人間関係における距離感の取り方やコミュニケーションが上手い人の特徴についてまとめました。上手い距離感を人間関係でとっておけば、コミュニケーションもスムーズに行うことができます。コミュニケーションが上手い人の特徴をチェックしてほど良い距離感を保ちましょう。

距離感の取り方が上手な人の特徴!人間関係で悩まない方法は?

目次

  1. 人間関係で上手い距離感の取り方を知りたい
  2. コミュニケーションにおける距離感とは
  3. 距離感の取り方はどこで学ぶ?
  4. コミュニケーションで距離感が近すぎる人の特徴
  5. 距離感が近すぎる人間関係はトラブルの元?
  6. 遠すぎる距離感でコミュニケーションをする人の特徴は?
  7. 距離感が遠すぎる人が起こしやすいトラブルとは
  8. 上手い距離感を取ることができない人の原因とは
  9. 上手い人間関係のためにはほど良い距離感が必要不可欠
  10. 相手にとって心地の良い距離感を考えてみよう
  11. 人間関係における中間の距離感の取り方を知る
  12. 相手への執着心を捨てたコミュニケーションを心がける
  13. コミュニケーションのバランスを意識して会話をする
  14. 無理に人間関係を頑張ろうとしないことも大切
  15. 上手い距離感を取るための特徴を把握しておこう!

人間関係で上手い距離感の取り方を知りたい

コミュニケーションが上手い人は距離感の取り方も上手

仕事でも恋愛でも、コミュニケーションが上手い人は距離感の取り方も上手にできるのが特徴です。健全な人間関係を築く上でほど良い距離感を取ることは重要なポイント。距離感の取り方を間違えると相手との関係がぎくしゃくしてしまったり、関係が悪化してしまうこともあるのでどのようなシチュエーションでも距離感は大切にしておきたいですよね。

もともと距離感が近い家族であればどんな距離感を取っても問題はないかもしれませんが、仕事関係の人や友人とはちゃんとした距離感を保っておくことでスムーズな人間関係を作ることができます。恋人に関しても、ほど良い距離感はとても大切。お互いが心地良いと思えるような距離感の取り方を覚えて、普段のコミュニケーションに生かしてみてはいかがですか。

特徴をおさえてほど良い距離感を意識してみよう

「コミュニケーションが上手い人の距離感の取り方の特徴について知りたい!」「距離感を上手く取れない時はどうすれば良い?」といった場合に役立つ距離感の保ち方についてまとめました。適切な距離感をつかむことができたら、相手も会話をしやすくなるので物事が順調に進みやすくなります。仕事や恋愛で役立つ距離感の取り方について学んでいきましょう。

人間力を高める10の方法!仕事ができる人に共通のビジネススキル! | MensModern[メンズモダン]

コミュニケーションにおける距離感とは

物理的な距離感ではなく心理的な距離感

それでは、コミュニケーションにおける距離感について基本的なことを見ていきましょう。今回ご紹介する距離感は、物理的な距離感ではなく心理的な距離感になります。人は人間関係を築く時に必ず心理的な距離感を保とうとします。この心理的な距離感をパーソナルスペースと呼び、本当に気を許した人にしかパーソナルスペースには入ってきて欲しくないと感じるのが一般的。

それぞれのパーソナルスペースとの距離感が人間関係では大切

パーソナルスペースに踏み込むことができるのは家族や恋人など当人が気を許した限られた人になります。心理的な距離感がわからずにパーソナルスペースに踏み込んでいくと相手に不快感を与えてしまう可能性があるので気をつけましょう。スムーズなコミュニケーションをとるためには、お互いにそれぞれのパーソナルスペースを尊重していくことが大切になるのではないでしょうか。

距離感の取り方はどこで学ぶ?

親子間のコミュニケーションで距離感を学ぶ

大人になると当たり前に感じるようになる心理的距離感ですが、どういった場面で学んできたのでしょうか?一般的に、心理的な距離感は親子間のコミュニケーションで学ぶことが多いとされています。赤ちゃんの時から接してきた親との関係によって、どのような距離感を取って人間関係を構築していけば良いのか徐々に学んでいくのが特徴。

親子関係が上手くいかず、十分な愛情をもらえない場合、心理的な距離感の取り方を学ぶ機会を失してしまう可能性があるとされています。そうなると相手との距離感を遠くしすぎたり、逆に近くしすぎたりといったコミュニケーション不全が生まれてくるため、健全な距離感を知るためには親子関係はとても重要な役割を果たすのではないでしょうか。

親子関係が上手くいかなくても新たに学び直すことはできる

もちろん、親子関係がコミュニケーションにおける距離感の取り方の全てではありません。もし親子関係が上手くいっていなかったとしても、その後の社会経験で距離感の取り方を学び直すことができます。

さまざまな人と接する中で「このようにして距離感を取れば良いのか」というヒントを自ら見つけていけば、上手に距離感を取ってコミュニケーションを構築することは可能。さまざまな経験を通して距離感を学び、人間関係を築くようにしてみてくださいね。

コミュニケーションで距離感が近すぎる人の特徴

相手に自分の価値観を押し付けがち

まずは、近すぎる距離感でコミュニケーションを取ってしまう人の特徴についてチェックしていきましょう。距離感が近すぎる人の特徴としてまずあげられるのが相手に自分の価値観を押し付けようとするということです。距離感が近いからこそ相手と自分を同一視して、自分の思う通りに相手も動いて欲しいという気持ちが強くなるのが特徴としてあげられるのではないでしょうか。

この場合、本人は自分の価値観を押し付けているという意識がないことがほとんどです。相手にとって良かれと思って「こうしたほうが良い」「もっとこうするべき」といった自分の価値観を押し付ける行動に出てしまうのではないでしょうか。自分では良いと思ってやっていたとしても、相手にとっては大きな負担になっていることが多くあります。

人間関係に依存し、自分本位に相手を振り回そうとする

近い距離感を好む人は相手に依存しやすい体質でもあります。相手との距離感をできるだけなくすことで同一化し、自分自身の安心感を得ようとするのが特徴。一度、依存するとなかなか依存関係から抜け出すことは大変になってしまうので注意が必要です。依存するあまりに自分の思い通りに動いて欲しいと感じ、身勝手に相手を振り回そうとする行動に出てしまうかもしれません。

距離感が近すぎる人間関係はトラブルの元?

距離感が近い人間関係になると相手の重荷も背負うことになる

距離感が近い人の場合、相手の重荷を直に受けてしまう確率が高くなります。心理的な距離感が近いからこそ、相手が落ち込んだり、怒ったりといった負の感情も直に受けてしまうのがトラブルの元。また、相手によっては借金トラブルなどの社会的な重荷を被る可能性も高くなるため、そうならないように適度な距離感を保つことが重要なポイントになります。

相手への期待が高まるため不満も多くなる

距離感が近づけば近づくほど、相手への期待値も高まります。自分の思い通りの理想的な姿になってくれることを過度に期待しすぎるがあまりに、相手が理想にそぐわないと大きな不満を抱えてしまうのが問題。

「どうしてそんなことができないの?」といったように相手ができないことに対する不満が増え、結果的に相手の重荷になります。期待を押し付け、不満をあらわにすることで「もうこの人とは一緒にいられない」と相手から拒否される結果になってしまうのではないでしょうか。

メンタルが弱い人の特徴・原因とは?仕事や恋愛に強くなる方法を紹介! | MensModern[メンズモダン]

遠すぎる距離感でコミュニケーションをする人の特徴は?

一人でなんでもやろうとする

距離感が近すぎる人がいる一方で、遠すぎる距離感を保ちたがる人もいます。距離感が遠すぎる人の特徴としてあげられるのが、何でも一人でやろうとするところ。人との距離感が遠い人は基本的に他人をあまり信用していないため、自分で全てをやることで安心感を得ようとする傾向にあります。チームで行うべき仕事も一人でやってしまいがちなのではないでしょうか。

相手のことを考えすぎてわざと距離感を遠ざける

「距離を近づけたら嫌われるかもしれない」「裏切られるのが怖い」という気持ちからわざと距離感を遠ざける人もいます。以前に人間関係で裏切られた経験のある人にこの傾向が強いのが特徴。人間不信に陥っているが故に人との距離感を遠くに保ち、自分を安全圏内に置こうとします。距離感が遠いため、人との関わりが少なくなり孤独になってしまう場合もあるのではないでしょうか。

距離感が遠すぎる人が起こしやすいトラブルとは

コミュニケーション不足で誤解を生みやすい

人との距離感が遠い人もなんらかのトラブルを引きおこす原因となる場合があるため気をつけておきたいですね。人と距離を遠ざけようとする人はコミュニケーションをとるのを避ける傾向にあるため、相手に誤解を生みやすくなります。コミュニケーション不足に陥ることで相手の信頼がなくなり、仕事や恋愛でも上手に人間関係を築けなくなる可能性が高いのではないでしょうか。

チームとしての機能を高められない

人との距離感を遠くに保ちたがる人はチームで行動するのが苦手です。コミュニケーション不足によりチームワークが上手に働くことができず、チームとしての機能が落ちる原因となってしまう可能性があるのが問題。本来はチームでやらなければならないことを自分だけでやってしまったり、問題が起きた場合に誰にも相談できずにさらに大きな問題を引き起こしてしまうこともあります。

上手い距離感を取ることができない人の原因とは

人間関係を両極端に考えている

それでは、距離感を上手に取れない人の原因とはどういったものなのでしょうか?距離感が上手に保てない人の原因としてあげられるのが、人間関係を両極端に考えているということです。人間関係には「仲が良い」「仲が悪い」という2種類しかないという意識になっており、その中間の距離感を保つ術を忘れてしまっている可能性が高いのではないでしょうか。

両極端に考えてしまっているからこそ、一度距離を近づけようと思ったら過度に近づけてしまうことになります。また、「仲が悪い」と決めたら可能な限り相手を遠ざける傾向も。このような両極端な態度が距離感の取り方を狂わせている可能性があります。

コミュニケーションについて考えすぎている

「自分はコミュニケーションが下手だから」「どうやってコミュニケーションを取れば良いのかわからないから」といったようにコミュニケーションについて考えすぎるが故に人間関係を上手に構築できない場合もあります。考えすぎて頭でっかちになり、上手な距離感を取れるような行動に出られなくなっているのではないでしょうか。

上手い人間関係のためにはほど良い距離感が必要不可欠

コミュニケーションをちゃんと取るためには距離感の取り方を工夫

ここまで距離感の取り方の問題点について見ていきましたが、良好な人間関係を築くためにはやはりほど良い距離感を保てるようにすることが大切になります。工夫しながらコミュニケーションをとっていけば距離感の取り方もつかめるようになるので頑張っておきたいですね。

恋愛においても仕事においても重要な距離感の取り方を覚えよう

上手い距離感の取り方は仕事でも恋愛でも大切なポイントになります。きちんとした距離感を取れるからこそ、安定した人間関係を築くことができますよね。健全な社会生活を送るためにも距離感の上手な取り方をチェックしておきましょう。

できる男は仕事も恋愛も両立?モテるビジネスマン10の特徴 | MensModern[メンズモダン]

相手にとって心地の良い距離感を考えてみよう

自分本位に距離感を取ろうとすると失敗しがち

上手に距離感を保つために取り入れておきたいのが、相手のことを考える姿勢。自分本位で距離感を取ろうとしても相手にとってそれが丁度良い距離感ではない場合があります。自分勝手な距離感の取り方は失敗の元になるので気をつけましょう。

相手の性質を読み取り、徐々に距離感をつかんでいく

急に相手に近づいたり相手を遠ざけたりするだけでなく、少しずつコミュニケーションをとることで相手の性質を読み取ることが大切です。相手の性質を把握することができたら「この人はこのくらいの距離感が心地良いのだな」と判断できるようになるのではないでしょうか。

人間関係における中間の距離感の取り方を知る

人間関係を「仲良し」「仲が悪い」だけでくくらない

人間関係において「仲が悪い」「仲が良い」という両極端な括り方だけに限定するのもやめておきましょう。人間関係にはいろいろな種類があり、コミュニケーションをとる相手のタイプにあった中間点を取ることができればほど良い距離感をキープしやすくなります。

コミュニケーションで踏み込み過ぎない中間の距離感を意識してみよう

踏み込み過ぎず、遠ざけ過ぎない中間の距離感を意識するようにしてみましょう。近い関係は保ちつつも、相手のプライベートは尊重するなど、どこかで距離感を置くことで中間地点に自分の立ち位置を置きやすくなります。そういったコミュニケーションに慣れてくれば、ほど良い距離感も上手にとれるのではないでしょうか。

好感度を上げる心理効果13選!仕事や恋愛で活用する方法とは? | MensModern[メンズモダン]

相手への執着心を捨てたコミュニケーションを心がける

執着心は近すぎる距離感を生む

人間関係においては執着心を捨てることも大切です。相手に執着心を抱き、依存しすぎると距離感が近くなりすぎ、さまざまな問題を生み出す原因に。そうならないように、お互いに自立した関係を築くことが重要です。

期待通り行かなかった場合は距離感が遠ざかる

相手に執着心を抱いて依存をしていたのに、相手が思うような行動をしてくれなかったから急に距離を遠ざけてしまう、ということも距離感の取り方が下手な人はやりがちです。相手と無理に遠ざけてしまっては人間関係が無になってしまうので気をつけましょう。最初から執着心を持たなければ、そういったことも回避できます。

コミュニケーションのバランスを意識して会話をする

近い距離感を好む人は相手のことを根掘り葉掘り聞きがち

距離感が近すぎる人は相手のプライベートなことまで深く知りたがります。そこまで仲が良くない関係性なのに根掘り葉掘り相手のことを聞くのは失礼ですよね。しっかりとバランスを考えることが大切です。

相手がどう感じているか考えてバランスを取ろう

会話をするときは「これを聞いたら相手が嫌だろうな」と想像力を働かせることが大切です。逆に気を使いすぎて関係性を遠ざけ過ぎるのもコミュニケーション不足になるので、上手にバランスをとっていきましょう。

無理に人間関係を頑張ろうとしないことも大切

媚びたり反発したりといった無理な行動は人間関係を悪くする

相手に気を使って媚びたり、逆に反発したりといったように両極端な行動に出ていると距離感を上手に保つことはできません。無理をせずに自然体で相手に接していくことも重要なポイントになります。

自然に振舞うことで距離の取り方もわかってくる

相手との距離感のバランスを見ながら自然に振舞うことで、相手も自分との距離感を考えてくれます。そのようにして無理のないようにコミュニケーションをとっていくことが円滑な人間関係では必要になるのではないでしょうか。

上手い距離感を取るための特徴を把握しておこう!

上手い距離感の取り方はさまざまなシチュエーションで必要となります。良好な人間関係をいろいろな人と構築できるように、距離感の取り方を工夫してみてくださいね。


評価 4.7/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ