コールマンのスクリーンタープおすすめ比較!連結・設営方法も解説

コールマンのスクリーンタープは、テントへの連結も初心者でも簡単で人気です。コールマンのスクリーンタープは、夏も冬も使えるため、快適なアウトドアを楽しむためにもおすすめギアとなるでしょう。そんなコールマンのスクリーンタープのおすすめ商品などご紹介していきます。

目次

  1. コールマンのスクリーンタープで快適アウトドア
  2. 「暑い夏も寒い冬もスクリーンタープが便利」
  3. 「初心者でも簡単なスクリーンタープの連結方法」
  4. 「気になる設営方法について」
  5. 【コールマン ウェザーマスター スクリーンタープ/400】
  6. 【コールマン タフスクリーンタープ/400】
  7. 【コールマン スクリーンキャノピージョイントタープⅢ】
  8. 【コールマン ドームスクリーンタープ/380】
  9. 【コールマン ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡ】
  10. 『小川キャンパル ロッジシェルター』
  11. 『ロゴス プレミアム PANELスクリーン 340-AE』
  12. 『スノーピーク ランドベース6』
  13. 『スノーピーク リビングシェル』
  14. 『スノーピーク メッシュシェルター』
  15. コールマンのスクリーンタープで安心キャンプ

コールマンのスクリーンタープで快適アウトドア

アウトドアファンに大人気のアウトドアブランドであるコールマンから発売されている、スクリーンタープは種類も豊富で、夏も冬も使えて便利と注目されています。スクリーンタープは、通常のタープと違って全体をカバーできるデザインになっているものも多く、冬のキャンプの防寒対策にもなると言われています。

コールマンから発売されているスクリーンタープは、夏には蚊などの虫よけ対策にも一役買ってくれるでしょう。また、寒い冬のキャンプはなるべく暖まりたいものです。そんな時に便利なのが冬の冷気などから守ってくれる機能も期待できると言われています。

コールマンのおすすめタープを紹介!種類や特徴・人気商品の選び方まとめ | MensModern[メンズモダン]

「暑い夏も寒い冬もスクリーンタープが便利」

コールマンのスクリーンタープの魅力や連結・設営方法①

コールマンのスクリーンタープの魅力や連結・設営方法①は、暑い夏も寒い冬も使えるスクリーンタープの魅力についてです。コールマンだけに限らずスクリーンタープの魅力と言えば、やはり夏でも冬でも使えるところでしょう。

コールマンを始め、スクリーンタープを発売しているアウトドアブランドは沢山あります。スクリーンタープの魅力として、第一に夏の蚊など虫よけ対策にスクリーンタープが大活躍してくれるところです。

そして、冬のキャンプは外の寒い空気をなるべくテント内に入れないようにするためにも、スクリーンタープが冷たい空気を防いでくれて保温効果にも期待できると言われています。フルクローズ可能なスクリーンタープこそ、アウトドアを頻繁にされるかたなら手に入れておきたいキャンプギアの1つとなるでしょう。

コールマンのテーブル人気特集!セットや折りたたみなどおすすめを厳選紹介 | MensModern[メンズモダン]

「初心者でも簡単なスクリーンタープの連結方法」

コールマンのスクリーンタープの魅力や連結・設営方法②

コールマンのスクリーンタープの魅力や連結・設営方法②は、初心者でも簡単なテントとスクリーンタープの連結方法についてです。コールマンのスクリーンタープが人気で、早速購入しようと思っても、テントと連結をする時の方法とか初心者だから分からないと心配になるかたも少なくないです。

キャンプ初心者のためにも、コールマンのスクリーンタープはテントとの連結方法もシンプルになっていると話題になっています。

コールマンのスクリーンタープのベーシックなテントとの連結方法は、キャノピーやメッシュを巻き上げるところから始めます。両端をたたみながら内側に巻き上げていくと簡単にできると言われています。テント側の出入り口部分のフライシートを巻きながら上げていき、スクリーンタープの出入り口部分にテントを挿入すれば連結が完了するシンプルな方法となっているようです。

コールマンツーバーナーがキャンプで人気!使い方やメンテナンス方法は? | MensModern[メンズモダン]

「気になる設営方法について」

コールマンのスクリーンタープの魅力や連結・設営方法③

コールマンのスクリーンタープの魅力や連結・設営方法③は、気になる設営方法についてです。コールマンのスクリーンタープの中でも、人気のコールマン ウェザーマスタースクリーンタープ400の設営方法についてみていきましょう。

コールマン ウェザーマスタースクリーンタープ400の付属品や設営に必要な部品が不足していないか確認をしてから設営を始めましょう。部品を確認したら、スタンディングテープを地面に広げていきます。

中央のテープ部分をペグで固定したら、残りの4ヶ所もペグで固定しましょう。そして、次に、メインポールを伸ばしていきます。メインポールを伸ばしたら、メインクリップに挿入して、メインポールを立ち上げましょう。

次に、レッグポールを伸ばして、メインポールのジョイント部分に差し込んで接続して、メインポールとレッグポールを立ち上げていきます。残りのレッグポールをジョイントに差し込んで立ち上げます。次に、リッジポールを伸ばしたら、フライシートを広げていきます。フライシートを広げていく時に、コーナーループ6ヶ所を緩くしておくのもポイントです。リッジポールを押しいれるようにしてスリーブに通していきます。

リッジポールの先っぽをポケットに差し込み面ファスナーテープで固定しましょう。次に、出来上がったフライシートを、先ほど設営したポールにかぶせていきます。フライシートの端っこに装備されているフック部分を、下部にあるスタンディングコーナー6ヶ所に装備されているリングに取り付けます。

フライシートの内側についている面ファスナーテープをポールと固定させたら、自在ロープの端っこをストームガードのループに結んで、ペグを打って自在ロープを結んで完成となります。

テントはコールマンがおすすめNo. 1!ワンタッチなど人気商品を徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

【コールマン ウェザーマスター スクリーンタープ/400】

連結・設営方法も簡単なコールマンのスクリーンタープおすすめ比較①

連結・設営方法も簡単なコールマンのスクリーンタープおすすめ比較①は、コールマン ウェザーマスター スクリーンタープ/400です。先ほど設営方法もご紹介した人気のコールマンのスクリーンタープの1つであります。

コールマン ウェザーマスター スクリーンタープ/400の特徴は、耐水圧が3,000mmの75Dポリエステルタフタ素材で、防水機能や撥水機能に優れています。紫外線対策にも効果を発揮してくれるでしょう。

コールマン ウェザーマスター スクリーンタープ/400の重量は12.8kgほどで、サイズは400cm×360cm×218cmとなっています。コールマン ウェザーマスター スクリーンタープ/400の気になる価格は、コールマンの公式オンラインショップにて79,920円(税込み)で販売されています。

コールマンのLEDランタンを徹底調査!人気の理由とおすすめを紹介 | MensModern[メンズモダン]

【コールマン タフスクリーンタープ/400】

連結・設営方法も簡単なコールマンのスクリーンタープおすすめ比較②

連結・設営方法も簡単なコールマンのスクリーンタープおすすめ比較②は、コールマン タフスクリーンタープ/400です。コールマン タフスクリーンタープ/400は、1人で設営するのも簡単にできると評判のいいコールマンのスクリーンタープです。

コールマン タフスクリーンタープ/400の特徴は、耐水圧2,000㎜の75Dポリエステルタフタを使用していて、防水機能や紫外線対策などの効果が期待できるスクリーンタープです。

コールマン タフスクリーンタープ/400の重量は12.5kgほどで、サイズは400cm×360cm×210cmとなっています。コールマン タフスクリーンタープ/400の気になる価格は、コールマンの公式オンラインショップにて48,384円(税込み)で販売されています。

コールマンのランタンの魅力とは?充実した機能と選ぶ際のポイントを紹介 | MensModern[メンズモダン]

【コールマン スクリーンキャノピージョイントタープⅢ】

連結・設営方法も簡単なコールマンのスクリーンタープおすすめ比較③

連結・設営方法も簡単なコールマンのスクリーンタープおすすめ比較③は、コールマン スクリーンキャノピージョイントタープⅢです。テントとの連結が簡単なスクリーンタープをお探しのかたに人気なのが、コールマン スクリーンキャノピージョイントタープⅢです。

コールマン スクリーンキャノピージョイントタープⅢの特徴は、耐水圧1,200mmの75Dポリエステルタフタを使用していて、他のスクリーンタープに比べると耐水圧は低めとなっていますが、紫外線対策や防水機能なども期待ができるスクリーンタープで、コスパも良いと人気です。

コールマン スクリーンキャノピージョイントタープⅢの重量は11.3kgほどで、サイズ320cm×340cm×215cmとなっています。コールマン スクリーンキャノピージョイントタープⅢの気になる価格は、コールマンの公式オンラインショップにて26,784円(税込み)で販売されています。

レジャーシートはコールマンがおすすめ&人気No. 1!アウトドアをおしゃれに | MensModern[メンズモダン]

【コールマン ドームスクリーンタープ/380】

連結・設営方法も簡単なコールマンのスクリーンタープおすすめ比較④

連結・設営方法も簡単なコールマンのスクリーンタープおすすめ比較④は、コールマン ドームスクリーンタープ/380です。防風機能に大いに期待できるスクリーンタープをお探しのかたにおすすめなのが、コールマン ドームスクリーンタープ/380です。

コールマン ドームスクリーンタープ/380は、4面全てメッシュ素材となっていて、夏のスクリーンタープ使用にも最適と言われています。ジョイントフラップが装備されていて、テントと簡単に連結ができる作りになっているのも特徴です。

コールマン ドームスクリーンタープ/380の重量は14.6kgほどで、サイズは380cm×340cm×215cmとなっています。耐水圧が2,000mmの75Dポリエステルタフタを使用していて、紫外線対策や防水効果にも期待ができるでしょう。

コールマン ドームスクリーンタープ/380の気になる価格は、コールマンの公式オンラインショップにて37,584円(税込み)で販売されていますが、2018年3月現在は30%オフの価格で販売しているようです。

寝袋はコールマンがおすすめ!人気の理由や洗濯方法・失敗しない選び方は? | MensModern[メンズモダン]

【コールマン ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡ】

連結・設営方法も簡単なコールマンのスクリーンタープおすすめ比較⑤

連結・設営方法も簡単なコールマンのスクリーンタープおすすめ比較⑤は、コールマン ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡです。コールマン ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡは、2016年の秋冬に発売されて以来人気のモデルとなっています。

コールマン ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡは、虫よけ対策にも最適なスカートが採用されており、通気性の良いベンチレーション効果も期待ができるスクリーンタープです。

コールマン ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡの重量は21.5kgほどで、サイズは460cm×460cm×225cmとなっています。耐水圧が3,000mmの75Dポリエステルタフタを使用していて、防水や撥水機能、紫外線対策などにも一役買ってくれるでしょう。コールマン ウェザーマスター スクリーンタープコアⅡの気になる価格は、コールマンの公式オンラインショップにて108,000円(税込み)で販売されています。

クーラーボックスはコールマンがおすすめ?保冷力・容量など徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

『小川キャンパル ロッジシェルター』

コールマンのスクリーンタープと比較される他社のおすすめもチェック①

コールマンのスクリーンタープと比較される他社のおすすめもチェック①は、小川キャンパル ロッジシェルターです。大勢でキャンプをする際のスクリーンタープをお探しのかたにおすすめなのが、小川キャンパル ロッジシェルターです。

小川キャンパル ロッジシェルターは、4面メッシュ素材のパネルとなっていて、巻き上げも可能に作られています。両側についているフラップも張り出せるので、色々な使い方ができると人気があるスクリーンタープです。

小川キャンパル ロッジシェルターの重量は8.3kgほどで、耐水圧は1,800mm、サイズは460cm×350cm×215cmとなっています。小川キャンパル ロッジシェルターの気になる価格は、大手通販ショップにて150,000円前後で販売しているようです。

スクリーンタープのおすすめ10選!快適にキャンプを楽しもう! | MensModern[メンズモダン]

『ロゴス プレミアム PANELスクリーン 340-AE』

コールマンのスクリーンタープと比較される他社のおすすめもチェック②

コールマンのスクリーンタープと比較される他社のおすすめもチェック②は、ロゴス プレミアム PANELスクリーン 340-AEです。コールマンに引けを取らない人気のアウトドアブランドのロゴスからも人気のスクリーンタープが発売されています。

ロゴス プレミアム PANELスクリーン 340-AEの特徴は、出入り口が2ヶ所装備されているので使いやすいと言われています。スクリーンタープの強度を高くするための作りにもこだわりを持つロゴス プレミアム PANELスクリーン 340-AE。

ロゴス プレミアム PANELスクリーン 340-AEの重量は13.8kgほどで、サイズは340cm×340cm×210cmとなっています。耐水圧も3,000mmのフライシートのロゴス プレミアム PANELスクリーン 340-AE、気になる価格は、102,000円ちょっとで通販にて販売しているようです。

ロゴスのテント人気売れ筋ランキング!おすすめやレビュー・評判を調査 | MensModern[メンズモダン]

『スノーピーク ランドベース6』

コールマンのスクリーンタープと比較される他社のおすすめもチェック③

コールマンのスクリーンタープと比較される他社のおすすめもチェック③は、スノーピーク ランドベース6です。インスタグラムなどでも、キャンプギアを撮影して投稿しているかたが多い人気アウトドアブランドのスノーピークは、スクリーンタープもコールマンに引けを取らないほど豊富です。

スノーピーク ランドベース6は、4ヶ所のパネルが出入り口にもなり、デザイン性にも優れていると人気のスクリーンタープです。スノーピーク ランドベース6の重量は12.5kgほどで、サイズは800cm×700cm×240cmとなっています。

スノーピーク ランドベース6は、耐水圧3,000mmの150Dポリエステルオックス素材となっています。紫外線対策や防水・撥水効果などにも期待が持てるスクリーンタープとなるでしょう。スノーピーク ランドベース6の気になる価格は、133,000円ほどで通販にて販売しています。

ランドステーションの魅力!スノーピークの大型タープの特徴・設営方法を紹介 | MensModern[メンズモダン]

『スノーピーク リビングシェル』

コールマンのスクリーンタープと比較される他社のおすすめもチェック④

コールマンのスクリーンタープと比較される他社のおすすめもチェック④は、スノーピーク リビングシェルです。スノーピーク リビングシェルは、スノーピークの中でも特に人気のスクリーンタープと言われています。

インスタグラムなどでもよく投稿しているキャンパーを見かけるスノーピーク リビングシェルの特徴は、オプション用品など不要でテントと簡単に連結できるドッキングシステムが人気の鍵となっています。

スノーピーク リビングシェルの重量は13.2kgほどで、サイズは455cm×415cm×210cmで、耐水圧3,000mmの75Dポリエステルタフタ。70Dナイロンタフタを使用しています。スノーピーク リビングシェルの気になる価格は、108,000円ほどで通販にて販売していて人気です。

スノーピークのタープおすすめ10選!キャンパーを魅了する特徴とは? | MensModern[メンズモダン]

『スノーピーク メッシュシェルター』

コールマンのスクリーンタープと比較される他社のおすすめもチェック⑤

コールマンのスクリーンタープと比較される他社のおすすめもチェック⑤は、スノーピーク メッシュシェルターです。家族キャンプなどに最適な4人用のスクリーンタープで人気なのがスノーピーク メッシュシェルターです。

スノーピーク メッシュシェルターは、ほぼ垂直型と言われるモデルで、ゆとりあるスペースの中で過ごしやすいスクリーンタープとなるでしょう。スノーピーク メッシュシェルターの重量は11.7kgほどで、サイズは430cm×400cm×210cmとなっています。

スノーピーク メッシュシェルターは、耐水圧が1,800mmの75Dポリエステルタフタを使用していて、紫外線対策や撥水機能などにも効果が期待できると言われています。スノーピーク メッシュシェルターの気になる価格は、87,000円ほどで通販にて販売しています。

テントならスノーピークがおすすめ!初心者から上級者まで虜にする人気商品は? | MensModern[メンズモダン]

コールマンのスクリーンタープで安心キャンプ

コールマンのスクリーンタープは、テントとの連結や設営も割と簡単にできると人気です。コールマンのスクリーンタープは、種類も豊富でアウトドア環境などに合わせて、耐水圧などのレベルもチェックしつつ選ぶのもコツとなるでしょう。

是非この機会に、コールマンのスクリーンタープにご興味あるかたは参考になさってみてください。暑い夏も寒い冬も、コールマンのスクリーンタープで快適アウトドアを楽しめること願っております。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ