起こるのか、その原因について紹介をしておこう。まず、ガスコンロに火がつかない原因のほとんどが、吹きこぼれにあるといわれている。バーナーキャップが濡れてしまったり、汚れてしまったりする原因でもあるが、この吹きこぼれが原因で、さまざまなトラブルにつながるというわけだ。

なので、吹きこぼれを防ぐことで、バーナーキャップが綺麗に保つことができ、火がつかないなどの不具合を防ぐことができるというわけだ。しかしながら、この吹きこぼれはどうしても調理中に一瞬でも手を離した瞬間に起こり得るもの。電話や子供が泣いたり、危ないことを思想になった時は、そちらに目を向けて手を離さないといけない場面もある。

そんな吹きこぼれは正直、未然に防ぐことは難しい場面もあるだろう。そこで、役に立つのが吹きこぼれを防ぐアイテムだ。これは有効に使えば、ガスコンロの故障を防ぐ有効な対策として、非常に重宝する。そこで、そんな便利なアイテムの紹介もしておこう。

吹きこぼれを防ぐアイテムを紹介しよう

【吹きこぼれを防ぐアイテム①】 吹きこぼれにくい鍋 カクセー

ガスコンロの吹きこぼれを防ぐのであれば、こちらの鍋が非常に有効。特にパスタなどをゆでる際など、ちょうどいいゆで時間に達することなく、吹きこぼれが生じることがあるが、この鍋であれば余計なアイテムを取り付けることなく吹きこぼれを防ぐことができるので、ガスコンロの故障を未然に防ぐことにもつながる。

【吹きこぼれを防ぐアイテム②】 吹きこぼれ防止器 なべぞこくん

こちらは、ゆでる際など、吹きこぼれが起こることが想定されるときに鍋底に置くだけで防止することができる便利なアイテムだ。使用中の鍋に入れるだけで吹きこぼれを防ぐことができ、なべぞこくんがコトコト上下に動き、大きな泡が生まれるが、細かい泡となって吹きこぼれが大きないという作りだ。

今ある鍋を新しく購入する必要もなく、そのままの仕様ができるのがおすすめのポイントだ。また、簡単なアイテムながらもガスコンロの故障を防ぐことができるので、非常に手軽で有効な解決方法といえるだろう。

【吹きこぼれを防ぐアイテム③】 吹きこぼれ防止鍋ぶた コモライフ

こちらの製品も吹きこぼれ防止のアイテムだ。吹きこぼれないシリコン製のフタで、通常のフタの代わりに使い、吹きこぼれを防止する働きがある。アクも取り除くことができ、シリコンスチーマーとしても使うことができると機能性も抜群。鍋の中は煮物、フタの上で蒸し料理といった2段調理という方法も可能だ。

ガスコンロの口数が少ない家庭ならば、調理を簡単に増やすことができるので、こちらも非常に有効なアイテムといえるだろう。そして、そもそもの吹きこぼれによるガスコンロの故障も防ぐことができるので、効果的なアイテムといえる。

それでもつかない?どうにもならないならガスコンロの修理を!

ここまでガスコンロの確認項目や、また対処法と主な原因となる吹きこぼれの対処法と防止法について紹介してきたが、それでもやはり自分たちだけではこのガスコンロをどうにもできないこともある。毎日使っているものなので、突然故障する時はあるだろう。経年劣化も必ず起きるもの。

自分でチェックしてみて、また、色々な対処法をとってみてもどうにもならないのであれば、それはガスコンロを修理に出すしかない。こちらのガスコンロの修理対応は、それぞれのガスコンロメーカーに問い合わせる、あるいはガス会社に来てみるといったことでしか対応できない。中には自分では対応でいる個所はないかもしれない。まずは一度、問い合わせて修理を依頼することから始めたほうがいいだろう。

一人暮らしのガス代は?プロパンガス&都市ガスの平均使用量を調査! | MensModern[メンズモダン]

ガスコンロがつかないときの原因と正しい対処法の理解を!

ガスコンロは打暖から使うものだからこそ、ガスが来ないなどトラブルの際には非常に困るもの。ガスが使えなければ何もできない家庭もあるほどガスは非常に家にとって重要だ。そんなガストラブルの際には、落ち着いて確認し、正しい対応を取ろう。ガスコンロの確認と、その対処法をしっかり把握し、正しい方法で対処していってほしい。

ガスの元栓は閉める・閉めない?就寝時や外出時など昔と違う事情を調査 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ