栄養をキープできる納豆の冷凍保存方法や保存期間、解凍方法についてまとめました。納豆を冷凍すれば保存期間をのばし、栄養も保つことができます。簡単な冷凍納豆の解凍方法や活用レシピをチェックして、冷凍保存した納豆を役立てていきましょう。

納豆の冷凍保存方法まとめ!解凍方法や保存期間などレシピも紹介

目次

  1. 納豆の冷凍保存や解凍方法を知りたい!
  2. 冷凍保存した納豆の栄養はどうなるの?
  3. 納豆の冷凍保存期間はどのくらい?
  4. とても簡単!納豆の冷凍方法
  5. 冷凍した納豆の解凍したい場合は?
  6. 悪くなった納豆の見分け方
  7. 気軽に作れる納豆そうめんを冷凍納豆で作ろう
  8. 朝食にもぴったりな納豆オムレツも人気
  9. 意外と美味しい納豆トーストもおすすめ
  10. 栄養をキープできる冷凍納豆で保存期間をのばそう

納豆の冷凍保存や解凍方法を知りたい!

栄養のある食卓に欠かせない納豆

「しっかりと栄養を摂取することができる食事を楽しみたい!」という時に役立つのが納豆。良質なタンパク質やビタミン類、イソフラボン、サポニンなどさまざまな栄養が含まれている納豆は日本で昔から親しまれてきた健康食です。健康のために納豆を取り入れている方も多いのではないでしょうか。そんな納豆の栄養を維持しながら保存したい時におすすめなのが冷凍。

納豆を冷凍保存しておけば、保存期間をのばすことができたりいろいろな活用ができたりといったメリットがあります。納豆を日常的に食卓に出したい場合は冷凍保存も検討してみてはいかがですか。冷凍納豆をストックしておけば、いつでも納豆を料理に活用することができます。健康的な食卓作りに大きな役割を果たしてくれそうですね。

冷凍保存した納豆を活用していこう

「納豆を冷凍する方法や解凍方法について知りたい!」「冷凍納豆はどのような方法で活用すれば良い?」といった場合に役立つ納豆の冷凍保存方法についてまとめました。納豆の冷凍保存はとても簡単なので、気軽に取り入れられるのが嬉しいポイントです。冷凍した納豆の活用方法もチェックして、健康的な納豆料理を美味しくいただいてみてはいかがですか。

納豆ランキング人気のおすすめ最強品を紹介!美味しいのはどれ? | MensModern[メンズモダン]

冷凍保存した納豆の栄養はどうなるの?

納豆を冷凍保存しても栄養はキープできる

納豆を冷凍保存する時に気になるのが栄養。冷凍することによって納豆の栄養が失われてしまっては意味がないですよね。冷凍庫に納豆を入れた場合、基本的に納豆に含まれる栄養は失われることなく維持されるとされています。納豆に含まれている納豆菌は低温の状態に置かれると休眠状態に入るのが特徴。休眠状態に入っただけで納豆菌自体の働きには問題がありません。

冷凍納豆を解凍し、20℃以上になったら納豆菌は働き始める

休眠状態に入った納豆菌は、20℃以上の温度下に置かれると再び活動を開始します。発酵の働きをスタートさせ、通常通りの効果を発揮してくれるので安心。このように納豆は冷凍したとしても栄養を失うことはないため、気軽に納豆を冷凍してみましょう。冷凍することで栄養が損なわれてしまうのではもったいないですが、納豆に関してはそういった心配がありません。

納豆の冷凍保存期間はどのくらい?

1ヶ月くらいの保存期間になる

納豆を冷凍保存した場合、保存期間は大幅にのばすことができます。納豆を冷蔵保存した場合、賞味期限は10日ほどとされているのが一般的。一方で、納豆を冷凍保存すると賞味期限は1ヶ月ほどになります。1ヶ月も火持させることができたら便利ですよね。なるべく長く納豆を保存したい場合は、冷蔵ではなく冷凍保存を選択してみてはいかがですか。

たくさん納豆を手に入れた期間をのばしたい時に最適

特売などでたくさん納豆を手に入れた場合、賞味期限内に食べるのが難しいこともありますよね。せっかく購入した納豆の賞味期限が切れて風味が落ちてしまってはもったいないです。納豆は発酵食品なので基本的に日持ちがする食品ですが、それでも長く保存をしたい場合は冷凍保存の方がおすすめ。たくさん購入した納豆でも1ヶ月もあれば食べきることができそうですね。

とても簡単!納豆の冷凍方法

納豆をパックのまま冷凍すると冷凍やけする恐れがある

それでは、簡単にできる納豆の冷凍保存方法についてチェックしていきましょう。納豆を冷凍保存する場合、ついついパックに入ったまま冷凍庫に入れてしまいがちですよね。パックに密閉された状態でそのまま冷凍庫に入れることがでいたら楽ですが、パックのままだと納豆が冷凍焼けを起こしてしまう可能性があります。冷凍焼けが起きると劣化が起こり、風味も減るので気をつけましょう。

ラップで包み、保存袋に入れて冷凍保存

納豆を冷凍保存する場合は、パックから取り出してラップで密閉しましょう。ラップで包むことで冷凍焼けを防ぎ、納豆が劣化するのを予防します。ラップで包んだら保存袋か保存容器に密閉して冷凍庫へ入れてください。これで冷凍保存の完了です。いつ冷凍保存をしたのかわかるように日付を記入しておくと安心。ぜひ納豆の冷凍保存を活用してみてくださいね。

納豆ダイエットの方法とメニューを紹介!正しい食べ方と実践効果は? | MensModern[メンズモダン]

冷凍した納豆の解凍したい場合は?

自然解凍がおすすめ

冷凍した納豆は、自然解凍をするのがおすすめです。食べる前日に冷凍庫から冷蔵庫に移すことで納豆が自然解凍することが可能。毎日納豆を食べているのであれば、寝る前に毎回納豆を冷凍庫から冷蔵庫に移しておけば翌日には通常通りに納豆が食べられるので便利ですね。

電子レンジで解凍すると納豆菌が壊れる可能性がある

「解凍をするのであれば、電子レンジでも良いのでは?」と思ってしまいがちですが、実は電子レンジで冷凍納豆を解凍すると納豆菌が壊れてしまう可能性があります。電子レンジによって加熱ムラが起きると一部分だけで高温で加熱され、納豆菌が壊れる原因に。そのため、納豆を電子レンジで解凍するのはおすすめできません。なるべく自然解凍させるようにしましょう。

納豆は夜に食べるのがおすすめ!効果をあげる上手な食べ方とは? | MensModern[メンズモダン]

悪くなった納豆の見分け方

おかしなニオイがして水っぽい

発酵食品として知られ、日持ちさせることが可能な納豆ですが保存状況が悪かったりすると劣化して腐る原因となります。納豆を食べる場合は、劣化しているかどうかの判断も大切。もし納豆からおかしなニオイがした場合は、食べるのをやめましょう。納豆独特の香りではなく、酸っぱいようなニオイがしたら劣化のサインです。

また、納豆の全体が水っぽかったり、カビが生えている場合もNG。傷みにくい納豆ではありますが、こういった様子が見られた場合は食べないようにしてくださいね。

保存期間内でも様子を見て使おう

保存期間内であったとしても、納豆から異変が見られたら食べるのをやめておきましょう。冷蔵の場合でも冷凍の場合でも、しっかりと様子を見て安全を確かめてから食べることが大切になります。保存方法が間違っている場合は劣化が進みやすいので、正しい保存方法を取り入れていくことも重要なポイント。美味しい状態の納豆を食べられるようにしてくださいね。

気軽に作れる納豆そうめんを冷凍納豆で作ろう

大根おろしや温泉卵などと組み合わせて

冷凍保存した納豆はご飯にかける以外にもいろいろな活用ができます。まずおすすめしたいのが納豆そうめん。そうめんを湯がいてお皿に盛りつけたら、納豆や温泉卵、とろろ、大根おろし、刻んだネギなどお好みの具材を盛り付けましょう。めんつゆをまわしかけたら簡単な納豆そうめんのできあがり。

食欲がわかない時にも最適

納豆が加わることでツルツルとした食感を楽しむことができる納豆そうめんは、食欲がわかない時にもおすすめ。大根おろしなど消化のサポートになる食材を取り入れておけば、胃にも優しい1品になります。納豆の栄養も含まれているので、健康的な食事を楽しめるのではないでしょうか。

パスタは納豆を使って美味しく時短で作る!栄養満点の簡単レシピ | MensModern[メンズモダン]

朝食にもぴったりな納豆オムレツも人気

卵と相性ぴったりな納豆

朝食に洋風の納豆料理を楽しみたい時は納豆オムレツを作ってみてはいかがですか。卵液をフライパンに流しいれたら、半熟状態の時に真ん中に納豆をのせます。両端をとじてオムレツの形に整えたら納豆オムレツのできあがり。まろやかな卵と納豆は相性ぴったりなのでぜひ試してみてくださいね。

具材はお好みでアレンジ

納豆オムレツの具材はお好みで変えていきましょう。刻んだ海苔やネギを入れて風味をアップさせるのもおすすめです。朝食ではなくおつまみ風にしたい場合は納豆にキムチを混ぜても良いかもしれません。好きな納豆オムレツの味になるようにアレンジしてみてくださいね。

意外と美味しい納豆トーストもおすすめ

トーストと納豆の組み合わせが美味しい

簡単に作れる冷凍納豆のアレンジなら、納豆トーストがおすすめ。タレで下味をつけた納豆をバターを塗った食パンにのせたら、チーズをトッピングしてこんがりとするまで焼いたら完成です。トーストと納豆は相性が良く、チーズが美味しさを引き立ててくれるのが魅力。あっという間に作れるので朝食に栄養のあるものを食べたい場合に最適です。

トッピングも変えてみよう

納豆トーストもアレンジ方法はバラエティ豊か。半熟卵やタマネギをのせてアクセントにしてみてはいかがですか。納豆にマヨネーズと刻んだネギをトッピングしても美味しくいただくことができます。意外な組み合わせが美味しかったりするので、ぜひいろいろなアレンジで納豆トーストを楽しんでいきましょう。

栄養をキープできる冷凍納豆で保存期間をのばそう

納豆は冷凍することで保存期間をのばすことができるので、日常的に納豆を食べたい時におすすめです。冷凍した納豆はさまざまな方法でアレンジすることが可能。ぜひ冷凍納豆を健康的な食卓に役立ててみてくださいね。


評価 4.2/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ