気づけばスマホの電池が数%なんてことはないだろうか。そこでおすすめなのが急速充電のアプリ。しかし、これには種類も多く、中には効果の薄いものも混ざっている。そこで今回は、急速充電のアプリのおすすめを紹介しよう。また、電池のなくなる原因についても調査して行く。

急速充電のアプリおすすめランキング!効果や電池がなくなる原因も調査

目次

  1. そもそも急速充電アプリとは?
  2. 急速充電のアプリのタイプを理解!性能・機能制限系アプリ
  3. 無駄なタスクを削除する急速充電アプリ!タスクキラー系
  4. 通信も切ってしまおう!通信キラー系急速充電アプリ
  5. 急速充電アプリの効果は?本当にあるの?
  6. 電池の減りが早い原因は?急速充電のアプリを紹介する前に原因を知ろう
  7. 急速充電できるからといってなんでも入れるのは注意しよう
  8. 5位 無料で安心!「ぴよバッテリー」
  9. 4位 節電検証でも選ばれたアプリ!「iBatteryアイバッテリー」
  10. 3位 難解だが効果はありのアプリ!「急速充電」
  11. 2位 面倒な操作も不要!「急速充電ブースター」
  12. 1位 通信シャットアウト!高速充電アプリ「クイック充電」
  13. 急速充電を使いこなす上でも!バッテリーの劣化防止策も知っておこう!
  14. 最悪の場合はバッテリー交換を!交換時期は?
  15. 急速充電のアプリをうまく使って快適に!

そもそも急速充電アプリとは?

スマホが手放せない昨今。気づけばスマホのバッテリーが充電があとわずかとなっているという時があるだろう。誰しも経験あるかもしれないが、電池がわずかですぐにでも充電しないといけないなどの状況に置かれたことのある人は多いだろう。しかし、かといって充電しても通常の充電方法であればすぐに充電完了となるわけではない。

つまり、すぐにでも使用したい場合は、通常の充電ではすぐに使えないことになる。もちろん充電と同時に操作も可能なことはあるが、できれば電池の劣化を防ぐためにも、充電しながらではなくしっかりと充電した後に使用したいもの。そんな場面で有用なのが、急速充電アプリだ。

通信や、アプリを管理し、充電時にはそれらのタスクを終了させてくれることで、急速充電を可能としてくれる効果を持つ。しかし、一言で急速充電アプリといってもわかりにくい人も多いだろう。そこでこの記事では、急速充電アプリとは何か、そのおすすめや、そもそも電池が減る原因なども調査して行きたいと思う。まずは急速充電アプリとは何かを紹介しよう。

急速充電アプリとは、その効果を見込めるだろう条件を満たせば、急速充電できるというアプリで、短時間での充電を可能にするアプリのことである。しかし、急速充電アプリとうたってはいるものの、実際に使ってみると効果のない急速充電アプリも中にはあり、効果の真偽はどうなのかわからないアプリもあるので、特に今回は人気でおすすめの急速充電アプリをらんきんぐ形式で紹介する。

ただ、急速充電をアプリを入れてする場合、アプリだけでなく、曽於他の充電に使用するUSBケーブルなどにも注意が必要だ。極力純正の製品を使用することはもちろんおすすめとなり、最悪でも、定格出力1A以上のものを使用することをおすすめする。iPhone6やタブレットであれば2A以上必要となる。

USBケーブルなどの中には、安価なUSBケーブルがあるが、こういったものややアダプターの組み合わせによっては、アプリを入れても急速充電ができないこともある。アプリの効果を十分発揮させることが出ない無い恐れがあるので、この周辺機器の使い方と合わせて注意をしていってほしい。

スマホ急速充電器のおすすめ特集!ケーブルやアンペアの選び方が大事? | MensModern[メンズモダン]

急速充電のアプリのタイプを理解!性能・機能制限系アプリ

とはいえ、急速充電アプリのことを知らなければ使いこなすこともできないので、まずは急速充電アプリの種類ついて紹介していこう。この急速充電アプリには、大きく分けて3種類のタイプがある。それぞれ特徴があり、長所や短所があるので覚えて使いこなしてほしい。まずは、性能・機能制限系の急速充電アプリだ。

こちらは、電池容量が一定以下になると、スマホの画面照度を下げて暗くしたり、Wi-Fiサーチ機能をオフにしたりして、その分の電力消費を抑える急速充電アプリになる。節電を謳う急速充電アプリで最も種類が多くポピュラーといえるアプリだ。長所としては、電池容量が十分な時、性能制限されないで使用することができるという点。

また、種類が多いので、好きな急速充電アプリを選ぶことができることや、機能が単純なので、インストールしてもあまり動作が重くならないといったところだ。しかし、短所もあり、この急速充電アプリは、性能制限された後は電池の減りは遅くなるが、性能・機能も低下してしまう。に性能の劣る古い端末を使用しているときは、急速充電アプリをいれただけで動作がかなり重くなる場合も考えられる。

急速充電アプリによっては、急速充電を行うための準備段階で、他のアプリの機能を制限してしまうこともあるので、例えばこれまでの履歴に則って最新の機能を発揮しているアプリなどであれば、その性能を劣化させてしまう原因になる。使用には十分注意が必要だ。

無駄なタスクを削除する急速充電アプリ!タスクキラー系

スマホを使っていると、ユーザーの意図しないところで、無駄なプログラムが裏で動いていることがある。このタスクキラー系の急速充電アプリは、この無駄なタスクを強制停止させることで、電力消費が画面照明の次に多いCPUの負荷を減らし、結果として節電に結びつけるというものだ。

長所としては、いわゆるメモリのゴミといわれる無駄なタスクなどを排除してくれるので、節電だけでなく動作も軽くなることが期待できるという点だ。非常に効果は高いだろう。しかし、短所として、必要なタスクを強制終了させてしまうことがあり、エラーが発生する可能性もあるという点だ。

また、他にもタスクが自動的に再起動してくるアプリが多い場合はモグラ叩き状態になり、タスクキラーアプリが電力を消耗する本末転倒アプリになってしまうことも考えられる。また、常時スマホの動きを監視しているため、アプリが重いこともあり、常駐しているだけでスマホの性能が低下することも考えられる。効果はあるかもしれないが、こちらも使用状況との兼ね合いを考えて選ぼう。

通信も切ってしまおう!通信キラー系急速充電アプリ

次に、端末がスリープ状態の時に限り、思い切ってLTEやWi-Fiのデータ通信回線を切ってしまい、データ通信に使われる電力を0に近づけようとする通信キラー系の急速充電アプリだ。こちらの長所としては、かなり電力を消費するモバイルデータ通信を切ってしまうため、高い節電効果が見込めるということ。

しかしながら短所として、FacebookやLineのメッセージ着信が通信回線を切っているため、リアルタイムで通知されず、すぐに中身を確認できないことがあるという点が考えられる。特に頻繁に連絡を取っているときなどに作動させてしまうと、その効果は裏目に出てしまうだろう。

さらに、あくまでスリープ状態に起動する効果を持つ急速充電アプリなので、頻繁に使用している場合は、スリープ状態に入ることが少ないということになり、結果的にあまり効果を見込めないことも考えられる。このように、急速充電のアプリにはそれぞれ長所と短所があり、どれも一長一短あるので、どれがいいとは一概に言えない。使用状況と合わせて選ぶことが必要になる。

急速充電アプリの効果は?本当にあるの?

このように、急速充電アプリがあるわけだが、では本当に効果はあるのかと疑問に思う人もいるだろう。しかし、これは全ての急速充電アプリが効果があり、しかもどの状況下でも安易に効果が得られるわけではないので覚えておく必要がある。例えば、先ほども言ったように使用状況にあわせて急速充電アプリを選ぶいつ用があることは当然だが、他にも充電時の条件も考えなければならない。

例えば、正規の充電器であるかどうかも深く関係する。急速充電対応ケーブルでなければ急速充電アプリの効果を正しく引き出すことも難しいだろう。つまり、こういった周辺の充電にもちいる機器を対応可能な正規品にしたうえで、急速充電アプリを入れて初めて効果が得られるわけだ。

Android端末の場合は、ACモードで充電できるケーブルであれば急速充電に対応しているので、こちらの確認も必要。他にも、UEB電源としてお使いのアダプターも、純正品であれば問題はないが、500mAだと急速充電することはできない。急速充電アプリを入れても、使用しているケーブルやアダプターによって効果を得られないことがあるので、あらかじめ用意しておく必要があるのだ。

また、iPhoneの場合も、iPhone6の純正品充電アダプターの場合も、急速充電できないので急速充電のUSBアダプターが必要となる。スマホを利用しながらの急速充電ができない急速充電アプリも中にはあるので、この使用条件も踏まえておかなければならないと覚えておこう。

電池の減りが早い原因は?急速充電のアプリを紹介する前に原因を知ろう

【電池の減りが早い原因とは①】画面が明るすぎない?

では、急速充電が必要となるほど電池の減りが早い原因には何がるのだろうか。その原因についても紹介しよう。まずは画面の明るさに関してだ。明るさは明るすぎないだろうか。画面が明るいほど、消費電力が大きく電池の減りが早まる。スマホによっては、省電力モードなど、画面の明るさを自動で調節する機能も備わっているため、上手く活用して操作する必要がある。

【電池の減りが早い原因とは②】アプリがバックグラウンドで動いていない?

バックグラウンドでアプリが動いていることも電池消費が激しい原因となる。ユーザーの意図していないところで、このアプリの動きがあると電池消費の激しい原因となるので注意が必要だ。例えば、LINEなら友人や恋人と文字などのやり取りをするが、アプリの更新やその他の通信を見えないところで行っている場合があり、それが原因で、電池の消費や動作の遅延が起こることも考えられる。

【電池の減りが早い原因とは③】アプリが複数同時に動いていない?

だれしもよくあるのだが、立ち上げているアプリは落とすまで達がったままになる。そのため、アプリを落とさないで次々とアプリを起動すれば、当然複数のアプリが同時に動いているということになり、それが原因で電池の激しい消費につながるのだ。こまめに使わないアプリは落として、いくつもアプリが起動していないようにする必要がある。

【電池の減りが早い原因とは④】GPSが動いていない?

アプリによっては、地図や場所を特定するのにGPSを使用するものもあるが、このGPSアプリが起動している状態も電池消費につながる。地図アプリを入れていないからとか、使っていないから大丈夫という問題でもないので注意が必要だ。特に地図アプリは、電池の消耗だけでなくパケットも大量に消費する。動画よりはマシだが、注意が必要なアプリといえるだろう。

【電池の減りが早い原因とは⑤】Wi-FiやBluetoothがいつもオンになっていない?

最後に、Wi-FiやBluetoothがいつまでもオンになっていないかどうかだ。これらの機能は、つながっている時はもちろん、接続のためにスマホがWiFiや、Bluetoothの電波を探している時も電池消費をしている。つまり、接続していないにも関わらず、場所を移動するたびに接続先を検知しているので、その電池消費は激しくなるということだ。

判断が難しいところですが、必要になるたびにWi-Fi接続するの理想といえるだろう。このようにバッテリーの消費が激しい原因としていくつか挙げられるが、急速充電が必要となるほどの原因は、このようなことから考えていけば、大体絞り込めるので、原因も追究して使い方も同時に改めれば効果も急速充電アプリの高まるだろう。

急速充電できるからといってなんでも入れるのは注意しよう

さらに、急速充電アプリをこのあとおすすめの順番でランキング形式で紹介するが、しかしおすすめとは言えどもなんでもかんでもスマホに入れたらいいというわけではないので、注意が必要だ。というのも、先ほどもすこしいったが、急速充電アプリとほかのアプリの相互の影響や、起動状況によっても電池の消費は激しくなる。

全部何でも急速充電アプリを入れてしまうと、急速充電アプリの中には重いものや動作をおもしがちなものもあるので、悪影響を及ぼして、結局この急速充電アプリが原因でスマホの電池消費が激しくなることも考えられる。これでは意味がないので、きちんと使用用途に合った急速充電アプリを選ぶようにしよう。

5位 無料で安心!「ぴよバッテリー」

それでは、ここからはおすすめの急速充電アプリをランキング形式で紹介しよう。まずランキング5位にランキング入りしたアプリが、こちらだ。無料で使えるアプリで、アインストールしたはずのアプリが消えておらず電気を消耗しているといったことがおこらないように管理してくれるアプリになる。とてもわかりやすく可愛いデザインなので、女性にもおすすめの急速充電アプリだ。

4位 節電検証でも選ばれたアプリ!「iBatteryアイバッテリー」

ランキング4位に輝いたのがこちらの急速充電アプリ。もともとは急速充電用アプリではなかったのだが、実際に節電検証も行われてその効果を実証されているので、ランキング入りをしている。無料でありながら他の節電アプリとの効果の差がはっきりしているので、スマホの寿命を長持ちさせるためにはおすすめ。もちろん充電を早める効果も期待できる。

3位 難解だが効果はありのアプリ!「急速充電」

次に3位にランキング入りしたおすすめの急速充電アプリが、その名も急速充電というアプリだ。消費電力を押さえながら充電するタイプで、実際わずかでも効果はえられたわけだが、しかし説明が英語でわかりにくいことが難点として挙げられる。また利用の端末で使用できるかどうかもチェックが必要だ。急速充電アプリの中にはこういった海外製のものもあるので注意が必要。

2位 面倒な操作も不要!「急速充電ブースター」

2位にランキング入りした急速充電アプリが、急速充電ブースターを言われるアプリだ。見えないところで電気を消費しているアプリを止め、消費電力を押さえた状態で充電する仕組みとなっている。充電器をつなぐことでこれらが自動的に行われるので、面倒な操作は不要なのがうれしいポイント。無料で使うことができ、急速充電の必要性を感じているのなら、お試しで入れやすいアプリだ。

1位 通信シャットアウト!高速充電アプリ「クイック充電」

堂々の1位にランキング入りした急速充電アプリが、クイック充電といわれるアプリだ。無料で利用できる急速充電アプリで、通信を止めるタイプとなる。そのためWi-Fiはもちろんモバイルデーター通信ができないので、充電しながらゲームやナビとしての利用ができない。受電開始時に自動で機内モードに切り替わるので、急速充電のための特別な操作が不要な点はうれしい。

急速充電を使いこなす上でも!バッテリーの劣化防止策も知っておこう!

【急速充電のためにも!バッテリー劣化防止策①】過充電しない

以上が急速充電アプリのランキングだが、しかしアプリだけではバッテリーの劣化そのものを防ぐには至らない。そこでランキングで紹介したアプリ以外にも、バッテリーの劣化を防ぐ対策にも焦点を当てて紹介していこう。まずは、過充電しないことだ。急速充電が必要となる状況になる原因の多くが、この過充電による電池の劣化だ。

満充電状態で充電を続けてしまうとバッテリーの劣化を加速させてしまうため、満充電になったら充電ケーブルから外すようにしよう。過充電を避けることで、バッテリーへの負担を小さくすることが可能となる。

【急速充電のためにも!バッテリー劣化防止策②】充電しながら利用

次に充電しながら利用することもやめよう。もちろん急速充電中も意味がないし、本体が熱を持つ原因になるので避けなければならないが、通常の充電でも充電と放電の繰り返しになってしまい負担が大きくなる。また、リチウムイオンが余計に熱を持ってしまうためバッテリー劣化が早まる恐れもある。急速充電が必要となる原因のなかでもかなり上位になるので注意しよう。

【急速充電のためにも!バッテリー劣化防止策③】ケースを付けたままの充電

以外に気に留めないが関係あるのが、こちらのケースを付けたままの充電だ。リチウムイオンは熱に弱く、スマホケースを付けたまま充電すると高温で電池パックへの負担が大きくなってしまう。毎回ケースを外すのは面倒ではあるが、バッテリーの劣化を防ぐためにも実践することをおすすめする。

【急速充電のためにも!バッテリー劣化防止策④】高温での長時間放置

最後に急速充電アプリを使用する上でも注意が必要だが、スマホ本体を高温の場所に長時間放置しないことだ。充電中もそうでないときもだ。特に夏場など、スマホを高温な場所に長時間放置しておくと、熱によりバッテリーの劣化が早まる。高温な場所に放置しないよう注意が必要。

以上のような対策で、急速充電する際にもおこなう注意や、そもそも急速充電が必要とならないように電池の消耗が早くあんらないようにすることが大切。これらの対策はしっかりと覚えておこう。

持ち運びタイプの充電器おすすめは?Android・iPhone別に紹介 | MensModern[メンズモダン]

最悪の場合はバッテリー交換を!交換時期は?

急速充電アプリを用いて充電することも必要だが、こまめに急速充電をしないと使えないというスマホの除容共なのであれば、すこし電池交換の対応策も考慮したほうがいいだろう。というのも、通常の充電で充分持ち、まれに急速充電が必要となるだけならいいのだが、頻繁に急速充電しながら使わないと一日も持たないとなるのであれば、相当バッテリーの劣化が考えられる。

このようなバッテリーの劣化は非常に使用していると困る。今後もどんどん劣化していくと充電しながらの使用になり、急速充電でも追いつかなくなる可能性があるからだ。また、急速充電中にしようも、アプリの種類によっては不可能なので、やはりいつかはバッテリー交換をすべきだろう。一般的に、バッテリー交換は、寿命は1から2年といわれているので、そちらを参考にしてほしい。

ソーラーバッテリーおすすめランキング!スマホ充電に便利な人気商品は? | MensModern[メンズモダン]

急速充電のアプリをうまく使って快適に!

急速充電アプリの種類は沢山ある。しかし、どれも効果が高いかというとそういうわけでもないので、今回おすすめを紹介してきた。また、急速充電アプリがあるからといって、必ずしも急速充電ができるわけではない。その条件や電池の劣化状況によっては、きちんと効果を発揮しないことも。その時は、交換や普段の使い方に目を向けて対策を講じてほしい。

Qi対応の無線充電器でおすすめは?口コミ・レビューを徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

評価 3.5/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ