ダイソーにダンボールは売っている?サイズやおしゃれな収納術を紹介

ダイソーには様々なアイテムが売っているのはみんな知っていることだろう。ほとんどが100円で売っているので、頻繁に利用する人も多いだろう。そんなダイソーでダンボールも手に入るという。そこで今回は本当にダンボールが手に入るのか。そのサイズ感や収納術も紹介しよう。

ダイソーにダンボールは売っている?サイズやおしゃれな収納術を紹介

目次

  1. 本当にダイソーではダンボールを売っている?
  2. とってもおしゃれなダンボール!ダイソーのおしゃれアイテム
  3. スタッキングもできて魅力的!ダイソーの100均ダンボール
  4. ダンボールのサイズは?ダイソーでも60サイズはある?
  5. 80サイズは?ダイソーでは大きなダンボールも取り扱っている?
  6. ダイソーのダンボールの注意点は?
  7. ダイソーダンボールのおしゃれな活用術!仕切りを使ってより快適便利に!
  8. アレンジしても便利なダイソーのダンボール
  9. 丁度いいサイズでデッドスペースも有効活用!
  10. ダイソーのダンボールは非常に便利!

本当にダイソーではダンボールを売っている?

普段から便利なアイテムが豊富に取り揃っているダイソー。いろいろなものが100均で手に入るので、色々なものをこのダイソー商品で代用している人も多い尾ではないだろうか。キッチン用品から日用雑貨まで、さらにはオシャレな小物まで売っているダイソーであるが、では売っていないものは?と聞かれると困るほど、商品数は大変豊富だ。

しかし、そんな豊富な商品を誇るダイソーでも手に入るかどうか疑問のあるものもある。誰しも必要となるものでいざという時には手軽に欲しいのがダンボール。ちょっとした贈り物や小物の収納にまで活かすことのできるダンボールだが、そんなアイテムは扱っているのだろうか。

結論から言うと、ダイソーでダンボールを手に入れることは可能だ。ちょっとした贈り物を送れるサイズまでそろっているので、大変便利。しかしながら、どのダイソーのお店でも売っているわけではないので注意も必要となる。ダイソーには、多くき分けて3タイプの大きさの店舗があり、大型店と標準店、小型店に区分される。

100均で有名なダイソーもこのお店の違いがあることを知っている人は少ないのではないだろうか。そのお店の大きさによって違うは、サイズだけではなく商品のラインナップも違うようで、このダンボールも取り扱っているお店が限られる商品の一つだ。ショッピングモール内でよく見かける一角にある小型のお店でと、そこまで広くないのダンボールは取り扱っていないケースが多いだろう。

標準店舗や、大型店でもすべて置いてあるとは言い切れないが、しかし可能性としては大きい。もしも、行ってみて実際になかった時に無駄足になってしまうので、もしもダンボールを購入しに行くのであれば、あらかじめ取り扱っているかどうかを電話で確認していくことをおすすめする。もしかすると頼めば取り寄せてもらうこともできるかもしれない。

ダイソーのすのこを使ってDIY!サイズ一覧や簡単な活用アイデアを紹介 | MensModern[メンズモダン]

とってもおしゃれなダンボール!ダイソーのおしゃれアイテム

では、そんなダイソーのダンボールの魅力についても紹介していこう。まずそのおしゃれさだ。ダイソーといえば知らない人が多いと思うが、その豊富なラインナップの商品とそのデザイン性もやはりおしゃれな点が注目されるポイント。これは段ボールにも言えることだ。特に収納で使えるようなタイプのダンボールであれば、その見た目は非常にかわいらしくおしゃれ。

もちろん引っ越しなどでも使用できるようなイメージのダンボールも取り扱っているが、こちらのおしゃれなダンボールも豊富にそろっているので、とてもおしゃれだ。使い方次第できれいに収納に使えることや、片付けのバリエーションも豊富になることだろう。そんな魅力いっぱいのダイソーのダンボールはまだまだこんなものではない。

ダイソーのおしゃれでかわいい食器まとめ!セリアの人気商品と徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

スタッキングもできて魅力的!ダイソーの100均ダンボール

魅力はデザインの豊富さや可愛さやおしゃれといったこと以外にも、その強度からスタッキングが可能な点も非常に大きな魅力となっている。100均製品と聞くと、どこか消耗品とイメージするものもあり、その丈夫さや強度には物足らなさがあると感じる人もいるだろうが、実はこの段ボールはそんなことはない。おしゃれさと強度を兼ね備えている製品となっているのだ。

また、この強度によってスタッキングが可能な点も大きなポイントで、積み上げて収納できるのは他の箱にはないメリットだったりする。普通のダンボールでも積み上げての収納は可能ではあるが、おしゃれさはないし、何より蓋がない。なので安定して積み上げることができない。

しかし、ダイソーのダンボールであれば蓋がついており、その蓋もかなりの強度をもっているので、ある程度の重さなら積み上げて安定させることも可能なのだ。不安定なダンボールを積み上げるのは不安だし、子供のいる家庭や場所によっては非常に怖い。そこでダイソーのダンボールであればこの心配はないということだ。

ダンボールのサイズは?ダイソーでも60サイズはある?

そんな収納にも使える100均で手に入るおしゃれダンボール。しかしダンボールでも普通に宅配便などで使えるたいぷのシンプルなダンボールについても疑問に思うことがあるだろう。それがサイズの問題。収納に使えるといって、ダイソーにそろっているダンボール製品は、どれも小さな種類のもの。サイズは当然、ホームセンターで手に入るような大きなサイズのものはないと考えられがち。

では、どのサイズならあるのか。通常の宅配便などで使用できるようなサイズはあるのかどうか気にあるところだ。多くの宅配便で使用できるようなサイズは60サイズになるが、こちらはダイソーで取り扱っているかというと、実はこのサイズに近いものならば取り扱っている。B5サイズの梱包ダンボール箱として売られているのだ。

ぴったり60サイズには13ミリほど足りないのだが、このくらいならば許容範囲といえる程度のサイズの誤差だろう。見た目はオーソドックスな茶色い無地のダンボールで、ネットオークションやちょっとしたものを送る際の梱包用として使用する分には非常に有効に活用できるタイプといえる。

80サイズは?ダイソーでは大きなダンボールも取り扱っている?

同じく100均で手に入るダンボールのサイズとして、60サイズよりも大きな80サイズというものがあるが、こちらもダイソーで売っているのだろうか。結論から先に言うと、この80サイズに関しては売っていない。といっても60サイズよりも大きなものがないということではなく、A4サイズとして一回り大きなものは売られている。しかし、80サイズに近いものはない。

A4サイズと比較しても12センチ以上も大きさに違いがあるので、すこしこちらでは物足りなさを感じてしまうことだろう。どうしても、もう少し大きなダンボールを欲しいと感じているのであれば、いらないダンボールをもらう方法もないわけではない。お店によっては、いらないダンボールを分けてくれる所もあるようなので、店員さんに聞いてみる価値はあるだろう。

こちらもデザインはシンプルな無地で、もらう場合はおそらくそのもともとの商品が入っていた関連のロゴだった李が入っているだろうが、収納などの使い道でなければ困ることはないだろう。ともかくダイソーで売られている100均のダンボールは日常使いであれば、強度も問題ないので、これらのアイテムを使っておしゃれに収納に活かしたり、使用することができるとわかる。

ダイソーのダンボールの注意点は?

とはいえ、ダイソーのダンボールがいくら気軽に手に入れることができ、さらにその製品の強度としても十分スタッキング可能とはいえ、限界はあることには注意しよう。思い物を入れて使うことは可能な100均ダンボールだが、重すぎるものを入れて使用していると、たわんだり変形したりして気づかないうちに崩壊していたなんて危険性もある。

もしそれでも、外見のおしゃれさからダイソーの100均ダンボールを使いたいと考えるのであれば、そこに一枚別のダンボールを入れることで強度を増すことは可能だ。うまく利用してほしい。しかし、あくまでも補強程度で各段に性能アップするわけではないので注意しておいてほしい。

また、100均のダンボールはオシャレで強度があるとはいえ、通常のダンボールと同様に水にぬれたりなどには弱い。キッチンスペースでの利用など、濡れる所での使用やあるいは熱いものを収納する際に使用するのであれば、あらかじめ事前に安全であることを確認して収納するようにしておこう。

ダイソーダンボールのおしゃれな活用術!仕切りを使ってより快適便利に!

それでは、おしゃれにダイソーのダンボールの使いこなした首脳の活用術についても紹介していこう。まずはこちらの仕切りを使って快適便利にする方法だ。大きなものをそのまま収納する場合だけでなく、収納上手な人は、中に仕切りを作って使用する人も多い。これであれば、見た目もきれいにわかりやすく収納することも可能になる。

仕切りに関しても、ダイソーで同じく100均商品で扱っているので、そちらを使用するといいだろう。サイズも様々な仕切りが販売されているので、収納するものによってサイズ仕切りで分けて作り、整理すれば、一目で何がどこに入っているのかわかりやすく非常に重宝するはずだ。

アレンジしても便利なダイソーのダンボール

それだけでも十分おしゃれでインテリアにもなるダイソーのダンボールではあるが、そのまま使用するには高い位置への収納や、棚の中への収納ではダンボールのままでは取り出しにくいことだろう。そこで、より使いやすく、インテリアにも溶け込むようにアレンジすることも非常におすすめ。デコレーションを施してもいいし、形を少しリメイクするのもいいだろう。

丁度いいサイズでデッドスペースも有効活用!

サイズやデザインも様々とダンボールを利用することを紹介してきたが、極端に大きくないサイズなので、高い場所でのデッドスペースとなりがちなスペースもこちらのダンボールで行こうに収納場所に変えることも可能だ。見た目もすっきりさせることが出来、ひと箱でまとめるだけでもごちゃごちゃとしていた棚がすっきりと片付くはずだ。収納術は他にもたくさんあるので試してみてほしい。

ダイソーのリメイクシートでおしゃれな部屋に!種類や活用アイデアを紹介 | MensModern[メンズモダン]

ダイソーのダンボールは非常に便利!

ダイソーにもダンボールの取り扱いはある。そのサイズは少々大きさは物足りないこともあるかもしれないが、その代わり普段づかいもできるほどのおしゃれなデザインのものもあって、有効に活用すれば非常にインテリアにも役立つアイテムとなることがわかっただろう。収納術しても、宅配用としても有用なダンボールを使いこなしてほしい。

ダイソーの腕時計がおしゃれ!人気の500円・300円アイテムを徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ