メンズのフォーマルスーツブランド一覧!冠婚葬祭での着こなしは?

メンズフォーマルスーツは冠婚葬祭の時に着用する礼装です。冠婚葬祭という大事な場面で着用するフォーマルスーツはマナーなどわかっていないと恥をかきます。そこでフォーマルスーツのマナーや種類、メンズフォーマルスーツのブランドや着こなしなど一覧にまとめてみました。

メンズのフォーマルスーツブランド一覧!冠婚葬祭での着こなしは?

目次

  1. フォーマルスーツの種類一覧
  2. 20代メンズにおすすめのフォーマルスーツブランド
  3. 30代メンズにおすすめのフォーマルスーツブランド
  4. 40~50代メンズにおすすめのフォーマルスーツブランド
  5. 安くて質のいいメンズフォーマルスーツブランド
  6. 高級感のあるメンズ一流フォーマルスーツブランド
  7. 年齢問わずおすすめのメンズフォーマルスーツブランド
  8. メンズフォーマルスーツの着こなし一覧
  9. メンズフォーマルスーツに欠かせないアイテム一覧
  10. フォーマルスーツ着用時のマナーや注意点
  11. メンズフォーマルスーツの選び方

フォーマルスーツの種類一覧

メンズフォーマルスーツと一言で言っても、正礼装、準礼装、略礼装の3種類があります。正礼装はモーニングコートや燕尾服のことを言い、準礼装はタキシードやディレクターズスーツを言い、略礼装はブラックスーツを言います。

モーニングコートや燕尾服(正礼装)

モーニングコートは昼間の明るい時間帯での冠婚葬祭時に着用する正礼装のことを言います。主に、結婚式では新郎や新郎新婦のお父様が着用します。葬儀では、喪主や親族が着用します。パーティーや式典など主催者側の人間が着用します。夜であれば燕尾服を着用することになります。フォーマルスーツの中でも一番格式の高い装いです。

タキシードやディレクターズスーツ(準礼装)

タキシードは夜に着用する礼装です。結婚式では新郎や新郎新婦のお父様や主賓が着用します。夜に行われるパーティーやブラックタイと指定されているパーティーなどの催しに着用します。昼間に着用する場合はディレクターズスーツとなります。タキシードは本来は夜に着用するものという認識ですが、最近では日中でも着用する人も増えてきています。フォーマルスーツの中では2番目に格式の高い装いです。

ブラックスーツ(略礼装)

ブラックスーツのことを略礼装と言います。略礼装と礼服は同じものと思っていてもよいでしょう。昼夜問わず冠婚葬祭で着用することができます。主に、主催者や主賓ではなくゲストや親族が着用するものです。

ドレスコードとは?その意味とフォーマル~カジュアルまでの違いを紹介 | MensModern[メンズモダン]

20代メンズにおすすめのフォーマルスーツブランド

SUITSELECT(スーツセレクト)

伝統的な昔ながらのスタイルと時代の流行と細か部分を融合させ、ファッショナブルなフォーマルスーツを提供しています。無駄を取り除き、基本性能に特化させています。値段も18,000円からのフォーマルスーツもあり、若者でも買い求めやすい値段設定も魅力の一つです。

THESUITCAMPANY(ザ・スーツカンパニー)

生地選びから縫製まで妥協することなく徹底したプロ意識と、時代のニーズに合ったファッション性にまともな価格設定が売りのメンズファッションブランドです。価格も28,000円~48,000円と大学生でも手の届きやすい価格設定になっています。

30代メンズにおすすめのフォーマルスーツブランド

ONLY(オンリー)

紳士的なデザインと生地の品質の良さが印象的なメンズファッションブランドです。低価格で正統派な紳士的なフォーマルスーツが買い求められるとあって、20代~30代に絶大な人気を得ている老舗ブランドです。

40~50代メンズにおすすめのフォーマルスーツブランド

五大陸

「日本発世界服」をコンセプトに、イギリス、フランス、イタリア、アメリカのそれぞれよいところを採り入れ、繊細な日本の技術を用いて作られた高品質の日本のメンズスーツブランドです。日本人に合ったシルエットで、着心地のよいフォーマルスーツが人気で主に、30代~40代に人気のブランドです。

安くて質のいいメンズフォーマルスーツブランド

紳士服のコナカ

日本のスーツブランドで業界シェア3位に位置するコナカのいいところは、着用者の年齢を選ばずベーシックなデザインを基調としているため、一着買えば長く使い続けることができるのが魅力的です。値段も19,000円からと幅広い年代に愛されています。

紳士服のはるやま

「品質なら、はるやま」というフレーズを裏付けるように、紳士服専門店郊外型部門でお客様満足度No1に選ばれた老舗メンズスーツブランドです。実用的な機能とデザイン、仕立ても細部にまでこだわって作られた高品質なフォーマルスーツを19,000円からと低価格にて提供している国内スーツブランドです。

高級感のあるメンズ一流フォーマルスーツブランド

DURBAN(ダーバン)

厳しい目で見た徹底した品質管理と、日本の高い技術によって実現された世界にも通用する日本のメンズスーツブランドです。ハイクオリティかつ、エレンガンスさを持ち合わせたフォーマルスーツは、主に年齢的にも落ち着いた30代~50代で圧倒的に支持されています。

年齢問わずおすすめのメンズフォーマルスーツブランド

洋服の青山

「世界No1」のキャッチコピーが有名な洋服の青山は、メンズスーツブランドの中でも最大手のブランドです。広い年代にも対応できる商品の数々と、29,000円からという値段設定もそれほど高くないことから10代からも支持される安定のスーツブランドです。

AOKI(アオキ)

国内の紳士服業界でアオキは紳士服業界シェア第2位の大手スーツブランドです。ゆったりしたデザインから細身のデザインなど幅広いデザイン展開で自分に合った最高の一着を見つけることができます。価格も20,000円からと低価格設定となっているのが魅力です。

メンズフォーマルスーツの着こなし一覧

モーニングコート着こなし一覧

結婚式での新郎や、新郎新婦両家のお父様に着用していただきたい着こなしです。ベストの色やズボンのデザイン次第でいろいろな着こなしも可能です。

モーニングコートもブラックではなくホワイトカラーを選ぶのもおしゃれです。結婚式での新郎や、パーティーや式典など主催者にも着用していただける着こなしです。

タキシードの着こなし一覧

ストライプのジャケットに、一目をひくワインレッドのベスト、ドット柄のポケットチーフを身に着けるとワンランク上のおしゃれフォーマルスーツの完成です。結婚式やパーティーに着用していただける着こなしです。

ボトムスにデニムを持って来ると、カジュアルな装いにもなりますし、ワイシャツではなくタートルネックやブラックシャツを合わせることで固すぎずラフすぎずのカジュアルな着こなしができます。

ブラックスーツの着こなし一覧

ホワイトシャツに黒のネクタイではなく、小剣色違いのネクタイを使うことでおしゃれ度はワンランクアップします。ポケットチーフのデザインやカラー次第でさらにおしゃれ度がアップします。

ブラックスーツは中に着るシャツの色や柄、ネクタイの色や模様によって、いくらでもおしゃれに変身することができます。ホワイトシャツに黒ネクタイを使えば、葬儀に参列する際にも使えますし、シャツの柄やネクタイを色物に変えるだけで、結婚式へ出席する際にも着用することが出来ます。

おしゃれなメンズスーツブランドは?男を上げるモテ着こなし術・コツ | MensModern[メンズモダン]

メンズフォーマルスーツに欠かせないアイテム一覧

ポケットチーフ

慶事や弔事によって使える素材やカラーは違いますが、ポケットチーフを胸元に挿すだけで華やかさが増します。シルクは慶弔どちらでも使えますし、シルクのポケットチーフは持っていてもよいでしょう。

カフス、ネクタイピン

慶事や弔事によって使えるものと使えないものがありますが、白い石もものと黒い石のもの一つずつ持っておくといざという時に困りません。

スーツのハンカチブランド特集!ポケットやチーフはワンランク上を狙え! | MensModern[メンズモダン]

フォーマルスーツ着用時のマナーや注意点

モーニングコート着用時のマナー

シルバーもしくは白黒の縞柄の結び下げか、アスコットにします。アスコットを選ぶ際は、プリーツがないウイングカラーシャツにします。弔事の時のネクタイは黒色の結び下げにします。シャツはダブルカフスの白無地ウイングカラーもしくはレギュラーカラーにし、弔事ではレギュラーカラーが望ましいです。ポケットチーフはシルクか白の麻を選び、3ピーク折にします。

ベストは黒かグレーが一般的です。カフスは、白い石のものを選び、弔事では黒にします。サスペンダーは白黒の縞模様、弔事では黒を使用します。ストライプド・パンツはシングルの袖口に前上がりにモーニングカットされているパンツを穿きます。靴下は黒無地もしくは白黒の縞模様を選びます。靴はストレートチップもしくはプレーントゥにします。

タキシード着用時のマナー

タキシードは時間帯が夕方から夜の場合に着用します。ネクタイはシルク素材の黒のボウタイ、シャツは白無地のウイングカラー、ポケットチーフはシルクもしくは白の麻で、ボウタイのカラーに合わせてもよいです。ソックスは黒を選び、靴はオペラパンプスを履きます。カフスは黒い石をあしらったものを使用します。ベルトは使用できないので、サスペンダーを着用します。

ブラックスーツ着用時のマナー

ダブルカフスの白無地シャツに、ネクタイは色柄物でもよいですが、弔事では黒で結び下げにします。ベルトやサスペンダーは黒色で弔事ではシルバーバックルにします。ポケットチーフはシルクや色物系でも良いですが、弔事では使いません。靴下は黒で、靴は黒色のストレートチップやプレーントゥにします。カフスやベストは慶事では身に着けても良いですが、弔事では避けましょう。

メンズフォーマルスーツの選び方

メンズフォーマルスーツには3つの種類があると説明してきました。自分がどのフォーマルスーツを選ぶかは、冠婚葬祭時の自分の立場や着用する時間などによって変わります。一着持っておくとしたら、礼服でしょう。どのシーンでも人を選ばず、使うアイテムによっておしゃれに着こなせ、いろいろな場面で使えるのが魅力的です。

選ぶ際の注意点としては、普段のビジネススーツと違い冠婚葬祭時ぐらいでしか着る機会もないですし、5年以上着用するつもりで、今の体型に合わせて買わないようにしましょう。デザインにもこだわりたいところですが、長い目で見ると流行りのデザインなどを選ばないほうがよいでしょう。初めてフォーマルスーツを購入する場合は、オールシーズン用を選ぶのがよいでしょう。

フォーマルスーツそれぞれの特徴や、冠婚葬祭時に着用するフォーマルスーツのマナーなど理解しておかなければ大事なところで恥をかいてしまうことになります。冠婚葬祭はそう何度もあるわけではないので着用する機会も少ないですし、マナーもなかなか覚えられないかもしれませんが、恥をかかないようにある程度の知識は身に着けておきましょう。

スーツのサイズ表&測り方紹介!メンズスーツ選び方はこれでばっちり | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ