キャンプツーリングは、バイク好きにはたまらない趣味の1つであると言われています。キャンプツーリングをする際には、積載方法などにも注意が必要です。キャンプツーリングを快適に楽しむための道具・持ち物の選び方や積載方法など、おすすめ商品も合わせてご紹介していきます。

キャンプツーリングの極意まとめ!道具・持ち物の選び方や積載方法を解説

目次

  1. キャンプツーリングの積載など気になる情報チェック
  2. 「キャンプツーリングにあると便利な持ち物」
  3. 「アウトドア料理もキャンプツーリングならではのメニュー」
  4. 「収納はコンパクトサイズが基本!?」
  5. 「キャンプツーリングの際の注意点も知っておこう」
  6. 「気になるキャンプツーリングの積載方法」
  7. 「独自のキャンプツーリングスタイルの確立」
  8. 「前室スペースが広めのテント選びも重要」
  9. 「焚火も楽しみたいならコンパクトサイズの焚火台選び」
  10. 【コールマン テント ツーリングドームST】テント・タープ編
  11. 【ドッペルギャンガー アウトドア ライダーズワンポールテント 1人用】テント・タープ編
  12. 【モンベル ミニタープ】テント・タープ編
  13. 【笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君 3点セット】焚火台・グリル編
  14. 【イワタニプリムス イージークック ソロセット】バーナー・クッカー編
  15. 【コールマン パックアウェイフロステッドLEDランタン】ランタン編
  16. 【キャンパーズコレクション アルミハードトップテーブル】テーブル・チェア編
  17. 【ヘリノックス チェアワン】テーブル・チェア編
  18. 【サーマレスト ラグジュアリーライト ウルトラライトコット】コット編
  19. 【ヘリノックス コットワン】コット編
  20. コンパクト収納でキャンプツーリングをエンジョイ

キャンプツーリングの積載など気になる情報チェック

キャンプツーリングは、バイクの排気量やバイクの機種に寄っても、積載量も変わってくるため、キャンプツーリングのための道具・持ち物の選び方も変わってくるでしょう。キャンプツーリングは、バイクに乗ってアウトドアを楽しむためにも幾つか注意点もあるようです。

キャンプツーリングは、事故にも気をつけなければいけないため、道具・持ち物の積載方法も色々工夫しながら荷物を積むかたが多いと言われています。そして、安定感や固定することにも気をつけなければなりません。

キャンプツーリングは、身軽でいいなと思っていても、それなりに色々な注意点や普通のキャンプとは違った魅力を十分に味わうチャンスでもあるため、アウトドア料理やキャンプギア選びにもこだわると言われています。

バイクのテントの失敗しない選び方!ツーリングにおすすめの商品は? | MensModern[メンズモダン]

「キャンプツーリングにあると便利な持ち物」

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法①

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法①は、キャンプツーリングにあると便利な持ち物の選び方についてです。基本的なキャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物は、テント・タープを始め、ランタン、コット、チェア、テーブル、クッカー、焚火台、食器などが挙げられています。

洋服や衣類などは、個人差もありますが、上記のようにキャンプツーリングの道具・持ち物としてあると便利なキャンプギアはチェックしておいたほうがいいでしょう。

バイクの積載の限度などもあるため、それぞれのバイクの機種などに合わせて、重量などにも気をつけて選びたいものです。

バイクツーリング初心者必見!おすすめの装備や持ち物を紹介! | MensModern[メンズモダン]

「アウトドア料理もキャンプツーリングならではのメニュー」

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法②

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法②は、アウトドア料理もキャンプツーリングならではのメニューにするための準備についてです。キャンプツーリングは、1人で行うかたが多いようですが、ゆっくりキャンプツーリングでアウトドアを堪能するためにも、アウトドア料理ならではのBBQを1人占めするのが人気です。

グリルなども、ソロキャンプ用のものも多く販売されているため、キャンプツーリングの際に、1人BBQは簡単で手間もあまりかからずに美味しいアウトドア料理が簡単に出来ると言われています。

アウトドア料理は、大勢のキャンプなどでは大きなリビングスペースで凝ったアウトドア料理を楽しむのが人気ですが、キャンプツーリングのように荷物など積載量も限られている場合は、シンプルなアウトドア料理にこだわり準備するほうがベストのようです。ごはんだけ焚いて、おかずなどは出来合いのものにしたりするかたもいらっしゃるようです。

バイクのリュック・バックパックでおすすめは?ツーリングや通勤にも | MensModern[メンズモダン]

「収納はコンパクトサイズが基本!?」

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法③

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法③は、収納はコンパクトサイズが基本なのかどうかという点についてです。キャンプツーリングのための道具・持ち物の選び方ポイントとして、車のように荷物を沢山積めるわけではありません。

そのため、収納がコンパクトサイズにできる道具・持ち物を選ぶのもキャンプツーリングの道具・持ち物の選び方ポイントとなるでしょう。2WAYタイプの1つで2つの役目を果たす道具を選ぶのも、それだけ荷物が減るためおすすめされています。

また、サイズもコンパクトサイズで折りたたみやすいキャンプツーリング道具も見逃せない選び方ポイントになるでしょう。

インカムでバイクツーリングを楽しもう!おすすめ人気メーカーを徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

「キャンプツーリングの際の注意点も知っておこう」

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法④

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法④は、キャンプツーリングの際の注意点についてです。キャンプツーリング初心者のかたは、どんなことに注意をしたらいいのか分からないかたも少なくないです。

慣れてしまえば、キャンプツーリングも遠出して数泊アウトドアを楽しむかたが多いですが、キャンプツーリング初心者のかたは、1泊からスタートしたほうがいいようです。そして、なるべくキャンプ場なども近場を狙っていくと安心と言われています。

キャンプツーリングをする際に、バイクに荷物を積んで滑って落下なんてこともあるため、荷物の滑り止めシートなども予め準備しておくと何かと安心という声も多いです。また、長距離のキャンプツーリングは、スタンドが埋まってしまう場合もあるようで、そういったことを避けるために板を持ち物リストに入れているかたもいらっしゃるようです。

また、キャンプツーリングのための道具・持ち物の専用収納バッグなどがついていないギアは、ビニール袋などを使用して収納するかたも少なくありません。でも、移動中に破けてしまうことも少なくないため、替えのビニール袋を多めに持っていったり、丈夫な収納バッグを予め用意してみたりと、何かと注意しておきたい部分はあると言われています。

バイクのカメラでおすすめは?ツーリングに使える便利な人気機種まとめ | MensModern[メンズモダン]

「気になるキャンプツーリングの積載方法」

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法⑤

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法⑤は、気になるキャンプツーリングの積載方法についてです。キャンプツーリングに欠かせないのが積載方法です。積載量にもそれぞれのバイクの種類に寄っても違ってくるため、それに合わせてキャンプギア選びも必要になります。

そして、重量が重いものは、下の方に積み、左右の安定感を意識して積載していく必要があると言われています。キャンプツーリングの際、バイク走行中はかなり揺れるため、その振動から積んでいる荷物がバラバラにならないためにも、収納ボックスなどにまとめて入れてから積むと良いと言われています。

また、収納ボックスを購入する際には、ある程度に持つが増えたとしてもバイクの積載が終わった後に、他の荷物も積載できる荷物設置スペースも多少なりとも残しておいたほうがいいようです。

荷物を重ねて積載してから、専用のネットなどで固定したりする場合もあるため、荷物が増えたときのためのスペースは計算に入れておいたほうがいいでしょう。

ワンタッチタープのおすすめ特集!キャンプで人気のおしゃれ商品の選び方 | MensModern[メンズモダン]

「独自のキャンプツーリングスタイルの確立」

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法⑥

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法⑥は、独自のキャンプツーリングスタイルの確立についてです。キャンプツーリング初心者のかたにとっては、キャンプツーリングのための道具・持ち物の選び方や積載方法から入っていきますが、キャンプツーリングに慣れてくると、自分なりのキャンプツーリングのスタイルを確立してくると言われています。

沢山のキャンプツーリングを楽しむアウトドアファンやバイカーの方達は、コツも掴んでくるようです。キャンプツーリングでのアウトドア料理はシンプル派のかたもいらっしゃれば、逆に1人のキャンプツーリングでもアウトドア料理にはこだわるというかたもいらっしゃいます。

また、キャンプツーリングの道具の選び方も、コスパと機能性の両方が優れているものが見つけやすくなったり、キャンプツーリングのプロと言っても過言じゃない、快適キャンプツーリングを贅沢に堪能できるようになるかたが多いようです。

キャンプ用品のおすすめ特集!初心者がそろえるべき便利な道具リスト | MensModern[メンズモダン]

「前室スペースが広めのテント選びも重要」

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法⑦

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法⑦は、キャンプツーリングには前室スペースが広めのテント選びも重要というポイントについてです。キャンプツーリングをする際には、テントの選び方ポイントとして、前室が広めのものを選ぶと快適なキャンプツーリングにつながると言われています。

前室が広めに作られているテントなら、キャンプツーリングの際の荷物を置いたり、チェアやテーブルなどを置けるので快適に過ごせるでしょう。また、前室が広めなら雨などに急に降られても、急いで雨を防げる役目も果たしてくれる期待ができます。

前室が広めのテントをお持ちでないかたでも、タープを用意することで、タープがリビングスペースを作ってくれて、バイクなどの収納スペースにもなると言われています。

キャンプ用品のレンタル情報まとめ!おすすめサイト・ネットショップを紹介 | MensModern[メンズモダン]

「焚火も楽しみたいならコンパクトサイズの焚火台選び」

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法⑧

キャンプツーリングの道具・持ち物の選び方や積載方法⑧は、焚火も楽しみたいならコンパクトサイズの焚火台を選ぶポイントについてです。アウトドアで焚火をするとなると、大人数で囲んで焚火を楽しむイメージが強いかたも多いでしょう。

1人のキャンプツーリングでも、最近ではコンパクトサイズの焚火台を用意して、アウトドアならではの焚火を楽しむかたも増えていると言われています。焚火は、夜のキャンプツーリングの雰囲気づくりにもなりますし、温かいのもメリットとなるでしょう。

扱い方には十分に注意が必要ですが、コンパクトサイズの焚火台なら積載にも困らず、運びやすいので便利と言われています。

スノーピークの焚火台が選ばれる理由とは?人気の秘密を調査! | MensModern[メンズモダン]

【コールマン テント ツーリングドームST】テント・タープ編

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物①

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物①は、コールマン テント ツーリングドームSTです。コールマン テント ツーリングドームSTは、コンパクトサイズのドーム型になっている人気テントです。

2人まで対応しているので、1人でキャンプツーリングをする際でも荷物を置くスペースなども確保できて余裕を持って快適に過ごせると言われています。コールマン テント ツーリングドームSTの重量は、4.4kgほどで、インナーテントには撥水加工がしてあるポリエステルタフタ68Dを使用しているのも特徴です。

設営も簡単にできて、キャンプツーリングに嬉しい前室ありのデザインになっているコールマン テント ツーリングドームSTは、重量についてはキャンプツーリングには重いかもという声もあるようです。

コールマン テント ツーリングドームSTの気になる価格は、参考価格が17,064円となっていますが、大手通販サイトのショップに寄っては、15,000円ちょっとで販売しているところもあるようです。

テントはコールマンがおすすめNo. 1!ワンタッチなど人気商品を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

【ドッペルギャンガー アウトドア ライダーズワンポールテント 1人用】テント・タープ編

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物②

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物②は、ドッペルギャンガー アウトドア ライダーズワンポールテント 1人用です。インスタ映えにも期待ができるドッペルギャンガー アウトドア ライダーズワンポールテント 1人用は、ピラミッドのようなデザインのワンポールテントです。

ドッペルギャンガー アウトドア ライダーズワンポールテント 1人用は、重量が2.5kgほどで軽量に作られており、使い方次第で色々な役目を果たしてくれる期待ができます。ドッペルギャンガー アウトドア ライダーズワンポールテント 1人用は、設営が簡単と言う声も多く評判いいです。

ドッペルギャンガー アウトドア ライダーズワンポールテント 1人用の気になる価格は、20,000円ちょっとで通販にて販売しています。ドッペルギャンガー アウトドア ライダーズワンポールテント 1人用の専用収納バッグもついてくるので、キャンプツーリングの際の持ち運びにも便利です。

ドッペルギャンガーアウトドアのテントが人気の理由とは?デザイン・特徴別に紹介 | MensModern[メンズモダン]

【モンベル ミニタープ】テント・タープ編

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物③

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物③は、モンベル ミニタープです。前室がないテントをお持ちのかたのキャンプツーリングで一役買ってくれる期待が持てるモンベル ミニタープ。

モンベル ミニタープは、難燃加工がしてあるので、火が移ってしまった場合でも、周りに火が広がってしまうことを軽減できると特徴があるようです。キャンプツーリングに十分に使える大きさのモンベル ミニタープは、急な雨からも身を守ってくれるでしょう。

モンベル ミニタープの重量は、600gと軽量で持ち運びもしやすく、キャンプツーリング中の天候の変化なども気にせずに、食事をモンベル ミニタープの下で楽しめると言う声も多いです。モンベル ミニタープの気になる価格は、7,200円ほどで通販にて販売しています。

モンベルのタープ・ミニタープはHXが人気?張り方・活用術まとめ! | MensModern[メンズモダン]

【笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君 3点セット】焚火台・グリル編

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物④

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物④は、笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君 3点セットです。1人でキャンプツーリングでも、焚火は楽しみたいというかたにおすすめなのが、笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君 3点セットです。

笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君 3点セットは、キャンプツーリングのためにある焚火台と言っても過言じゃないアイテムであり、折りたたみ可能なのでコンパクトサイズに収納して積載できると言われています。

本体の重量は500gほどで、付属されているグリルプレートは460g、ハードロストルは160gとなっています。

1人のキャンプツーリングでBBQを楽しみたいと計画立てているかたも、笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君 3点セットが一役買ってくれるでしょう。笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君 3点セットの気になる価格は、6,700円ほどで通販にて販売しています。

バーベキューコンロとグリルのおすすめ15選!特徴や選ぶ際のポイントを紹介 | MensModern[メンズモダン]

【イワタニプリムス イージークック ソロセット】バーナー・クッカー編

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物⑤

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物⑤は、イワタニプリムス イージークック ソロセットです。キャンプツーリングでのアウトドア料理は、荷物のことも考えるとやはりシンプルに済ませたいというかたが多いです。

それでも、ある程度は料理をしたいというかたにとって便利なのが、イワタニプリムス イージークック ソロセットです。イワタニプリムス イージークック ソロセットは、アルミ素材で、ハードアノダイズドコーティングがされているのが特徴になります。

IP-110ガスカートリッジなどのコンパクトサイズのバーナーと合わせてコンパクトサイズに収納が可能となっているのも特徴です。イワタニプリムス イージークック ソロセットの重量は、201gほどです。イワタニプリムス イージークック ソロセットの気になる価格は、3,400円ほどで通販にて販売しています。

プリムスのバーナーなどおすすめ15選!選ばれている理由と特徴を紹介 | MensModern[メンズモダン]

【コールマン パックアウェイフロステッドLEDランタン】ランタン編

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物⑥

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物⑥は、コールマン パックアウェイフロステッドLEDランタンです。夜のキャンプツーリングなどには、ランタンもあると便利です。

コールマン パックアウェイフロステッドLEDランタンは、四角形のデザインが収納のしやすさを語っています。乾電池タイプのLEDランタンで、重量も140gほどと軽量にできています。

コールマン パックアウェイフロステッドLEDランタンの明るさは、100ルーメンほどとなっていて、連続使用の際、ハイレベルで最大6.5時間ほど使用可能、ローレベルで最大14時間ほどまで使用が可能となっています。コールマン パックアウェイフロステッドLEDランタンの気になる価格は、4,000円ほどで通販にて販売しています。

コールマンのランタンの魅力とは?充実した機能と選ぶ際のポイントを紹介 | MensModern[メンズモダン]

【キャンパーズコレクション アルミハードトップテーブル】テーブル・チェア編

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物⑦

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物⑦は、キャンパーズコレクション アルミハードトップテーブルです。キャンプツーリングでも、安定感のあるテーブルでアウトドア料理を楽しみたいというかたにおすすめなのが、キャンパーズコレクション アルミハードトップテーブルです。

キャンパーズコレクション アルミハードトップテーブルは、布製のテーブルとなりますが、天板にアルミが使用されているため安定感に優れていると言われています。テーブルの高さも36cmほどで、チェアに座ったときのことを考えた高さになっています。

キャンパーズコレクション アルミハードトップテーブルの重量は0.8kgほどとなっていて、気になる価格は、5,000円ほどで通販にて販売しています。キャンパーズコレクション アルミハードトップテーブルの専用収納バッグも付属されているため、キャンプツーリングの際の積載にも便利でしょう。

ダッチオーブンの正しい使い方まとめ!キャンプ料理の美味しいレシピも紹介 | MensModern[メンズモダン]

【ヘリノックス チェアワン】テーブル・チェア編

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物⑧

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物⑧は、ヘリノックス チェアワンです。ヘリノックスのチェアワンは、キャンプツーリングだけでなく、家族キャンプなどでも揃えているかたが多い人気チェアになります。

ヘリノックス チェアワンは、キャンプツーリングに嬉しい、収納しやすいコンパクトサイズにまとまるチェアであり、座り心地もしっかり考えられてデザインされているのも特徴です。

アウトドアやキャンプツーリング用のチェアは、あまり座り心地が良くないイメージを持たれているかたも、ヘリノックス チェアワンなら妥協せずにリラックスできると言われています。

ヘリノックス チェアワンの耐荷重は145kgほどまでで、座面の高さは34cmとなっています。ヘリノックス チェアワンの気になる価格は、参考価格が12,420円となっていますが、通販サイトのショップに寄っては、10,000円ちょっとで販売しているところもあるようです。

ヘリノックスチェアの魅力とは?キャンパーに大人気の商品を種類別に比較 | MensModern[メンズモダン]

【サーマレスト ラグジュアリーライト ウルトラライトコット】コット編

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物⑨

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物⑨は、サーマレスト ラグジュアリーライト ウルトラライトコットです。寝袋などよりも、キャンプツーリングの睡眠を快適にさせるためにコットを選ぶかたも増えているようです。

そこで、おすすめなのがサーマレスト ラグジュアリーライト ウルトラライトコットです。サーマレスト ラグジュアリーライト ウルトラライトコットは、重量も1,249gほどと言われていて軽量にできていて、収納もコンパクトサイズにできるためキャンプツーリングにバッチリなコットとなるでしょう。

快適な睡眠をキャンプツーリングで味わうための影の力持ち役になるかもしれません。サーマレスト ラグジュアリーライト ウルトラライトコットの気になる価格は、36,000円前後で通販にて販売しているようです。ショップに寄って価格も上下するようなので、予めいくつかショップをチェックしてみるのもいいかもしれません。

コットでキャンプも快適に!軽量でコンパクトな便利アイテムを紹介 | MensModern[メンズモダン]

【ヘリノックス コットワン】コット編

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物⑩

キャンプツーリングにおすすめの道具・持ち物⑩は、ヘリノックス コットワンです。ヘリノックス コットワンも、折りたたみ式で収納もコンパクトにできるので、キャンプツーリングに向いているコットと言われています。

ヘリノックス コットワンの重量は2kgほどで、組み立ても簡単にできると人気があります。先ほどご紹介したヘリノックスのチェアワンと一緒に購入するかたも多いようです。そして、気になる寝心地も、ヘリノックス コットワンはゆったりまったり寛ぎやすいと評判いいです。

ヘリノックス コットワンの気になる価格は、参考価格が48,600円となっていますが、通販サイトのショップに寄っては、40,000円ほどで販売しているところもあるようです。

ヘリノックスのコットは超軽量で使いやすい!特徴をモデル別に徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

コンパクト収納でキャンプツーリングをエンジョイ

キャンプツーリングを快適に楽しむためにも、あると便利な道具・持ち物などは予めチェックしておいたほうがいいようです。1人のキャンプツーリングを楽しむかたも増えている時代なだけに、キャンプツーリングのスタイルもそれぞれ確立し、楽しんでいらっしゃるかたも多いです。

是非この機会に、キャンプツーリングに興味あるかたは、道具・持ち物の選び方や積載方法なども参考になさってみてください。快適なバイク走行で、キャンプツーリングをエンジョイできること願っております。


評価 4.9/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ