アウトドアにおすすめの腕時計である「GARMINのfenix5」シリーズ。そのGARMINのfenix5には3種類のタイプが存在し、それぞれスペックに大きな違いがあります。そんな違いを含めてGARMINのfenix5の選び方について紹介します。

GARMINのfenix5を徹底調査!スペックの違いや選び方は?

目次

  1. GARMINのfenix5の種類とスペックをチェック!
  2. GARMINのfenix5ってどんな腕時計?
  3. GARMINのfenix5の種類
  4. GARMINのfenix5は普段使いにもおすすめ
  5. GARMINのfenix5Sは女性にもおすすめ
  6. GARMINのfenix5Sのスペック
  7. GARMINのfenix5Sの価格など
  8. スタンダードなGARMINのfenix5もおすすめ
  9. GARMINのfenix5は稼働時間が長い
  10. ハイエンドモデルのGARMINのfenix5X
  11. GARMINのfenix5Xは本格的なアウトドア用
  12. GARMINのfenix5の3種類を比較
  13. 細かなGARMINのfenix5の違い
  14. GARMINのfenix5の3つに共通する機能
  15. 登山にGARMINのfenix5は不可欠

GARMINのfenix5の種類とスペックをチェック!

登山やスキーでも人気の腕時計「GARMIN fenix5」という商品が注目されています。GARMINのfenix5はどのようなスペックで、それぞれの種類の違いがあるのでしょうか。

GARMINのfenix5の種類の選び方や、それぞれのスペックがどのような違いがあるかを紹介します。自分の目的に合わせたてGARMINのfenix5の種類の選び方にすることで、いままでのアウトドアがより楽しいものになりますよ。

GARMINのfenix5ってどんな腕時計?

まずは、GARMINのfenix5がどのような腕時計であるか、基本的なスペックを踏まえて紹介していきましょう。

GARMINのfenix5が販売されたのは2017年3月31日のことでした。また、GARMINのfenix5のハイエンドモデルであるGARMINのfenix5Xのみ4月27日に発売されたようです。

過去にGARMINには、同じスポーツやアウトドアを目的とした腕時計「GARMINのfenix3J」というものが発売されていました。これは2015年10月に販売されたので、GARMINのfenix5はシリーズとして2年5ヶ月ぶりの販売だったといえます。

そして、その間にGARMINのfenix4というものは販売されなかったようで、それだけ期間が空いて、しっかりとバージョンアップし、グレードアップした機種であることをアピールした名前だったのかもしれません。

GARMINのfenix5の種類

GARMINのfenix5にはいくつかの種類があります。GARMINのfenix5には「fenix5S」、「fenix5」、「fenix5X」と3種類のタイプがあります。

GARMINのfenix5は、アウトドアの中で登山やスキーなど過酷な環境の中でも使える腕時計であり、その高性能なGPSやマップ機能が特徴の腕時計だといえます。

ジョギングやウォーキングはもちろんですが、どちらかというと登山やスキーなど、更に過酷な状況に特化した頑丈なGPS付き腕時計だといえます。

登山におすすめの人気アプリ15選!スマホが地図やGPSに! | MensModern[メンズモダン]

GARMINのfenix5は普段使いにもおすすめ

GARMINのfenix5がスペックなどと合わせて、おすすめの選び方にあがる理由は、GARMINのfenix5は普段使いの腕時計としても使いやすい点なんです。

ウォーキング系の腕時計は、普段使いしにくい場合もあり、特にビジネスでスーツと合わせて使うのには合わないデザインのものが多いんです。しかし、GARMINのfenix5の場合は、そういったときにも利用できるデザインになっているのも他の腕時計との違いといえます。

この普段使い出来るという点も、他の腕時計との選び方のポイントになるといえますね。トータルバランスがよく、そのデザインはシーンを選ぶことなく使えるデザインになっているといえます。

登山杖(ストック)の人気おすすめモデル15選!選び方と使い方も紹介! | MensModern[メンズモダン]

GARMINのfenix5Sは女性にもおすすめ

GARMINのfenix5の種類の中で、GARMINのfenix5Sというタイプは、女性向けのスペックになっています。重さも3種類の中でもっとも軽く、デザインも女性がつけても違和感の無いものになっています。

GARMINのfenix5Sはカラーバリエーションはホワイトとグレイの2種類ですが、バンドのカラーバリエーションが豊富なので、女性が付ける場合は、バンドを変更することで個性を出すというのもおすすめですね。

バンドの取り外しは専門の道具などは必要ないので、簡単に取り外せるようになっているので、普段から気分に合わせてバンドを変更するのもおすすめです。一つのGARMINのfenix5シリーズでも、バンドを変えることで、まるで別の腕時計を使っている気分になります。

登山難易度が高い山はどこ?初心者から上級者まで楽しめるおすすめランキング! | MensModern[メンズモダン]

GARMINのfenix5Sのスペック

それぞれのスペックの違いも確認する中で、GARMINのfenix5Sのスペックをまず確認しましょう。サイズは幅が42.0×高さ42.0×奥行き14。5mmとなっています。

重さは67.0グラムで、モードの切り替えによって稼働時間が大きくことなります。ウォッチモードと光学心拍計だけのモードだと最大で9日間しようすることが出来ます。

フルモードであるウルトラトラックモードと光学心拍計では最大28時間となっているので、アウトドアで1日問題なくフルモード状態でGARMINのfenix5Sを使用することが出来ますね。

登山用タイツの選び方!効果・機能別に人気のあるおすすめを紹介! | MensModern[メンズモダン]

GARMINのfenix5Sの価格など

気になる価格は64,800円となっており、普通の腕時計と比べると価格は高く感じるかもしれません。しかし、軌跡ログでは200時間のアクティビティデータを保存することができ、内蔵メモリは64MBです。

アクティビティデータには、自分がこのGARMINのfenix5Sを使って移動した道を記録したり、1日のロードマップを保存することが出来ます。自分が今回のアウトドアでどんな登山ルートを選んだかなどを確認することが出来るので、アウトドアから帰ったあとの振り返りも楽しむことが出来ます。

登山用ハンディGPSおすすめ10選!使えるスマホアプリも紹介! | MensModern[メンズモダン]

スタンダードなGARMINのfenix5もおすすめ

スタンダードなモデルになるGARMINのfenix5では、GARMINのfenix5Sがコンパクトで女性にもおすすめなのに対して、基本的なスペックの持ち主といえるのがGARMINのfenix5になります。

過去のGARMINのfenix3JとGARMINのfenix5が、ほぼ同じぐらいのサイズだと言われているので、過去のタイプを使っていた人にも、サイズの違いがうまれず使い心地が変わらないといえますね。

3種類の中でGARMINのfenix5は、稼働時間がもっとも長く、トライアスロンなどの選手も実際に使っているような、長時間使い続けることが出来るスペックになっています。

GPS付き腕時計で人気は?登山やランニングなどシーン別おすすめ品を紹介 | MensModern[メンズモダン]

GARMINのfenix5は稼働時間が長い

GARMINのfenix5のスペックは、幅47.0×高さ47.0×奥行き15.5mmとなっています。重量はGARMINのfenix5Sに比べると少し重くなって、重量は87.0グラムになっています。

さきほどのGARMINのfenix5Sもなのですが、防水機能がついています。100mまでの完全防水となっているので、雪山などの条件下でも故障することなく使えるというのが、他の腕時計などと選び方のポイントになっているといえます。

最大9日間の稼働時間は同じなのですが、ウルトラトラックモードと光学心拍計における稼働時間が違っており、最大44時間まで使用することが出来ます。最大28時間のGARMINのfenix5Sと比べると倍近く最大稼働時間が変わってくるといえますね。

価格は74,800円となっておりちょうど、1万円ほどぐらい違うという感じですね。このあたりの違いが選び方のポイントになってくるので、スタンダードモデルか軽く女性でも使いやすいモデルにするかが選び方になりますね。

ドライバッグとは?使い方や登山に役立つおすすめ商品を厳選して紹介 | MensModern[メンズモダン]

ハイエンドモデルのGARMINのfenix5X

GARMINのfenix5Xは、3種類の中でもっとも重いタイプになっている分、そのスペックはかなり高いものになっています。

まず、フルカラーの登山地形図が入っており、日本詳細道路地図が入っており、等高線などを確認しながらハイキングを楽しむこともできます。

様々な地図の機能を使い分けながら、最短の経路を調べたり、積雪などが多い場所などの注意点が記入されているなど、初心者のサポート機能にもなる地図が収録されているんです。

ガーミンのランニングウォッチを比較!登山・心拍計モデルなどおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

GARMINのfenix5Xは本格的なアウトドア用

サイズは幅51.0×高さ51.0×奥行き17.5mmとなっています。サイズはそれほど違いは感じないかもしれませんが、重量は98.0グラムとなっており、他の2種類と着け比べをすると、やはり重さを感じると思います。

面白いのが、ウォッチモードは最大12日間ともっとも長いのですが、ウルトラトラックモードに関しては最大30時間になっており、先程のGARMINのfenix5のほうが長くなっております。

高性能な地図を使用するため、稼働時間が短くなるのかもしれませんが、30時間も使用できるならよほどのことでない限り困ることはないでしょう。

アウトドアに人気の帽子まとめ!キャンプや登山におすすめのブランドは? | MensModern[メンズモダン]

GARMINのfenix5の3種類を比較

過去のGARMINのfenix3Jを含めて、GARMINのfenix5の3種類のスペックの違いを比較して、選び方を考えていきましょう。GARMINのfenix5Xに関して言えば、内蔵目盛りも16GBになっており、空き領域も13.5GBあるなど、拡張性やスペックの余裕が感じられます。

GARMINのfenix5SとGARMINのfenix5は内蔵目盛りが64MBで空き領域が37MBになっており、大きく違いがあるのがわかると思います。

GARMINのfenix5の3種類はGPSの稼働時間は余裕があるともいえます。GARMINのfenix5SはGPSモードが12時間となっているものの、それでもGPSを使いっぱなしにすることも少ないといえます。

心拍計付き腕時計の人気おすすめ特集!活動量計を付けるメリットは? | MensModern[メンズモダン]

細かなGARMINのfenix5の違い

他にも選び方のポイントとして、GARMINのfenix5とGARMINのfenix5Xはサファイグラスと言われるものを使用しており、ディスプレイが頑丈で傷つきにくくなっています。

ディスプレイの解像度もきれいなので、GARMINのfenix5Sと比べるとその違いははっきりとします。きれいなディスプレイを求めるという選び方では、GARMINのfenix5Sは落選するかもしれません。

しかし、それぞれの重量を比べると67グラム・87グラム・98グラムとなっており、GARMINのfenix5Sはずば抜けて軽く、GARMINのfenix5Xはかなり重いといえます。

アウトドアで重装備であれば腕時計の重さはそれほど気にならないかもしれませんが、普段使いで考えるならば、この重さの違いは気になる点かもしれません。特に女性であればこの重さの違いは選び方のポイントになるといえます。

GARMINのfenix 5Xを調査!登山で使えるGPSウォッチ | MensModern[メンズモダン]

GARMINのfenix5の3つに共通する機能

GARMINのfenix5の3種類に共通する機能では「光学心拍計」が搭載されていることです。この機能によって、自分の心拍を確認しながら、登山やランニングを楽しむことが出来ます。

過去のGARMINのfenix3Jと比べても、全体的なスペックは確実にあがっており、買い換えも十分に検討する価値があります。

ランニング中の上下運動、着地時の設置時間計測、設置バランスなどの測定も可能で、自分の運動スタイルを再確認することも出来ます。

活動量計のおすすめブランドランキング!人気のリストバンド型など紹介 | MensModern[メンズモダン]

登山にGARMINのfenix5は不可欠

GARMINのfenix5には、高度計と気圧計、そしてコンパスが追加されたGPS機能が搭載されており、道のガイド機能としては完璧といえます。

標高のデータも得ることが出来て、気圧計では気象の変化を予測することも出来るでしょう。ジャイロスコープ機能では、正確な位置を把握することが出来て、道に迷うこと無くアウトドアを楽しむことが出来ます。

ルートを設定しておけば、道から逸れたときにナビゲートしてくれますし、高低差のある場面もしっかりとサポートしてくれます。

GARMINのfenix5は初心者から本格的なアウトドアプロにもおすすめできる腕時計です。GARMINのfenix5を購入すれば、いままでのアウトドアがより充実し、そして安全に行えるようになるでしょう。


評価 5.0/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ