子供の学力向上にむけて、塾に通わせたり通信教育を受けさせることはあるが、それは小学生のことから始める人も多いだろう。とはいえ、親からすれば、小学生向けの通信教育とはいえどれがいいのかわからない。そこで今回は、小学生におすすめの通信教育を選び方も含め紹介しよう。

小学生向けの通信教育を比較!選び方や口コミで人気なのは?

目次

  1. そもそも小学生向けの通信教育ってどんなものを言うの?メリットは?
  2. 小学生の子供にはどれがおすすめ?通信教育の選び方は?
  3. 人気の通信教育を紹介!小学生の予習復習を助ける!
  4. 問題のレベルが高く良問が多いと口コミも多数の通信教育
  5. 月々の会費が魅力的!小学生だけでなく親にもうれしい通信教育
  6. 自分専用のタブレットで自発的学習を促す
  7. 国語と算数がメイン!オリジナル教材も人気のポイント!
  8. 教科書準拠で安心感抜群!量より質重視も人気ポイント!
  9. 勉強が難しくなったらこれ!親へのサポートも充実!
  10. 小学生の通信教育選びは非常に重要!子供に合わせて選ぼう!

そもそも小学生向けの通信教育ってどんなものを言うの?メリットは?

子供の学習習熟度や学習意欲について、いつの時代も親は気になるもの。そこで活用できるのが塾や通信教育といった、学校以外での勉強の場や機会だ。しかし、塾はともかく通信教育ともなると何が良くて、どこに注目してみればいいのかわからないことも多い。塾とは違って、家での勉強で頑張る姿を、できれば確認しながら見守っていきたいもの。

特に小学生からは、授業も次第に難しくなり、できれば予習復習を自分から行ってほしいものだが、まだまだ子供も遊びたい盛りで、子供自身に任せきりなのも難しい。うまく通信教育を使って、自発的な学習意欲や予習復習の助けとなるツールが欲しいと感じる親も多いだろう。そこで今回は、小学生向けの通信教育に絞り口コミや選び方も含め、通信教育にどのようなものがあるのかを紹介する。

これさえわかれば、子供の学習もはかどり、自ら学ぶ姿勢も身についていくことだろう。また、小学生の学習という面では、親にもわかりやすく、今子供がどれくらいの習熟度なのかもわかりやすくなっていくことだろう。しかし、そもそも通信教育のメリットを知らない人からすれば、通信教育にどのような効果も求められるかがわからないだろう。

そこでまずは通信教育のメリットから紹介しよう。通信教育の一番のメリットは、家庭学習の習慣が身に付き、自発的に何かを学ぼうとする力が見につくことだろう。子どもの目的やレベルに合った教材で学習できることや、基礎学力など、学力に土台を養えることにもつながるが、何よりも大きいのは、自発の要素と効率の良さだ。

学習塾は行って授業を受けることで満足してしまいがちになるが、通信教育では自分がやる気になった時に学習が進められるので、もちろん塾にもメリットはあるが、効率よく勉強するという点では、通信教育の方がより効果が得られる。また、子どもの学力や学習ペースはさまざまなので、講義についていけず置いてきぼりになることはまずない。

さらに、学びたいものがあれば子供の興味に合わせて教材を選ぶことができるので、学校の授業内容だけではなく、幅広く知識を身に着けることも可能なのだ。これが通信教育ならではのメリットといえるだろう。

夏休みの工作で小学生におすすめは?簡単でかっこいい・可愛いアイデア集 | MensModern[メンズモダン]

小学生の子供にはどれがおすすめ?通信教育の選び方は?

【小学生向け通信教育の選び方①】学習方法・教材で選ぶ

では、小学生向けの通信教育の選び方にも注目していこう。どのような点をみて選んでいけばいいのだろうか。そのポイントとして、まず考えるものとしては学習方法や教材で選ぶことだ。小学生向けの通信教育には3つのタイプがあり、どの教材が適しているかは子供によっても異なる。子供に合わせて一緒に考えるのが正しい選び方といえるだろう。まず教材のタイプから紹介しよう。

一つ目がタブレット型教材だ。こちらは、ゲーム感覚で楽しく勉強ができるだけでなく、進捗状況のチェックや親子のコミュニケーションもタブレット端末ひとつで可能となっているのが特徴で、最近ではタブレットを使用した小学校の授業も増えており、通信教育でも人気を集めている注目の勉強法になる。二つ目が、教材プラス添削テストだ。

教材が届き、テストや課題を郵送して先生に添削してもらう昔ながらの通信教育形式で、親が直接勉強を見ることが難しい場合でも、添削のプロである担当の先生とのコミュニケーションによって、やる気を継続するこ都ができるのが特徴だ。三つ目が教材プラス解答のタイプだ。

教材と解答が届き、親が丸付けをする方式で、学習定着度を親がしっかりと確認しながら、日々の学習を通じて親子のコミュニケーションを取ることができるのが特徴だ。それぞれメリットがあり、どんな小学生にも向き不向きがるので、どれがいいのか選び方を考えて選んでほしい。

【小学生向け通信教育の選び方②】学習の定着化が図れるかどうか

次に大切になってくる選び方が、学習の定着が図れるかどうかといった点だ。小学生が勉強を習慣化するためには、勉強が楽しいと感じてもらうことが何よりも重要。そのためには、勉強を楽しいと思わせる仕組みが必要になる。例えば、タブレット端末を使用するタイプの通信教育であれば、進捗具合に合わせてポイントを貯めることができるアプリもあるので、やる気アップにもつながりやすい。

また、添削講座では、担当の先生とのコミュニケーションやシールを集めてポイントが貯まる仕組みを採用しているところもある。親が主体的に見る通信教育の場合は、毎日の学習課題を終えるごとに、カレンダーにシールを貼る等、楽しんで学習に取り組める仕組みを作ってあげると子供も積極的に取り組んでいくことだろう。

【小学生向け通信教育の選び方③】料金ももちろん重要

この後、各通信教育のポイントを比較していくが、もちろんこの通信教育は無料で受けられるわけではない。通信教育に限ったことではないが、何か習い事をするのであれば、その月額皮など料金がかかる。また、どの習い事にしても、大切なのは子供が継続して取り組むということ。好きになって、楽しんでくれることが大切になるわけだが、この費用との兼ね合いは切り離せない。

費用が高額で家計に無理が出るようであれば、続けられなくもなるし、子供もモチベーションが下がるなどの原因にもなりかねない。家庭によっては、他の習い事や兄弟の有無などの環境にも違いがある。まずはしっかりと家計の状況を確認して、無理のない範囲で継続することができる通信教育を選ぶこともまた、重要な選び方のポイントだ。

人気の通信教育を紹介!小学生の予習復習を助ける!

進研ゼミプラス小学講座

それではここからは、具体的な通信教育の紹介を、人気ポイントや口コミなどを比較して紹介していくことにしよう。まずはどの通信教育にしても、資料請求することをおすすめする。しかし、とはいえ使用感やどのようなポイントが特徴なのかといったことは、沢山ある中から見比べるのは難しいので、その検討材料にしてほしい。まずは進研ゼミプラス小学講座からだ。

通信教育の中でも比較的前からある、最も有名な教材のひとつで、学校の授業に対する予習・復習をメインにした構成となっているのが特徴だ。また、受講料や教材の質など、小学生にとってもバランスがとれた通信教育といえる。通っている小学校に合わせた教材で勉強でき、さらなる学力向上を目指した発展問題も充実している。

赤ペン先生が添削してくれ、チャレンジタッチというタブレット端末での学習を選択できたりと、子供の個性に合わせて学習することが可能なのもうれしい人気ポイントだ。口コミでは、豊富な付録で子供がやる気を出すケースが多いようで、学習はもちろん、こういった付録や教材を使った幅広く視野が広がることも、子供にとってはいいものだろう。

問題のレベルが高く良問が多いと口コミも多数の通信教育

Z会小学生コース

次に紹介するのが、東大合格者の2人に1人がZ会の会員という実績をもつZ会だ。、他の教材と比べて、比較的問題のレベルが高く、良問が多い点が注目のポイントだ。楽手に集中できるように、紙面はシンプルな作りで、遊びの要素が強い付録はない。低学年のうちは親子で取り組めるように体験学習に力を入れている点も人気のポイント。

3年生になると、1科目から受講可能になり、中学受験コースも選択可能となるので、将来的に中学受験も視野に入れているのならばおすすめだろう。スタンダードまたはハイレベルの教材を選べるので、個々のペースに合わせて学習できるのもうれしい。口コミでは、学校の深度に合わせて取り組める点や、学校行事など集中する時はおやすみするなどメリハリを付けれていいという声も多い。

月々の会費が魅力的!小学生だけでなく親にもうれしい通信教育

がんばる舎(Gambaエース)

こちらのがんばる舎の教材は、カラフルなイラストや付録を省ているために、月額費が800円とお手頃なのがポイント。また、年払いにすると、1か月分の教材代金をサービスしてくれるサービスも人気のポイントだ。子ど問だけでなく、親にもうれしい通信教育というわけだ。もちろん教材も使いやすく、毎月届く教材は、教科書準拠の問題プリントと同サイズの回答プリントのみ。

1日1枚20分というシンプルで続けやすい学習方法となる。別売りで算数の応用問題があったりと、希望者は1年分の教材を一括で受け取れたり、過去の分を申し込んで取り寄せることも可能で、融通が利くこともうれしいポイントだ。口コミでは、カラフルな教材がけっして子供のためになるとは限らないこともあり有用との声も多い。

カラフルな教材は、結局使っているうちに飽きたりすることも多い。そのため、意外とシンプルなほうが長続きするとの口コミも多いのだ。付録の有無に関しては、賛否両論あるが、しかし子供の個性にある物を見極めて選ぶ必要性はあるだろう。

自分専用のタブレットで自発的学習を促す

スマイルゼミ

次に紹介するのが、スマイルゼミだ。こちらは2013年に新しく始まった小学生向けの通信教育で、自分専用のタブレットで学習していくので愛着がわき、自発的に楽しく学習できるのがポイントだ。ゲーム感覚で楽しめる一方で、手書き入力も可能のため、教科書準拠の内容で学習できる。

国語・算数・理科・社会のほかに、英語学習が標準でセットされ、漢検や計算のドリルもあるなど、内容も充実している点が非常にうれしい。また、タブレットをつかうので、こちらに興じアが配信されることで、プリントなどの収納にも困らない。学んだ分だけスターが貯まり、アプリを使えるようになる仕組みなので、遊び過ぎも抑制することができる。

口コミでは、子どもが学習した単元や時間、点数をみまもるトークというアプリで親のスマホに転送してくれるr機能があったりと、親にも比較的充実したサービス内容にも泣ているのでうれしいとの声が多い。また、タブレット型通信教育は、教材以外にも多数の機能が付属しているので、その機能を使った勉強や確認は非常に有効活用できるようだ。

国語と算数がメイン!オリジナル教材も人気のポイント!

ドラゼミ

CMでも沢山目にするドラゼミ。こちらは国語・算数がメインの通信教材となっている。親しみやすいドラえもんのイラストを使って解説しているため、学習時間が楽しいのが特徴のようだ。また、教科書より高いレベルの問題が多いと言われており、教科書準拠ではないものの、小学館の約90年分のノウハウが凝縮されち得るので、安心感は大きい。

作文力はほかの教科の学習にも役立つという考えで、オリジナルの教材が人気で、そのほかにもタブレット学習が格安で受講できたり、個別担任制の通信添削だったりと、自主的に学習を進められる工夫が盛りだくさんだ。口コミでも、小学生の予習復習にかなり使えるとの声もあり、ドラえもんの影響で、少し難しい問題にも挑戦してくれるとの声もある。

教科書準拠で安心感抜群!量より質重視も人気ポイント!

小学ポピー

プロゴルファーの石川遼さんが9年間受講していたことで有名な小学ポピー。こちらは、テストメーカーが編集・作成している、教科書準拠の教材だ。毎日の学習量を負担に感じさせないために、量よりも質を重視している作りになっているのが特徴。付録がなく受講料が割安なことに加えて、教育・学習相談サービスで家庭での教育をフォローしてくれるのもうれしい人気ポイント。

口コミでも、学校で使用している教科書に合わせて教材が違う点や、教科書に沿っているところが決め手となったとの声も多数ある。シンプルな作りと加えて、小学生が勉強を続けやすい工夫が細かにあるとの声もあり安心感は抜群なようだ。付録の充実は、それはそれでうれしいが、時間がたてばものが増えるし子供が大切にしない傾向もある。そのため、こちらの教材に移る方も多いようだ。

勉強が難しくなったらこれ!親へのサポートも充実!

スタディサプリ

最後に紹介するのが、スタディサプリだ。リクルートが運営しているこちらの通信教育は、小学生の国語・算数・理科・社会の4教科対応のオンライン学習支援サービスとなっている。小学生の中でも4年生からの開港になるので、勉強が困難になり始めたころに検討する人が多い。

塾に通わなくても一流講師の講義を聞くことができたり、親に子どもの学習状況をメールで知らせてくれたり、充実の機能が満載とうれしい機能も豊富。口コミでは、テストの点数や成績が上がったとユーザーの8割が答えており、満足度が高いところも人気のポイントだ。

小学生の通信教育選びは非常に重要!子供に合わせて選ぼう!

小学生向けの通信教育について紹介してきた。選び方も踏まえて、比較検討してもらえればと思うが、一番は、子供がその教材を使って続けて勉強できるという点。もちろん費用の問題もあるが、小学生が自発的に続けていける点が最も重要。それぞれ特徴のある小学生向け通信教育ばかりなので、比較してどの小学生向けのものがいいかを判断して、ベストな教材を選んでほしい。

小学生漫画のおすすめは?人気作や勉強のために読ませたい作品も! | MensModern[メンズモダン]

評価 4.3/ 5(合計15人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ