BenQのHT1070レビュー集!コンパクトなのに大画面が楽しめる?

BenQ HT1070はコンパクトな本体サイズながら、最大100インチまでの大画面で映像を楽しめるプロジェクターです。特に反応速度が優秀なモデルなので、動きのあるスポーツやゲームにオススメです。今回はBenQ HT1070のスペックや価格を徹底調査しました。

BenQのHT1070レビュー集!コンパクトなのに大画面が楽しめる?

目次

  1. BenQとは?
  2. BenQ HT1070 スポーツやゲームを大画面で楽しむならコレ!
  3. BenQ HT1070の設置方法
  4. BenQ HT1070の初回設定
  5. BenQ HT1070の入力系統
  6. BenQ HT1070の画質
  7. BenQ HT1070のプロジェクター方式
  8. BenQ HT1070の音質
  9. BenQ HT1070 SmartEcoでランプ寿命を延長
  10. BenQ HT1070まとめ

BenQとは?

『BenQ』は台湾において設立された電気製品メーカー及びその製品ブランドで30年以上の歴史があります。Bringing Enjoyment and Qualityの略称としてBenQと名付けられています。BenQの本社があるのはあくまで台湾ですが、中国本土・マレーシア・メキシコ・ブラジル・ドイツにも生産工場を設立している世界的な電気製品メーカーです。

BenQでは、液晶ディスプレイ、PCモニター、スキャナ、プロジェクター、携帯電話などの電気製品が生産・販売されています。このまとめでは、高評価を受けているコンパクトなプロジェクター『BenQ HT1070』のレビューをしていきます。

BenQのGS1が楽しい?人気プロジェクターの価格や評価・使い方を調査 | MensModern[メンズモダン]

BenQ HT1070 スポーツやゲームを大画面で楽しむならコレ!

BenQ HT1070は、SportsやGameなどの専用プリセットが用意されている高性能なプロジェクターです。大勢で集まってフルHDの大画面で、スポーツ観戦やゲーム大会をする際に最適のモデルになっています。ハイスペックながら、Amazon価格は55,000円ほど。また、据置き型のプロジェクターながら本体サイズがコンパクトな点も見逃せません。

プロジェクターのおすすめランキング!モバイルや価格別・用途別に調査 | MensModern[メンズモダン]

BenQ HT1070の設置方法

BenQ HT1070は、346.24mm × 101.70mm × 214.81mm(W×H×D)というコンパクトな本体なので、設置場所にはあまり困らないでしょう。付属の電源コードの接続、HDMIなどで映像入力の外部デバイスとBenQ HT1070を接続すれば投影の準備は完了です。操作は本体上面のボタンやリモコンで行うことができます。また、暗い部屋でも操作できるようにリモコンのボタンが光るようになっています。

BenQ HT1070のレビュー:設置時の注意点

BenQ HT1070はエントリーモデルのため、本体のレンズ側で投影位置の調整(レンズシフト機能)をすることができません。そのため投影位置の調整は本体を設置する台や三脚、本体の足で高さや角度を調整する必要があります。尚、レンズシフト機能はありませんがレンズのズーム・フォーカスの機能は搭載されているので、ピント調整はちゃんと行うことができます。

スマホプロジェクターのおすすめは?超小型なのに大画面で接続も簡単 | MensModern[メンズモダン]

BenQ HT1070の初回設定

BenQ HT1070本体の初回電源投入の際に、5ステップの設定が求められます。「設置方法」→「言語」→「キーストーン補正」→「自動ソース検知」→「メニュータイプ」の順で設定すると投影が可能になります。

BenQ HT1070のレビュー:初回設定の流れ

まず、設置方法を行います。台などに設置して正面から投影、天井から吊るして正面から投影、台などに設置してスクリーン背後から投影、天井から吊るして背面から投影の4パターンから設置方法を選択してください。

次に、使用する言語を選択します。そして、キーストーン補正の設定をします。スクリーンに対して正対して、BenQ HT1070本体を設置しないと投影された映像が台形に歪みます。キーストーン補正の設定をすると、この歪みをキレイな長方形にデジタル補正してくれます。

そして、自動ソース検知の設定をします。この設定をオンにしておくと、映像入力の外部デバイスをBenQ HT1070本体に接続した際に自動でそのデバイスを検知してくれます。最後に本体の設定メニュー画面を簡易的なタイプにするか、詳細なタイプにするかを選択して初回設定は終わりです。

BenQ HT1070の入力系統

BenQ HT1070への入力系統は、HDMI端子(v1.4a)× 2(このうち1つはMHL対応)、ビデオコンポジット端子(RCA)、ミニD-sub15ピン、オーディオRCA(L / R)、オーディオミニジャック、RS232c、USB Type Mini-B、USB Type-A(給電可能)と多くの入力端子が採用されています。

BenQ HT1070のレビュー:モバイル端末のコンテンツを手軽に投影

テレビコンテンツをBenQ HT1070へ入力しようとすると、再生機器のケーブルの取り回しなどが問題になり、模様替えの必要が生じる場合もありますが、ノートPCやスマートフォン、ポータブルDVDプレイヤーからBenQ HT1070への入力は、とても手軽にできます。

ノートPCやスマートフォン、ポータブルDVDプレイヤーなどのモバイル端末であれば、BenQ HT1070本体とHDMIやミニD-Subで接続するだけなので、ケーブルの取り回しなども特に問題になりません。またBenQ HT1070に採用されているUSB Type-Aは、給電可能なので、モバイル端末へ電力を供給できます。モバイル端末の電源の問題も解決できます。

BenQの144Hzへの設定方法!人気のゲーミングモニターの魅力とは? | MensModern[メンズモダン]

BenQ HT1070の画質

BenQ HT1070のレビュー:明るさ

BenQ HT1070の映像の明るさは、2000ルーメン‎です。正直、他メーカーの同価格帯で3000ルーメンほどの製品もあるので、明るさの面で特に優秀なわけではありません。直射日光が差し込むような部屋では多少映像が見にくい場合もありますが、日中でもカーテンを閉めた部屋の明るさであれば、視認性が高いと言えるレベルの明るさと言えます。

BenQ HT1070のレビュー:解像度・コントラスト

BenQ HT1070は2.5mの投影距離で最大100インチまでの大画面かつ、フルHD(1920 x 1080)の解像度で投影が可能です。コンパクトな本体サイズながらパワフルなスペックを誇ります。また、BenQ HT1070には「Sports・Game・Cinema・Vivid・Bright」以上のプリセットが用意されており、プリセットを選択することで各コンテンツに最適なコントラストに簡単に調整してくれます。

BenQ HT1070のプロジェクター方式

一般向けのプロジェクター方式には『液晶方式』と『DLP方式』がありますが、BenQ HT1070にはDLP方式が採用されています。

BenQ HT1070のレビュー:液晶方式とは?

液晶方式は映像を液晶パネルに通過させてから、カラーフィルムを介して投影します。液晶パネルの反応速度は低い傾向にあるため、スポーツやゲームなど、スピーディな動きの映像を投影する場合には映像に残像感が残ります。

BenQ HT1070のレビュー:DLP方式とは?

対して、DLP方式は映像をDMDチップというミラーで反射させて、カラーホイールを介して投影します。液晶方式よりも反応速度が早く残像感をあまり感じなくなります。また、DLP方式の方が液晶方式よりも「黒色の表現」に優れているため高コントラストの映像でもキレイに投影してくれます。

BenQ HT1070の音質

BenQ HT1070本体には、10Wのスピーカーが1基搭載されています。1基のみの搭載で、本体もコンパクトな割には良い音を出してくれます。ですが、100インチの大画面でスポーツ観戦をする際に、臨場感にこだわる方にはスピーカーの接続をおすすめします。

モバイルプロジェクターでおすすめは?価格や大きさ・人気商品など調査 | MensModern[メンズモダン]

BenQ HT1070 SmartEcoでランプ寿命を延長

プロジェクターを長く使い続けていると、いずれランプの寿命がやってきます。BenQ HT1070の場合は、省電力モードで使用すれば通常よりも1.5倍ランプが長持ちします。そして、独自の『SmartEcoモード』で使用すれば通常の2倍以上ランプが長持ちします。

省電力モードでは全体的に映像の明るさを抑えてランプの寿命を伸ばしますが、SmartEcoモードでは投影される映像のタイプごとにランプの消費電力を調整して、ランプ寿命を調整するので映像の明るさを損なわずにランプの寿命を伸ばすことができます。

BenQのXL2546とは?XL2540との違いやレビューなど調査 | MensModern[メンズモダン]

BenQ HT1070まとめ

BenQ HT1070はAmazonで5万円代という価格帯でコンパクトな本体サイズでありながら、スポーツやゲームを大画面で楽しむ際に大活躍してくれます。あなたも家庭用の据置きプロジェクターをお探しなら購入検討をされてはいかがでしょう。

プロジェクターの小型・モバイルおすすめまとめ!価格など徹底比較 | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ