麻雀のスジとは?筋と裏筋の基本知識と安全牌&危険牌を読む方法紹介

麻雀においてスジは攻撃でも防御でも重要となるものです。スジを知っている、読むことが出来ると相手にアタり牌を振ってしまう事も減っていきます。今回は麻雀におけるスジの基本知識や、安全牌の読み方をはじめ、裏筋など危険牌を読む方法や朱雀についてご紹介します。

麻雀のスジとは?筋と裏筋の基本知識と安全牌&危険牌を読む方法紹介

目次

  1. 麻雀はスジを読むことが重要!
  2. 麻雀で言う所のスジって?
  3. 3スジとよばれるスジもある
  4. 麻雀で相手への対策として重要になるスジ読み
  5. 麻雀でスジ待ちに関係するフリテンというルールはなに?
  6. 麻雀でスジをあえて振り込ませるテクニック スジひっかけ
  7. あらためてスジで安全牌を読むやり方を覚えよう!
  8. 麻雀でスジ読みから危険牌を考える
  9. 麻雀で危険牌を読む方法1 裏筋(うらスジ)
  10. 麻雀で危険牌を読む方法2 間4軒
  11. 麻雀で危険牌を読む方法3 またぎスジ
  12. 麻雀でスジとは別の安全牌を読む方法 「壁」
  13. 麻雀でスジが危険になることが多い役
  14. 麻雀格闘倶楽部の朱雀って?
  15. スジを覚えて麻雀の腕を上達させよう!

麻雀はスジを読むことが重要!

麻雀をよく打たれる方ならご存知でしょうが、麻雀を知らない人に「スジ」と言っても理解できない人が多いのではないでしょうか。麻雀は自分がアガるのももちろんですが、負けないためには相手に振り込まないように相手の待ちを考えなければなりません。この相手の待ちを考える際にスジを知っていると知らないとではかなりの差があります。

ここからはスジについてご紹介をしていきますが、スジを理解することで相手に振り込まないことはもちろん、あえてスジを外した待ちをすることで相手からアタリ牌を引き出すことも可能になります。今回は麻雀で有利に立つために、このスジや速攻タイプと言われる朱雀について学んでいきましょう。

ツモとロンは麻雀の基本!アガりを宣言するための基本知識とマナー | MensModern[メンズモダン]

麻雀で言う所のスジって?

まずはスジがどういうものか見ていきましょう。スジとは「両面(リャンメン)待ち」と呼ばれる麻雀の待ちの形で、対になる関係の牌のことを指します。この時スジとフリテンと呼ばれるルールの考え方を併せることで、どれが危険でどれが安全なのかを考えることを「スジ読み」と言うのです。

スジは両面待ちに関係してくるものなので、組み合わせとしては6通り存在すると言われています。まずは「1」と「4」で、これは2・3と並ぶ時に1か4で順子が成立するのでスジの組み合わせになるのです。同様に3・4であれば2と5、4と5であれば3と6、5と6であれば4と7、6と7であれば5と8、7と8であれば6と9となります。

麻雀の配牌とは?配り方・取り方などの基本手順やプロのやり方を紹介! | MensModern[メンズモダン]

3スジとよばれるスジもある

スジは4・5・6の数字で考えた場合、左右両側にスジがあります。これを広げてみると3スジとよばれるものになります。この際は数字の読み方である「イー・スーチー(1・4・7)」、「リャン・ウー・パー(2・5・8)」、「サブ・ロー・キュー(3・6・9)」といったラインがあるのです。

このラインと読み方は語呂として麻雀を打っていれば聞くことが多いものです。しっかりとこれを覚えておくとスジで悩むことがなくなるので、頑張って覚えて常に考えとしてスジが出てくるようになると1ランクアップすることができます。

麻将の起源は麻雀?中国と日本でのルールの違いや歴史を徹底解説 | MensModern[メンズモダン]

麻雀で相手への対策として重要になるスジ読み

上記でもスジとフリテンを考えてどれが危険牌でどれが安全牌か、を考えることをスジ読みと言う事をご紹介しました。スジ読みはスジの特性上両面待ちに対する防御という考えが大前提となり、スジを理解していないとスジ読みをすることは出来ません。では実際にどのような形でスジ読みをするのか見ていきましょう。

まずスジ読みをする場合は、相手が捨てた牌からスジ読みをすることになります。とはいえどんな状況でもスジ読みをしなければならないわけではなく、リーチをかけている場合はや、この相手はテンパイをしているな、と思う相手に対してスジ読みをすることが重要になります。

河から考えるスジ読みの例

上の画像のような状態でスジ読みをする場合、対面の相手がリーチをかけています。この場合は相手の捨て牌に3ピンと9ピンがあるため、6ピン待ちでの両面待ちはないと言えます。これはスジによる両面待ちの場合は6ピンがあたりの場合、3ピンや9ピンはフリテンになってしまうため、たとえその待ちであっても相手にアタることはないです。

また同様に6草を捨てているので3草・9草での待ちもスジ的にはありません。しかし2草の場合は5草はリャン・ウー待ちの場合はないものですが、これがもしウー・パー待ちの場合はアタってしまいます。このため5草が安全とは言い切れないのです。もちろん相手が必ずスジの両面待ちでいるとは限りませんが、スジ読みをする場合は安全か危険かの境界線はこういったところにあります。

麻雀のチーとポンの意味とは?初心者必見!鳴いてアガる基本ルールを紹介 | MensModern[メンズモダン]

麻雀でスジ待ちに関係するフリテンというルールはなに?

フリテンとはアタり牌になるものを捨ててしまい、ロンが出来なくなってしまうことを指す麻雀のルールです。これ以外にもフリテンになる場合があり、自分がリーチした後にアタり牌が捨てられた際に気づかず、見逃してしまった場合や、リーチをしていなくても自分が捨てた後に他の相手から出たアタり牌を見逃し、再度自分の番が来る前にアタりたい相手が同じ牌を捨てた場合もフリテンになります。

もしフリテン状態でロンでのアガりの場合、当然のようにそのアガりは取り消されます。そしてそれだけでなく、罰符として子なら8000点(親に4000、子に2000ずつ)、親なら12000点(子に4000ずつ)を支払わなければなりません。しかし自分でツモってアガる場合にはフリテン罰符を支払う必要はありませんし、普通にアガりの点数をもらうことができます。罰符は非常に痛いものですので、フリテンの場合は間違ってツモ以外でアガらないようにしましょう。

大三元は比較的作りやすい役満!麻雀はアガるタイミングを狙え | MensModern[メンズモダン]

麻雀でスジをあえて振り込ませるテクニック スジひっかけ

自分がスジ読みをするのと同じように、一緒に打つ相手もスジ読みを基本的にする人が多いです。このようなスジ読みを逆手に取り、両面待ちではないスジ待ちをあえてするスジひっかけというテクニックが存在します。先ほどのスジの説明をした際に使った画像で言えば、3と9のピンズが捨てられているため、6ピンをアタマにしたり、5・7と揃っていて6ピン待ちにするとスジひっかけが成立します。

一昔前はスジひっかけはマナー違反とされた時期もあったようですが、最近ではこのような意見は1部の雀荘などで従業員が打つ場合にのみ禁止されることもありますが、基本的には少数派となっています。スジひっかけはスジ読みをする人間が多いほど、基本的な戦術と言うことができます。

スジひっかけが有効な場合を考えよう

実際に待ちとしてスジひっかけを使う場合、カンチャン待ちやチートイツ、トイトイなどの時の待ち牌をスジひっかけにすることで、相手からの振り込みを期待することができます。このようにスジひっかけを意識して捨て牌を選んだりすると、アガれる確率が高くなったり相手の心理を読みやすくなることもあるので、嫌がられない程度にスジひっかけをするのは有効です。

麻雀の国士無双は大逆転できる手!役の作り方と上がるポイントを紹介! | MensModern[メンズモダン]

あらためてスジで安全牌を読むやり方を覚えよう!

スジで安全牌を読むやり方を覚えることが出来れば、スジひっかけもやりやすくなります。そしてスジ読みはその見方によっていくつかの名称があり、これを理解しておくと打つ幅が広がります。一見すると難しそうに見えるかもしれませんが、基本的な考え方は両面待ちへの対策なので、スジ読みがわかっていればさほど難しくはありません。それでは1つずつ見ていきましょう。

3スジが基本となる表スジ

表スジは上記でご紹介した3スジ(イー・スー・チー)などと同じ考えになります。対象となる考え方は4・5・6の牌であり、4であれば1と7、5であれば2と8、6であれば3と9が表スジになります。表スジに関しては1つの数字で2つのスジが見えるのが特徴です。

表スジの逆とも言える中スジ そして応用とも言える片スジ

中スジの場合は表スジとは逆で、4・5・6がスジになるものを指します。つまりは1と7であれば4、2と8であれば5、3と9であれば6が中スジになるというわけです。中スジの場合は両方がないと中スジが安全にはなりません。これは片スジが影響しており、片スジの場合はイー・スー・チーの形であれば、1が捨ててあっても1と4の両面待ちであれば安全ですが、5と6の両面待ちの場合は4も7もアタり牌になります。

上記でも説明しましたが、このように3スジの片方のはじっこのみが捨てられている場合は片スジとなり、表スジよりも安全度は低くなります。片スジの場合は中スジが成立しないのはここからもわかるはずです。片スジを考える場合は他に捨てられる牌がない場合に最後に考えるものとしたほうが懸命です。

三色同順を作れる人は麻雀が上手い?狙う場面や基礎知識を解説 | MensModern[メンズモダン]

麻雀でスジ読みから危険牌を考える

ここまではスジ読みから安全牌を見つける方法をご紹介してきましたが、今度はさらにハードルを上げて危険牌を見つける考え方をご紹介していきます。麻雀を打つ上でわざわざ相手に振り込みたい人はいないはずですし、スジを知っているだけでは防御としては不完全なので裏筋など危険牌の読み方もしっかりと覚えるのが好ましいです。

雀鬼会は桜井章一が創設した麻雀団体!独自の哲学や理念・ルールとは? | MensModern[メンズモダン]

麻雀で危険牌を読む方法1 裏筋(うらスジ)

裏筋は普通のスジとは違い、捨てられた牌の隣の牌から成立するスジのことを指します。麻雀牌はこのように1から9までの数字が並んでいるので、捨て牌が1であれば2と5が裏筋になります。しかしここで注意となるのが5以降の裏筋の読み方で、5が捨てられている場合の裏筋は1・4・6・9と4種類になります。そして6以降の場合は「1つ手前の数字のスジ」が裏筋となります。

このため6であれば2と5、7であれば3と6というように、裏筋を読む場合は捨て牌によって読まなければいけない裏筋が変わってくるので注意が必要になります。しかし裏筋が危険牌になるメカニズムがわかっていなければ裏筋がわかっていても意味がないものです。次は裏筋が危険牌を読むのに役立つ理由を見ていきます。

裏筋は不要な牌を切る段階で出来るモノ

それでは裏筋が危険牌になる考え方を見ていきましょう。例えば自分の手牌に「三萬」、「五萬」、「六萬」とあったとします。この場合は六萬を切って四萬を待つことは基本的には少なく、三萬を切って四萬と七萬を待つことが多くなります。これを考えると上でご紹介したように三萬が切られれば、裏筋は四萬と七萬になるわけですから、裏筋で危険牌が読めるわけです。

もちろんこれは両面待ちをしているという前提があり、なおかつ上記で記したような手牌があることが必要と言えるので一概にある、とは言いづらいですが、アガるためには待ちを広くしたいという場合は多く、このような場合にも裏筋が有効的と言えます。

字一色とは?麻雀の役満・アガリ役の作り方と狙い方のポイントを紹介 | MensModern[メンズモダン]

麻雀で危険牌を読む方法2 間4軒

次にご紹介するのは「間4軒(あいだよんけん)」です。間4軒とは「裏筋が重なったスジ」のことを指しています。とはいってもわかりづらいでしょう。再び牌図を見ながらご紹介していきます。例として二萬と七萬が河に捨てられていたとします。そうした場合は裏筋は共に三萬と六萬になります。裏筋が重なるので危険度は単体でいる時より増すと考えられるのです。

そしてこのように二萬と七萬の間には3・4・5・6と4つの間があります。このことを「間4軒」と呼んでいるのです。間4軒は中に4つの間がある必要があるので、5の数字には間4軒は存在しません。その代わりとして裏筋でもご紹介しましたが、5の時の裏筋は4種類あることになっているのです。間4軒は裏筋以上に危険牌である確率が高いため、覚えておくと振り込む確率も減らせます。

ハイテイラオユエ(海底撈月)麻雀役の意味は?アガリ方も解説! | MensModern[メンズモダン]

麻雀で危険牌を読む方法3 またぎスジ

またぎスジとは「捨て牌」をまたぐ形でのスジのことをさします。これも裏筋や間4軒と同じように危険牌を読む時に使うもので、三萬が捨てられていた時にはこの三萬をまたぐスジである1と4、2と5が危険牌になるという考え方です。従ってまたげない1と9にはまたぎスジはありません。また3~7であればまたぎスジは4種類あることになります。

またぎスジが有効な場面としては局が進んでいった後半や、誰かがリーチをかけた直後などが危険なスジを考えう傾向が強くなります。この場合はまたぎスジのみではなく、裏筋や間4軒なども駆使して振り込みを避けるようにすることが好ましいです。

麻雀の符計算とは?正確に点数を出す為の符計算早見表と覚え方のコツを紹介 | MensModern[メンズモダン]

麻雀でスジとは別の安全牌を読む方法 「壁」

壁の場合はこれまでご紹介したスジ読みとは少し差があるもので、場に4枚すべて見えていることや、このことによって成り立っているスジのことをを指します。すべての牌が見えてしまっているため、特定のプレイヤーに対する危険牌を読む裏筋や間4軒とは違い、すべてのプレイヤーが対象となるのがポイントです。

先ほど牌が4枚見えているのが壁の条件と言いましたが、4枚すべてが河に出ていなければいけないということはありません。例として六萬が壁になる場合は誰かがポンしていて自分が1枚持っている場合は壁になりますし、捨て牌に2枚、手元に2枚ある場合でも自分にとっては壁になります。

タンヤオは麻雀の役の基本!断么九の意味と条件・組み合わせなどまとめ | MensModern[メンズモダン]

麻雀でスジが危険になることが多い役

両面待ちの場合に考えられるスジはタンヤオやピンフの場合には危険となることが多くなります。特にゲームの「麻雀格闘倶楽部」で朱雀のプレイヤーはアガり率が高いので、スジを考えた捨て牌や待ちをしていることも多いので、朱雀と戦う場合は警戒が必要とも言えます。

天和とは?麻雀の奇跡的あがり役「テンホー」が出る確率について | MensModern[メンズモダン]

麻雀格闘倶楽部の朱雀って?

麻雀格闘倶楽部はゲームセンターやネットカフェなどにあるオンラインの麻雀ゲームで、初段まで昇格した時にそれまでのプレイヤーの打ち方から、青龍・朱雀・白虎・玄武の四神に分かれます。この中の朱雀は速攻タイプのプレイヤーに与えられる属性で、点数や役満よりもアガることを意識するものとして朱雀が使われています。

このため朱雀のプレイヤーは鳴きをしてでも上がることを身上とするパターンが多く、間4軒や裏筋などを駆使すれば朱雀相手でも振り込む確率も減るとされています。もちろん自分が朱雀の場合はスジひっかけをするなど相手からいかにアタり牌を出させるかが重要になるとも言えるのです。

麻雀の読み方!捨て牌を読むポイントと当たり牌を見るポイント紹介 | MensModern[メンズモダン]

スジを覚えて麻雀の腕を上達させよう!

今回は麻雀のスジにスポットを当てて、どんなものであるかや安全牌の読み方、裏筋などのテクニックを駆使して危険牌を読む方法や朱雀に対することをご紹介しました。スジや裏筋をしっかりと覚えて使うことが出来れば、麻雀の腕も上がっていくはずです。初心者の人はこの機会にしっかりと覚えてみましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ