シュミノー騎手の天皇賞秋回顧!リアルスティールの鞍上としての実力は?

シュミノー騎手は2017年10月に行われた天皇賞秋で、人気の1角として支持された実力馬のリアルスティールに騎乗した騎手です。まだ日本では知名度の低いシュミノー騎手ですが、その実力は如何なるものなのでしょうか?ここではそんなシュミノー騎手についてご紹介します。

シュミノー騎手の天皇賞秋回顧!リアルスティールの鞍上としての実力は?

目次

  1. シュミノー騎手は天皇賞でリアルスティールに騎乗した騎手!
  2. シュミノー騎手が騎乗したリアルスティールってどんな馬?
  3. シュミノー騎手がリアルスティールに騎乗することになった理由
  4. シュミノー騎手ならずとも外国人騎手なら「誰でもよかった」?
  5. シュミノー騎手とコンビを組んだリアルスティールの天皇賞の結果は?
  6. シュミノー騎手ってどんな騎手?
  7. シュミノー騎手のフランスでの主な成績は?
  8. シュミノー騎手の日本での成績は?
  9. 実は世間知らず?暴れん坊?なシュミノー騎手
  10. シュミノー騎手の再度の来日はあるのか?

シュミノー騎手は天皇賞でリアルスティールに騎乗した騎手!

シュミノー騎手は2017年10月に2度目となる短期免許を取得して日本で騎乗すると、来日初日から天皇賞秋で有力馬の1頭だったリアルスティールに騎乗した騎手です。ここからはまだ日本の競馬ファンには馴染みが薄いシュミノー騎手が、なぜリアルスティールに騎乗することになったのかなどを見ていきます。

武豊騎手の年収はいくら?過去の成績や賞金など騎手は儲かるのか? | MensModern[メンズモダン]

シュミノー騎手が騎乗したリアルスティールってどんな馬?

リアルスティールは父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー、母の父ストームキャットという血統の2018年3月現在6歳の牡馬で、栗東の矢作芳人厩舎に所属しています。ディープインパクト産駒の良血馬としてデビュー前から注目を集め、新馬戦を勝って臨んだ共同通信杯では3番人気に支持されると、前目の競馬からあのドゥラメンテを封じ切って2連勝で重賞制覇を果たします。

しかし続くスプリングステークスでキタサンブラックの2着と敗れたリアルスティールは、常に人気を集めるものの、皐月賞で2着、ダービーで4着、ドゥラメンテがいない秋も神戸新聞杯、菊花賞で共に2着と勝ちきれない競馬が続きます。年明けの中山記念でも3着と敗れたリアルスティールは、それまでの福永騎手からムーア騎手に乗り替わったドバイターフで初G1制覇を果たしますが、安田記念で福永騎手に手が戻ると11着と惨敗を喫します。

1年半ぶりの勝利を果たすリアルスティール

秋はデムーロ騎手で天皇賞2着、ムーア騎手でジャパンカップ5着と力を見せたリアルスティールは、翌年の中山記念で再び大敗を喫しますが、秋初戦の毎日王冠ではデムーロ騎手が騎乗し、中団から末脚を伸ばして1年半ぶりの勝利をおさめ、天皇賞の舞台へと進んできた馬でした。

藤田菜七子がかわいいと評判!騎手プロフィール&画像まとめ! | MensModern[メンズモダン]

シュミノー騎手がリアルスティールに騎乗することになった理由

リアルスティールに毎日王冠で騎乗していたデムーロ騎手は、サトノクラウンというお手馬で天皇賞に挑むことが決まっていて、リアルスティールの鞍上は白紙状態でした。そこで陣営は「合う結果を探した結果、シュミノー騎手になった」という見解を示していますが、これは本当のことなのかとネット上では憶測が飛び交いました。

ライアン・ムーア騎手がイケメンと話題に!身長・年齢から年収まで! | MensModern[メンズモダン]

シュミノー騎手ならずとも外国人騎手なら「誰でもよかった」?

シュミノー騎手はまだ日本ではビッグネームと呼べる存在ではなく、2016年の12月から1月に初めて短期免許を取得して来日した際も、毎週のように重賞に騎乗するも2着という成績が最高で、重賞勝利は果たしていない騎手であるだけに「外国人騎手ならだれでもよかったんじゃないか」という声も上がりました。

また同日に短期免許で取得した他の外国人騎手もシュタルケ騎手はネオリアリズム、クリスチャン・デムーロ騎手はシャケトラと騎乗馬がおり、身元引受調教師である藤沢和雄厩舎からも、ソウルスターリングがルメール騎手で騎乗していたために振り分けと言う意味合いで、身元引受人がノーザンファーム代表の吉田勝己さんの奥さんである和美さんだったことから、リアルスティールが当てられたのでは、と推測もされました。

エアウィンザーとデムーロ騎手の新コンビ!過去の戦績や血統は? | MensModern[メンズモダン]

シュミノー騎手とコンビを組んだリアルスティールの天皇賞の結果は?

2017年の天皇賞は雨が降りしきる中で、近代競馬として行われた天皇賞としてはめったにないくらいの不良馬場で行われました。しかしメンバーは最強馬決定戦と言うにふさわしいもので、1番人気はリアルスティールと同期の最強馬キタサンブラックが推され、2番人気はそのキタサンブラックを宝塚記念で破ったサトノクラウンで、リアルスティールとシュミノー騎手のコンビは3番人気でゲートへと向かいました。

キタサンブラックがスタートのタイミングが合わずに出遅れた中、リアルスティールはいいスタートから逃げるロードヴァンドールを見る形で4番手付近の前目からレースを進めていきます。1000mの通過が64秒2という馬場を考えれば平均ペースで流れる中で、先にキタサンブラックが内を通って上がっていく中で、それを外から見る形で府中の長い最後の直線へと向かっていきます。

力は見せるも勝利には及ばなかったリアルスティールとシュミノー騎手

内から先にキタサンブラックが抜け出し、それをサトノクラウンが追い、さらにその後ろからリアルスティールが必死に前を追いますが、最後は不良馬場に脚が上がったのか、同じような位置から直線で脚を伸ばしたレインボーラインからも5馬身離され、勝ったキタサンブラックからは1秒2離された4着という成績に終わります。

レース後シュミノー騎手は「ゲートが良すぎて掛かっていました。こんな馬場でも伸びていますし、この馬は強いです。"負けて強し"です。こんな馬場でなければ...。いい動きをするのに前へ進みませんでした」とコメントを残しているように、敗れたもののリアルスティールの力は見せたレースといえました。

2018年はドバイターフから始動するリアルスティール

シュミノー騎手とのコンビで天皇賞に挑んだリアルスティールはその後休養に入り、2018年シーズンはぶっつけで2016年に制したドバイターフに挑むことが決まっています。気になる鞍上はシュミノー騎手から世界的名騎手の1人である、ランフランコ・デットーリ騎手に乗り替わるようです。

モレイラ騎手レースの回顧まとめ!日本競馬での成績やレース考察など | MensModern[メンズモダン]

シュミノー騎手ってどんな騎手?

シュミノー騎手は本名をヴァンサン・シュミノーといい、1993年11月18日生まれの2018年3月現在24歳という、フランスの若手ジョッキーで、次世代のフランス競馬を担うホープと言われています。身長は164㎝、体重は53㎏で血液型はA型とされています。2010年にフランス競馬の騎手として騎手免許を初めて取得し、当初は障害と平地の両方でレースに騎乗していたようです。

浜中俊騎手が待望の復帰!イケメンジョッキーの過去成績まとめ | MensModern[メンズモダン]

シュミノー騎手のフランスでの主な成績は?

騎手になって5年目となる2015年にはニューベイという馬でフランス2000ギニーで2着に入ると、続くフランスダービーでは1番人気に応えて勝利を飾り、21歳で早くもダービージョッキーの栄冠に輝きます。ニューベイはその後もシュミノー騎手とのコンビでニエル賞を制し、本番の凱旋門賞でもゴールデンホーンの3着と、力があるところを見せます。

このフランスダービーの勝利から、フランス国内でのリーディング争いでも2014年の110位から2015年には24位とあがり、2016年は31位、2017年は27位と徐々に存在感を見せつつあります。2016年にはフランスのG1として、日本でも有名なムーラン・ド・ロンシャン賞も勝っています。

蛯名正義のG1制覇成績まとめ!武豊と同期JRA騎手の実力は? | MensModern[メンズモダン]

シュミノー騎手の日本での成績は?

まだ短期免許での来日が2回と、日本での騎乗経験も多くなく、ネームバリューもまだ低いシュミノー騎手ですが、2018年3月現在では(23-24-14-180)という成績を残しています。連対率19.5%、3連対率25.3%という数字はまずまずといえる成績ではないでしょうか。しかし重賞勝ちはなく、勝利も5番人気以下は23勝中4勝と、1着で穴狙いの騎手として買うには危険と言えます。

2着と3着でもあわせて38回中、5番人気以下は10回とあまり人気薄を持ってくるイメージはない騎手です。社台のバックアップもあるので成績はあげていますが、馬券を買う上では過剰な期待は避けたほうがいいでしょう。

岩田康誠騎手の過去成績・評判まとめ!歴代の騎乗馬なども紹介! | MensModern[メンズモダン]

実は世間知らず?暴れん坊?なシュミノー騎手

まだ24歳と若いこともあり、画像の通りイケメンでもあるため競馬場に「ウマ女」の間では人気もあるシュミノー騎手ですが、性格的にはやや難があるようで、いくつかの問題行動も起こしているようです。特に若くしてダービーを勝ってしまった影響もあるのか、プライドが高く態度もあまりよくないというのは関係者の間でも有名なようです。

また美浦の大物調教師に噛みついたとか、調教をつけることよりも自分の楽しみである東京観光を優先させたこともある、というような話もあります。どうも天狗になってしまっているのか、今後短期免許で来日することがあってもいい馬が回ってくることはないんじゃないか、というシュミノー騎手を考えれば不安になる話もあるほどです。

短期免許で日本に来る騎手は問題人物も多い?

またフランスよりも日本のほうが斤量的に厳しいので、今はいいものの今後減量に苦しむのでは、という話もあり、フランスのリーディングジョッキーでもあるブドー騎手が減量苦で短期免許期間が終わる前に帰国してしまったとも言われています。また短期免許で来日する外国人騎手にはラフプレーが多かったり、1度落馬したことで相手に八つ当たりをするという騎手がいたりと問題人物も多いようです。

北村友一と北村宏司は兄弟?騎手友一さんの略歴・レース成績まとめ! | MensModern[メンズモダン]

シュミノー騎手の再度の来日はあるのか?

今回は2017年の天皇賞秋でリアルスティールに騎乗し、4着と言う成績を収めたシュミノー騎手について天皇賞の回顧や所属するフランスでの成績などをご紹介しました。性格的に難があるため、また日本に短期免許で来るかどうかは怪しいとも言えますが、フランス競馬も含めてシュミノー騎手の動向に注目していきましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ